FC2ブログ
New Entries
2020年は節目の年
カテゴリ: ■雑感
2020年が明けて1/500モデル情報が枯渇している。ショップ巡りも収穫はない。おまけに仕事とかプライベートで週末がほぼつぶれている。親の心配とか子の独立とか、生活行事もこれから増えてきそうである。

考えてみれば、1/500の世界も四半世紀を超えているのである。初めて倉敷に行って、興奮しすぎて鼻血を出したのがついこの間のようである。子供を倉敷チボリ公園に連れていくという絶好の言い訳を見つけた時も小躍りしたものである。これからもミニカーやN/HOゲージのように定番化していってほしいものだ。

私事ではあるがコレクター歴20数年を迎えて、今年定年を迎える。とはいえ定年再雇用制度の言うものが始まり、さらには再々雇用ということで70歳まで働けと言う。まあ小遣い稼ぎ位の感覚ならいいのだが、仕事量は変わらないような気がしてちょっと気が重い。これまで退職後の楽しみは・・・なんて真剣に考えたこともなかったが、まあなんとなくこのまま行きて行くのもいいじゃないかと思うようになった。

で、そんな時、デジ一が欲しいかもと思うようになった。ブログ読者の方に熱心な航空写真家の方が居られて、NikonだCanonだの新製品発表会や、ルークさんなどの講演会の参加近況を教えてくださる。AFも無い昔は一眼レフでいろいろと走り回ったものだが当時は飛行機にはあまり縁がなかった。船か天体写真をかじるくらいだった。人生初の一眼はRICOHだった。その関係で天体望遠鏡もPentaxになった。社会人になって先輩から当時の最高機LXを頂戴し、300mmF2.8なんて高いレンズを買って楽しんではいた。北摂に住むようになって空港に行くようになってからは、流石に飛行機写真はAFが必須であることを痛感したものである。遅まきながらと10年ほど前にLumix FX-18を購入した。こりゃ便利と随分と各地の空港を巡るようにはなった。極めているわけではないのでスナップに毛が生えた程度のものでも十分楽しんではいたのである。

が。そのLumixもそろそろバッテリーが怪しくなってきた。余生の楽しみとしてデジイチもいいなぁ、動画も取れたらもっといいかなぁ。空港でお隣様のお持ちの機材をちらちらを眺めることも多くなってきている。まあ買うかどうかは別にして、全然知らないデジイチの世界を知っておこうと、先の読者の方に相談をしてみたところが、本当に懇切に、情熱あふれるアドバイスをいただいた。まずは紙ベースでカタログを片っ端から集めて眺めることから楽しみなさいと…

というわけで週末、早速ヨドバシカメラに立ち寄ってまずはCanon、Nikon、RICOHを当たってみた。店員さんにつかまってもまだ言葉も知らないので、まずはパンフだけ。それでもずっしりと重くなった鞄で首の筋を痛めてしまった。まあこれも楽しみのうちである。しかし腕力無いとバズーカ持てないなぁ。

予算とかまだ全然頭にないが、どうせ買うならいわゆるレンズ2本キットで10万円という入門機は避けたい。実力なくとも形と見栄から入る昭和世代である。とするとレンズ込みで30万円くらいになるのだろうか。天体望遠鏡は40万円もしたなぁ。初期のパソコンも40万円だった。そのくらいを見込んだらどんな機種のどんな機能が使えるのか。素人の長旅は始まったばかりなのである。

さて肝心のモデルではあるが。コレクションも2,300を超えているので、こちらの方もただ積んどくというのはあまりにももったいない。2020年節目の年をどう過ごしていくか。機材や部材はいろいろと買ってしまっているので、老後の楽しみ方の妄想も含めて徐々に膨らませていくことにする。
スポンサーサイト



編集 / 2020.01.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2020年 初コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
年末入荷のお知らせ戴いていたが、年明け初日の1/4早速伺ってみた。デアゴスティーニのバックナンバーがうず高く積まれている。おおっチートラインのB742も。こういう在庫は新規コレクターにとって、またマニアの買いそびれ対策としてもありがたい存在である。

■Herpa Loongair (長竜航空) Airbus A320neo [B-1075]
s-P1100023.jpg s-P1100024.jpg
マイナーなエアラインではあるが、既にA320/320neoを43機も所有している。一見特別塗装みたいだが、これが通常塗装のようだ。日本には先月セントレアと関空に就航したばかりで結構人気の高いモデルとなっているそうである。薄青緑の配色が独特である。

■Herpa Lion Air Airbus A330-900neo [PK-LEI]
s-P1100021.jpg s-P1100020.jpg
こちらも昨年導入されたばかりの新機材である。2018年の737Max墜落事故を受けて同機の導入はストップしている。B737-800/900で計101機と、MAXは10機を保有しているが、大型機と同様今後はAirbusに切り替えを進めていくことになるかもしれない。
モデルとしての特徴は箱の裏表両面が透明フィルム張りとなっていることである。中身特にギアの状態を確かめるためにいちいち箱から取り出す必要がなくなるわけで、販売店さんにとっては箱の破損を防げるメリットがありそうである。これで普通に未開封販売が可能になればかなりの手間が省ける。事前に知らなかったのでちょっと驚いてしまった。

今回はこの2機。2020年の初コレクションは東アジアの大小エアバス機となった。
編集 / 2020.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2019年を振り返る
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
あと1時間足らずで2019年が終わる。予想通り仕事は波乱の2019年となった。まだ予断を許さないが、個人的には2014年のトラブルよりはましである。なんにせよ2020年には決着がつくので、焦らずマイペースで過ごすことを心がけたい。

さて、例年のごとく2019年のコレクションを振り返っておこう。

s-2019-3.jpg
まずはモデルリリース状況である。昨年同様Herpa一色である。ついにAero500はリリースなしとなった。ただsky500は撤退ではなく半年に一度2モデルずつというスローペースで命脈を保っている。考えれば前世紀の状態に戻ったわけで、しかもクラブモデルなどの供給もあってそれなりにバリエーションは増え続けていっている。

s-2019-4.jpg
地域別には欧州が45%と断トツなのは相変わらず。北米も堅調。ついで中近東などの西アジア勢が多い。中国含む東アジアはここ数年低調横ばいである。南米、アフリカ勢はクラブモデル頼みのところがあるのだが予告なしの2020年クラブモデルはどのあたりを攻めるのだろうか。

s-2019-2.jpg
次にマイコレクションである。4年ぶりに80機を超えるモデルがコレクションに加わった。Herpaスタアラの9機セットが効いているがそれでもコレクション数は順調に伸びている。実機の更新も多く、魅力的な期待がモデル化されているということだろう。小型機でもA320neo、B737MAX、A220、E195と新機材が新デザインで再登場するなどしっかりとリサーチされているのもコレクションが増える一因ではある。金型修復を終えA320シリーズは長年未発売だったモデルのリリースが予想される。代わってMAXは実機のほうが危機的状況で、就航前に退役するとかの影響で、結果としての架空モデルなんかが出てしまうかもしれない。新モデルリリースの情報に要注意である。

s-2019-1.jpg
2019年は86機がコレクションに加わった。2018年に比べて12機も増えている。毎年のごとく年末の最終入荷の大量入荷分を差し引いての数なのでまずまずのコレクションとなった。年末入荷分は年明け早々に出向くことになる。
編集 / 2019.12.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2019年コレクション打止め
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
火曜日は本町の日。例によってランチ時に落穂ひろいとしゃれこむ。量販店ではワゴンセールが無くなっていた。落穂ひろいはしばらくな望めそうにもない。気を取り直して中古品店さんにも立ち寄ってみる。2階の飛行機コーナーは・・・おや?ちょっとレイアウトが変わっている!これは期待大!しかし、棚の広さはそのままで、平積みされているので、展示モデル数としては減っている。以前は本のように背差しだった。しかもほとんどが1/400。以前置かれていた1/500がかなり捌けている。従って新モデルの入荷は無さそう・・・と、ん?目立つような形で立てかけられた一箱が。物の価値が判っているなぁ。

■Herpa SAA South African Airways Boeing B747-400 [-]
s-P1100014.jpg s-P1100013.jpg s-P1100015.jpg

以前は見かけなかった。今回初めて見る一品である。箱はかなりきれいなのであるが残念なことにセロテープの補強があり、黄変して痛々しい。が、本モデルは収集済も箱無なので買って損はない。しかもクリスマスセールでさらに10%引きであった。

モデルNo.500654が示すようにHerpa65番目のモデルはごく初期のものである。もちろんレジは無い。黒箱ではないが25年ぶりのご対面である。モデル化当時(1994年)同社は4機のB744を所有していた[ZS-SAV][ZS-SAW][ZS-SAX][ZS-SAY]。のちにOGのままレジが追加されたモデルは[ZS-SAY]だった。その後さらに4機を導入し全8機体制となったが2012年を最後にすべて退役した。

同日午後、新大阪店さんから連絡が入った。同日入荷とのこと。その日は年末の仕事関係で動けず、結局最終日の今日伺うこととなった。

■ANA Tradings NH50063 ANA-All Nippon Airways Airbus A380-800 [JA381A] Flying Honu"Lani",blue
s-P1100019.jpg s-P1100017.jpg s-P1100016.jpg

買う予定ではなかったが、思うところがあって購入してみることに。たいそう立派な箱に入って出てくる。あれ?これ空箱?というくらい軽っ!。いつものごとく中身を取り出して卓上に置いていただくが、見た目だけはかなりの出来の良さである。が、とにかく軽い。プラ製モデルを手にするのは何年ぶりだろう?LufthansaのB744のノーズドアが開くプラ製モデル、いやこの際プラモデルと言おうーを持った事があったが印象的にはさらに軽い感じがする。

「なんか頼りないですねぇ」
「ギアのおさまりもすっきりしてなくて、ノーズギアが浮き気味なんですよね。これも軽さゆえですかねぇ」
「こんなに軽いとは思いませんでしたわ」
「箱だけはたいそう立派なんですけどね」
「嘘でもバラスト埋め込むとかねぇ」
うーん、1つ買ってしまったので残り2つも買う義務があるんだが、予想以上にがっかり。どうすべ?。海外コレクターの評判が気になってしまう。

年内もう一回入荷があるそうなのだが、用事があるので多分今年はこれが最後のコレクションになるだろう。
今年は仕事でいろいろあったが、来年はもう少しゆっくりと趣味の時間を充実させたい。
編集 / 2019.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Wings Magazine 6/2019 & 2020 Club Model #1/2
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
昨日ようやく最新号が届いた。年を越すんじゃないかと思った。それにしてもなんだか動きがおかしい。毎年恒例の来年のクラブモデル候補10種の発表がないのである。

まずは2019年クラブメンバーへのフリーモデル。
★デザインがNEW★
●Herpa 533652 Royal Air Maroc Boeing B787-9 [CN-RAM]

2018/12/10にデリバリ。B789の初号機である。しかもB789導入を機に新CIを導入した。2020年にはOneWorldへの加入も予定されている。初期導入のトラブルのあったB788はRolls-Royce TrentエンジンだったがB789がGeneral Electricエンジンを採用している。新デザインは今流行りの機体全体を後部下がりの斜め線で分割し、後部に濃色を配したもの。

さてここからが問題である。10機の候補発表もなくいきなりのClub Model発表である。2020年モデルの第1号がこちら。
●Herpa 534031 JAT Yugoslav Airlines Boeing B707-300C [YU-AGI]
元々は1966/12/8にNorthwest Airlinesにデリバリされた機体。1974年4月に他1機のB707と合わせて導入された。1984年のサラエボ・オリンピックでは公式スポンサーのロゴが描かれていたが1988年2月に売却。そのg悪者を転々としたのち1997年4月に解体されている。
紛争前の平和な時代のユーゴを忍ばせる一機である。デザインとしてはInflight500のSE210と同じではあるがB707は捨てがたい。もうすぐリリースされて同デザインのDC-9を見送ってこちらを買おうか。

続いて第2号がこちら。
★デザインが初登場★
●Herpa 534024 Cayman Airways Boeing B737-MAX8 [VP-CIW]

同社のモデルは2年ぶりとなる。OG最後の煌きの時代。特別な箱に収められたExclusive Seriesというのが一時期だけリリースされていた、その1機だった。OGながら当時割高でしばらくは購入を見送っていたが、バーゲン品を見つけて即買いした思い出がある。
当機は2018/11/30 ALCからのリース導入された同社のMAX初号機である。カリブ海の最初のMAXという触れ込みだった。現在2機のMAXを導入するも現在も飛行せず、3機の旧式のB733で運航を賄っている。MAXシリーズの生産停止が廃版を意味することになるのか、予断を許さないがそれにしても中小のエアラインにとっては死活問題である。MAXモデルも来年の成り行きが気にかかる。

一応2機とも買い(◎)だなぁ。
編集 / 2019.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Mode '19残りが到着
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末、帰宅すると宅配ロッカーへの預け入れを通知する不在通知書が届いていた。Wings World最新号がそろそろ届くころだと思いながら宅配ロッカーに荷物を取りに行く。ん?宅配ロッカー?雑誌だけならそんな必要はないんだけどなぁ。

開封してみると、注文していたクラブモデルの残りだった。

■Herpa Air Albania Airbus A319 [TC-JLR]
s-P1090975.jpg s-P1090974.jpg
旧ユーゴを含めバルカンのエアラインモデルはある意味大変貴重である。政情の安定が進んでこういた趣味の世界でも普通に接することができるようになっていってほしいものである。旧ユーゴでは北マケドニアとコソボは航空会社を持っていない。一方でモンテネグロにはE195を運航するエアラインも存在する。こちらのモル化も待ちたい。

■Herpa Qatar Airways Airbus A350-900 [A7-ALZ] One World
s-P1090972.jpg s-P1090973.jpg
アライアンスもすっかり定着して参加離脱もニュースにもならないくらいだ。各アライアンスもそろそろデザインの一審があってもよさそうな気がする。

これにて、今年のクラブモデルは打ち止め。次期クラブモデルもなかなか渋い機体のようで、来年分の候補と合わせてまだまだ楽しみが続きそうである。
編集 / 2019.12.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
本日のITM~STAR WARS最終日
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
黄色のSTAR WARS機が今日までらしい。カミさんの情報である。1500着を想定して伊丹スカイパークへ新車を走らせる。日もかなり傾いているので下面への陽の回り込みが見られればきれいだろうなと、離陸間際のお姿を捉えるため南端に陣取った。ただ雲が多く一向に陽が射さない。機首の流し撮りにトライしてみる。やはり三脚持って行けばよかった。

▼1425 札幌線 NH776便 B738[JA61AN] 薄日が射してパイロットの姿もよく見える。
s-P1090924.jpg

▼1425 秋田線 NH1654便 DHC8-Q400[JA841A] 北風が強くなってきた。おっとっと、しかし無難にランディング。
s-P1090927.jpg s-P1090928.jpg

▼1440 羽田線 JL119便 B763[JA615J]
s-P1090915.jpg

▲1440 羽田線 NH28便 B789[JA833A] 40分遅れの羽田行き。主翼下面のエンジンの映り込みが良い。伊丹でのB789は初めて見るかなぁ。
s-P1090919.jpg s-P1090920.jpg

▲1445 成田線 JL3006便 B738[JA341J] ちょっとシャッター早かったか。なんだか一人しか映っていないようにも見える。
s-P1090931.jpg

▼1450 仙台線 JL2206便 E170[JA222J] 完全に晴れ上がった中B滑走路への侵入。
s-P1090934.jpg

▼1455 鹿児島線 JL2410便 E170[JA219J] 続いてE170が舞い降りてくる。
s-P1090936.jpg

▼1445 札幌線 JL2006便 B738[JA344J] 前方の座席のブラインドしか降りていないが、ガラガラというわけでもなさそうである。
s-P1090941.jpg s-P1090942.jpg

▲1430 羽田線 JL120便 B788[JA846J] 薄雲すら切れてさらに日差しが強くなる。JALのB787は伊丹で見るのは初めてかもしれない。
s-P1090945.jpg s-P1090946.jpg

▼1510 函館線 NH746便 B738[JA87AN] 一瞬風も弱まり気持ちよさそうな着陸。
s-P1090949.jpg s-P1090950.jpg

▲1455 那覇線 JL2087便 B773[JA8944] B77Wも改めてみると長い。あとコンマ何秒あとだったらコックピットを真横に収められたのに。手持ち撮影の限界だなぁ。
s-P1090955.jpg s-P1090956.jpg

▼1505 羽田線 NH27便 B772[J743A] 真打登場。西日で黄色が濃くなった。この直後一転搔き曇って小雨が降ってきた。自宅窓から出発便を狙ってみた。朝日ならもう少し「見れる」写真が撮れるかもしれない。
s-P1090961.jpg s-P1090963.jpg s-P1090967.jpg

800万画素のセミ一眼でもそれなりに撮れるが、やっぱり一眼が欲しくなってきたなぁ。


編集 / 2019.12.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa New Release MAY/APL 2020
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
2019年、今年最後の新製品発表である。Herpaの2020年3-4月の新製品情報が入ってきた。今回も前回と同じ全10種+再販2種とかなり少ない。来年はこんな状態が続くんだろうか。ただ今回も軍用機や架空モデル、ハウスカラーモデルもない。ワイドボディ機は前回の倍の4機である。うち3機がB787と、ラインアップが偏っている。その代わりと言っちゃあなんだが再販2機はA350となっている。10種のうち3種がクラシック機だが、Il62とCaravelleが前買いに続いてにリリースとなった。金型変わったんかいなぁ。
地域別には欧州が4、アジアが3、北米、南米、オセアニアが各1と比較的ばらけている。南米からの定期リリースは久しぶりなんじゃないだろうか。

では例によって順次見ていこう。

★クラシック★デザインが初登場★
●534093 Avianca B707-359B [HK-1402]

1968/3/7デリバリ。1993年6月マイアミで解体されている。2005年に発売されたB742とL-1049Gの間を埋めるデザインで、機体上半分が赤、下部がシルバーというジェット時代のスタンダードな装いだった。これは買い(◎)!

★最新鋭機材★
●534109 Arkia Israel Airlines A321LRneo [4X-AGN] purple

2019/6/12デリバリ。3機所有中の最新機。前回に続いて色違モデルがリリース。2020年導入予定のA339neoのモデル化を待つかなぁ。いったん見送り(△)。

★新デザイン★
●534116 Air Canada A330-300 [C-GFAF]

2000/1/13デリバリ。現在13機が在籍中。機齢20年とそろそろ代替わりかと思いきや、2019年には追加5機のA333を導入している。2017年導入の新デザイン機のエアバス機は今回が初めて。一応買い(○)かな、

★特別塗装★最新鋭機材★
●534123 Air Baltic A220-300 [YL-CSK] "Lithuanian Flag Livery",Vilnius

2018/8/24デリバリ。19機所有は同社最大派閥。バルト3国であるエストニア国旗デザイン機につづいてリトアニア国旗デザイン機がモデル化。固有名もリトアニアの首都に因んだもの。残るラトビア国旗デザイン機も早晩モデル化されるんだろうなぁ。3機そろい踏みも見てみたいが、一応パス(△)。

★クラシック★
●534130 Aeroflot IL-62M [CCCP-86700]

1974/1/18デリバリ。AeroflotのIl-62Mは3度目のモデル化である。細かいデザインの違いがあるが、一番違うのは尾翼のデザイン。2005年のモデルはラダー部分が青、2017年のモデルは尾翼全体が白。今回のモデルは白地に青いデルタが描かれている。前回2回も買っているので今回も買わざるを得まい(○)。

★クラシック★
●534062 Swissair Caravelle [HB-ICM]

1961/1/5デリバリ。翌1962/5/19にはConvair社に返却後、1966/1/5JAL日本航空にリースされJA8030となった。が、同年8/26に羽田離陸訓練中に事故を起こした悲運の機体だった。2007年Inflightで発売済み&収集済なのでパス(△)。。

★最新鋭機材★
●534055 Turkish Airlines B787-9 [TC-LLA] Macka

2019/6/25デリバリ。すでに6機が納入済。その初号機となる。固有名は黒海に面した町の名にちなんだもの。今回の目玉。買い(◎)。

★特別塗装★最新鋭機材★
●534079 Qantas B787-9 [VH-ZNJ] "100th Anniversary Time Capsule",Longreach

2019/11/7デリバリ。10機のB789の最新鋭機。同社100周年記念塗装機。固有名はQANTAS創設者の記念博物館がある町に因んだもので、どう博物館にはB707とB742が展示されている。10周年を記念してこれも買っとこうか(○)。

●534086 Bulgaria Air E-190 [LZ-PLO]
2012/11/23ALCからlease導入。現在4機が就航済。2009年A320のモデルを購入済。なのでパス(△)。

★最新鋭機材★
●534048 Vietnam Airlines B787-10 [VN-A879]

2019/8/15こちらもALCからのリース導入。B781は今年3機が導入された。B789は既に11機が導入済。B789を購入済だが、これも買い(○)だなっ!


さて今回の再販モデルが以下の2機。
●532983-001 Lufthansa A350-900 [D-AIXQ]
●533126-001 British Airways A350-1000 [G-XWDD]

現時点では未納。基本パス(△)。
編集 / 2019.12.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Sky500から年末のプレゼント
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Sky500はやっぱり半年ごとに復活する…のだろうか。忘れたころにやってきたクリスマスプレゼントは、今回も出色のラインナップである。

★初登場エアライン★3発機★
●SKy500 Cal Air International McDonnell Douglas DC-10-10 [G-GCAL]

これはまたレアなエアラインをチョイスしたもんである。1985年British Caledonian Charterとして設立。1982年に倒産したLaker Airwaysから従業員、パイロットとともに2機のDC-10も引き継いだ。1988年にBritish Airwaysに買収され吸収合併された。
元々1977/6/3にアメリカのLaker Airwaysにデリバリされた機体。1983/2/21にATAに売却、1986/2/1に同社が取得した。1989/1/1Novairに売却されたあと1991/11/27にOrbisに売却。2016年11月にはDavis-Monthan 空軍基地に保管されている。
久々の3発機、当然買い(◎)。

★デザインがNew★
●SKy500 Aer Lingus Airbus A330-300 [EI-EDY] st. munchin

2019年の新デザイン機がようやく登場。実機は2009/6/12にデリバリされた機体。現在8機のA333と5機のA332を所有。いずれHerpaから発売されるだろうが、先に出た方を買うという鉄則に従う。買い(◎)。
編集 / 2019.12.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 新入荷 ワイド2、ナロー4
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
まとまっての入荷のお知らせである。久々に何もない週末。大掃除前にいそいそと出かけるところとなる。大掃除を終えて落ち着いたころにはすっかり日も傾いてしまった。いい感じに西日が撮影台に差し込んできている。ちょっとどぎつい感じもするが夕日に光る新モデルもなかなかオツなものである。実機の伊丹夕景も狙いに行ってみようか。

■Herpa Air Namibia Airbus A330-200 [V5-ANO]
s-P1090909.jpg s-P1090908.jpg
当初△にしていたが、遠地アフリカのワイドボディ機である。やはり実機を見ると心が抑えきれない。A343に続いてのA332。

■Herpa KLM Boeing B787-10 Dreamliner [PH-BKA] 100th Anniversary,Orange Blossom / Oranjebloesem
s-P1090907.jpg s-P1090906.jpg
787も-10ほどの長胴になると印象的には777に近い。かなりの低い日差しで主翼下面にまで光が当たってなかなかカッコイイ。半面はちょっと白飛びしすぎたか。

今回は意中の小型機もいくつか入荷していた
■Herpa Aer Lingus Airbus A320 [EI-DVL] St Moling / Molling
■Herpa Air Dolomiti Embraer E195 [I-ADJO] Traviata

s-P1090903.jpg s-P1090902.jpg s-P1090901.jpg s-P1090900.jpg
以上、新デザイン機モデル。

■Herpa TUI Fly Deutschland Boeing B737Max8 [D-AMAX]
s-P1090905.jpg s-P1090904.jpg
こちらは初MAXコレクション。SSWLとのウィングレットの違いをようやくモデルで確認できた。ただ、実機の不具合の影響で来年以降のモデル化も微妙な雰囲気になってきた。

■Herpa SAS-Scandinavian Airlines McDonnell Douglas MD-82 [OY-KGT] Hake Viking
s-P1090899.jpg s-P1090898.jpg
s-P1090895.jpg s-P1090896.jpg
最後にこちらは、ついで買い。前回入荷分が1機だけ残っていたので、買い求めることに。旧塗装なやっぱり心が落ち着く。今となっては異形のシルエットである。これまたついでにOGモデルと比較してみる。OGではこのMDシリーズが一番車輪が目立っていたような感じである。箱無しではあるが、なぜか黄変もそれほどではない。

今回は以上6機のまとめ買いとなった。
編集 / 2019.12.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
じぇじぇじぇー!海亀3匹
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
あまりにも久々のホンマかいなので、驚き方まで古くなる。

ここ最近はJALの話題が多かった。デアゴスティーニは既に6号を数えているが、最寄の書店ではどこでも初日に売り切れているようだ。阪急梅田のBookOneは朝8時開店なのだが、出勤した8時20分では「本日発売」の札だけが残った空き地が見られる。もうちょっと数仕入れとけばいいのにと思う。今週のジンベェは他店でも1冊くらい残っているのが見られたし、創刊号が追加入荷している書店もいくつかあったので、仕入れ数を増やしているのかもしれない。

さてそんな中、Flying Honu3種が1/500で発売される!全日空商事さんも、ようやく1/500に本格復帰を果たそうという腹なのか。

しかーしである。

やっぱり。

ダイキャストではなくABS樹脂製なのであった。スタンド、ギア付きながら樹脂製で6,600円。1/500ギア無ダイキャストモデルはそんなに売れなかったのかしらん?STAR WARS機と同じように、スケールモデルではなく1/500イメージとの但し書きがつくかもしれない。商事のサイトではまだ記載されていないが、詳報を待ちたい。

ま、それはともかくブルーは今年12月、オレンジとグリーンは来年3月発売予定だそうだ。

●ANA TRADINGS NH50063 All Nippon Airways Airbus A380-800 [JA381A] FLYING HONU,"Lani",blue
●ANA TRADINGS NH50078 All Nippon Airways Airbus A380-800 [JA382A] FLYING HONU,"Kai",emerald green
●ANA TRADINGS NH50081 All Nippon Airways Airbus A380-800 [JA383A] FLYING HONU,"Kala",orange

うーん、悩ましいところである。禁断のABS樹脂モデルに手を出すかなぁ。
編集 / 2019.11.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa新入荷コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先週は週明けから久々の出張。しかも今回は熊谷に午後遅めに入るというぜいたくな出張である。ということは巣鴨でゆっくり昼食がとれる。そこで巣鴨は初めてという同僚を伴って、ショップに赴くことにした。例のごとくソバ屋で腹ごしらえのあとショップへ。が、結果収穫は案の定ゼロ。このところワゴンセールで1/500モデルが見当たらない状況が続いている。まあ、これも次の入荷が逆に楽しみというものである。めったに出会わないから掘り出し物との出会いが一際うれしいものとなる。

仕事を無事終えて翌日は午前中移動で帰阪。新大阪駅で早めの昼食をとって開店直後の新大阪店さんに。先々週にはお電話いただいていたが、カミさんの実家で大掃除が重なり、週明けの来訪となったのである。開店早々だったが1/500の同志の方がすでにいらっしゃった。1/500同志というだけ手嬉しくなってしまう。

さて今回の収穫。
■Herpa Air France Airbus A350-900 [F-HTYA]
s-P1090875.jpg s-P1090876.jpg
やっぱり一番しっくりくるデザイン。尾翼に合わせて機体シルエットをデザインしたんじゃないかと思うくらい。エアバスとAir Franceは最高の相性のように見える。

■Herpa Delta Air Lines Airbus A330-900neo [N401DZ]
s-P1090877.jpg s-P1090878.jpg
TAPに続いて2機目のA339neo。A338neoが売り上げが伸びないので、この339のモデルは貴重。

■Herpa Air Europa Airbus A330-300 [EC-MHL] Francisca Acera
s-P1090880.jpg s-P1090879.jpg
neoもいいけどceoもね。いつ見てもお若い清純派女優のようなたたずまいである。
編集 / 2019.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Mode '19が一気に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先月発注した分が早速届いた。先週には来ていたのだが、なんだかんだと用事に追われて開封していなかったのである。

出来れば自然光の下で撮影したかったがカミさんの実家の大掃除が手間取り帰ってくるのが夜になってしまった。まあそんなことはどうでもいい。待望のクラブモデルである。発注分の4機が到着した。まとめて発注して送料を節約しようかと思ったが2個口になってしまった。

しかしさすがクラブモデルともなるとレアな機体が揃うもんである。
■Herpa Air Tanzania Boeing B787-8 [5H-TCG] Kilimanjaro/Hapa Kazi Tu
s-P1090868.jpg s-P1090867.jpg

■Herpa Allegiant Air McDonnell Douglas MD-83 [N876GA]
s-P1090872.jpg s-P1090871.jpg

■Herpa Azerbaijan Airlines Boeing B787-8 Dreamliner [VP-BBR] Shusha
s-P1090870.jpg s-P1090869.jpg

■Herpa Air China Airbus A350-900 [B-1083] Beijing,Expo,2019

s-P1090866.jpg s-P1090865.jpg
Air Chinaは例によってずっとChina Airlinesと記載していたやつである。肝心のCCLも間違ったままになっていた。早速メンテしたのは言うまでもない。

以上4機である。
注文済未着機は2機残っている。こちらは11月中、遅くとも12月には届くよーとのお知らせがあった。こちらも待ち遠しい。
編集 / 2019.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
出るか1/500
カテゴリ:  未モデル / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
実現するかどうかは別として(実現してほしいが)、実機ではいろんな機材がデリバリされている。Herpa/Hogan/Sky500あたりでできるだけ実現してほしいが。今月末のHerpa新製品発表も楽しみである。

☆Fiji Airways Airbus A350-900 [DQ-FAI]
FijiのA350初号機

☆QANTAS Airways Boeing B787-9 [VH-ZNJ] 100 Centenary
2120年開封予定のタイムカプセルを記念した特別塗装。

☆Virgin Atlantic Airways Boeing B747-400 [G-VLIP] "The Falcon" - Star Wars Galaxy's Edge
映画Star Wars最新作プロモーション特別塗装機

☆Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLF] Choose China
中国線プロモーション用特別塗装機

☆QATAR Airways Boeing B787-9 [A7-BHA]
B789初号機

☆Gulf Air Boeing B787-9 [A9C-FG] 70th Anniversary
創立70周年記念レトロ塗装機

☆Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLK] Choose Japan
日本線プロモーション用特別塗装機

☆AeroLogic Boeing B777F [D-AALL] DHL livery

☆SAS Scandinavian Airlines A350-900 [SE-RSA]
新塗装、初号機

☆Air Premium Boeing B787-9 [HL-]
韓国を拠点とする新規航空会社。B787-9を5機購入。2020年にホーチミン、ハノイ、成田、関西、香港に就航し、2021年からロサンゼルス、サンノゼに就航、2021年までにロサンゼルスやサンノゼ線に就航する計画。

☆JAL/ANA Boeing B787-8 [JA???J] TOKYO 2020号
聖火輸送特別塗装機。機材自体はJALのものだがJAL/ANA共同運航ということで両者のロゴが入っている。ただしデザインは全体的に赤が基調。
編集 / 2019.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ここ1か月、週末はほぼ予定が埋まっていた
カテゴリ: ■雑感
まあ私事であるが、このところ毎週末はカーディーラー詣でをしていた。現有車歴がすでに18年となり、車検前に久々の新車に買替を決断したのであった。愛車である三菱シャリオグランディスは今でもエンジンは全く問題なく、2400ccなのに平均燃費12Kmを出してくれる。ただヘッドライトの黄ばみが進んで夜間走行がちょっと怖くなってきたり、ナビが古すぎて時々海や田んぼ、山中を進むようになってきたこと、TVが地デジ前なので砂嵐しか見られなくなったこと、音楽プレーヤーがMDだったり、パワーウィンドウがたまに止まったりしてきたのである。まだ世の中にスマホはなく、リチウムイオン電池も普及していない時代であった。18年ぶりの自動車の様変わりの大きさにすっかり面食らっている。

それにしても18年である。B787はおろかA380も飛ぶ前。神戸空港は絶賛埋め立て中であった。9.11のあおりを受けてメジャーエアラインの破たんが始まっていた時期だった。飛行機の機齢18年というとまあ古い機材には違いないがまだまだ現役という感じがする。現有車納車日は2001年12月27日。さすがにこの時期は欧米では休みらしく、当日にデリバリされた機体は見当たらない。かろうじてDelataのA319,[N334NB]が2001年12月22日にデリバリされたのが日付的には最も近い。まあそれほど思い入れがある機体でもないのだが。

モデルの世界でいうとちょうどHerpaがOGからNGに切り替わりだした時期である。同月発売のA343(Olympic)やA320(Ansett)はNGながらA319(United)やMD11(Varig)はなおOGのままだった。そう考えてみるとやっぱりこの18年は長い。今月末には納車だが、年末は新車での関空ドライブをしようか、いっそ中部にまで足を運んでみようかとも思案中である。
編集 / 2019.11.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード