Air Japan B767-300ER (Hogan)
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HG2009 ANA B763ER JA8286 Air JapanAir Japan (Japan)
Boeing B767-300ER
JA8286
-
Hogan (2009)


全日空については割愛。エアジャパンは1990年全日空の国際線、特にアジアへの中・近距離便を運行する子会社として設立された。LCCへの対抗策か、LCCへの参入準備なのか、外国人乗務員の採用によって人件費の削減と機材の統一化を図るのが狙いだった。今にしてみるとかなり中途半端なLCC(ではないが)だとは思うがそれなりにノウハウは蓄積されたのかもしれない。
JA8286は1989年6月26日にデリバリーされた。同社のB767-300ERとしては初号機で、その航続距離をいかして国際線に就航した。1991年に全日空の子会社World Air Network(後のAir Japan)に移籍し1995年に戻された。2008年ボーイングによる貨物型への改装を実施し-300BCFとなり、ALLEX特別塗装機となっている。
Air Japan
エアー・ジャパンとはいえ機材のデザインは全日空と全く同じで、機首よりやや中央部に社名ロゴが描かれているのみである。全日空との機材共用も頻繁に行われている上運行便も全日空扱いなのであまり別会社という感覚はない。

モデルは2008年に全日空商事から発売されたもの。製造委託先はHogan。

    History                 Fleet                   Event
    1990 World Air Network
    |                   1991 B737-300ER
    1995
    :
    2001 Air Japan
    |                   2005 B737-300F
    |→ 2006 ANA&JP Express
    |← 2010 ANA&JP Express
スポンサーサイト
編集 / 2011.09.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
All Nippon Airways B767-300 (Herpa)
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HG2008 ANA B763 JA8578All Nippon Airways (Japan)
Boeing B767-300
JA8578
-
Herpa Wings (2008)


全日空については割愛。
全日空といえばB767。B767はオールマイティの中型機として成功した機材で、全日空としては50機を越す勢力で日本の空を支え続けた。-300は-200の機体を6.43m延長したもの。すぐ後に登場した-300ERはそのエンジン転装による長距離版で、後年には注文のほとんどが-300ERに移行している。
JA8578は1993年11月1日にデリバリーされた機体。同社のB767-300では30号機にあたり、国内線で活躍した。1998年にポケモン特別塗装機を施された機材でもある。
ANA 1990sV1
モデルは2008年に全日空商事から発売されたもの。製造委託先はHogan。機首のロゴが現在の”ANA”ではなく以前の”全日空”の時代のものを再現したモデル。

    History                 Fleet                   Event
    ┌ 日本ヘリコプター輸送
    1957 全日本空輸
    |                   1957 DC-3
    |                   1957 DH.114 Heron
    |← 1958 極東航空
    |                   1959 CV440
    |                   1960 Viscount744
    |                   1961 F27 Friendship
    |← 1963 藤田航空
    |                   1964 B727-100
    |                   1965 YS-11
    |                   1970 B737-200
    |                   1971 L-1011-1
    |                   1979 B747-100SR
    |                   1983 B767-200
    |                   1986 B747-200B
    |                   1990 B747-400
    |                   1995 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                        1999 Star Alliance
    |                   2006 DHC-8-400
    |                   2006 B737-700
    |                   2011 B787-8
編集 / 2011.09.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ANA Cargo B767-300F (Hogan) ALLEX
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HG2008 ANA Cargo B763F JA8286 ALLEXANA Cargo (Japan)
Boeing B767-300F
JA8286
ALLEX
Hogan (2008)


全日空については割愛。
JA8286は1989年6月26日にデリバリーされた。同社のB767-300ERとしては初号機で、その航続距離をいかして国際線に就航した。1991年に全日空の子会社World Air Network(後のAir Japan)に移籍し1995年に戻された。2008年ボーイングによる貨物型への改装を実施し-300Fとなっている(正式には-300BCFでBoeing Coverted Freighterの略でmBCFは全日空がローチ地カスタマーとなった)。全日空では手持ちのB767のうち7機を改造すると発表しているがJA8286はその初号機となった。
ANA CARGO
貨物機らしくホワイトボディに機体に大きくロゴを配したシンプルなもの。ロゴのフォントは躍動感・信頼感・規模感を表現したものらしい。機体後部には全日空も出資するオールエクスプレス社のブランドALLEXのロゴと5大陸をまたにかける犬らしき動物のシルエットが描かれていて、貨物機ながらなかなか洒落たデザインとなっている。初号機としての特別塗装機。

モデルは2008年に全日空商事から発売されたもの。製造委託先はHogan。

    History                 Fleet                   Event
    ┌ 日本ヘリコプター輸送
    1957 全日本空輸
    |                   1957 DC-3
    |                   1957 DH.114 Heron
    |← 1958 極東航空
    |                   1959 CV440
    |                   1960 Viscount744
    |                   1961 F27 Friendship
    |← 1963 藤田航空
    |                   1964 B727-100
    |                   1965 YS-11
    |                   1970 B737-200
    |                   1971 L-1011-1
    |                   1979 B747-100SR
    |                   1983 B767-200
    |                   1986 B747-200B
    |                   1990 B747-400
    |                   1995 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                        1999 Star Alliance
    |                   2006 DHC-8-400
    |                   2006 B737-700
    |                   2008 B767-300BCF
    |                   2011 B787-8
編集 / 2011.09.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ANA-All Nippon Airways B777-300ER (Hogan)
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HG2008 ANA B773ER JA777AANA-All Nippon Airways (Japan)
Boeing B777-300ER
JA777A

Hogan (2008)


全日空については割愛。
JA777Aは2006年10月19日にデリバリーされた。同社のB777-300ERでは7号機にあたり、その長大な航続距離をいかして北米、ヨーロッパ線に投入された。B747の引退に伴って同社のフラッグシップとなりつつある。ANA 1990sV1
B747に比べればシルエットはスマートながらその長い胴体の存在感はなかなかのもので、レイクドウィングチップを付けた長い主翼と良いがランスが取れている。登場当時は斜めのストライプがやや前後に間延びしたかのような印象を受けたが慣れてくるとこれはこれで他に無いユニークなデザインに見えるようになってきた。

モデルは2008年に全日空商事から発売されたもの。製造委託先はHogan。-300ERでは4機目のモデル化となる。このモデル最後まで買うかどうしようか迷っていたモデルである。外観上は先行モデルであるJA732Aとほとんど変わりが無い。基本的にレジ違いのモデルは買わない主義である上、値段も高い。恵比須店にて、実物を見て出来の良さに買ってしまった(20%オフだし)モデルである。20%引きとはいえ4,800円するので本来は購入を控えるべきモデルだった。もちろんB777-300ER未購入であれば十分に買って損は無いモデルというか仕上がりになっている。全日空商事ではレジ違いを数年毎にリリースすることで店頭ストックを絶やさないようにしているのだろうか。

    History                 Fleet                   Event   
┌ 日本ヘリコプター輸送
    1957 全日本空輸
    |                   1957 DC-3
    |                   1957 DH.114 Heron
    |← 1958 極東航空
    |                   1959 CV440
    |                   1960 Viscount744
    |                   1961 F27 Friendship
    |← 1963 藤田航空
    |                   1964 B727-100
    |                   1965 YS-11
    |                   1970 B737-200
    |                   1971 L-1011-1
    |                   1979 B747-100SR
    |                   1983 B767-200
    |                   1986 B747-200B
    |                   1990 B747-400
    |                   1995 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                        1999 Star Alliance
    |                   2006 DHC-8-400
    |                   2006 B737-700
    |                   2011 B787-8
編集 / 2011.09.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Japan Self Defence Force C-130H (Herpa)
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2005 JASDF C-130H 05-1084 blueJapan Self Defence Force (Japan)
Lockheed C-130H
05-1084
-
Herpa Wings (2005)


05-1084は航空自衛隊の小牧基地の第401所属する戦術輸送機の1機。日本は現在16機を所有している。Herpaの資料には近隣諸国への配慮というか戦時色ではないブルーの民間色を採用しているみたいなことが書かれているが、実際には2004年から2008年にかけて遂行されたイラク派遣の為のカムフラージュ塗装とされる。青空にまぎれるように青一色とされたようである。
JASDF 410sq
05-1084はその際派遣された3機のうちの一機。

モデルは2005年Herpaから発売されたもの。
編集 / 2011.08.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日本航空 B747-400D (BigBird) Tokyo Disney Sea
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
BB2002 JAL B744D JA8905 TpkyoDisneySea日本航空 JAL Japan Airlines (日本)
ボーイング Boeing B747-400D
JA8905
Tokyo Disney Sea
BigBird (2002)


日本航空については連続して取り上げている通り。
JA8905は1992年12月1日にデリバリーされた。2010年に引退しケイマン諸島に売却されたというが、実際には運行までのリース待ちで保管されている状態のようである。早く第2の人生で活躍してもらいたいところである。
JAL Disney50thV1
4号機に続いてこちらは5号機。デザインは日本航空創立50周年と東京ディズニーシー開園、ウォルト・ディズニー生誕100周年を記念して施された特別塗装で、尾翼に50周年を記念し発足当時のDC-3と最新のB744が描かれている。国内線の主要空港間に就航していた。基本的デザインは国際線仕様の4号機と同一。

モデルは2002年BigBirdから発売されたもの。

    History                 Fleet                 Note
    1951 Japan Air Lines
    |                   1951 DC-3
    |                   1951 Martin 2-0-2
    |                   1951 DC-4B
    |                                      1953 国際線運行開始
    |                   1955 DC-7C
    |                   1960 DC-8-32
    |                   1961 CV-880
    |                   1965 B727-100
    |+ 1967 Southwest Air Lines
    |                   1969 DC-8-61
    |                   1969 YS-11
    |                   1970 B747-100
    |                   1971 B747-200
    |                                      1972 45/47体制
    |                   1973 B747SR
    |                   1976 DC-10-40
    |                   1984 B747-300
    |                   1985 B767-200
    1989 Japan Airlines
    |                   1990 B747-400
    |                   1991 B747-400D
    |                   1994 MD-11
    |                   1996 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                      2001 9.11同時多発テロ
    |← 2002 Japan Air System
    2002 Japan Airlines System
    |                   2002 A300-600R
    |                   2002 MD-90
    2004 Japan Airlines International
    |+ 2004 Japan Airlines Domestic
    |
    |← 2006 Japan Airlines Domestic
    |                   2006 MD-81/-87/-90
    |                   2006 B737-800
    |                                      2007 One World
    |← 2008 Japan Asia Airlines
編集 / 2011.07.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日本航空 B747-400 (BigBird) Tokyo Disney Sea
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
BB2002 JAL B744 JA8912 TpkyoDisneySea日本航空 JAL Japan Airlines (日本)
ボーイング Boeing B747-400
JA8912
Tokyo Disney Sea
BigBird (2002)


日本航空については連続して取り上げている通り。
JA8912は1994年5月31日にデリバリーされた。就航後まもなくの9月3日、伊丹空港国際線の最終便として、翌9月4日には関空への最初の到着便というイベントで使用された機材でもある。
JAL Disney50thV1

デザインは日本航空創立50周年と東京ディズニーシー開園、ウォルト・ディズニー生誕100周年を記念して施された特別塗装である。尾翼は50周年を記念したもので発足当時のDC-3と最新のB744が描かれている。DisneySea号はその4号機で実機は2001年8月1日に登場した。ディスニーシーも同年9月4日に開園し花を添えた。特別塗装機として香港、シンガポール、デンパサール、上海、ジャカルタなど近隣諸国への国際線に活躍した機体である。2010年11月退役しその後はイラク航空で運行している。機体全面に海の波模様を施している凝ったデザインで、ディズニーのキャラクターも写真を使ったステッカーで表現されているため、やや視認性が低い。デザイン化されていると言うよりはポスターのような感覚だろう。このあたりの表現は賛否の別れる所である。

モデルは2002年BigBirdから発売されたもの。このディズニーシー号4号機と5号機だけはオフィシャルモデルとして発売されなかった。おそらくキャンペーンの性格上JAL50周年記念と言うよりはディズニーシー開園記念といった意味合いが強く、モデル販売についても契約内容が4号機以下とそれ以前ではディスニー社との契約が異なっていたのだろう。JALのB747の歴史上欠くべからざる存在なのは間違いないのでありがとうシリーズなんかで再販されたりしないものか。シー開園10周年記念でもいいんじゃないかと思うのだが。

    History                 Fleet                 Note
    1951 Japan Air Lines
    |                   1951 DC-3
    |                   1951 Martin 2-0-2
    |                   1951 DC-4B
    |                                      1953 国際線運行開始
    |                   1955 DC-7C
    |                   1960 DC-8-32
    |                   1961 CV-880
    |                   1965 B727-100
    |+ 1967 Southwest Air Lines
    |                   1969 DC-8-61
    |                   1969 YS-11
    |                   1970 B747-100
    |                   1971 B747-200
    |                                      1972 45/47体制
    |                   1973 B747SR
    |                   1976 DC-10-40
    |                   1984 B747-300
    |                   1985 B767-200
    1989 Japan Airlines
    |                   1990 B747-400
    |                   1991 B747-400D
    |                   1994 MD-11
    |                   1996 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                      2001 9.11同時多発テロ
    |← 2002 Japan Air System
    2002 Japan Airlines System
    |                   2002 A300-600R
    |                   2002 MD-90
    2004 Japan Airlines International
    |+ 2004 Japan Airlines Domestic
    |
    |← 2006 Japan Airlines Domestic
    |                   2006 MD-81/-87/-90
    |                   2006 B737-800
    |                                      2007 One World
    |← 2008 Japan Asia Airlines
編集 / 2011.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
全日本空輸 B747-400D (BigBird) Snoopy 96
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
BB2002 ANA B744D JA8961 Snoopy96全日本空輸 ANA All Nippon Airways (日本)
ボーイング Boeing B747-400D
JA8961
Snoopy 96
BigBird (2002)


全日空、ならびにB744については割愛。
JA8961は1993年5月13日にデリバリーされた国内線用の機材である。
ANA 1990sV1

1996年12月から1997年3月まで北海道のスキーツアーキャンペーンの一環として施された特別塗装機で、スヌーピー塗装はこれが初代となる。それまでも全日空では北海道スキーキャンペーンのキャラクターとしてスヌーピーを使用して来たが、当時その北海道スキーツアー25周年を記念して特別塗装機の登場となった。当時羽田~千歳を1日3往復というスケジュールをこなしている。これが好評ということで翌年度は別のJA8965とJA8139が2代目スヌーピーとして登場し、羽田に加えて伊丹~千歳にも投入されている。

モデルは2002年にBigBird発売されたもの。幸いまだ亜鉛錆は出ていないが・・・・・・

    History                 Fleet                 Event
    ┌ 日本ヘリコプター輸送
    1957 全日本空輸
    |                   1957 DC-3
    |                   1957 DH.114 Heron
    |← 1958 極東航空
    |                   1959 CV440
    |                   1960 Viscount744
    |                   1961 F27 Friendship
    |← 1963 藤田航空
    |                   1964 B727-100
    |                   1965 YS-11
    |                   1970 B737-200
    |                   1971 L-1011-1
    |                   1979 B747-100SR
    |                   1983 B767-200
    |                   1986 B747-200B
    |                   1990 B747-400
    |                   1995 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                        1999 Star Alliance
    |                   2006 DHC-8-400
    |                   2006 B737-700
編集 / 2011.07.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日本航空 B747-400D (BigBird) Dream Skyward - Matsui Jet
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
BB2003 JAL B744D JA8907 MATSUI日本航空 JAL Japan Airlines (日本)
ボーイング Boeing B747-400D
JA8907
Dream Skyward - Matsui Jet
BigBird (2003)


日本航空についてはこれまでも散々触れてきた。
B747の最終モデルと考えられた-400だったが、日本の国内線向けに-SRの後継機と位置づけられ、着陸装置(ギア)の強化とウィングレットの廃止などを施されたのが-400Dである。日本航空ではこの-400Dを8機導入している。世界的に見れば日本航空と全日空のみが発注したレアな機体である。

JA8907は1993年3月2日にデリバリーされ、住銀リースにすぐ売却、そのままリースを受けて国内線に就航した。2002年のFIFA ワールドカップ特別塗装機となった事もある。2010年から保管状態となって売却先を探している状態である。
JAL 2003V1

この特別塗装は2003年7月18日から9月30日までの間実施された「JAL&JAS ゴーゴー松井キャンペーン」の一環としてB744DとA300各1機に施されたもの。キャッチフレーズは"“Dream Skyward.” 空に限りない夢とよろこびを。"。機体一杯に当時JALのイメージキャラクターだったヤンキースの松井選手と、ヤンキースタジアムの第1号ホームランボールをあしらっている。松井選手にあやかって世界を代表するエアラインへの飛躍を祈願したものだったが、デザインはともかくキャンペーンの企画としては大変分かりにくい。国際的な飛躍なら海外で活躍する日本人数人をモチーフにしても良かったんじゃないかと思うが、一見NBLへのスポンサー広告か、北米線強化プログラムに見えてしまう。

モデルは2003年BigBirdから発売されたもの。まだZincRotによる崩壊の兆しは無い。ありがとうシリーズで再販されないかしらん。まあNBLの版権も難しいだろうし何より今ヤンキーではないし。モデルとしての出来は上々。

    History                 Fleet                 Note
    1951 Japan Air Lines
    |                   1951 DC-3
    |                   1951 Martin 2-0-2
    |                   1951 DC-4B
    |                                      1953 国際線運行開始
    |                   1955 DC-7C
    |                   1960 DC-8-32
    |                   1961 CV-880
    |                   1965 B727-100
    |+ 1967 Southwest Air Lines
    |                   1969 DC-8-61
    |                   1969 YS-11
    |                   1970 B747-100
    |                   1971 B747-200
    |                                      1972 45/47体制
    |                   1973 B747SR
    |                   1976 DC-10-40
    |                   1984 B747-300
    |                   1985 B767-200
    1989 Japan Airlines
    |                   1990 B747-400
    |                   1991 B747-400D
    |                   1994 MD-11
    |                   1996 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                      2001 9.11同時多発テロ
    |← 2002 Japan Air System
    2002 Japan Airlines System
    |                   2002 A300-600R
    |                   2002 MD-90
    2004 Japan Airlines International
    |+ 2004 Japan Airlines Domestic
    |
    |← 2006 Japan Airlines Domestic
    |                   2006 MD-81/-87/-90
    |                   2006 B737-800
    |                                      2007 One World
    |← 2008 Japan Asia Airlines
編集 / 2011.06.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日本航空 B747-300 (BigBird)
カテゴリ:  日本 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
BB2002 JAL B743 JA8163日本航空 JAL Japan Airlines
ボーイング Boeing B747-300
JA8163

BigBird (2002)


日本航空についてはこれまでも散々触れてきた。
B747も登場以来10年が経ち巨大な機体をして手狭になってきたと言うことで、KLMの要求を受けて開発されたのがB747-300型である。米系のエアラインや英国航空などに次いでB747の導入に熱心だったJALもこの-300型も計8機、さらに-300SR型を4機導入している。外観上の特徴は機首のアッパーデッキが後ろに延長されたことだが、これが意外と空力性能が良くすぐに-400型への設計と繋がったため、総生産機数は80余と少ない。
JA8377は1984年12月6日にデリバリーされ、翌日からヨーロッパ線に就航した。同社の-300の初号機である。日本の最後の好景気を支えた機材である。後年はホノルル線などで活躍した後、2008年Orinet Thai Airlinesに売却された。
JAL 1980s V2
デザインはデリバリー当初のもの。特別塗装を施されずに引退したスタンダードな機体である。特別塗装機もいいがこういった基本デザインの変遷は見ていて本当に楽しい。今となっては貴重なチートラインだが、最近復活した鶴丸もいっそのことチートラインまで復活させて欲しかったところだ。ひょっとしてB787導入時はレトロ塗装機とか出ないもんだろうか。

モデルは2002年BigBirdから発売されたもの。-300はOGの時代からHerpaなどでもモデル化されたいたが、意外とJALの-300はモデル化が遅れていた。HerpaからはJAAがその貴重なモデルだった。最近でも特別塗装機リゾッチャなどでモデル化されては来たが就航当時のモデルはBBの当モデルだけである。マニア心理を良く理解したBBの選択というところか。

    History                 Fleet                 Note
    1951 Japan Air Lines
    |                   1951 DC-3
    |                   1951 Martin 2-0-2
    |                   1951 DC-4B
    |                                      1953 国際線運行開始
    |                   1955 DC-7C
    |                   1960 DC-8-32
    |                   1961 CV-880
    |                   1965 B727-100
    |+ 1967 Southwest Air Lines
    |                   1969 DC-8-61
    |                   1969 YS-11
    |                   1970 B747-100
    |                   1971 B747-200
    |                                      1972 45/47体制
    |                   1973 B747SR
    |                   1976 DC-10-40
    |                   1984 B747-300
    |                   1985 B767-200
    1989 Japan Airlines
    |                   1990 B747-400
    |                   1991 B747-400D
    |                   1994 MD-11
    |                   1996 B777-200
    |                   1998 B777-300
    |                                      2001 9.11同時多発テロ
    |← 2002 Japan Air System
    2002 Japan Airlines System
    |                   2002 A300-600R
    |                   2002 MD-90
    2004 Japan Airlines International
    |+ 2004 Japan Airlines Domestic
    |
    |← 2006 Japan Airlines Domestic
    |                   2006 MD-81/-87/-90
    |                   2006 B737-800
    |                                      2007 One World
    |← 2008 Japan Asia Airlines
編集 / 2011.06.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード