Garuda Indonesia 1970?-1987-2009-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Garuda 1970?-1987 Garuda Indonesia (1970?-1987) (インドネシア)
 □インドネシア国旗からか。真実と聖なる心を表す
  インドネシア国旗からか。勇気と情熱を表す



Garuda 1987-2009 Garuda Indonesia (1987-2009) (インドネシア)
    




Garuda 2009- Garuda Indonesia (2009-) (インドネシア)
    





ガルーダ・インドネシアは1949年1月26日 Garuda Indonesia Airwaysとして設立されたインドネシアの国営エアラインで、設立時はDC-3にて運航を開始した。1950年代はビルマ政府と旧宗主国のエアラインであるKLMの支援を受けながら地道に成長を続けた。1961年には早々にジェット機コンベアCV990を導入し、アジア、ヨーロッパ各地への国際線を充実させて行った。1970年代以降も順調に経営を拡大させ、A300、B747、MD11と新鋭大型機を就航させている。1990年後半以降は苦難の歴史で、アジア通貨危機、SARSによる旅客減少、9.11のテロとバリ島でのテロ、インド洋沖地震での津波、2007年EUへの乗り入れ禁止、2008年経済不況とまさに狙い撃ちのような出来事に立て続けに襲われている。それでもなお日本線を始め運行を継続、LCCを立ち挙げるなど存続と安定化への模索が続いている。Garudaとはもともとインドの神話に登場する不死鳥神のことで、神話の中でも最強神とされる。イスラム教や仏教にも影響を与え、日本にはカラス天狗という形で伝播しているとされている。

ホワイトボディに赤いチートライン、そのラインが尾翼にまで伸びたシンプルなデザインは1970年前後に導入された同社では2代目に当たるデザインである。詳細は不明だがインドネシアの国旗をモチーフにしていると考えられる。B747のような巨大な尾翼にはややシンプルすぎるようだが1987年までこのシンプルなデザインが使用され続けた。'70年代の定番デザインである。

1987年アメリカ・ランドーアソシエイツ社のデザインによる新CIが導入された。青系統の色は同社のコーポレートカラーであり、「ガルーダ・ブルー」「ガルーダ・アクア」「ガルーダ・グリーン」と呼ばれ、それぞれインドネシアの美しい空、海、豊かな自然を表している。最も濃い紺色を背景とすることで、全体的にシックな色合いとデザインになった。機体のホワイトボディと相俟って対象的な色彩だが高級感、安心感を出すことに成功している。ガルーダのデザインがやや西欧的な点に違和感を覚えないでもないが、欧米路線への就航を考えるとこれで良いのかもしれない。5枚の翼はインドネシアの国是である建国5原則Pancasilaに因んでいる。因みに5原則とは唯一新への信仰、公正な人道主義、インドネシア統一、民主主義、全国民に対する社会的公正である。さらにガルーダ・インドネシア航空の進歩、信頼、清潔、安らぎをも象徴している。考えて見ればオランダ領からの独立時、同一国民であるという意識が薄い地域をまとめるには新しい人工的なイデオロギーが必要だったと言うことだろう。東欧のユーゴスラビアと同じような考え方だがイスラム教徒が9割を越える国家にあって、少数民族も存在するなかなか複雑な国家ではある。ガルーダの5つの翼がそんなお国事情をも反映しているところが興味深い。

2009年同社創立60周年を記念し4代目となる新しいCIを発表した。色彩は前デザインと同じで、尾翼だけにとどまらず、機体後部までを使った大胆なデザインである。翼の一枚一枚の羽根で羽ばたいているようにも見える。こちらはまだA330にしか採用されていないが新機材に順次採用されていく予定だそうで、もしかするとB744にも採用されるかもしれない。


Garuda Hybridイスラムの国と言うだけあってメッカなどへの巡礼が盛んである。シーズンになると各国エアラインから短期リースで機材を調達するのだが、あくまで短期ということでガルーダ・インドネシアのフル塗装とするには時間とコストがかかりすぎる。従ってお手軽なデザインということで白字にガルーダを配するデザイン機がしばしば登場する。ややロゴマークも小さめなのだがこれはこれですっきりとした秀逸なデザインとなる。おそらくは当初のリース先がKLMオランダ航空だったのでその尾翼を流用したことからこうなったのではないかと推測している。
スポンサーサイト
編集 / 2009.10.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
El Al Israel Airlines 1971-1999-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
LY 1971-1999El Al Israel Airlines 1971-1999
 イスラエル国旗から
 □イスラエル国旗から



LY 1999-El Al Israel Airlines 1999-
 イスラエル国旗から
 □イスラエル国旗から
 



エル・アル・イスラエル航空は1948年に設立されたイスラエルのナショナル・フラッグキャリアである。独立と同じ年で、国旗の制定も同年である。エルアルはヘブライ語で、"to the sky"という意味で、ヘブライの預言者ホセアが記した預言書ホセア書の11章7節からの引用である。エアライン設立当初からダビデの星と言われる六芒星である。建国の事情からも近隣諸国への国際線を開設するわけにも行かなかったが、それでも1949年にはヨーロッパ、1950年にはアフリカ、アメリカへの路線を開設している。また1989年には北米の各地への乗り継ぎ便を運行するノースアメリカン航空を設立した。

1971年B747の導入を記念して、イスラエルのデザイナーであるDan Reisinger氏がデザインしたもの。因みにこの時ヘブライ文字とラテン文字が併記されるロゴとなった。発表当初は黄色と黒文字の組み合わせだけだったが1978年にロゴに国旗があしらわれ、されに1994年に青系統の2色での表記となっている。イスラエルの国旗はダビデの星に、男性の礼拝用衣装であるタリットという肩掛けのデザインを表している。青はユダヤ教の高貴な色らしい。日本や古代ローマの紫、イスラムの金や緑、キリストの金と銀と同じような位置づけらしい。

1999年といえばエルアル設立50周年の翌年であるが、それを記念したかどうかは定かではない。やはり同じくイスラエルのデザイナであるNaeh Creative氏が担当した。イスラエルの国旗のモチーフはそのままにホワイトボディにまで及ぶウェーブした青と銀の細いラインが現代的である。

前世代の国旗を模して青を際立たせた尾翼といい、斜めに傾けた国旗に銀色をあしらった現世代の尾翼といい、ごてごてと飾らなくとも、グラデーションを取り入れて凝らなくても随分と洗練されたものににある好例である。社名ロゴのヘブライ文字も良いアクセントになっていると思うのだが、日本のエアラインにはそのセンスは真似できないのだろうか。漢字は、独特のアイデンティティを持たせてくれる良いアイテムだと思うのだが。エアドゥにビルボードタイプの「北海道」なんてどうだろうか。
編集 / 2009.07.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Middle East Airlines 1967-1970-1989-1997-2008-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
MEA 1967-1970 Middle East Airlines (1967-1970) (レバノン)
国旗の赤。開放で流された血を表す
□ 国旗の白。平和を表す。
国旗の緑。永遠と誠実を象徴するレバノン杉を表す。
MEA 1970-1989 Middle East Airlines (1970-1989)




MEA 1989-1997 Middle East Airlines (1989-1997)




MEA 1997-2008 Middle East Airlines (1997-2008)




MEA 2008- Middle East Airlines (2008- )





第二次大戦中の1943年に独立を果たしたレバノンで、その後まもなく1945年に設立された航空会社で実質的なフラッグキャリアである。順調に経営規模を拡大し、1963年カラベル、1966年B720、1967年VC-10とB707、1969年CV990、1975年にはB747と次々にジェット機を導入していった。1975年から90年にかけては断続的な内戦が勃発し、その間保有機は海外にリースするなどして避難させていた。1990年にシリアの介入による一時的な平和が訪れた時にB747などが復帰している。シリアの平和も2006年のイスラエルによるシリア侵攻により破られ、その停戦後2008年には親シリア派と反シリア派の間でまた内戦が勃発している。こうした状況下でもしっかりとヨーロッパ各地との路線は維持されているのが不思議なくらいだが、A330を順次導入中である。デザインは伝統的に同国の国旗をモチーフとしている。別名をCedarJettoも呼ばれることが多いがCedarは(レバノン)杉の事である。

■1967年。それまでのデザインとほぼ同じであるが、B707導入を機にレバノン杉を簡略化し、すっきりとしたデザインとなった。デフォルメされたレバノン杉が長らく同社のシンボルとなった。

■1970年それまでもリース機で運用していたB720を、正式にアメリカン航空から購入したのを機に尾翼が目立つ赤となった。機体には変わらず赤いチートラインが入ったままだったが、チートラインと尾翼の赤がいいバランスになった。

■1989年、内戦の収束に伴って、海外にリースされていた機体が次々に帰還し、新たなデザインが施された。尾翼の付け根に白いラインが入っている。機体チートライン窓枠の下に移り、機首では途切れるような形に改められた。いわばマイナーチェンジと言うところである。

■1997年久々の新造機A320/A321の導入を機に新CIが導入された。ホワイトボディにホワイトの尾翼。尾翼にはリアルなレバノン杉の緑のシルエットを施している。国旗の3色のうち赤は機体に描かれたMEAの"M"の文字に使われているだけとなった。代わって初めて"A"の字に青が加わっている。非常に近代的なデザインとなっている。
MEA

■2008年、久々のワイドボディ新造機A330-200を導入し、記念として新CIが発表された。尾翼下部の赤いラインはそのまま機体機首にウェーブを描いて伸び、それに沿って青と緑のラインが描かれる斬新なもので、最近流行りのグラデーションやぼかしを使わず、すっきりとしたデザインとなった。
編集 / 2009.03.17 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Iran Air 1962-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Iran Air 1962-
Iran Air (1962- ) (イラン)
いわゆるペルシャンブルー?
□機体の色

イランのフラッグキャリア。1946年設立のIranian Airwaysと1954年設立のPersian Air Serviceが合併し国営エアラインとして発足したのがイラン航空で1961年の事である。尾翼の鳥は世界遺産にもなっているペルセポリス遺跡で見られるHOMA(グリフィン)という伝説上の生き物に因んでいる。紺色はペルシャンブルーで、古代から現アフガニスタンで採掘されていたラピスラズリ(瑠璃)を思い起こさせる。イスラムに因んだと言うよりは古代ペルシャの香りのする格調高いデザインである。2008年試験的に新塗装が一部貨物機で施されたが、これが定着するのかどうかは不明。
1979年のイラン革命以来西側の機材が全くはいらなくなったので、保有機材はかなり老朽化している。代替機としてロシアからTu204を25機も発注したが、日本には成田に今でも、かなり古いB747SPで乗り入れている。
編集 / 2009.03.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Saudi Arabian Airlines 1996-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Saudi Arabian Airlines 1996-
Saudi Arabian Airlines (1996-) (サウジアラビア)
ロイヤルブルーと言われるサウド王室を表す
イスラムでの神聖なハヤブサの色


1946年設立したサウジアラビアのフラッグキャリア。設立50周年の記念かどうかは不明だが節目の年に、社名をサウジアラビア航空と以前のものに戻し、グラデーションを使った現代的なデザインを採用したもの。機体も砂漠を現す淡いクリーム色になり中東のエアラインの雰囲気をかもし出している。意匠は前デザインを引き継ぎ、サウド家の紋章を高貴な金色で表現している。イスラム教の開祖ムハンマドの所属したクライシュ族の象徴が金のハヤブサだったことに由来するのか、中東では金色は富を必ずしも表さないようだ。三日月はイスラムを表現する。背景の深い青はロイヤルブルーと言われこれもサウド王家を表す色である。
編集 / 2009.02.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Saudia 1972-1996
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Saudia 1972-1996

Saudia (1972-1996) (サウジアラビア)
■イスラム教で神聖な色とされる緑



1946年国営エアラインとして設立された。1972年4月1日、社名をSaudiaと改めたのを機に採用されたデザイン。同時期B737の導入が始まっているのでそれを記念しての社名変更だったのかもしれない。イスラム教では様々な色が神聖な色とされているが、緑はファーティマ朝のアリー・イブン・アビー=ターリブを支持する色と言われている。黒・赤・白とともに汎アラブ色といわれるうちの一色である。尾翼の色はもちろん現在のサウジアラビアの国旗から来ているが、元々は18世紀のワッハーブ派改革運動の旗に由来するが以来サウド家も同様の色彩の旗を採用している。尾翼の紋章はサウド家の紋章で、二本の新月刀は建国に携わったサウド家とワッハーブ家を、やしの木は生命力、活力を表すもの。紋章下の文字はアラビア語でSAUDIAの意で、尾翼反対側ではSaudiaと英語表記となっている。
編集 / 2009.02.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Singapore Airlines 1987-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Singapore 1987-
Singapore Airlines 1987-
地の色
Silver Kris (金色だけど)
元々のSilver Krisの色


シンガポール航空は1947年マラヤン・エアウェイズとして設立された。1965年シンガポールが独立し、1967年マレーシア・シンガポール航空へ改称、1972年シンガポール航空として単独発足した。元々あったデザインのオレンジをゴールドに変更しよりゴージャスな雰囲気を出している。設立時にアメリカのランドー・アソシエイツ社がデザインしたものを、1987年同社が改良したものである。尾翼の"鳥"はSilver Krisとも呼ばれている。
編集 / 2009.01.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Korean Air 1983-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Korean Air 1984-
Korean Air 1983- (韓国)
機体の地の色:コーポレートカラーか
太極の陽(国旗から)
対極の陰(国旗から)
□白いプロペラを表す

1962年国営会社として設立された、韓国のフラッグキャリアである。1969年に民営化された。1983年にB747-300の導入を機にデザインを一新、フラッグキャリアとして国旗を思い起こさせる太極をモチーフにしている。1984年にKorean Air Linesから現社名に変更された。国際航空貨物輸送では世界一の規模を誇る。
新デザインの導入は華やかな一面、影の記憶も付きまとうもので、大韓航空は1983年サハリン沖で旧ソ連空軍によって撃墜事故を起こされている。痛ましい記憶を払拭する目的でも新CIが導入されることが往々にしてある。断定は出来ないが大韓航空もその一面があることは否定できない。JALもそうだし、中華航空もそうである。
背景はどうであれ、彼やカナスカイブルーと東洋的な太極はうまくマッチして世界中どこの空港でも良く目立つ。伝統的なモチーフの太極を、新しいデザインにうまく仕上げていると思う
編集 / 2009.01.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Cathay Pacific Airways (1994-)
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
Cathay Pacific 1994-
Cathay Pacific Airways 1994- (香港)
コーポレートカラーであり、幸運の翡翠の色
コーポレートカラー
□白い翼

同社にとっては5代目のデザインだそうである。きっかけや目的は不明だが香港の中国返還を前にした1994年に新CIとして導入された。アメリカのランドール・アソシエイツ社がデザインを担当した。4代目の緑をやや暗めにし、上質感を出すとともにやや明るい赤を配置させてコーポレートカラーを引き立てている。毛筆で描いたような翼は「ブラッシュ・ウィング」と呼ばれ、東洋的な雰囲気を出すのに大きく役立っている。ブラッシュ・ウィングはエネルギッシュなフライトを、手書きのウィングは質の高いパーソナルサービスを表しているそうだ。躍動感と落ち着いた色使いのバランスが絶妙である。
単なるグラデーションではなく、毛筆のかすれをデザインに生かしたもので、塗装が大変そうである。
編集 / 2009.01.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
China Airline 1995-
カテゴリ:  Asia / テーマ: デザイン / ジャンル: 学問・文化・芸術
China Airlines 1995-
中華航空 China Airlines (1995- ) (中華民国)
中華民国の国花「梅」
空を表現


1995年10月7日に新CIを導入した際のデザイン。デザインはシンガポールのエディソン・デザイン・コンサルタンツ社が担当した。
1995年というと香港の中国返還が2年後に迫っており、香港乗り入れを確保したい中華航空に対して中国からの圧力もあったようで、当時尾翼に描かれていた中華民国国旗を外すと言う政治的な意図もあったようだ。きっかけはどうであれ、このCIは成功したのではないだろうか。政治的な背景だけではなく前年名古屋空港でおきた墜落事故の記憶も払拭したいという事情もあったように思う。

背景のグラデーションは空を表現しており、英知と経験を、紅梅は国花であるとともに、自信に満ちた謙虚さとお客様への温かい気持ちを表している走である。梅の花の脇に中華の判が施されているが、これも真摯な約束を表現したものらしい。
編集 / 2009.01.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード