FC2ブログ
陸に舞い降りたメザシ
カテゴリ:  業界(空港、メーカ、サービス) / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
羽田や成田で待機状態の機体が並んだニュース映像があった。
カミさん曰く、「あんなにいっぱい並んでメザシみたい」。ここらで一発あの映像を模型で再現…という訳にはいかない。そんなにあるの?という不穏な話題に向かないように曖昧に生返事を返した私であった。

それはさておき、このコロナ禍、収まるまでもう少し時間がかかりそうである。JALもANAも減便で凌いでいるわけで一刻も早い復旧を願わずにはいられない。あんなにずらりと並んだ機体を見ていると、いったいどれだけの機体が休んでいるんだと気にならないではない。それを知るすべはないなぁとぼんやり考えていたところ、いつも参考にしているairfleets.netで「parked」との記述があるではないか。要するに飛ばさずに保管している機体ということと解釈してみた。

そこで以前電子博物館でも取り上げた世界のメジャーどころFSA約50社と、100機以上保有するメジャーなLCC約10社の状況を見てみた。これを円グラフにするのがなかなか大変だった。Excelでは簡単なのだが円グラフの大きさを総保有数に合わせるのが手間がかかってしまった。データは2020年5月5日のものである。

20200505parked.jpg
ざっと見てみると、ヨーロッパは3/4(4分の3)程度が待機状態。アメリカでも1/2程度が保管状態とかなりの数の飛行機が空港で並べられてることがわかる。中東やオセアニアでも2/3程度が飛行していない。それに反してアジアは1/4程度しか停止していない。特に中国は1/6~1/8しか停止していない。コロナ終了宣言の影響だとは思う。終息して海外旅行が復活してまた世界各地に蔓延させたら今度こそいいのがれはできないと思うのだが。

LCCは全般的に影響が大きい。特にインドの対応は徹底しているそうなので、その影響がよく読み取れる。折しも737MAXが運航停止状態なので保有数が多いと影響も大きいと言えそうである。

あくまでAirfleets.netのデータをそのまま見ただけなので正確なところは確かめるべくもないが、全体的な傾向はつかめるんじゃないだろうか。出来れば日ごとに傾向を追ってはいきたいが結構手間なのでもう少し絞り込んで状況を見ていこうか。
スポンサーサイト



編集 / 2020.05.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新型コロナ禍
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
4/15関空の国際線がついにゼロになった。その後1日1便の状態が続いたが5/4も運航ゼロとなった。コロナの影響はすさまじい。

今回はエアラインの努力でどうにかなる問題ではない。各国間の人的交流が復活しなければ、エアラインも復活しない。多国間の国際線を運航するエアラインでは一斉に路線回復とはなかなかいかないだろう。とりわけ小型機の大量発注していたLCCはこれまた大量に抱える乗務員の人件費が重くのしかかるはずで、ポストコロナでどういう動きが出るのか想像もつかない。
大手ではB744やB757、767、A380、E190などの引退前倒しのニュースが続いている。代替機材としての新規機材導入はされず、それどころか納入延期の発表が相次いでいる。生き残りをかけてやれることは何でもやっていくという状況である。今後は発注分のキャンセルも出てくるだろう。実際新機材の導入延期が始まっている。

気になるのが新幹線の利用率である。ちょっと前まではダイヤが飽和状態になっていた。東阪の出張は今後Web会議に置き換えられ、元の水準にまで戻らないかもしれない。特に社内でわざわざ出張する意味がこれを機に一気になくなるかもしれない。同じことが国際線のビジネス客でも起こるかもしれない。ドル箱路線の縮退と競争激化でエアラインの勢力図は大きく変わるだろう。

航空機メーカーにとっても状況はかなり厳しい。BoeingのEmbraer事業統合は撤回されてしまった。737MAXの生産停止の傷口がふさがらないことろにこの騒ぎなので倒産はしないまでもかなりのリストラが行われる可能性はある。今日全体の25%の人員を削減するとの発表があった。中国やロシアの小型機が息を吹き返して世界を席巻するようなことがないとも言えない。MRJにとってもロンーチがさらに遅れたり、注文キャンセルの動きが出てくるかもしれない。

少なくともコロナ以前の状態に戻ることはないだろう。ただ、旧来の勢力図が崩壊した後、新しい何かが生まれることも多い。何処が生き残るかだけではなく、どこが変われるか、何が生まれてくるか。今後10年はそこが肝になる。
編集 / 2020.05.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
北風の伊丹
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル
herpaもテレワークをやっているらしい。が、そんな中でも出荷をしているそうである。どの分が出荷済なのか、出荷は継続されるのかはわからないが、まだまだ影響は長引きそうである。
さて、去る日曜日、用事のついでに伊丹公園に出かけた。思いのほか北風が強く体もしえてきたので3機の出発のお姿だけを納めて帰路に就く。

流し撮りの練習も強風で体が振られて思うようにいかない。何より絞り込んでもシャッタースピードが速すぎて背景が流れません・・・
s-P1100037.jpg s-P1100041.jpg s-P1100052.jpg

編集 / 2020.04.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
COVID-19 関空の状況
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
毎日見ていたわけではないが、関空のフライト情報をウォッチングしてきた。今日からかなり減便しているうえ欠航率が高まって、ついに本日の国際線の出発便はたった2便となった模様である。
s-KIX202003INT-DEPT.jpg

貨物便については欠航はほとんど出ていない。
関空の展望台も閉鎖しているので本当に寂しい状態ではあるのだろう。空港関係の職員の方々の健康と安寧をお祈りしたい。
編集 / 2020.03.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
COVID-19禍
カテゴリ:  業界(空港、メーカ、サービス) / テーマ: 航空機 / ジャンル: 写真
9.11もリーマンショックも足元にも及ばないほどの影響が航空産業を襲っている。
貨物線だけはまだ動いているようだが旅客線については4月から5月までの運航停止を発表する航空会社が増えてきた。
新型コロナウィルス禍での最初の影響は3/5イギリスのFlybeの倒産である。50機以上のQ400を所有するそこそこ大きなエアラインである。その後国際線を中心に運航停止の発表が続いている。一部または全路線について運航停止を発表したエアラインは以下の通り。

3/12 Kuwait Airways
3/16 LOT Polish Airlines/Saudi Arabia/Air Algerie/airBaltic
3/17 Uzbekistan Airways/Cayman Airways/Austrian
3/18 Montenegro Airlines/brussels airlines/STARLUX Airlines/Air Moldova/FlyOne/Virgin Australia/Cebu Pacific
3/19 airmalta/Jetstar Asia/Jetstar Airways/Qantas/Philippine Airlines
3/20 LATAM Airlines Peru/LATAM Ecuador/HK Express/Luxair/Egypt/Royal Air Maroc/Air Astana/Rwandair/Air Transat/Swoop/Porter Airlines/Malindo Air/Air Dolomiti
3/21 Royal Jordanian
3/22 Air Greenland/Southwest Airlines/Air Serbia/CSA Czech Airlines/Smartwings
3/23 Air Algerie/Bangkok Airways/Uzbekistan Airways/Vietnam Airlines/Avianca/Cabo Verde Airlines
3/24 Air Century/Copa Airlines/Ukraine International/
3/25 Laudamotion/Pacific Coastal/Winair/Aegean Airlines/Somon Air
3/26 Qazaq Air/Fiji Airways
3/27 TAAG/Air Namibia/Kenya Airways/El Al
編集 / 2020.03.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どうなるんだろう
カテゴリ:  業界(空港、メーカ、サービス) / テーマ: 航空機 / ジャンル: 写真
先週日曜から一週間高知に帰省していた。早朝に叔母が急逝したのである。脳梗塞の後遺症で16年間も高知の施設に入っていた。亡くなる1時間前の見回りの際には起きていたという。大往生と言っていいだろう。他に身寄りがなく親父に代わってたびたび高知に帰省していたのは、介護施設へのお見舞いと各種手続きがあったからだが、それもとうとう終わりになる。本来なら親戚中が集まるところだが、今回はコロナウィルスの件もあって、千葉の叔父と兵庫の親父と私の3名だけの参列とした。冠婚葬祭は延期か少人数の家族葬にするところが多いそうである。親父の実家は処分済なのでホテル連泊である。ホテルから葬儀屋、火葬場、お寺、病院、介護施設、市役所、村役場、銀行、不動産屋と駆けずり回ってようやく昨日帰阪してきた。

飛行機嫌いな叔父は新幹線+特急で移動、私は父の腰痛のため大阪から車で送迎することになった。叔父によると新幹線も特急も自由席でもガラガラだったそうである。四国までの高速道路も日曜だというのにガラガラでだった。飛行機も軒並み減便である。ホテルもガラガラ。日曜から木曜までの4泊は、観光バスを仕立てた団体旅行客が皆無とのこと。法事も済ませ、年老いた親父と叔父の慰労もかねて祖谷温泉に前日予約を入れたところ3名3部屋があっさりとれた。結果的にはほぼ満室になったそうだがやはり日本人の家族連ればかりだった。

さて、高知ではほとんどニュースに接することのない生活だったのだが、帰ってきてみるとまだまだ運輸業界はただならぬ影響が出ているようである。関空国際線は毎週確認しているが、依然として影響が拡大している。暖かくなれば終息するかと安直に考えていたが、香港での流行を考えると気温や湿度にあまり影響がないウィルスなんだろうか。これから冬に向かう南半球での流行も起きるかもしれない。数々の試練が襲ってきた航空業界だが中長期的な転換点となることは間違いないだろう。BoeingのB737MAX生産停止は急拡大しつつあったLCCにとっては不幸中の幸いだったかもしれないが、すでに大量の機材を抱えているLCCにとっては大手であっても経営が行き詰まるところが出てくるかもしれない。
編集 / 2020.03.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今日の関空
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
今週あたりからが山場か。

新型コロナの影響で関空国際線の欠航が本格化してきている。関空の今日のフライトを見てみる。

国際線の出発便は125便である。うち1/3の43便が欠航となっている。そのほとんどが中国線。北京、上海、青島はさすがに運航しているようだ。香港マカオも運航している。その他の中国各地とはまったく交流がなくなった。バンコクやクアラルンプル、香港、ソウル、台北でも一部の便が欠航となっている。LCCと中国線で賑わっていた関空にとっては今が正念場だろう。春になれば落ち着くのだろうか。ここ数年中国からの観光客でにぎわった桜も今年は静かな花見となりそうだ。
編集 / 2020.03.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
時刻表ネタ 1971.11
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機 / ジャンル: 写真
交通公社の古い時刻表が手に入った。以前入手したのが1973年12月版、今回は1971年11月版である。この2冊の最大の違いは、国鉄版と交通公社版・・・ということではない。山陽新幹線の開業前と後の時刻表である。今に比べて東は上野、西は大阪から各地に長距離列車が頻繁に発着しているのが分かる。今とは違って急行列車が多い。しかもどれも長大編成である。長距離の移動手段が列車だった、鉄道の黄金時代のものである。

当時の航空時刻表が掲載されている。国内線だけであるが、3ページで収まっている。幹線1ページ、全日空1ページ、東亜国内航空他1ページといたってシンプル。JALは国内では5空港(千歳、羽田、伊丹、福岡、那覇)のみの就航。幹線はDC8やB727/737が主流で、その他がほとんどYS-11という状況となっている。日本航空がB747SRを導入したのが1973年、全日空がL1011を導入したのが1974年だから、航空大量輸送時代の幕雨前のことになる。東京大阪間はJALが14往復、全日空が15往復と思いのほか多いが、新大型機材の導入が待たれる時代だったということか。大阪着の最終便は羽田2100発、伊丹2155着と今より1時間半遅い。騒音訴訟真っただ中の時代でもあった。
国内路線網も今よりはかなりシンプルである。東京や大阪からの便は西日本向けが大半で、大阪からも東北方面への路線が見当たらない。名古屋に至っては、東京便が1往復以外は九州便があるだけである。

ちなみに東京大阪の航空運賃は6,800円。新幹線3,730円とあるから倍近い。当時は開業時のまま東阪3時間10分の時代である。55分で結ぶ飛行機ではあってもこの値段差はなかなか埋まらなかったんじゃないだろうか。
編集 / 2020.03.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
はじめてのデジカメ一眼をついに買う!?
カテゴリ:  撮影行 / テーマ: 航空機 / ジャンル: 写真
これも新型コロナウィルスの影響なのか。春節が終わっても新モデル入荷のお知らせがとんと来ない。まあコレクションの方はぼちぼちとやっていけばいいので、世間と病気が落ち着くのを待つしかあるまい。

さて、そんな中このところカメラ屋さん行脚を繰り返している。空港や駅で見かけるデジイチ、超望遠レンズが気になっていたのである。現在の愛機はLUMIX FZ-18。ネオ一眼と呼ばれていた機種である。35mm換算で28mm~504mmまでカバーできるのに超軽い。コンパクトデジカメよりは嵩張るが出張や旅行には大変重宝する。しかし、これからのことを考えるそろそろ本格的なデジイチが欲しくなってきた。が、一眼カメラなどMF時代以来買ったことがないので、今の流行など全く分かっていなかった。前回買ったMF機はPentax LXとタムロン300mmF2.8である。主に天体写真を狙っていた。その後飛行機に関心を持ったものの、AF無しではなかなかしんどいなぁと思っていたらフィルムさえ見かけなくなってしまった。2世代も3世代もカメラから離れていたので実際何をどう選べばいいのか全くわからない。

そこで、本ブログの読者でもあるカメラ師匠にいろいろとアドバイスをいただいていた。まだ実際に買うかどうかは決めかねているが、おぼろげにレンジが見えてきた。予算感ではあるが、この際なのでレンズ付き10万円という入門機は避けたい。その上のクラスだと望遠レンズを含めて30万円くらいかなと見当をつけて各社の該当機種を見ていく。ボディだけだと10万円から20万円位のモデルが対象になる。

ボディの方では大まかに4分野に分かれる。
まずばデジカメの心臓部、イメージセンサーの大きさ。フルサイズとそれよりやや小さいASP-Cの2種が対象となる。もちろんフルサイズの方が高い。が、ASP-Cの場合、レンズの焦点距離が1.6倍になるらしいので、レンズの値段を考えるとかなり有利とのこと。
次に、ミラーレスかレフか。レフは従来通りのペンタプリズムとミラーでファインダー越しに映像が見られるやつ。ミラーレスはミラーとペンタプリズムがなく、ファインダー内の小型モニターを覗くというやつである。ミラーレスは機構が単純化されるため軽量らしく、今はデジカメと言えばミラーレスが主流とのこと。ただし、すべてが電子式なのでバッテリーの持ちが悪い。
以上2X2の組み合わせで4分野を選ぶことになる。が、実質ミラーレスではフルサイズが主戦場となっている。実際にはこれを除く3つの分野から絞り込むことになる。

現時点では見慣れた一眼レフ式に心を惹かれている。今のLUMIXもそうなのだが、空港に行くとカメラ越しに遠方の風景を楽しむことも多い。単に撮影だけではなく、見てるだけで電池を消耗してしまうのがなんとなく不安というのと、やはりモニター越しではなくすっきりとした光学ファインダーで覗いた方が細かい点にまでよく見える。古い人間なので単純にメカメカしいのが好きということもある。

さて以上の状況で今買える機種はどんなものがあるか。せっかくなのでCanonやNikonなどのブランドにも憧れがある。今やSONYとなったMinolta
の系譜もある。Pentaxも今なおデジイチを供給しているのも知ってちょっと嬉しかったりする。カメラ店詣でのおかげで最近ようやく各社の現行モデルの名前が頭に入ってきた。しかも、この業界はオリンピックの前に新モデルを発表するのが通例らしく新モデルが結構出ているらしい。

うーむ、定年(退職はまだしないが)後の楽しみとして何を選ぶべきか。今しばらく選択の楽しい時間を過ごしてみたい。
編集 / 2020.02.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
本日のITM~STAR WARS最終日
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
黄色のSTAR WARS機が今日までらしい。カミさんの情報である。1500着を想定して伊丹スカイパークへ新車を走らせる。日もかなり傾いているので下面への陽の回り込みが見られればきれいだろうなと、離陸間際のお姿を捉えるため南端に陣取った。ただ雲が多く一向に陽が射さない。機首の流し撮りにトライしてみる。やはり三脚持って行けばよかった。

▼1425 札幌線 NH776便 B738[JA61AN] 薄日が射してパイロットの姿もよく見える。
s-P1090924.jpg

▼1425 秋田線 NH1654便 DHC8-Q400[JA841A] 北風が強くなってきた。おっとっと、しかし無難にランディング。
s-P1090927.jpg s-P1090928.jpg

▼1440 羽田線 JL119便 B763[JA615J]
s-P1090915.jpg

▲1440 羽田線 NH28便 B789[JA833A] 40分遅れの羽田行き。主翼下面のエンジンの映り込みが良い。伊丹でのB789は初めて見るかなぁ。
s-P1090919.jpg s-P1090920.jpg

▲1445 成田線 JL3006便 B738[JA341J] ちょっとシャッター早かったか。なんだか一人しか映っていないようにも見える。
s-P1090931.jpg

▼1450 仙台線 JL2206便 E170[JA222J] 完全に晴れ上がった中B滑走路への侵入。
s-P1090934.jpg

▼1455 鹿児島線 JL2410便 E170[JA219J] 続いてE170が舞い降りてくる。
s-P1090936.jpg

▼1445 札幌線 JL2006便 B738[JA344J] 前方の座席のブラインドしか降りていないが、ガラガラというわけでもなさそうである。
s-P1090941.jpg s-P1090942.jpg

▲1430 羽田線 JL120便 B788[JA846J] 薄雲すら切れてさらに日差しが強くなる。JALのB787は伊丹で見るのは初めてかもしれない。
s-P1090945.jpg s-P1090946.jpg

▼1510 函館線 NH746便 B738[JA87AN] 一瞬風も弱まり気持ちよさそうな着陸。
s-P1090949.jpg s-P1090950.jpg

▲1455 那覇線 JL2087便 B773[JA8944] B77Wも改めてみると長い。あとコンマ何秒あとだったらコックピットを真横に収められたのに。手持ち撮影の限界だなぁ。
s-P1090955.jpg s-P1090956.jpg

▼1505 羽田線 NH27便 B772[J743A] 真打登場。西日で黄色が濃くなった。この直後一転搔き曇って小雨が降ってきた。自宅窓から出発便を狙ってみた。朝日ならもう少し「見れる」写真が撮れるかもしれない。
s-P1090961.jpg s-P1090963.jpg s-P1090967.jpg

800万画素のセミ一眼でもそれなりに撮れるが、やっぱり一眼が欲しくなってきたなぁ。


編集 / 2019.12.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード