FC2ブログ
飛行機デザイン考(2) ライン型
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
タイプⅢ、Ⅳにも共通して言えることだが、このタイプにはかなり細かな違いがある。60年~70年代の典型的はチートラインはその1種でしかない。そのバリエーションは方向と位置と形状、さらに終端の4つの要素で成り立っている。

①方向(角度)
H)水平(-)
L-H-C.png
最もポピュラーなラインは水平方向のチートラインである。機体を水平に横切るまっすぐな線。横に長い機体にはもっともよく似合う。大西洋航路の客船に施されたのがその走りである。ヨーロッパからアメリカへの航海の速度競争が熾烈だった時代、少しでもスピードをイメージさせる塗装として好んで導入された。客船も飛行機も黎明期は速さを求められていたわけだ。長細い物体では一番無難で自然なデザインだろうが、最近ではすっかり少数派となってしまった。

V)垂直(|)
L-v.png s-P1080408_201806231406566c1.jpg

機体を輪切りにする垂直の線。視覚的には前後を切ってしまうイメージがあるのでなかなか採用し辛いデザインではある。

A)後上りの斜め(/)
ライン系としては水平の次にポピュラーである。後方に向かって上がっていくのは上昇とか成長とか発展をイメージしやすい。そのまま尾翼にまでラインを伸ばすのもよく見られるデザインではある。亜流として、機体を横切った斜め線と、機体全体にわたる斜め線があって、両者でもかなりイメージは異なる。
L-A.png L-A-Cs.png
48JPN1.jpg 48JPN1.jpg

D)後下りの斜め(\)
L-D.png L-D-Cs.png
下降、縮小などいいイメージとは無縁のようで、実際に採用されているデザインはあまり見かけない。ただ、タイプⅢ、Ⅳといった塗分デザインでは割と普通に見られる。

②位置
方向によって表現が異なるが要はラインの位置である。水平なら機体上部、真ん中、下部で、同じ水平ラインでも受ける印象はずいぶん異なる。ただラインに限って言えばほとんどが真ん中である。
T)機体の上部
L-H-T.png B-IB.jpg

C)真ん中
L-H-C.png B-SD.jpg

B)機体の下の方
L-H-B.png

垂直、斜めだと機体の前後の位置によって印象が異なる。
F)機体の前寄り
C)真ん中
R)機体後方
L-V-F_20180623141501fe3.png L-v.png L-V-R.png
L-A-F.png L-A.png L-A-R.png
L-D.png L-D.png L-D.png

③形状
ラインは厳密にいえば直線だけではない。最近の流行りとしてはウェーブ状のものもたまに見かける。
L)オーソドックスな直線
L-H-C.png
W)ウェーブ
L-H-C-ee-W.png
波型である。実際は~のように1周期程度の波型が多い。
A)円弧。形状的には上(前)に凸と、下(後)に凸な円弧がある。
L-H-C-ee-Au.png L-A-Caf.png
L-H-C-ee-Ad.png L-A-Car.png
AirDoは後上=後方=前凸の弧ラインである。

P)折れ線
L-H-C-ee-P.png
ギザギザや矩形。見かけないがデザイン的には可能である。他のタイプでもほとんど見かけない。

④終端
最後に終端である。あまり厳密に定義することもないが、それなりに見かけ上のインパクトがあるので分類してみる。
この形状は特に水平ラインに特徴的なものである
e)機首の先端までラインが続いている。
L-H-C.png

b)機首まで届かなくて途中で途切れている
L-H-C-be.png L-H-C-eb.png

u)線が機首付近で上昇
L-H-C-ue.png L-H-C-eu.png

d)線が機首付近で下降
L-H-C-de.png L-H-C-ed.png
China Southern

終端の形状はもちろん両端に現れるので、実際には両端の組み合わせパターンが存在する。
スポンサーサイト



編集 / 2018.06.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
飛行機デザイン考(1) 機体の塗装デザイン 基本形
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先日、機体と尾翼の関係について連続型と独立型があると整理してみた。尾翼は目立つパーツだが、色・柄・ロゴを別にすれば、デザイン的には整理は完了である。次に機体そのもののデザインについて整理してみる。まずは基本的な分類。
大まかに分けて以下の5つのタイプがある。

Type Ⅰ)単一
単色
ほとんど場合、単色である。ホワイトボディが多いのは紫外線対策もあるようだ。単色以外でも一面同じパターン(柄)の場合もこのタイプになる。実際無いが全身ヒョウ柄なんてのもこのタイプになる。

Type Ⅱ)ライン
L-H-C.png
60年から70年代までの流行だったチートラインが代表的な例である。ラインは1色の場合もあるが、たいていの場合複数の色の線で耕世視されることが多い。このタイプにはさらに細かいバリエーションがあるがそれは後述する。

Type Ⅲ)2領域
2領域
機体全体が2つの領域に塗分けられているタイプ。単純なのは2色塗分けだが、領域内で同系色が複数使用されている場合も多い。単純に2色というのも意外と珍しかったりする。

Type Ⅳ)境界線
境界線
タイプⅡとⅢの複合型である。2領域の境界にラインが引かれたタイプである。KoreanairやKLMがこのタイプ。

Type Ⅴ)その他型
その他
上以外のタイプ。3つ以上の領域に分けられるもの、様々なタイプが複合的に含まれるものなど。機体全体を使った特別塗装機などもこちらの範疇となることが多い。JASのレインボー7など左右対称でリボンが巻き付いているようなタイプはこの範疇となる。

次は各タイプ毎にそのバリエーションについてもう少し詳しく見ていきたい。
編集 / 2018.06.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
飛行機デザイン考(序) モデルで見る尾翼と機体の関係
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
先日特別塗装についてまとめてみた。コレクションの線引きとしても自分なりに整理しておきたいと思ったのがきっかけである。結論から言えば欲しいもの、気に入ったものを買うという原則に勝る法則はなかったわけだが。

それにしても飛行機のデザインは見ていて楽しい。空港に行くだけで世界中の民族風習に触れられる。同じ機体に世界中の知恵と経験と伝統を盛り込むのは、さながらデザインオリンピックと言えるのではないだろうか。まあ優劣をつけるわけではないのでデザイン美術館のようでもある。

飛行機のデザインはいわゆる工業デザインの一分野になるんだろうか。その工業デザインは奥が深そうである。現在運航しているエアラインは、エアライン年鑑掲載分だけで1,200社あまり。過去存在したエアライン、デザイン変遷のバリエーションを考えると、10,000種類ほどのデザインが存在したとも考えられる。まあおそらくは数千から数万の間だろう。それにしても円筒状の機体に変形四辺形の尾翼というかなり単純なシルエットに10,000種である。デザイナーの苦労もしのばれるというものである。新しいデザインが登場すると、都度わくわくさせられるのだからデザイナーというのは大したもんである。

さて、一口にデザインといってもいくつかの要素に分けられる。領域、柄、色、ロゴである。各社とも気を配るのはもちろんロゴなのであるが、全体的な印象を左右するのが領域である。機体のどの部分がどういう色・柄で分けられているかが最も大きな要素と考えられる。最も目立つ垂直尾翼部分は、一旦独立した領域と考える。この尾翼と機体の関係でいうと、連続型と分離型に分けられる。機体に描かれた色・柄領域が尾翼とつながっている場合、尾翼だけが別の色・柄で構成されている場合である。

例えば1980年代から一世を風靡したホワイトボディ機の場合、尾翼が同じ白なら連続型、別色なら分離型である。もちろん白以外の有色の場合も同じ理屈である。

例)連続型
連続型
JAL ホワイトボディ1色に白地の尾翼
KAL 機体上部の空色に同色地の尾翼
EAL 機体のラインが尾翼に連続するパターン
48JPN2.jpg 48KOR1.jpg SJ 2002 Eastern DC-8-61 N8778

例)分離型
分離型
DLH ホワイトボディに有色地の尾翼
KLM 有色ボディに白地の珍しいパターン
SIA チートラインも尾翼には影響していないパターン
48EU1.jpg 48EU4.jpg 48SEA2.jpg

尾翼は最も目立つ領域ではあるものの、機体全体との関係性でいえばこの2パターンしかない。
色、柄、ロゴを別にすれば、後はおおむね機体に施されたデザインのバリエーションが、飛行機デザインの大きな部分を占めることが分かってくる。

次回はその機体での領域分けを見てみる。
編集 / 2018.05.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特別塗装機とコレクション性(4)
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
特別塗装Type Cは、対外・非営利イベント特別塗装で、団体・イベントなどへの協賛が中心となる。個人的に純粋なデザイン性とエアラインの事業としての歩みに興味があるので、どちらともあまり関係の薄いこのタイプのデザインは基本的に「見送り(△)」となる。ただ、協賛が国際機関ともなると、エアラインの事業の歴史上重要なデザイン機となるので一部で「買い(○)」となるケースが多い。オリンピックや国の独立記念などは基本的に買いとなる。
タイプ
 
ランク
内容
Type C-1
個人への協賛
JAL Matsui Jetとか。個人を応援するというのはかなり珍しいパターンじゃないだろうか。海外で多そうなのだがあまり聞かない。個人ではないがFedexのパンダ輸送機特別塗装はこの範疇にはいるかもしれない。あのデザインが特定のパンダを指しているのかどうかのかはわからないが。
Type C-2
団体協賛
(文化編)
映画やアニメ、ドラマへの協賛塗装機がこれにあたる。HawaiianのMoana、ANAのSTARWARS、NZAのLord of the Ringsなど。映画の知名度が高い上に作品の性格が明確なのでよく見られるタイプである。ANAの龍馬伝塗装とか。ルーブルでのハングル案内開始を記念したモナリザ塗装B744もこの範疇である。
TypeC-3
団体協賛
(スポーツ編)
海外では一般的なスポーツクラブへのスポンサー協賛塗装である。Emiratesはずらりと有名どころのサッカーチームのスポンサーとなってA380というこれ以上は無いキャンパス一杯に特別塗装を施している。日本ではSkymarkの阪神タイガースロゴなどがあったがあまり一般的ではない。
TypeC-4
国や国際機関など
○~△
国際児童年や緑化推進、温暖化対策、動物保護やガン撲滅などへの協賛など最も幅広い。オリンピックデザインなどもこの分野となる。また最近ではSQの独立記念A380デザインなども聞くに新しい。


特別塗装Type Dは他社の広告である。単純に機体を看板代わりにして広告収入を得るというもの。基本的には「見送り(△)」なんだが、広告主としてデザインにこだわるのであればそれなりに高いデザイン性の機体も今後は出てくるかもしれない。ただその性格上モデル化される可能性は低いだろう。
Type D
純粋な広告
JASのポカリスエット以外にも、SkymarkのYahoo!やMicrosoft、J-Phoneデザイン機もあったが、昨今はあまり直接的な広告はトンと見なくなった。各社とも自社ブランドとの兼ね合いを重視してきたからなんじゃないだろうか。

ここまで特別塗装について独断で整理してみたが、やはりその中でも個人的な思いや好みによって買う買わないを決めている。そもそもデザインって何よ、という視点からも整理してく必要がありそうだ。ゆくゆくは色彩学とか工業デザインとか、背後に潜む民俗学とか少しずつ、素人なりにざっくばらんに整理してみたい。
編集 / 2018.03.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特別塗装機とコレクション性(3)
カテゴリ:  デザイン
特別塗装Type Bは、自社の広告・販促活動など(自社向け・営利)である。基本的にはコレクション対象外(△)なんであるが、さすがにエアラインが自らをアピールするだけあってきれいなデザインが多い。結果としてコレクション対象としてしまうことも多いタイプである。

タイプ
 
ランク
内容
Type B-1
広告
直接的に、予約サイトのURLや電話番号をビルボード的に機体いっぱいに配したデザインがこれにあたる。早割キャンペーンなどの自社広告としての特別塗装もある。かつてはJALの先特割など多くはないがあるにはある。
Type B-2
新路線就航
○~△
就航地とのタイアップとなることも多いが、これは純粋に、この路線を利用するときはわが社にしてネという極めて商業的なメッセージが強い。Southwest Airlinesの××Oneはこのタイプに分類できるだろう。営利目的としての効果は限定的だろうがそれでも路線活性化の明確な意思が感じられる。
就航地の観光地や名産品、イベントなどのイメージがデザインに盛り込まれることが多いため、なかなかきれいなデザインが多い。基本見送りだがこの場合、コレクション対象となる場合が多い。
Type B-3
事業提携
アライアンスカラーや、業務提携などによるハイブリッドなどがこれにあたる。一応営利目的ではあるもののどちらかというとブランド戦略に近い。エアライン業界の栄枯盛衰を語る上では見過ごす事が難しい分野である。
編集 / 2018.03.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特別塗装機とコレクション性(2)
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
特別塗装機について大まかには4つに分類した。その上で今の心境として欲しいランクがどうなるのかも自分なりに定義してみたい。

まずはType Aである。自社の記念イベントなどで、広告色の弱いというかあまり営利目的を表に出さないカテゴリである。このタイプの中にもいくつかパターンがあって、さらに詳しく分類してみる。

タイプ
 
ランク
内容
Type A-1
創業記念
創業記念:創業50周年だとか70周年など。昨今のレトロデザインもこの範疇となる。
Type A-2
機材導入記念
ANAのB787は世界に先駆けての初号機導入に際して特別塗装機を2機就航させた。自社にとっての新機材初就航は営利目的の要素も多分に含まれるが、あくまでも新機材のアピールが主眼である。新機材では無くとも1000機目などの区切り機材は機体メーカーと共同プロモーションすることも多い。
Type A-3
業績達成記念
ANA Marine Junboはもともと顧客輸送5億人突破記念事業だった。このように100都市就航記念とか、100機目導入とか自社の事業・成績などを記念して施されるデザインもある。

このタイプは基本的にはコレクション対象となる。
例外は、レトロ塗装。やはりその時代時代のデザインはその当時に機体に一番合っているし、わざわざ同じデザインのモデルを複数コレクションするなら現役時代のモデルをコレクションした方がいいという個人的な嗜好の問題だ。
編集 / 2018.02.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特別塗装機とコレクション性(1)
カテゴリ:  デザイン / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
「特別塗装」は何年かに一度、月刊誌でも取り上げられるテーマである。その際は純粋にデザイン性に注目した記事になっている。ここではコレクション性という点に着目して特別塗装を考察してみたい。

現状のコレクションポリシーは原則特別塗装機はコレクション対象外としている。例外は日系モデルと一部のワイドボディ機である。例えばQANTASのアボリジニデザインなどはそれだけでコレクション対象となるわけだが、実際には、欲しいランクを決定する要素としてはデザイン性以外にその境界線が整理できないもんかと思っていた。実際にはコレクション対象になるかどうかはあくまで個人的な線引きなので、厳密な意味での分類ではないが、一定の線引きとして整理してみた。

コレクションの個人的な動機の一つとして業界史(エアラインや機材、その運用や業績など)に対する興味がある。どんなに醜悪なデザインであってもそれが時代を画するエポックメイキングなデザインだと、是非コレクションに加えたいと思うのである。とすると、デザイン性ではなくその目的によるコレクションの線引きをしているということである。

そんなことをつらつら考えてみるに、どうも特別塗装機は大きく分けて4つに分類できるようである。自社向けか他社向けかと、営利目的か非営利目的かの組合せである。もちろん純粋な非営利などは存在しない。特別塗装というのは多かれ少なかれ何らかの営利目的があるわけだからである。ここでは非営利(どりらかというとエアライン側の持出し)、営利(純粋な収入増または広告収入を得るもの)というくらいのくくりで考えたほうがよさそうだ。

特別塗装
自社主体
外部主体
非営利目的
Type A
自社イベント
Type B
公共/民間イベント
営利目的
Type C
自社広告
Type D
広告









各タイプごとに自身のコレクション性をさらに整理してみたい。
編集 / 2018.02.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード