Transaero Airlines B777-200ER (Aero500)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
AC2009 Transaero B772ER EI-UNZTransaero Airlines (Russia)
Boeing B777-200ER
EI-UNZ
-
Aero500 (2009)


トランスアエロ航空は1990年に設立されたロシアのエアラインで、設立直後はアエロフロートからのリース機材のみの運行だったが、1991年のソ連崩壊以降西側の機材を積極的に導入していたが、設立後のロシアの経済発展によってさらにその規模を拡大させている。
EI-UNZは元々1995年にユナイテッド航空にデリバリーされた機体で2005年にヴァリグ航空を経て2008年9月30日に導入された機体である。同社では初のB777で、計8機を導入している。
Transaero
新しいエアラインらしくデザインは近代的。初めてモデルを見た時はまさかロシアのエアラインとは思えなかった。スラブ三色を使ってはいるものの、どちらかというとアメリカ的なイメージである。尾翼はAirlinesの頭文字だろうか。縦にストライプを施すことで尾翼への収まりが良くなっているように見える。

モデルは2009年Aero500から発売されたもの。当時積極的にB777モデルをリリースしていたがこういった初モノにも熱心なブランドだった。



  → Read more...
スポンサーサイト
編集 / 2011.10.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Aeroflot Russian Airlines Il-96-300 (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2009 Aeroflot IL-96-300 RA-96015Aeroflot Russian Airlines (Russia)
Ilyushin Il-96-300
RA-96015
-
Herpa Wings (2009)


アエロフロート・ロシア航空はこれまでにも触れてきたので割愛する。
RA-96015は同社に6機存在したIl-96のうちの1機で、1995年から96年にかけてデリバリーされた最新機材である。しかしかつ旧ソ連解体に伴って次第に旧西側機材に入れ替わり、旧ソ連製最後の機材となった。昨今のロシア経済の復興を背景に2011年久々に自国製のSu-100を導入している。
Aeroflot2000s
デザインは2003年ごろ導入された現行のもので、シルバーの期待にロシア国旗のスラブ三色を曲線であしらった斬新なデザインである。

モデルは2009年Herpaから発売されたもの。

    History                Fleet                 Note

    1921 Dobrolyot (The Russian Society of Voluntary Air Fleet)
    |← 1929 Ukrainian Airways
    |← 1929 Georgian Airline
    1932 Aeroflot
    |                  1947 Il-12
    |                  1948 An-2
    |                  1954 Il-14
    |                  1956 Tu-104
    |                  1958 Il-18
    |                  1959 An-10
    |                  1961 Tu-114
    |                  1962 Tu-124
    |                  1962 An-24
    |                  1966 Yak-40
    |                  1967 Tu-134
    |                  1967 Il-62
    |                  1968 Tu-154
    |                  1972?LET L-410
    |                  1977 Tu-144
    |                  1979 Il-76
    |                  1980 Il-86
    |                  1980 Yak-42
    |                  1980 An-124
    |                  1987 PZL An-28
    |                  1990 Tu-204
    |                  1992 A310-300 
    1993 Aeroflot Russian International Airlies
    |                  1994 B767-300ER
    |                  1995 DC-10-30
    |                  1995 Il-96-300
    |                  1998 B737-400
    |                  1998 B777-200ER
    |← 2000 Aeroflot-Don
    2001 Aeroflot Russian Airlines
    |                  2003 A320-200/A319
    |← 2004 Aeroflot-Nord
    |                  2004 A321-200
    |                                     2006 SkyTeam
    |                  2008 MD-11F
    |                  2008 A330-200
    |→ 2008 Nordavia
    |+ 2009 Aeroflot Cargo
    |                  2011 Su-100
編集 / 2011.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Rossiya Il-96-300 (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2009 Rossiya Il96-300 RA-96018 for PresidentRossiya (Russia)
Ilyushin Il-96-300
RA-96018
-
Herpa (2009)


ロシア航空はソ連崩壊直後の1992年、ロシア政府によって設立された。当然ながら旧アエロフロートからTu-134/154などの旧ソ連製の古い機材を引き受けたもののすぐに西側の機材や新開発のIl-96などを積極的に導入して行った。Il-96は計4機運航し、主にプーチン大統領やメドヴェージェフ首相の外遊機に仕様された。2006年にはPulkovo Aviation Enterpriseと合併し、さらにさらに2011年ロシア国内のエアラインを統合する動きの一環として同社をアエロフロートに吸収合併させるという話もある。
RA-96018は2007年12月にデリバリーされた新しい機材で、同社3番目のIl-96である。レジでもわかるようにIl-96の18番目に製造された機材ということのようで、全19機の内の最後期の1機となる。今しばらくは現役で活躍しそうだがレアな機体には違いない。
Rossiya

旧共産圏のようなそっけないデザインでは無い、かといって派手さの無いデザインではあるものの、薄いベージュからグレーをベースにスラブ三色のラインを施している。尾翼には国旗と、まるで政府専用機のようなデザイン。

モデルは2009年Herpaから発売されたもの。

    History                Fleet                 Note
    1992 Rossiya Airlines
    |                  1992 Tu-154M/Tu-134A
    |                  1995 Il-96-300
    |                  1996 Il-62M
    |                  2002 Tu-214
    |                  2006 B737-500
    |← 2006 Pulkovo Aviation Enterprise
    |                  2006 Il-86
    |                  2008 A320-200/A319
    |                  2008 B767-300ER
    |                  2009 An-148
編集 / 2011.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Pulkovo Aviation Il-86 (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2008 Pulkovo IL-86 RA-86106Pulkovo Aviation (Russia)
Ilyushin Il-86
RA-86106
-
Herpa Wings (2008)


プルコヴォ航空は旧ソ連時代の1932年に設立された。社名はレニングラード南のプルコヴォ村の名に因んで名付けられた。その後1950年代には拠点としていた空港そのものがプルコヴォ空港と改名され、レニングラードの発展と共に急速にその規模を拡大させた。1991年のソ連崩壊後はアエロフロートの機材も引継ぎ、新生ロシアの有力エアラインとして存続していた。それまではアエロフロートの機材をウェットリースのような形態で使用していたようである。2006年ロシア航空と経営統合され、社名は消滅した。
RA-86106は同社に8機存在したIl-86のうちの1機で、1988年に製造、アエロフロートを経ておそらく1992年にアエロフロートから譲渡されたものである。国内線に就航していたらしいが、やや需要に対して大きすぎたようで、晩年はトルコやエジプトなどのチャーター便に利用された。
Pulkovo
長い間アエロフロートと同じデザインだったが1997年独自デザインを導入した。曲線を取り入れた近代的なデザインではあるものの、濃紺のモノトーンによる塗りわけだけなのでやや野暮ったさはぬぐえない。旧共産圏らしいデザインとしてそれなりにユニークで味わい深い。Il-86のシルエットに良く似合っている。

モデルは2008年Herpaから発売されたもの。これまでに7種のIl-86がモデル化されているがいずれも日本ではレアなエアラインばかりで貴重なコレクションとなっている。

    History                Fleet                 Note
    1932 Pulkovo Aviation Enterprise
    |                  1992 Tu-154M/Tu-134A
    |                  1992 Il-86
    |                  1992 An-12
    |                  2005 B737-500
    └→ 2006 Rossiya Airlines
編集 / 2011.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
LTU Lufttransport-Unternehmen A330-200 (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2008 LTU A332 D-ALPBLTU Lufttransport-Unternehmen (Geromany)
Airbus A330-200
D-ALPB
-
Herpa Wings (2008)


LTU国際航空はドイツの主に観光チャーター機を運行しているエアラインである。歴史は意外と古く1955年設立で、ルフトハンザとは競合関係にあったが、2007年エアベルリンの資本傘下に入り、現在ではすべてエアベルリンの名前で運行している。
D-ALPBは2001年9月11日にデリバリーされた。奇しくも9.11その当日である。10機のA332を保有していたが、本機はその2号機に当たる。
LTU2000s
チャーター便にしては紅白のモノトーンな感じで、やや古めかしいデザインだったがエアベルリン傘下となり同じ紅白のモノトーンながら機体後部から尾翼に曲線で駆け上がる近代的なデザインに変更された。しばらくLTUブランドで飛行していただが、デザインのアウトラインはそのままに2009年ごろからエアベルリンのロゴに順次変更されていった。

モデルは2008年Herpaから発売されたもの。エアベルリンデザインに移行するのを受けてモデル化されたのかもしれない。短期間のデザイン機だったが尾翼と機首の大きなロゴが印象的である。

    History                 Fleet                   Event
    1955 Lufttransport Union
    |
    1956 LTU Lufttransport Unternehmen
    |                   1961 F-27-300 Frinedship
    |                   1964 Se210 Caravelle III
    |                   1969 F-28-1000 Fellowship
    |                   1975 L-1011-1
    |                   1991 MD11
    |                   1992 B747-200
    |                   1994 A330-300
    |                   1995 B737-400
    |                   1995 B757-200
    |                   1996 B767-300ER
    |                   1999 A320-200
    |                   2001 A321-200
    |                   2001 A330-200
    |                   2003 BAe 146-300
    |                                    
    2007 → Air Berlin
編集 / 2011.10.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
AeroLogic B777F (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2008 AeroLogic B777F D-AALAAeroLogic (Germany)
Boeing B777F
D-AALA
-
Herpa Wings (2008)


エア・ロジックはルフトハンザカーゴとDHL、ドイチェポストのジョイントベンチャーとして2007年に設立されたドイツの貨物エアラインである。ライプツィヒ・ハーレ空港で24時間運行を開始、アメリカ、アジア全域とヨーロッパを結んでいる。東アジアへは韓国仁川と中国上海に乗り入れている。出資しているDHLとルフトハンザカーゴはこれを受けて各々の拠点をブリュッセルとケルンに移している。

D-AALAは2009年5月13日にデリバリーされた機体。8機導入されたうちの同社の初号機となる。同社では同機をさらに増強する計画で、そのうち日本にも乗り入れてくるかもしれない。
AeroLogic
デザインは貨物気らしい飾り気のないもので、機体前部と尾翼にロゴがあしらわれているだけのシンプルなもの。黄色と紺色をルフトハンザの配色を流用した物かもしれない。

モデルは2008年Herpaから発売されたもの。真新しいエアラインだけあって初のモデル化。さすがにお膝元のエアラインだけあって素早いモデル化である。実機投入直前だったが、いい出来のモデルとなっている。

    History                 Fleet                 Note
    2007 Blitz 07-343
    2008 AeroLogic
    |                   2009 B777F
編集 / 2011.09.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Armenian Airlines Il-86 (Herpa)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
HW2009 Armenian Il86 EK-86118Armenian Airlines (Armenia)
Ilyushin Il-86
EK-86118
-
Herpa Wings (2009)


アルメニア航空は1991年旧ソ連崩壊によりアエロフロートから分離独立したエアラインである。設立は1993年とされる。当初は利益も上げ順調だったが、1998年のロシア金融危機の影響を受けて急速に業績が悪化した。さらに2002年西欧乗り入れでは唯一の機材となるA310のエンジントラブルにより西欧ルートの運行停止、エンジンの修理費などが重くのしかかり、唯一のドル箱路線モスクワ=イェレバン線も売却したりしたものの2003年に運行停止、倒産してしまった。旧アエロフロートからは2機のIl-86を譲り受けている。EK-86118は1991年に製造された新造機で、倒産まで同社で運行を続けた後、継承会社であるArmaviaに引き渡されている。
Armenian>
デザインは世界の流行とは一線を画した独特のもの。機体から尾翼にかけて階段状に塗り分けられるのは他に例がない。名彩色のような配置で、重たい色である紺を不規則に塗り分けるとそれだけでバランスが悪くなるものだが、そのアンバランスさも意図しているような大胆なデザインである。大国間に翻弄され続けながらも生きてきた国民性の独特の価値観なのだろうかと思ってしまう。青、赤、黄色はアルメニアの国旗から、社名のロゴマークは頭文字を意匠化したもので、結果的にはアメリカン航空に似ていなくもない。実際ロゴや社名だけだとよく見間違える。

モデルは2009年Herpaから発売されたもの。日本では馴染みもないモデルだが、アララト山をいただくカフカスの小国の貴重なエアラインモデルである。

    History                 Fleet                 Note
    ┌← Aeroflot
    1993 Armenian Airlines
    |                   1993 Tu-154B
    |                   1993 Tu-134A
    |                   1993 Il-86
    |                   1998 A310-200
    |                   2000 An-24
    × 2003
編集 / 2011.09.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
British Airways B747-400 (Inflight) International Children's Conference
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
IF2009 BA B744 G-CIVB International Children's ConferenceBritish Airways (UK)
Boeing B747-400
G-CIVB
International Children's Conference
Inflight (2009)


英国航空はイギリスのフラッグキャリアであるとともにワンワールドの盟主でもある。1974年国策によってイギリス国内のエアラインが統合され誕生した。G-CIVBは1994年2月15日にデリバリーされた機体。B744ではBAの28機目に当たる。個有名はCity of Lichfieldでバーミンガムの北部の町に由来する。後年ワールドイメージとしてチェルシーローズを身に纏った。
British1980V2
ワールドイメージに移行する前に施された特別塗装機。1995年当時の写真が残っているが、International Children's Conference(国際こども会議)に因んだもので、会議の内容などは良くわからない。国連の会議に付随して開催されるようなのだが、議事事態が様々あるようなので今ひとつ趣旨がわからない。環境や教育、食料など
なんだろうか。尾翼のロゴも何語かすらよくわからない。

モデルは2008年Inflightから発売されたもの。特別塗装時代からかなり経っているが、なぜこの頃になってモデル化されたのか全く判らない。完全なコレクター向けのアイテム。

    History                Fleet               Event
    ┌+ British Overseas Airways Corporation (BOAC)
    ┌+ British European Airways (BEA)
    1974 British Airways
    |                  1974 BAC 1-11
    |                  1974 B707-420
    |                  1974 B737-200
    |                  1974 B747-100
    |                  1974 L-1011-1
    |                  1974 VC-10
    |                  1976 Concorde
    |                  1983 B757-200
    |← 1987 British Caledonian Airways
    |                  1988 DC-10-
    |                  1988 A320-100
    |                  1989 B747-400
    |                  1991 B767-300
    |                  1995 B777-200
    |                                    1998 One World
    |← 2010 Iberia Airlines of Spain
編集 / 2011.09.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
LTU L-1011-1 (Inflight)
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
IF2008 LTU L1011 D-AERELTU-LufttransportUnternehmen (Germany)
Lockheed L-1011-1 Tristar
D-AERE
-
Inflight (2008)


LTU国際航空はドイツの主に観光チャーター機を運行しているエアラインである。歴史は意外と古く1955年設立で、ルフトハンザとは競合関係にある。機材返礼機を見てもわかるように順調にその規模を拡大させてきた。年代毎に使用機材を出来るだけ統一しようとしていたようで、発足直後のカラベルからいきなりワイドボディのL-1011、90年代にはその後継機としてA330とA320を選定している。その他の機材は同も一時的な需要にたいする補強的な扱いだったようである。このLTUもエアベルリンの資本傘下に入り、現在ではすべてエアベルリンの名前で運行している。
D-AEREは1977年、アメリカのパシフィックサウスウエスト航空に導入されたが、当時同社がL1011の引退を決めていたために翌日の1977年5月11日にLTUに売却された。18年間活躍したのち1995年にATAアメリカントランス航空に売却されている。
LTU1990s
チャーター便にしては紅白のモノトーンな感じだが、70年代ではましてやルフトハンザのシックな機体が並んだドイツではこれで派手なデザインだったろうと想像がつく。ロゴマークもLTUとのままで、チャーター便の楽しさよりも社名ブランドの浸透に重きを置いたものだろう。今となっては古めかしいがそれなりに伝統を感じさせるデザインである。

モデルは2008年Inflightから発売されたもの。

    History                 Fleet                   Event   
    1955 Lufttransport Union
    |
    1956 LTU Lufttransport Unternehmen
    |                   1961 F-27-300 Frinedship
    |                   1964 Se210 Caravelle III
    |                   1969 F-28-1000 Fellowship
    |                   1975 L-1011-1
    |                   1991 MD11
    |                   1992 B747-200
    |                   1994 A330-300
    |                   1995 B737-400
    |                   1995 B757-200
    |                   1996 B767-300ER
    |                   1999 A320-200
    |                   2001 A321-200
    |                   2003 BAe 146-300
    └→ 2007 Air Berlin   
編集 / 2011.08.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
英国航空 B747-400 (Inflight) One World
カテゴリ:  ヨーロッパ / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
IF2009 BA B774 G-CIVP One World英国航空 British Airways (イギリス)
ボーイング Boeing B747-400
G-CIVP
One World
Inflight (2009)


英国航空はイギリスのフラッグキャリアであるとともにワンワールドの盟主でもある。1974年国策によってイギリス国内のエアラインが統合され誕生した。G-CIVPは1998年2月17日にデリバリされた機体で、50機以上導入された英国航空のB747-400の最後期に導入された機材である。
British1990V2
英国航空の最新のデザイン。フラッグキャリアらしくユニオンジャックをモチーフにしたデザインで、以前のワールドイメージの中野一つの見られていたが、ワールドイメージのあまりの人気の無さにこれを引き継ぐ形で採用された。ワンワールドは他のアライアンスに比べておとなしいデザインで、機首に連合タイトルがでかでかと描かれている。

モデルは2008年Inflightから発売された。

    History                Fleet              Event
    ┌+ British Overseas Airways Corporation (BOAC)
    ┌+ British European Airways (BEA)
    1974 British Airways
    |                  1974 BAC 1-11
    |                  1974 B707-420
    |                  1974 B737-200
    |                  1974 B747-100
    |                  1974 L-1011-1
    |                  1974 VC-10
    |                  1976 Concorde
    |                  1983 B757-200
    |← 1987 British Caledonian Airways
    |                  1988 DC-10-
    |                  1988 A320-100
    |                  1989 B747-400
    |                  1991 B767-300
    |                  1995 B777-200
    |                                    1998 One World
    |← 2010 Iberia Airlines of Spain
編集 / 2011.08.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード