秋の長雨モデル鑑賞 B777-300ER
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
 秋の長雨が始まった。ここでモデルを眺めているうちに、ブランドごとの金型の違いを俯瞰してみた。

 現行のブランドは5つある。HW(Herpa)、HG(Hogan)、SF(Sky500)、AF(Aero500)、JC(JCWing)である。この5ブランドにまたがった機種というとB777-300ERくらいしかない。5つではナニなのでちょっと古いがSJ(Starjets)のB777-300も比較のために見てみる。SJ以外は2014年以降の新モデルばかりである。

         HW:China Eastern (2015)
         HG:Evaair (2014)
         SF:Air Newzealand (2014)
         JC:Singapore (2014)
         AF:China Airlines (2015)
         SJ:Japan Airlines (2002)

 まず結論を言えば、SFとJCは同じモールドである。メインギアの作りも同じなので箱以外はまったく同じと考えていいだろう。ただ、細かい部分を見れば表現方法が違ったりしている部分もある。各部について違いを見ていくことにする。

【機首編】
777nose1-SF+JC.jpg 777nose2-HW+AF.jpg 777nose3-HG+SJ.jpg 777nosegear4.jpg
 まずは機首を見てみる。高さについてはノーズギアの作りの問題だろう。機首の丸みは各ブランドで印象が多少異なる。ギアそのものの表現も各社で違いが大きい。HWは新しい金型の割にシンプル。強度とデザイン性のバランスとしては標準的である。この中でAFのみ車輪が回転する。このこだわりがすごい。
 裏返して、ノーズギア周りを見てみる。SJは何も表現されていない。HGとHWは筋彫りでHWの方が幾分シャープである。AF、SF、JCは印刷で表現している。
 また写真には収まらなかったが、HGのみ機体上方にアンテナドームが再現されている

【胴翼フェアリング編】
777nosegear1-SF+JC.jpg 777nosegear2-AF+HW.jpg 777nosegear3-HG+SJ.jpg
 機体の主翼付け根のふくらみを胴翼フェアリングというらしい。ここで目立つのは表現方法で、HGだけが左右主翼とフェアリングが一体となっている。かつてのHWの系譜が今なお引き継がれている。この利点は左右主翼のバランスがとりやすいのと組立の工程が1手間減ることである。ただ接合部の溝が目立ってしまうというデメリットがある。
 フェアリング前方の左右のくぼみが特徴で、AFは穴ではなく印刷で表現。JCはSFと同じだが、くぼみ部分にわざわざ印刷でも表現している。HWはくぼみがあるのか無いのか一見して解らないくらい。実機の状況が解らないので何が正解かも良く解らない。AFとJCはこんな目につかないようなところまで印刷でごちゃごちゃした付属物を再現している。

【主翼編】
 続いてモデルの中で最も差が出るのが主翼である。スケールダウンしているのでそんなに差が出るはずもなさそうなのだが、比べてみるといろいろと違いがある。主翼下面の出っ張りはフラップ・トラック・フェアリングと呼ばれる。左右3個ずつついているがその大きさと位置が微妙に違う。SF/JCは主翼後端のはみ出し具合がやや大きい。
 エンジンを吊り下げるパイロンもほとんどが主翼と一体型だが、SF/JCではパイロンがエンジンと同様別パーツとして表現されている。ダイキャストの場合こういった凸凹は抜けの悪さにつながるので出来るだけ滑らかにしたいらしいが、組み立ての後工程を考えると一体型としたほうがいいのだろ。
777wing1.jpg
 写真では解りづらいが、レイクドウィングチップのさらに先端が微妙に異なる。AF/SF/JCでは先端にごく小さな突起がついている。これは翼端のライトを表現しているものと思われる。が、必ずしも左右両方にあるでもなく左右どちらかにしかないこともあるようだ。本当によく見ないと判らない。構造の再現というよりも製造上の問題で、もしかしたらここにランナーが繋がっていたのかもしれない。主翼の先端は、ダイキャストでは気を遣うところだろう。金型では材料の金属が一番届きにくい場所である。突起はその対策の名残なのかもしれない。HWやHGは単純に先端が尖っているだけである。同様の作りがAFのテールコーンにもみられる。
 
【後姿編】
777back1-JC+HG.jpg 777back2-SF+HW.jpg 777back3-AF+JC.jpg
 主翼は、とかく平面図にばかり目が行きがちであるが、真後ろから見た主翼の形が実はブランドごとに結構違う。レイクドウィングチップのせいで翼長がかなり長く、優美なシルエットとなっているが、翼の厚みはHWが最も厚い。真後ろから見て上下面のふくらみが見えるのはHWだけである。AFはMD-11といいB777といいモールドにこだわりが強い。主翼厚ももっとも薄く、前後方向から眺めた時のシャープさはため息が出るほどである。ただしあくまで印象だが、主翼のねじり下げが少ないように見える。AFの3発機は後姿のねじり下げの表現が気に入っているのだが。B777はやや淡白なような気がする。
 SFとJCは引き込み用の支柱が、板状で表現されている。モデルとしての忠実度は劣るが、基本的に駐機状態での観賞用モデルなので普段はあまり目立たない。板状とすることで強度は申し分なく、モデルの最大の泣き所であるメインギアの破損を防いでいる。

【尾部編】
777tail2-SF+JC.jpg 777tail1-HW+AF.jpg 777tail3-HG+SJ.jpg
     ※左から JC/HG、SF/HW、AF/JC(重複)
 最後に最後部の表現であるが、意外とここもばらつきが大きい。テールコーンの形状はほぼ同じであるがAFのみ尾灯のわずかな突起が表現されている。APUはほぼ印刷で表現されている。
スポンサーサイト
編集 / 2015.09.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa vs Inflight CV990
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
SpantaxのCV990、HerpaとInflight500を比較してみる。

HWvsIF CV990-3
右はIF、左はHWである。一見、ほとんど違いは解らない。特に機体、尾翼にかけては全く違いは無いように見える。わずかに主翼のエンジン取りつけ基部の処理が違うくらいか。

HWvsIF CV990-2
裏返して見ると、主翼パーツにスタンド用の丸穴があるIFに対してHWには穴が無い。金型は同じでも、後工程で穿孔しているだけなのかもしれない。心なしかHWのほうがモールドが甘いような気もするが。それ以外は見分けがつかない。

HWvsIF CV990-4
緩衝材をみてみるとこれまた形状は同じ。光の反射でもまだ見にくいかもしれないが、片や"IF5 CV990"との刻印が有り、片や"5- CV990"の刻印が見える。

結論としてはやはり同じ金型の可能性が高い。ただそうだとするとIFの時代からの製造になるので今後はだんだんとモールドが甘くなってくる可能性がある。
CV990のバリエーションは今後そんなに続かないのかもしれない。
編集 / 2013.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Aero500
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: ラジコン・空物 / ジャンル: 趣味・実用
Aero500

■Aero500
2008年突如として、市場に現れた。名前からして1/400で時代物のモデルを手がけるAero Classicsの関連かとも思わせるが詳細は不明。中国製であるらしい。金型はStarJetsの系譜のようだが、格段に精度は向上している。KLMとKoreaなどB777を中心に発売している。

今後の展開は全く不明。
編集 / 2008.11.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
その他のブランド
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
■BlueBox
2007年からダグラスATL(小型プロペラ機)1機種のみ発売している。詳細は不明、その後単発的にATLをリリースしていたが、現在は活動が見えない。

■Jet-Xもともと1/400に同じブランド名で新製品を供給していたが、2008年1月突然1/500スケール市場にボンバルティア(カナダ)、エンブラエル(ブラジル)の小型ジェット機の新製品を発表。地方路線を運行する航空会社のモデルを発売する。小型機のみでラインナップを伸ばすのか今後の動きが注目される。


■H-T
1999年 Herpa社の旧金型からリバースエンジニアリングによって製作したようなモデル。当時Herpaが未発表だった航空会社のモデルを出していた。中国南西航空やヴァージンのA340、中国東方航空やフィンエアのMD11など、それなりに話題になったが、デザイン(塗装)の考証が甘く、さらに一部は箱無しで香港を中心に売られていたが自然消滅した。

丁度、香港に旅行に行ったときにブームになっており、モデルショップではヴァージンA340が箱なしで山積みされていた。いかにも中国らしい。この後C&Cが登場したので、同じ系統なのかもしれない

■Lysia
1999年より香港ドラゴン航空のモデル発売を開始したブランド。金型はHerpaと同じ。Herpa Wingsのクラブ会報でも紹介されているので、OEMだと思われる。

■HOGAN社(販売は全日空商事)
香港のモデルメーカー。ブランドではないがHerpa社の製造請負会社なので、金型は基本的にHerpaのもの。他スケールではHOGANブランドで独自のモデルを発売しているが、1/500では全日空商事が販売する全日空モデルの製造を手がけている。全日空モデルはHerpa社の販路からは完全に独立しており、Herpa社のホームページやパンフレットでも触れられることは一切無くなった(初期の頃はホームページや会員誌でも紹介されていた)。全日空商事の独占販売であり、日本国内向けに限定されている。この為、世界中のコレクターからは入手困難なことと、他モデルに比べて割高な上送料も掛ることなどから評判が悪い。一方で全日空商事のこだわり、品質要求の高さから、細部にわたる塗装面での改善が見られ、結果Herpa社のディテールアップに貢献している側面がある。また全日空に特有の機体(YS-11やDHC8-400)などのモデル化を積極的に進めるなど評価されている一面もある。

■KA
KAは香港ドラゴン航空の2レターコードで同社のモデルが不定期に発売されている。金型はHerpaのもの。

■Dream Jets
2002年から2003年にかけて、デルタ航空のMD11アトランタオリンピック塗装と、エアカナダのA320フットボールチームカラーの2機だけをリリース。特別塗装専門のブランドかと期待したが、この2種で消えた。何かのブランドの、サブブランドだったのかもしれない。5 Starに酷似している、金型はStarJets系。

■Zenith
2006年 カナダの海難救助機、(飛行艇)を2種発表も、その後は続かず。単発的に1/500のモデルを作ったものと思われる。詳細は不明。

■Green Box
2008年初め、キャセイのロッキードL188エレクトラの発表を行ったがその後実際にリリースされたかどうかも不明
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
5 Star
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
5 Star

■5 Star
2004年DC8をはじめてモデル化しを発表し、市場に参入。ほどなく日本航空のDC8や全日空のエアバスA321など日本のコレクターを意識したラインナップでスタートした。StarJetsの撤退と時期が重なり、また金型も酷似している為、別ブランドでの復活かとも一時疑われた。中国のモデルメーカー。

ボーイングやエアバス、マクダネルダグラスMD11やロッキードトライスターといったワイドボディ機のモデルを次々に発表。ワイドボディー機を中心に不定期に新製品を発表しているが、特に特定の機種のモデルを多く発売しているわけでもない。特別塗装やかなり古い塗装のモデルが多いのが特徴。

不定期に新製品を発売していたが、2008年になって活動を休止しているように見える
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
StarJets
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
Starjets

■StarJets
Herpaに続いて2000年に参入したアメリカのメーカー。Dragon社に続いて1/400スケール市場にGeminiJetsのブランドで参入したメーカー。

”コレクターによるコレクターのためのモデル“を標榜し、初期のHerpa社のモデルと比較して格段にディテールアップされたモデルを発売して一気に人気に火がついた。その精巧なモデルは2年後Herpaに金型の一新を決断させたほどである。

初期のエールフランスやUTAなどHerpaとは一線を画したラインナップで、なるべく重複を避ける戦略が功を奏してか

B747を中心に精力的に新モデルを発表し、ボーイング、エアバス、マクダネルダグラス、ロッキードなど大型ジェット機から小型ジェット機までラインナップを伸ばしていたが、2004年を最後に1/500スケールから撤退した。後年にはSchucoのブランドも名乗り、買収されたかにみえるが詳しいことは不明である。
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Big Bird
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
Big Bird

■ Big Bird
2004年、香港のモデルショップブランドとしてアンセットオーストラリア航空のシドニーオリンピック特別塗装機で市場に参入。その後もB747の特別塗装機を中心に発売していた。

姉妹ブランドに1/400のBigBird400がある。金型はStarJetsに酷似している。機体、主翼、尾翼はダイキャスト。他にB707、B737、B767などのモデルがある。Il76のモデル化は最も早く、その後各社がIL76のモデルを発表しているところを見ると、金型を共用しているのかもしれない。

箱にBIG BIRDとのロゴが見られるのが特徴である。

全日空のマリンジャンボ、日本航空のディズニーをはじめ、ライセンスのハードルが非常に高いものを次々に発売し、その完成度の高さもあいまって世界中のコレクターからは非常に注目されたものの、2005年突然販売を中止した。
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Netmodel
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
Netmodel

■Net model
2002年頃からB757を中心に市場に参入。程なくしてB747の非常にレアなモデルを次々と発売し、コレクターの注目を浴びる。2003年から翌2004年にかけてモデルの発売がピークを迎え、スカイマーク航空や日本航空、全日空の特別塗装機を中心に明らかに日本市場をターゲットとした商品展開を行ったが、明らかなライセンス違反である為、肝心の日本国内ではほんの初期を除いて流通していない。

箱に機首のギアをデザインしたロゴがあるのが特徴。

現在でもB707やB767、A380を加え新製品を発表している。コレクターの間では、出所の不明なモデルはまずはMetModel?との注釈付きでネットに情報が流れる。金型はStarJetsに酷似している。中国製である。金型、印刷ともに水準以上の出来で、旧StarJetsの流れを汲む。他ブランドの生産の片手間に独自ブランドとして生産しているのではないか?
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
C&C
カテゴリ:  モデルブランド
C&C

■ C&C
2000年前後、B747のモデルを発表。Herpa社の旧金型と酷似している。完成品から2次的に金型を作る、いわゆるリバースエンジニアリングと思われるような品質でHerpaよりモールドが甘い。おそらく香港周辺の中国のメーカーだろうと推察される。当時から誰が買うの?と言うほどレアな機体を中心に発売していた。HerpaのNG化の頃から見なくなった。

日本でもほとんど流通しなかったが、あったとしても値段の割りに品質が低い為売れ残ったようである。後日になって在庫一掃の処分品と言うことで安く出まわった事があったが、いまではほとんど目にすることも無い。
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
シャバク
カテゴリ:  モデルブランド / テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 / ジャンル: 趣味・実用
Schabak

■Schabak  http://www.schuco.de

元々1/600のスケールモデルを発表していたドイツのメーカー。Herpaの登場を受けて、1/500の分野にも進出したが2006年同じくドイツのメーカ Schucoに買収された。買収後のモデル動向はよくわからない。ただ、SchucoはInflight200/500を出している為、存続は難しいのではないかと思う。

金型は1/600とよく似ており、機体の上半分と、主翼と一体型の機体の下半分を合わせ、デカールにて機体塗装を表現している。ダイキャスト部分の接合がやや甘く、デカールの貼付など個体差が大きい。ギアや主翼の形状はHerpaのOGのものよりは良く出来ている。

箱は、様々であるが、写真のように、相対的に味気ない。写真のモデルはこれでもタイ航空機内販売のものであるが。

デカールのみで多種のモデルが発売できる為、全日空のマリンジャンボ2種をいち早く製品化したりするなど、多くの製品を市場に投入していた。しかし当時、のマリンジャンボも、B747-400のウィングレットつきのもでるだったり、考証が甘いところがある。デカールは経年変化(黄変)やひび割れが生じやすい。登場当初はその安さもあって、航空会社の機内販売で売られることもあったようだが、最近ではほとんど見られない。

個人的にはコレクション対象外なのであるが、いくつか持っている。
編集 / 2008.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード