FC2ブログ
2020年 初コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
年末入荷のお知らせ戴いていたが、年明け初日の1/4早速伺ってみた。デアゴスティーニのバックナンバーがうず高く積まれている。おおっチートラインのB742も。こういう在庫は新規コレクターにとって、またマニアの買いそびれ対策としてもありがたい存在である。

■Herpa Loongair (長竜航空) Airbus A320neo [B-1075]
s-P1100023.jpg s-P1100024.jpg
マイナーなエアラインではあるが、既にA320/320neoを43機も所有している。一見特別塗装みたいだが、これが通常塗装のようだ。日本には先月セントレアと関空に就航したばかりで結構人気の高いモデルとなっているそうである。薄青緑の配色が独特である。

■Herpa Lion Air Airbus A330-900neo [PK-LEI]
s-P1100021.jpg s-P1100020.jpg
こちらも昨年導入されたばかりの新機材である。2018年の737Max墜落事故を受けて同機の導入はストップしている。B737-800/900で計101機と、MAXは10機を保有しているが、大型機と同様今後はAirbusに切り替えを進めていくことになるかもしれない。
モデルとしての特徴は箱の裏表両面が透明フィルム張りとなっていることである。中身特にギアの状態を確かめるためにいちいち箱から取り出す必要がなくなるわけで、販売店さんにとっては箱の破損を防げるメリットがありそうである。これで普通に未開封販売が可能になればかなりの手間が省ける。事前に知らなかったのでちょっと驚いてしまった。

今回はこの2機。2020年の初コレクションは東アジアの大小エアバス機となった。
スポンサーサイト



編集 / 2020.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2019年コレクション打止め
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
火曜日は本町の日。例によってランチ時に落穂ひろいとしゃれこむ。量販店ではワゴンセールが無くなっていた。落穂ひろいはしばらくな望めそうにもない。気を取り直して中古品店さんにも立ち寄ってみる。2階の飛行機コーナーは・・・おや?ちょっとレイアウトが変わっている!これは期待大!しかし、棚の広さはそのままで、平積みされているので、展示モデル数としては減っている。以前は本のように背差しだった。しかもほとんどが1/400。以前置かれていた1/500がかなり捌けている。従って新モデルの入荷は無さそう・・・と、ん?目立つような形で立てかけられた一箱が。物の価値が判っているなぁ。

■Herpa SAA South African Airways Boeing B747-400 [-]
s-P1100014.jpg s-P1100013.jpg s-P1100015.jpg

以前は見かけなかった。今回初めて見る一品である。箱はかなりきれいなのであるが残念なことにセロテープの補強があり、黄変して痛々しい。が、本モデルは収集済も箱無なので買って損はない。しかもクリスマスセールでさらに10%引きであった。

モデルNo.500654が示すようにHerpa65番目のモデルはごく初期のものである。もちろんレジは無い。黒箱ではないが25年ぶりのご対面である。モデル化当時(1994年)同社は4機のB744を所有していた[ZS-SAV][ZS-SAW][ZS-SAX][ZS-SAY]。のちにOGのままレジが追加されたモデルは[ZS-SAY]だった。その後さらに4機を導入し全8機体制となったが2012年を最後にすべて退役した。

同日午後、新大阪店さんから連絡が入った。同日入荷とのこと。その日は年末の仕事関係で動けず、結局最終日の今日伺うこととなった。

■ANA Tradings NH50063 ANA-All Nippon Airways Airbus A380-800 [JA381A] Flying Honu"Lani",blue
s-P1100019.jpg s-P1100017.jpg s-P1100016.jpg

買う予定ではなかったが、思うところがあって購入してみることに。たいそう立派な箱に入って出てくる。あれ?これ空箱?というくらい軽っ!。いつものごとく中身を取り出して卓上に置いていただくが、見た目だけはかなりの出来の良さである。が、とにかく軽い。プラ製モデルを手にするのは何年ぶりだろう?LufthansaのB744のノーズドアが開くプラ製モデル、いやこの際プラモデルと言おうーを持った事があったが印象的にはさらに軽い感じがする。

「なんか頼りないですねぇ」
「ギアのおさまりもすっきりしてなくて、ノーズギアが浮き気味なんですよね。これも軽さゆえですかねぇ」
「こんなに軽いとは思いませんでしたわ」
「箱だけはたいそう立派なんですけどね」
「嘘でもバラスト埋め込むとかねぇ」
うーん、1つ買ってしまったので残り2つも買う義務があるんだが、予想以上にがっかり。どうすべ?。海外コレクターの評判が気になってしまう。

年内もう一回入荷があるそうなのだが、用事があるので多分今年はこれが最後のコレクションになるだろう。
今年は仕事でいろいろあったが、来年はもう少しゆっくりと趣味の時間を充実させたい。
編集 / 2019.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Mode '19残りが到着
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末、帰宅すると宅配ロッカーへの預け入れを通知する不在通知書が届いていた。Wings World最新号がそろそろ届くころだと思いながら宅配ロッカーに荷物を取りに行く。ん?宅配ロッカー?雑誌だけならそんな必要はないんだけどなぁ。

開封してみると、注文していたクラブモデルの残りだった。

■Herpa Air Albania Airbus A319 [TC-JLR]
s-P1090975.jpg s-P1090974.jpg
旧ユーゴを含めバルカンのエアラインモデルはある意味大変貴重である。政情の安定が進んでこういた趣味の世界でも普通に接することができるようになっていってほしいものである。旧ユーゴでは北マケドニアとコソボは航空会社を持っていない。一方でモンテネグロにはE195を運航するエアラインも存在する。こちらのモル化も待ちたい。

■Herpa Qatar Airways Airbus A350-900 [A7-ALZ] One World
s-P1090972.jpg s-P1090973.jpg
アライアンスもすっかり定着して参加離脱もニュースにもならないくらいだ。各アライアンスもそろそろデザインの一審があってもよさそうな気がする。

これにて、今年のクラブモデルは打ち止め。次期クラブモデルもなかなか渋い機体のようで、来年分の候補と合わせてまだまだ楽しみが続きそうである。
編集 / 2019.12.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 新入荷 ワイド2、ナロー4
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
まとまっての入荷のお知らせである。久々に何もない週末。大掃除前にいそいそと出かけるところとなる。大掃除を終えて落ち着いたころにはすっかり日も傾いてしまった。いい感じに西日が撮影台に差し込んできている。ちょっとどぎつい感じもするが夕日に光る新モデルもなかなかオツなものである。実機の伊丹夕景も狙いに行ってみようか。

■Herpa Air Namibia Airbus A330-200 [V5-ANO]
s-P1090909.jpg s-P1090908.jpg
当初△にしていたが、遠地アフリカのワイドボディ機である。やはり実機を見ると心が抑えきれない。A343に続いてのA332。

■Herpa KLM Boeing B787-10 Dreamliner [PH-BKA] 100th Anniversary,Orange Blossom / Oranjebloesem
s-P1090907.jpg s-P1090906.jpg
787も-10ほどの長胴になると印象的には777に近い。かなりの低い日差しで主翼下面にまで光が当たってなかなかカッコイイ。半面はちょっと白飛びしすぎたか。

今回は意中の小型機もいくつか入荷していた
■Herpa Aer Lingus Airbus A320 [EI-DVL] St Moling / Molling
■Herpa Air Dolomiti Embraer E195 [I-ADJO] Traviata

s-P1090903.jpg s-P1090902.jpg s-P1090901.jpg s-P1090900.jpg
以上、新デザイン機モデル。

■Herpa TUI Fly Deutschland Boeing B737Max8 [D-AMAX]
s-P1090905.jpg s-P1090904.jpg
こちらは初MAXコレクション。SSWLとのウィングレットの違いをようやくモデルで確認できた。ただ、実機の不具合の影響で来年以降のモデル化も微妙な雰囲気になってきた。

■Herpa SAS-Scandinavian Airlines McDonnell Douglas MD-82 [OY-KGT] Hake Viking
s-P1090899.jpg s-P1090898.jpg
s-P1090895.jpg s-P1090896.jpg
最後にこちらは、ついで買い。前回入荷分が1機だけ残っていたので、買い求めることに。旧塗装なやっぱり心が落ち着く。今となっては異形のシルエットである。これまたついでにOGモデルと比較してみる。OGではこのMDシリーズが一番車輪が目立っていたような感じである。箱無しではあるが、なぜか黄変もそれほどではない。

今回は以上6機のまとめ買いとなった。
編集 / 2019.12.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa新入荷コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先週は週明けから久々の出張。しかも今回は熊谷に午後遅めに入るというぜいたくな出張である。ということは巣鴨でゆっくり昼食がとれる。そこで巣鴨は初めてという同僚を伴って、ショップに赴くことにした。例のごとくソバ屋で腹ごしらえのあとショップへ。が、結果収穫は案の定ゼロ。このところワゴンセールで1/500モデルが見当たらない状況が続いている。まあ、これも次の入荷が逆に楽しみというものである。めったに出会わないから掘り出し物との出会いが一際うれしいものとなる。

仕事を無事終えて翌日は午前中移動で帰阪。新大阪駅で早めの昼食をとって開店直後の新大阪店さんに。先々週にはお電話いただいていたが、カミさんの実家で大掃除が重なり、週明けの来訪となったのである。開店早々だったが1/500の同志の方がすでにいらっしゃった。1/500同志というだけ手嬉しくなってしまう。

さて今回の収穫。
■Herpa Air France Airbus A350-900 [F-HTYA]
s-P1090875.jpg s-P1090876.jpg
やっぱり一番しっくりくるデザイン。尾翼に合わせて機体シルエットをデザインしたんじゃないかと思うくらい。エアバスとAir Franceは最高の相性のように見える。

■Herpa Delta Air Lines Airbus A330-900neo [N401DZ]
s-P1090877.jpg s-P1090878.jpg
TAPに続いて2機目のA339neo。A338neoが売り上げが伸びないので、この339のモデルは貴重。

■Herpa Air Europa Airbus A330-300 [EC-MHL] Francisca Acera
s-P1090880.jpg s-P1090879.jpg
neoもいいけどceoもね。いつ見てもお若い清純派女優のようなたたずまいである。
編集 / 2019.11.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Mode '19が一気に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先月発注した分が早速届いた。先週には来ていたのだが、なんだかんだと用事に追われて開封していなかったのである。

出来れば自然光の下で撮影したかったがカミさんの実家の大掃除が手間取り帰ってくるのが夜になってしまった。まあそんなことはどうでもいい。待望のクラブモデルである。発注分の4機が到着した。まとめて発注して送料を節約しようかと思ったが2個口になってしまった。

しかしさすがクラブモデルともなるとレアな機体が揃うもんである。
■Herpa Air Tanzania Boeing B787-8 [5H-TCG] Kilimanjaro/Hapa Kazi Tu
s-P1090868.jpg s-P1090867.jpg

■Herpa Allegiant Air McDonnell Douglas MD-83 [N876GA]
s-P1090872.jpg s-P1090871.jpg

■Herpa Azerbaijan Airlines Boeing B787-8 Dreamliner [VP-BBR] Shusha
s-P1090870.jpg s-P1090869.jpg

■Herpa Air China Airbus A350-900 [B-1083] Beijing,Expo,2019

s-P1090866.jpg s-P1090865.jpg
Air Chinaは例によってずっとChina Airlinesと記載していたやつである。肝心のCCLも間違ったままになっていた。早速メンテしたのは言うまでもない。

以上4機である。
注文済未着機は2機残っている。こちらは11月中、遅くとも12月には届くよーとのお知らせがあった。こちらも待ち遠しい。
編集 / 2019.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
掘り出し物!
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
火曜日は本町の日である。午前中堺筋本町で定例会議がある。1130には終わる会議なので、そのまま恵美須町で昼食とりながらモデルショップ巡りをする。ただ火曜日は無線ショップさんが定休日なのでそこだけはスルーすることになる。最近は恵美須町のほうとう屋に嵌っている。関西では珍しい甲州料理が堪能できる。関西風にキツネほうとうが人気であるがやはり本場のみそ鍋ほうとうが王道らしい。今度行くときは頼んでみよう。
さて、本題である。いつものように数店舗ひやかして、黒門市場経由で日本橋まで歩いて、そこから帰社する。その途中前回も訪れた中古店。日系モデルはカウンター脇奥だが見るべきモデルは見当たらない。いつものように飛行機モデル棚へ。前回と同じ品ぞろえ。心持減ってるかな。黒箱のTAPなんてのもそそられるが、これは既集だわ。

せっかく来たんだから、なにか…うーん、これは確か持ってるが箱無しだなぁ。懐かしい箱だし安いし。と早速お買い上げ。

■Herpa Hapag Lloyd Airbus A310-300 [-]
s-P1090690.jpg s-P1090691.jpg
レジ無OGモデルである。状態はかなりいい。880円。なんといっても25年前のモデルである。学生時代の元カノに久しぶりに会ったら思いのほか老けてなく、昔の面影がしっかり残ってたという感じである。
早速既集モデルとの比較をば。あれ?箱無しモデルは機体下部にHerpaのロゴマークがある。今回購入のモデルにはそれが無い。細かいバージョンが違うようだ。
s-P1090692.jpg s-P1090693.jpg
箱には500913というシールが貼ってある。
s-P1090696.jpg s-P1090694.jpg
91番目のモデルということはかなり初期のモデルである。データベースを紐解くと500913は黒箱と写真付きの白箱の2種しかない。しかも500913は機首が黒鼻なのでデザイン変更前のモデルとなる。購入モデルはイラスト付きの白箱で、黒鼻無しの新デザイン機。とするとシールは何らかの理由で間違えて貼られた感じである。件のモデルは箱のシールとは裏腹に501026の可能性が高い。レジ無しのこのモデルはVerが3つ存在する。ネット上のデータベースではエンジンの形状と国旗の大きさの違いが言及されているが、画像だけではよーわからん。Herpa データアーカイブで確認するとどうも以下のような違いがあるらしい。

1st ver. 小さいエンジン 小さい国旗 Herpaロゴなし 1993年発売
2nd ver. 小さいエンジン 小さい国旗 Herpaロゴあり 1995年発売
3rd ver. 大きいエンジン 大きい国旗 Herpaロゴあり 1997年発売
4th ver.以降はレジが追加されている。

エンジンも国旗もかなり微妙だが既集モデルと購入モデルでエンジンも国旗の大きさは変わらない。してみると今回購入したのは1st ver、既集の箱無しモデルは2nd verということになる。

で、ここで気になる記述が。
Exclusive Edition
new livery,special boxfor onboard sale,Hapag-Lloyd item no. 165587
なんですとー!?Hapag-Lloydの機内限定販売モデルだというのか!!そういえば箱には、
Hapag-Lloydの次のモデルが発売中ですよー
Airbus A310-300
Boeing B737-400
Boeing B737-500
と書いてあるではないか。
s-P1090695.jpg

そうなんかぁ機内限定販売かぁ。
アイテムNoの印刷がないので、発売当時に当時の通常モデルの番号のシールが張られたか、後にショップで貼られたかしたんだろう。なんにしろこれはとんだ掘り出し物である。
思い出してみれば中古ショップの品揃えもMandarinだのCathayだのJALだのと機内販売モデルが多かった。うーんやっぱりコレクターの神様が久々に囁いたのかもしれない。ショップ巡りのだいご味である。
編集 / 2019.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa B788ミッシングピース
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
ネット調達はあまり好きではない。が、絶版モデル、海外限定モデルとなるとそうもいかない。ひょんなことから今回のモデルに出会うことになった。

■Herpa Royal Air Maroc Boeing B787-8 Dreamliner [CN-RGB]
現在B788を5機、B789を4機導入している。B789の初号機は特別塗装機であるが、こちらのモデル化もされるんかいなーと思ったことがある。
2011年の9-10月モデルである。同社のB788 初号機である同機がデリバリされたのが実に2015/1/2のことだった。実機デリバリがかなり先になっていたのが分かっていた時期なので購入を見送っていた。最新鋭機導入を機に新CI導入や特別塗装などが発表されないとも限らない。となるとコレクション対象外の架空モデルになってしまう。
結果的には杞憂で終わったのだがそうこうしているうちに店頭からは早々になくなり、その後全くお目にかかれずじまいであった。個人的なレアモデルに格上げされてからも、まあそのうち出てくるんじゃないかと思い続けてもう8年である。中古品ではあるが状態はかなり良い。
s-P1090689.jpg s-P1090688.jpg

Herpa B787コレクションのミッシングピースがようやく埋まった。
編集 / 2019.10.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
秋の収穫2019
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末定例の東京出張だった。が、今回は用事が1400からなのでゆっくりできる。何はともあれ巣鴨に向かうことに。ワゴンには1/500は皆無の状況が続いている。ただせっかくなので小型機を物色した。

■Herpa novair Airbus A321neo [SE-RKA]
s-P1090683.jpg s-P1090682.jpg

新入荷コーナーにあったので重複買いはないだろうと購入。機首のApolloのロゴで一瞬混乱したが、これは同じスウェーデンの旅行会社のロゴである。北欧初のA321neo。

仕事は思いのほかはかどり新大阪着が2000である。新幹線に乗る直前新大阪店さんより電話をいただいた。週末にはうかがうことにする。
新大阪から梅田、豊中の駅中書店ではデアゴB741がほぼ売り切れている。やはりかなりの人気のようだ。ここは買わずに未練を断ち切ろう。

翌土曜日、新大阪店さんに向かう。おや?ここでもデアゴが。B741が2冊のみ。B789はまだ在庫がありそう。
「デアゴも扱うんですか?」
「ええ、B741は予想通りかなりの人気です」
「書店でも売り切れてますね」
「ただ何号まで持つかですねぇ。次号のJAS777も人気が高そうなんですが、それ以降となると需要が分かりません」
「そうですかぁ、確かに欲しい人は定期購読しますもんねぇ」
予定されているDC-3,4,6,7なんてのはかなりのマニア向けになりそうだ。

話はそれるが、最近デアゴのJALシリーズはTVCMをやっている。カミさんなんかは全部買う気やないやろねなどとあからさまに釘を刺してくる。がこちとら創刊号は買ってしまっているので、取り繕うこともできず、「ああ創刊号だけね」と事実だけを報告している。で、件のTVCMだが画面いっぱいに陳列されたモデル群の左最奥片隅に気になる1機が一瞬見える。ジャンボ機のようにみえるが、尾翼は鶴丸、ただ機体は上半分は濃緑に見える。キャセイの特別塗装機かまりんじゃんぼのパチモンのような雰囲気である。当ブログ読者の方の推測によるとベアメタルのカーゴではないかとのこと。たしかに背景が写り込んでいるように見える。定期購入するわけではないが今後のラインナップが楽しみである。

さて本題の新コレクション。
■Herpa Condor Airbus A330-200 [G-TCCF]
■Herpa Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLV] Abu Dhabi Grand Prix

s-P1090679.jpg s-P1090678.jpg s-P1090680.jpg s-P1090684.jpg

今週末は以上3機。
編集 / 2019.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
同志様方と共に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先々週は木・金と東京出張だった。久々の宿泊出張ということだったので巣鴨詣でに行くもワゴンには1/500が皆無という状態。次の入荷を楽しみに待つしかない。帰阪後梅田の中古店に立ち寄るも収穫は無し。先週は親父の実家の高知に帰省したが、今回は高齢の親父を連れてという事で、大阪からの長距離運転である。高知のショップ巡りも叶わずs、めぼしい話題にもありつけなかった。
昨日、姫路出張中にお呼び出しが。打ち合わせ中だったので仕事を終えて姫路おでんとアナゴ焼きに舌鼓を打ちつつ電話してみる。
「明日、ちょっとまとまって入荷しますよ」
土曜日、実は梅田に出る予定があったのでちょうどよかった。秋空なのにかなり暑い日であった。先客の方が2方ほど。じっくり選んでおられたので、お目当てのモデルをちゃちゃっと検視する。
■Herpa Lufthansa Airbus A380-800 [D-AIMB] Munchen
■Herpa Air Tahiti Nui Boeing B787-9 [F-OMUA] Fakarava
■Herpa China Southern Airlines Boeing B787-9 [B-1168] 787th,787
■Herpa Juneyao Airlines Boeing B787-9 [B-1115]
■Herpa Westjet Boeing B787-9 [C-GUDH]

s-P1090626.jpg s-P1090627.jpg s-P1090628.jpg s-P1090629.jpg s-P1090630.jpg s-P1090631.jpg
s-P1090624.jpg s-P1090625.jpg s-P1090632.jpg s-P1090633.jpg
全て問題はない。確認中も電話が鳴る。そちらもどうも1/500のお客様のようだ。聞くとはなしに会話が耳に入ってくる。
ん?ノーズダウンのコンコルドと言ったような・・・

「小型機も入荷してますがご入用ですか?」
やっぱり、コンコルドも入荷していたのであった。新金型なのでこちらも頂くことに。さらに小型ながらA220-100としては初モデル(とは言いながら改名前のCS100は収集済だが)、米系のA220ということでこちらもお買い上げとなった。
■Herpa Delta Air Lines Airbus A220-100 [N101DU]
■Herpa Air France Aerospacial Concorde [F-BVFC] nose down

s-P1090637.jpg s-P1090638.jpg s-P1090639.jpg s-P1090640.jpg

ここで例のごとくガラスケースを眺める。ありゃ?珍しいものが並んでるなぁ。Aero500ですかぁ。しかもDC10が3種とB772が1種。と、B772は未集だなぁ。でもこの塗装はコレクションには無いなぁ。基本対象外のレトロ塗装機なんだけど、実物見たらなかなかいいですなぁ。
「こ、これもちょっといいですか?」
展示モデルではなく奥の棚からお出ましの一品であった。ということは結構在庫があるということなのか。
以前の記事で予想していた通り現物見て手を出してしまった。

■Aero500 PIA-Pakistan International Boeing B777-200ER [AP-BMG]
s-P1090634.jpg s-P1090635.jpg

気が付けばお客さんがさらに3,4名来店されている。ひゃー、これ以上お待たせするのは申し訳ない。
「あ、どうも、お久しぶりです」
以前お見かけした1/500の同志様達であった。今日は1/500マニアの集いのような雰囲気である。まあ新入荷がたまたま1/500に集中していただけなのかもしれないが。
「すみません、お待たせいたしました」
一気買い、ついで買いとお見苦しいところをお見せしてしまったが、8機まとめ買い、しかも掘り出し物にも出会えて上機嫌でショップを後にしたのであった。
編集 / 2019.09.07 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード