FC2ブログ
掘り出し物!
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
火曜日は本町の日である。午前中堺筋本町で定例会議がある。1130には終わる会議なので、そのまま恵美須町で昼食とりながらモデルショップ巡りをする。ただ火曜日は無線ショップさんが定休日なのでそこだけはスルーすることになる。最近は恵美須町のほうとう屋に嵌っている。関西では珍しい甲州料理が堪能できる。関西風にキツネほうとうが人気であるがやはり本場のみそ鍋ほうとうが王道らしい。今度行くときは頼んでみよう。
さて、本題である。いつものように数店舗ひやかして、黒門市場経由で日本橋まで歩いて、そこから帰社する。その途中前回も訪れた中古店。日系モデルはカウンター脇奥だが見るべきモデルは見当たらない。いつものように飛行機モデル棚へ。前回と同じ品ぞろえ。心持減ってるかな。黒箱のTAPなんてのもそそられるが、これは既集だわ。

せっかく来たんだから、なにか…うーん、これは確か持ってるが箱無しだなぁ。懐かしい箱だし安いし。と早速お買い上げ。

■Herpa Hapag Lloyd Airbus A310-300 [-]
s-P1090690.jpg s-P1090691.jpg
レジ無OGモデルである。状態はかなりいい。880円。なんといっても25年前のモデルである。学生時代の元カノに久しぶりに会ったら思いのほか老けてなく、昔の面影がしっかり残ってたという感じである。
早速既集モデルとの比較をば。あれ?箱無しモデルは機体下部にHerpaのロゴマークがある。今回購入のモデルにはそれが無い。細かいバージョンが違うようだ。
s-P1090692.jpg s-P1090693.jpg
箱には500913というシールが貼ってある。
s-P1090696.jpg s-P1090694.jpg
91番目のモデルということはかなり初期のモデルである。データベースを紐解くと500913は黒箱と写真付きの白箱の2種しかない。しかも500913は機首が黒鼻なのでデザイン変更前のモデルとなる。購入モデルはイラスト付きの白箱で、黒鼻無しの新デザイン機。とするとシールは何らかの理由で間違えて貼られた感じである。件のモデルは箱のシールとは裏腹に501026の可能性が高い。レジ無しのこのモデルはVerが3つ存在する。ネット上のデータベースではエンジンの形状と国旗の大きさの違いが言及されているが、画像だけではよーわからん。Herpa データアーカイブで確認するとどうも以下のような違いがあるらしい。

1st ver. 小さいエンジン 小さい国旗 Herpaロゴなし 1993年発売
2nd ver. 小さいエンジン 小さい国旗 Herpaロゴあり 1995年発売
3rd ver. 大きいエンジン 大きい国旗 Herpaロゴあり 1997年発売
4th ver.以降はレジが追加されている。

エンジンも国旗もかなり微妙だが既集モデルと購入モデルでエンジンも国旗の大きさは変わらない。してみると今回購入したのは1st ver、既集の箱無しモデルは2nd verということになる。

で、ここで気になる記述が。
Exclusive Edition
new livery,special boxfor onboard sale,Hapag-Lloyd item no. 165587
なんですとー!?Hapag-Lloydの機内限定販売モデルだというのか!!そういえば箱には、
Hapag-Lloydの次のモデルが発売中ですよー
Airbus A310-300
Boeing B737-400
Boeing B737-500
と書いてあるではないか。
s-P1090695.jpg

そうなんかぁ機内限定販売かぁ。
アイテムNoの印刷がないので、発売当時に当時の通常モデルの番号のシールが張られたか、後にショップで貼られたかしたんだろう。なんにしろこれはとんだ掘り出し物である。
思い出してみれば中古ショップの品揃えもMandarinだのCathayだのJALだのと機内販売モデルが多かった。うーんやっぱりコレクターの神様が久々に囁いたのかもしれない。ショップ巡りのだいご味である。
スポンサーサイト



編集 / 2019.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa B788ミッシングピース
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
ネット調達はあまり好きではない。が、絶版モデル、海外限定モデルとなるとそうもいかない。ひょんなことから今回のモデルに出会うことになった。

■Herpa Royal Air Maroc Boeing B787-8 Dreamliner [CN-RGB]
現在B788を5機、B789を4機導入している。B789の初号機は特別塗装機であるが、こちらのモデル化もされるんかいなーと思ったことがある。
2011年の9-10月モデルである。同社のB788 初号機である同機がデリバリされたのが実に2015/1/2のことだった。実機デリバリがかなり先になっていたのが分かっていた時期なので購入を見送っていた。最新鋭機導入を機に新CI導入や特別塗装などが発表されないとも限らない。となるとコレクション対象外の架空モデルになってしまう。
結果的には杞憂で終わったのだがそうこうしているうちに店頭からは早々になくなり、その後全くお目にかかれずじまいであった。個人的なレアモデルに格上げされてからも、まあそのうち出てくるんじゃないかと思い続けてもう8年である。中古品ではあるが状態はかなり良い。
s-P1090689.jpg s-P1090688.jpg

Herpa B787コレクションのミッシングピースがようやく埋まった。
編集 / 2019.10.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
秋の収穫2019
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末定例の東京出張だった。が、今回は用事が1400からなのでゆっくりできる。何はともあれ巣鴨に向かうことに。ワゴンには1/500は皆無の状況が続いている。ただせっかくなので小型機を物色した。

■Herpa novair Airbus A321neo [SE-RKA]
s-P1090683.jpg s-P1090682.jpg

新入荷コーナーにあったので重複買いはないだろうと購入。機首のApolloのロゴで一瞬混乱したが、これは同じスウェーデンの旅行会社のロゴである。北欧初のA321neo。

仕事は思いのほかはかどり新大阪着が2000である。新幹線に乗る直前新大阪店さんより電話をいただいた。週末にはうかがうことにする。
新大阪から梅田、豊中の駅中書店ではデアゴB741がほぼ売り切れている。やはりかなりの人気のようだ。ここは買わずに未練を断ち切ろう。

翌土曜日、新大阪店さんに向かう。おや?ここでもデアゴが。B741が2冊のみ。B789はまだ在庫がありそう。
「デアゴも扱うんですか?」
「ええ、B741は予想通りかなりの人気です」
「書店でも売り切れてますね」
「ただ何号まで持つかですねぇ。次号のJAS777も人気が高そうなんですが、それ以降となると需要が分かりません」
「そうですかぁ、確かに欲しい人は定期購読しますもんねぇ」
予定されているDC-3,4,6,7なんてのはかなりのマニア向けになりそうだ。

話はそれるが、最近デアゴのJALシリーズはTVCMをやっている。カミさんなんかは全部買う気やないやろねなどとあからさまに釘を刺してくる。がこちとら創刊号は買ってしまっているので、取り繕うこともできず、「ああ創刊号だけね」と事実だけを報告している。で、件のTVCMだが画面いっぱいに陳列されたモデル群の左最奥片隅に気になる1機が一瞬見える。ジャンボ機のようにみえるが、尾翼は鶴丸、ただ機体は上半分は濃緑に見える。キャセイの特別塗装機かまりんじゃんぼのパチモンのような雰囲気である。当ブログ読者の方の推測によるとベアメタルのカーゴではないかとのこと。たしかに背景が写り込んでいるように見える。定期購入するわけではないが今後のラインナップが楽しみである。

さて本題の新コレクション。
■Herpa Condor Airbus A330-200 [G-TCCF]
■Herpa Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLV] Abu Dhabi Grand Prix

s-P1090679.jpg s-P1090678.jpg s-P1090680.jpg s-P1090684.jpg

今週末は以上3機。
編集 / 2019.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
同志様方と共に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先々週は木・金と東京出張だった。久々の宿泊出張ということだったので巣鴨詣でに行くもワゴンには1/500が皆無という状態。次の入荷を楽しみに待つしかない。帰阪後梅田の中古店に立ち寄るも収穫は無し。先週は親父の実家の高知に帰省したが、今回は高齢の親父を連れてという事で、大阪からの長距離運転である。高知のショップ巡りも叶わずs、めぼしい話題にもありつけなかった。
昨日、姫路出張中にお呼び出しが。打ち合わせ中だったので仕事を終えて姫路おでんとアナゴ焼きに舌鼓を打ちつつ電話してみる。
「明日、ちょっとまとまって入荷しますよ」
土曜日、実は梅田に出る予定があったのでちょうどよかった。秋空なのにかなり暑い日であった。先客の方が2方ほど。じっくり選んでおられたので、お目当てのモデルをちゃちゃっと検視する。
■Herpa Lufthansa Airbus A380-800 [D-AIMB] Munchen
■Herpa Air Tahiti Nui Boeing B787-9 [F-OMUA] Fakarava
■Herpa China Southern Airlines Boeing B787-9 [B-1168] 787th,787
■Herpa Juneyao Airlines Boeing B787-9 [B-1115]
■Herpa Westjet Boeing B787-9 [C-GUDH]

s-P1090626.jpg s-P1090627.jpg s-P1090628.jpg s-P1090629.jpg s-P1090630.jpg s-P1090631.jpg
s-P1090624.jpg s-P1090625.jpg s-P1090632.jpg s-P1090633.jpg
全て問題はない。確認中も電話が鳴る。そちらもどうも1/500のお客様のようだ。聞くとはなしに会話が耳に入ってくる。
ん?ノーズダウンのコンコルドと言ったような・・・

「小型機も入荷してますがご入用ですか?」
やっぱり、コンコルドも入荷していたのであった。新金型なのでこちらも頂くことに。さらに小型ながらA220-100としては初モデル(とは言いながら改名前のCS100は収集済だが)、米系のA220ということでこちらもお買い上げとなった。
■Herpa Delta Air Lines Airbus A220-100 [N101DU]
■Herpa Air France Aerospacial Concorde [F-BVFC] nose down

s-P1090637.jpg s-P1090638.jpg s-P1090639.jpg s-P1090640.jpg

ここで例のごとくガラスケースを眺める。ありゃ?珍しいものが並んでるなぁ。Aero500ですかぁ。しかもDC10が3種とB772が1種。と、B772は未集だなぁ。でもこの塗装はコレクションには無いなぁ。基本対象外のレトロ塗装機なんだけど、実物見たらなかなかいいですなぁ。
「こ、これもちょっといいですか?」
展示モデルではなく奥の棚からお出ましの一品であった。ということは結構在庫があるということなのか。
以前の記事で予想していた通り現物見て手を出してしまった。

■Aero500 PIA-Pakistan International Boeing B777-200ER [AP-BMG]
s-P1090634.jpg s-P1090635.jpg

気が付けばお客さんがさらに3,4名来店されている。ひゃー、これ以上お待たせするのは申し訳ない。
「あ、どうも、お久しぶりです」
以前お見かけした1/500の同志様達であった。今日は1/500マニアの集いのような雰囲気である。まあ新入荷がたまたま1/500に集中していただけなのかもしれないが。
「すみません、お待たせいたしました」
一気買い、ついで買いとお見苦しいところをお見せしてしまったが、8機まとめ買い、しかも掘り出し物にも出会えて上機嫌でショップを後にしたのであった。
編集 / 2019.09.07 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
初めてのA339neoほか
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今年の夏は例年に比べても暑いと感じる。昨年までは外出をためらう程でもなかった気がするのだが。それでもお呼び出しとなれば出かけねばなるまい。三連休はカミさんの実家の法事だったため三連休明けの火曜日にいそいそと出かける。
今回の目的は1機のみだった。

■Herpa TAP Air Portugal Airbus A330-900neo [CS-TUA]
s-P1090605.jpg s-P1090606.jpg s-P1090613.jpg

TAPのオフィシャル・プロダクトというロゴが大きく特別仕様の箱になっている。してみると機内販売でも取り扱っているのだろうか。まあ、何にしろ初のA339neoモデルである。なかなかシャープなシルエットでカッコイイ。一見するとA350との区別はかなり困難。比べてみれば機体がやはり350は一回り大きい。メインギアのタイヤが3連と2連、機首の鼻っ面の形状位が見分けのポイントになるだろうか。

本来はこの1機だったんだがせっかくなので他の新入荷モデルも見させていただいた。やはり手に取ってしまうと抗うのは難しい。その出来栄えについついお買い上げとなってしまったのである。
■Herpa El Al Israel Boeing B787-9 [4X-EDF] "Rehovot",70th Anniversary Retro
■Herpa JetBlue Airlines Airbus A320-200 [N779JB] Bluericua

s-P1090607.jpg s-P1090608.jpg s-P1090612.jpg s-P1090611.jpg

清算中にガラスケースを一巡する。おやっ?見慣れない箱が。1/400…ではないなぁ。やっぱり1/500。CCLで確認すると未集である。
「こ、これも一応見せていただいていいですか?」
「ああ、随分と前に入荷したものですよ」
全然気が付かんかったのである。
■Netmodel Flying Tigers Boeing B707-320 [N322F]
s-P1090609.jpg s-P1090610.jpg
今から15年ほど前のモデルである。El Alとのハイブリット塗装機と合わせて発売されたうちの1種である。やっぱりお店巡りと棚の確認は欠かせないなあ。

今回は以上4機。
s-P1090604.jpg
編集 / 2019.08.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
怒涛の9機コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
7/19(金)から22(月)にかけては新潟~佐渡旅行へ行ってきた。
金曜日1420発JL2247便。ちょっと遅めの便で新潟に向かう。出発前の伊丹空港は小型機の発着が多いが特別塗装機が頻発し賑やかではあった。機材はE190[JA249J]である。機体が大きめなので比較的空いていた。
s-P1090383.jpg s-P1090382.jpg s-P1090385.jpg s-P1090390.jpg s-P1090387.jpg

翌20日、朝一番のジェットフォイルで佐渡へ。あいにくの雨だったためたらい舟を翌日に変更し早めに金山を巡る。昼食で海鮮丼を堪能しているときに電話が鳴った。
本日新製品が入荷したとのこと。たぶん翌週末に伺いますと電話を切った。カミさんと娘がにやにやしながら聞いていた。さ、金山金山。
佐渡と新潟の夜を堪能し、もう一泊するカミさんを残して単身帰阪する。
22日(月)JL2246便は1550発。機材はE190[JA250J]。伊丹には1655分着の予定だったが、おりしも伊丹空港周辺が土砂降りだったためか紀伊半島上空の雷雲を避けたのか10分の遅れ。土砂降りだったのでタクシーで1730帰宅。そうかあ、今からなら新大阪店さんに間に合うなぁということで早速向かう。

「1時間ばかり前にお店の上空を通過しましたよ、結構な大雨でしたねぇ」
などと世間話をしながら新入荷モデルを物色。
■Herpa Allegiant Air Airbus A320 [N256NV]
s-P1090597.jpg
「小型機なんですけど人気ですよ。」
「お初のLCCですもんねぇ」
LCCらしく派手目なデザインが潔い。

■Herpa British Airways Airbus A350-1000 [G-XWBA]
s-P1090613.jpg
レジがしゃれている。胴体が細いながらモデルで眺めてみると一瞬B777-300と見紛うばかりの長胴である。

■Sky500 Air Bergium Airbus A340-300 [OO-ABA]
s-P1090595.jpg
これもお初。入荷はもう少し先かと思っていたが。Sky500は値が張るので2割引きがありがたい。

■Sky500 Virgin Atlantic Airways Airbus A340-600 [G-VNAP] "a big virgin atlantic thank you",Sleeping Beauty Rejuvenated
s-P1090593.jpg
久々のA346。BAのA351も長いと思ったがA346はやっぱり別格。特別塗装ながら、機体の由来の面白さに負けて購入。出来も素晴らしい。

以上4機のお買い上げとなった。が、話はここで終わらない。旅行明けの23(火)急遽日帰りの東京出張。この日は六本木だったのでショップ巡りにはやや不便だし終わったのが19時だったのでそのまま帰阪。翌水曜日にまたまたお電話が。今週末もいくつか入荷しますよとのこと。週末には出かける必要があるなと頭の隅において、26(金)再度日帰りの東京出張である。14時には用事が終わってしまった。ショップ巡りをしても良かったのだがそのまま新幹線に飛び乗り1730新大阪着。余裕でお店に顔を出すことができた。
■Herpa United Airlines Boeing B787-10 [N14001]
■Herpa DHL Aviation Airbus A330-200F [D-ALMA]

s-P1090592.jpg s-P1090594.jpg
「先週に続いて結構連続して入荷しましたね」
「で、先日言っていたこれも入荷してますよ」

■Everrise JASDF-Japan Air Self Defence Force Boeing B777-300ER [80-1111]
■Everrise JASDF-Japan Air Self Defence Force Boeing B777-300ER [80-1112]

s-P1090598.jpg s-P1090599.jpg s-P1090600.jpg s-P1090603.jpg
新製品情報としてUPし忘れていた2機であった。クロスウイングさんの企画品である。メーカーがEverriseというのは、過去にも海外では何度かモデルの話題が出たことがあったが、実際手にしたモデルとしては1/500では初めてのブランドである。なかなかの出来で、特にメインギアの表現が他ブランドと異なる。タイヤも回転するし、ギアの支柱がシルバーで表現されているのは金属なのではないだろうか?主翼も薄くなかなかの力作である。

さて、今週末はこれで終わらない。
■ANA TRADINGS ANA All Nippon Airways Airbus A380-800 [-] Flying Honu
s-P1090602.jpg s-P1090601.jpg
夏休みに海外旅行を楽しんだ方から譲り受けたものである。さすがにA380は重量感が違う。ギアがないのが特徴ではあるが出来としては緻密な方だろう。レジの表現がないのは意外だった。今後2,3号機も登場するんだろうか?その時に初号機が再販されるのであればぜひレジを表現してほしいところである。ひょっとすると主翼のレジを省いたということは2,3号機にも流用するという目論見があるのかもしれない。今後の展開を楽しみに待ちたい。
今週はなんだかんだで9機が一挙にコレクションに加わった。
編集 / 2019.07.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
東京・阿佐ヶ谷 金魚の池のほとりには
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先週のことであった。たまに見ているNHKの「ドキュメント72時間」。その時の内容は「東京・阿佐ヶ谷 金魚の池のほとりには」。大正時代から90年も続く釣り堀らしい。阿佐ヶ谷かぁ、久しくお邪魔していないなと思いながら釣り堀の場所を確認してみるとなんと、クロスさんの裏ではないか。全然気が付かなかった。いつか寄ってみようか。と思っていたところが今週木曜日の日帰り出張が急遽宿泊出張となったのであった。これはいかざるを得まい。
木曜日、大井町で用事が終わったのが1630である。阿佐ヶ谷着は1710。雨天だったので閉園していた。位置関係から見るとやや右よりの建物がクロスさんである。雨に夕方とあってなかなかの情緒であった。
s-IMG_0159.jpg

で、本来の目的である。先客の年配のご婦人が一人、インド人航空マニアの青年への贈り物を相談されていた。その間にざっと棚を拝見させていただく。やっぱり掘り出しものはワゴンかなぁということで自然そちらの方に目が行ってしまう。白箱の小型機がいくつか陳列されている。小型機ばかりだが比較的NGモデルが多い。ただしどれも既集モデルばかりであった。そこで毛色の違う箱に気が付いた。あ~、こんなのが売られてるんだ。しかも半額ではないか。2009年当時10種発売されたものの、リーマンショック直後の不景気な時期に全部一気買いなどできるわけもなく、初号機のみを買っていた。それが2種セール品として飾られている。幸い被りはなさそうだ。10年越しの新コレクションとなる。あと7種はまあ無理だろうなぁ。

■Hogan Air India Express Boeing B737-800 [VT-AXB]
■Hogan Air India Express Boeing B737-800 [VT-AXD]

s-P1090380.jpg s-P1090381.jpg

「先週NHKで裏の釣り堀が放送されてたので、思い立って久しぶりに足を向けてみました」
「あんなところに人が入ってたの?」
「ええ、結構人気とか言ってましたよ」
「たまにTVでロケとかあるらしいのでその筋では有名なのかもしれないわね」
「今週末、土曜日のお昼前に再放送されますよ」
「忘れないように録画しておかなくちゃ」

飛行機以外の話題でひとしきり話し込んでからお暇したのであった。いやぁ、立ち寄って良かった。駅前でちょっと奮発してのすし屋で夕食を取りつつ戦利品を眺めたのであった。翌金曜日、昼休みに巣鴨にも詣でる。が、そちらでは収穫なし。今回はこの2モデルがコレクションに加わった。
編集 / 2019.07.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ブラニフの色チ
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
朝から風雨が強い。ただ週末にお電話いただいていたし。というわけで午後新大阪店さんに詣でる。
「昨日は見に行ってらしたんですか?」
「ええ、あんなに時間が遅くなるとは思ってませんでしたが」
ひとしきりトランプ談義である。

■Herpa Braniff International BAC BAC1-11 [N1550] Ochre
■Herpa Braniff International BAC BAC1-11 [N1549] Turquoise

実に6年ぶりの色チである。せっかくなので集合写真をば。
s-P1090369.jpg s-P1090371.jpg s-P1090374.jpg
編集 / 2019.06.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
大阪で落穂ひろい
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
堺筋本町に定期的な用事ができて、毎週火曜日AMはそちらに行くことになった。1130には終わる。ちょっと早めの昼食をどこでとるかという問題だが、さすがに本町界隈は飲食店が多い。どこでもさっさと済ませられる。そのまま会社に戻ってもいいのだが、せっかくここまで来ているので恵美須町に向かう。

ゲッ、火曜日は恵美須町の無線店さんは定休日だったか。仕方なく量販店さんに向かう。ワゴン品もあるがすべて新たな値引きは無い。目当ての工具があったが、前バージョンだったので今回は見送り。日本橋駅寄りの模型専門店に立ち寄る。ここは「創る」ことをコンセプトにしているので完成品モデルではなく工具目当てである。が、やはりここでも目当ての工具は見つからず。
「○○の△△ってもう入荷の予定ないですかねぇ」
「在庫・・・は無いですね。入荷待ちというより生産待ちみたいな感じです」
そんなにも人気の工具だったとは。大量GSE制作には必須の工具なので何とかモノを確かめたいところではあるが、これは最終的にはネット調達かなぁ。

仕方がない、ついでに中古店さんに向かうか。Webでは特に新入荷はなさそうだが、大阪店ではネット反映までに時間がかかっているかもしれないし。ということで1階の鉄道模型コーナーをやり過ごし2階のその他コーナーを物色。おや?以前は見られなかった飛行機コーナーがあるではないか。ほとんどが1/400だが、最上段にもちらほらと1/500が。ほとんどOGの小型機だなぁ。おやー?これは、多分箱無しコレクション。1,000円か。せっかく来たんだ、記念に買っておこう。
■Herpa Plympic Airways Airbus A300-600 [-]
s-P1090281.jpg s-P1090282.jpg
レジ無しの初期バージョンである。20年以上前とも思えない美品。黄変もほとんど見られない。

よく棚を見ていると日系モデルもちらほら。1/400の一番小さな箱も並んでいる。ん?これ1/500じゃないよな。箱のサイドしか見えないので、見逃してしまいそうである。ここで鬼太郎のアンテナがピピピッと働く。やや小さめの箱だがデザインに見覚えがない。1/500の文字が。なんとまぁ、こんなのがよくもまあ店頭に並んでいるもんだ。
■Netmodel Japan Airlines Boeing B767-300 [JA8397]
s-P1090284.jpg s-P1090283.jpg s-P1090286.jpg
今となっては懐かしいArc of the Sunデザインである。早速CCLで確認すると△なんだけど、珍品だしこれも1,000円だし。StarjetsのJAL 727にも驚いたが、Netmodelを手放している人もちょくちょくいるということか。こちらも発売以来15年ぶりの出会いとなった。

今回は期待していなかった分喜びもひとしおである。
編集 / 2019.06.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
最近の新コレクション まとめ買い
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
朔日午後から大荒れになるとの天気予報だったが、まだ大坂府下は晴天だった。ただ徳島では避難勧告まで出ているらしい。晴れ間のあるうちにと新大阪店さんに向かう。今日は久々の纏めての入荷である。流石に最新鋭機材が集まると華やかである。A350シリーズはなんだかんだともう24個目のコレクションとなった。B787シリーズに至っては64個にもなる。モデルの世界でも最新鋭機ではなくすでに主力機ということだろう。IcelandairのB767もかえって目新しい。
■Herpa Icelandair Boeing B767-300 [TF-ISP] Eldgja
s-P1090278.jpg s-P1090279.jpg

■Herpa Gulf Air Boeing B787-9 [A9C-FA]
s-P1090275.jpg s-P1090274.jpg

■Herpa Etihad Airways Boeing B787-10 [A6-BMA]
s-P1090277.jpg s-P1090276.jpg

■Herpa Lufthansa Airbus A350-900 [D-AIXM] Schwerin
s-P1090273.jpg s-P1090272.jpg

■Herpa Malaysia Airlines Airbus A350-900 [9M-MAD]
s-P1090270.jpg s-P1090271.jpg


今回は以上5機。
編集 / 2019.06.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード