新コレクション NOV/2011 IV
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
電話があって、新大阪に用事があったため早速お昼一番に立ち寄ってみた。ただし、入荷は1230頃とのこと。佐川急便さんが近所にいて今回っているということでわざわざ電話で先回りしていただいた。

で、佐川さんを待つ間に世間話。コーヒーとお気に入りのチョコレートを御馳走になりつつショウケースを物色。

■Herpa Dan Air Comet IV [G-APOB]
意外とこんな小型機がTBLに残り続けている。ワイドボディ優先の副作用である。こういった発見すら最近のショップでは難しくなりつつある。

さて、そうこうしているうちに佐川さん到着。さっそく梱包を解いて新モデルの吟味となる。

■Herpa China Eastern Airlines A340-600 [B-6051]
奇しくも本日発売の月刊エアラインのニュースではA340生産終了が報じられていた。優美なシルエットでお気に入りの機材だったがやはり4発機の時代は終わりつつあるということか。しかし待望の中国本土エアラインモデルである。存在感バッチリの秀逸モデルである。

■Hogan JAL Japan Airlines B767-300ER [JA654J]
御存知鶴丸復活モデルである。本モデルはかなり遅れたが、B777モデルもそろそろ出そうとのこと。機体のロゴがアクセントとして効いているが、もう一工夫あっても良かったのではないだろうか。どうせ戻すならチートラインも復活させるとか。文字の1つを色違いにするとか工夫の余地はあったと思うのだが。赤い尾翼に慣れかけていたので逆に鶴丸が新鮮である。なかなかいいモデルでお気に入りになりそう。そのうち旧SJのモデルと比べてみたい。
スポンサーサイト
編集 / 2011.11.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
久々の飛行機出張&ショップ巡り
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
ようやく仕事が落ち着いて来た。出張も続いているが、先週末は大阪→東京→博多→大阪で、本当に久々に飛行機を利用しての出張だった。羽田→博多19:00発便は適度に混雑。離陸直前、2機前の離陸機に鳥が激突したとかで滑走路点検で10分ほど待機させられた。何度も載っているがバードストライクでの影響の経験は初めてである。

さて、今日は東京日帰り。お客様が羽田穴守稲荷だったのでこれまた飛行機を利用。やっぱり身体が楽である。18:00発の伊丹行きは結構空いていた。登場が5分ほど遅れたもののこれまた久々に早めに帰宅できると機内で待機。すると、機器メンテナンスの為20分ほど遅れるとのアナウンス。使用機材が沖縄から羽田に到着した際、バードストライクがあったとのこと。当初は影響なしとのことだったが、結局部品交換が必要と言う事で出発が結局40分遅れ。羽田の海上のD滑走路の影響なのかもしれない。朝の到着時にも結構鳥の群れを目撃したが、これまでそんなに意識したこともなかったのだが。

久々に連続搭乗すると、機内でもドアクローズまで携帯が使えるなど結構運用が変わったんだなと今更ながらに気付かされる。それにやけに大きな鞄を持っている人も見かけるが、あれはサイズ規制が緩んだのか運用上見逃してしているのかよく判らない。さらに、機内の500円ビールに小江戸ビールが無くなった。

まあ、久々の羽田もじっくり訪れるには個人的にいい時期なのかもしれない。JALは塗装の移行期で両方のデザインが楽しめる。まだ鶴丸は少数派だがすぐに逆転するだろう。ソラシドエアは機体のビルボードロゴといい、グリーンの尾翼といい思ったより格好いい。2機並んだ747ポケモンジェットも新鮮。787もしっかり2機とも駐機してたし(1機は沖止め)、JALのジャニーズ系特別塗装機も遠望できた。なかなかに見所満点の出張だった。

さて、ようやく余裕も出たところでショップを覗いて見た。まずは先週博多はキャナルシティへ。もう店はないとの情報だったが行ったことも無かったので念のためコレクターズショップと言う風な名前の店を覗いてみると。わずかのミニカーの他はフィギュアとカードがほとんどで、予想通りの展開。

本日の出張は12:00伊丹発。40分前に到着したのでショップを覗くと、以前の店の通路挟んだ向かい側に移動、店舗も倍くらいの広さとなっていてゆったりとモデルを選ぶことが出来る。展示や見せ方にも工夫が凝らされていて、マニアだけではなくしっかりと一般乗客にも案内しているところが好感が持てる。品揃えも新製品を始めそこそこ取り揃えられていて初心者にとってもみやすく楽しい。とここで、KLMのB773ER SkyTeamのモデルを見かけて、思わず買いそうになった。しかし新発売でもなさそうだし、もしそうなら買ってないはずがないモデルだったので躊躇した。スマホでブログ確認もレジ"BVD"で検索しても"Skyteam"で検索しても引っかからない。TBLにも載っていない。ありゃ?未購入かと思ったがここは思いとどまった。羽田着後じっくり検索して見る。新コレクションでようやく発見、レジを記入してなかった。また"SkyTeam"と大文字記載をしていたために引っかからなかっただけだった。危うく重複買いするところである。

用事を済ませ羽田空港に。せっかくなのでJAL SHOPを訪問。あー、一時期の権勢はどこへやら、JAL系とワイドボディ新製品はあるもののすっかりバリエーションは少なくなって今後の掘出物は全く期待できない状況になっていた。古いモデルもボロボロの箱ながら値段はそのままなので、誰が買うんだろうかと言う状況。そのうちワゴンセールで古いモデルは処分されそうな雰囲気である。

気を取り直して第2ターミナル。787モデルを中心にANA SHOPは結構な人だかり。人気は上々のようだ。陳列も昔のままで見やすい上に買いやすい展示。ANAモデルのバリエーションも多い。ただし他のエアラインモデルはすっかり影を潜めている。で、しばらくお客さんを見ていたが、人気はあるものの誰一人買って帰る人がいない。787搭乗記念としても7000円の記念品はとてもじゃないが手が出ないという反応が多くみられた。ポケモンなど版権まみれのモデルならいざ知らず787なんて完全ANAオリジナルなんだから、就航記念特価で3500円くらいにすべきだったと思う。主翼の反り具合からして不自然なためマニア受けも今一となれば今後大量に在庫を抱えて値崩れしていきそうなモデルではある。価格設定に再考を検討してほしいところだ。

先週末から久々に飛行機ついた日々だった。さて、新モデル入荷の電話も入ったことだしまた出かけて見るか。
編集 / 2011.11.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
PEN 最新号
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週は東京でのイベントとその準備。今週はその後始末で本当にエアラインどころではなかった。結局東京でもどのショップも行けなかったし、週末も用事が重なってどこにも行けず。日本橋店の割引き券が届いたのでまた覗いてみよう。そんな中ふと書店で見かけた雑誌がPEN誌。以前からエアライン特集をたまにやってたが今号は表紙が一発でそれと判るイラストで、思わず手に取って買ってみた。マニア度はそんなに高くないがエアラインにまつわる話題を満遍なく取り上げている。780円ながら「保存版」を謳うだけのことはある。現時点でのトピックがまとまっているので10年後、20年後に見なおしても面白いかもしれない。

さて、先週日曜、ブータン国王が先週日曜帰国した。京都からだったのでもしかしたら伊丹からかなと期待したが結局関空だったらしい。機材はなんだったのだろうか?ブータンのエアラインはドラクエア位しかしらないが、もしかしたら通常のエアラインを使ったとか?見に行きたかったのだが日曜もマンションの防火訓練があり、断念。

で、明日からまた東京~博多へ出張である。このまま師走に突入だ。
編集 / 2011.11.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション NOV/2011 III
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
例によって入荷のお知らせである。年末にかけて入荷ラッシュがそろそろ始まりそう。うららかな土曜日、さっそく新大阪店に顔を出した。

■Herpa Evergreen SuperTanker Services B747-100 [N479EV]

このところ影の薄いB747だが、モデルでは各国エアラインへの売却や貨物機への改装によってそのバリエーションはなかなかな減らない。このエバーグリーンのモデルもそんななかのひとつらしい。主に火災消火活動用に改装された機材で、スペインのクエンカの火災で初出動したらしい。モデルは主翼翼端のアンテナが再現されている。一見昔のBigBirdの金型に大変よく似ている。Herpaでは始めての表現となるが、今後も続くのだろうか。


■Herpa QANTAS B747-400 [VH-OEB] Australian Grand Prix

カンタスの特別塗装機。B747位になると特別塗装が大変映える。まだまだ広告用のキャンバスとしてはメジャーな機体である。かつてのF1特別塗装機に比べるとややおとなしいが、それでも中々洗練されたデザインである。

さて、これで新入荷は終わりなのだが。はーん、小型機も入ってるなー。お一ついかがですかとの声がけに、じゃあこれもついでに下さいという事になった。

■Herpa Condor A320 [D-AICE] Peanuts

コンドルの特別塗装機。小さくてほとんど判らないがスヌーピーでお馴染みのピーナッツ・キャラクターが機体に並んでいる。パッケージにも描かれていてなかなか楽しい。こういったパッケージングにもライセンスがかかるのだろうが、ディズニーに比べると版権に対して大らかなのか、モデルの値段もリーズナブルで有る。

以上3機。

来週は東京に行きっぱなしである。ちょっと忙しいがどこかには寄ってみたい。
編集 / 2011.11.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション NOV/2011 II
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
またまた東京出張である

巣鴨に久々に出かけようかと思ったが、その日は定休日だった。そこで、これまたしばらく顔を出していない阿佐ヶ谷店に赴くことに。久々の店内は印鑑とか化粧品も並べられてたので一瞬店を間違えたかと思った。店内はスケール別、ブランド別・サイズ別にきれいに分けられていて迷うことがない。店内入り口から入って右側の1/500を丹念に見ていくこととなる。最初のチェックはAero500とInflightである。ACはあまり無いが思いのほかIFが充実していたので早速小型機から。

と、やっぱりあった最後の未収集CV-990。小躍りしてカート(手だけど)に入れるところとなる。

■Inflight Iberia CV-990 [EC-BJC]

ただ未収集品はやや割高になっている。やはり人気のため品薄になっているということだろうか。
次にHerpaコーナーへ。ワイドボディは新大阪店に来るのでここは最近の小型機を物色。

■Herpa Bulgarian Airlines A320 [LZ-FBC]
■Herpa AeroGal B737-200 [HC-CFH] "NESCAFE"


ブルガリア航空は新デザインでTBLには乗っかってはいるものの小型機ということでそろそろリストの中に埋没しかかっているモデルだった。NESCAFEはクラブモデルだが、以前注文したときにはすでに売り切れていたので、ま
あそのうち店頭にでるだろうと見送っていたモデルである。

さて我がTBLにはまだ未収集の1ブランドがある。BigBirdについてはあと1つ欲しいモデルがずっと残っていたのだった。熱望というほどでもないのだがほかにこのエアラインのモデルが皆無なので欲しいモデルとしてListに残り続けていたのである。もちろんBigBirdなんてブランドはいまやほとんど店頭で見かけることは無い。そのモデルが目の端に泊まった。IFモデルの中に異彩を放つそのパッケージ。一瞬NetModelかと思ったが、これが実に件のモデルだった。

■BigBird Payam Aviation Services Il-76 [EP-TPV]

異国情緒たっぷりの社名はイランの貨物エアラインである。なかなか派手な塗装で、実は実物を見るのはこれが初めてという代物だった。やっぱり訪ねてよかった。足は伸ばしてみるものである。今後も掘り出し物を供給し続けて欲しいものだ。
編集 / 2011.11.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
収納
カテゴリ:  雑感 / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
良く考えて見ればここ数年展示は諦めている。ならば見たいモデルが手早く探せるような工夫が必要である。集めるのも楽しみならまた一つ一つ手に取って眺めるたりそれをまたセイルするのも楽しみの一つで有る。

というわけで雨天のレイアウト変更に着手。件の90cm×90cm×30cmのダブルカラーボードを廃棄し、この週末コーナンで買ってきた衣装行李(押入れ用衣装コンテナ)30cm×40cm×74cm(コーナン製)を2つ追加、さらに28cm×35cm×50cm(アイリス製)のコンテナを2つでなんとかカラーボード+はみだし分が全て片付いた。しかしこれだけの収納にもかかわらず既にコンテナは満杯。うーむあとアイリス製が4つ置けるなと密かに増強を計画中。こりゃ年内に増強は必至だがそれにしても置き場所の候補地が出来ただけでも収穫で有る。

RFIDが一般化できれば収納も楽になるかも・・・と最近はRFIDリーダを探している。

編集 / 2011.11.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新モデル情報
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
いつもはまとめて整理するのだが、今回もやってくれましたということで、取り上げておきたい。LCCなんてのは元来モデル化版権なんてモノに興味がないのかと思っていた。日本近辺を飛び交うLCCは意外とモデルか化されていないエアラインが多い。その中でも大型機を運行するLCCで、何回か噂が出たことのあるAirAsiaXがついにモデル化される。しかも1つは特別塗装機。アメリカのフットボールチーム、オークランド・レイダーズのデザイン。黒と銀の渋いデザインである。

◇Sky500 AirAsiaX A340-300 [9M-XAC] Oakland Raiders
◇Sky500 AirAsiaX A340-300 [9M-XAB]

Sky500の戦略なのだろうか、今後のA330/340のリリースがますます楽しみになって来た。それに引き換えAero500は最近音沙汰なし。B777もまだまだこれからバリエーションが増えてモデル化のタネは付きないというのに。ヨーロッパ危機で消費マインドが冷え込み、メーカーにとってはしんどい時代がまだまだ続きそうで有る。各メーカーにはこの危機を乗り越えて欲しい。
編集 / 2011.11.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション NOV/2011 I
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
本当は週末によりたかったのだが、昼休みは連絡待ちで日本橋にも行けず、ならば夕方新大阪に出も顔を出すかと思っていたが退社間際の電話で寄れずじまいだった。その変わりといってはなんだが茶屋町のLOFTのトラベルグッズコーナーでブラニフの復刻版グッズやエースフランスのグッズ販売をやっていた。エールフランスはHerpaのモデルも若干置かれている。トラベルコーナーにはSchabakのモデルがディスプレイされていた。手に取って楽しいものが結構有る。

さて雨の週末、実は入荷のお知らせがあったので新大阪店さんに向かう。

■Herpa American Airlines B767-300ERWL [N370AA]

ウィングレット付きのB767はオーストリア航空、ニュージーランド航空についで3機目となる。なかなか貴重なのだがモデルで見るとB737-800WLとシルエットが良く似ていて目新しさはやや減じてしまうか。787の登場によって今後退役が進む機種なのでウィングレット付きのモデルが暫くは続きそうだ。

今回はこれのみ。ついでに新製品を予約してきた。
編集 / 2011.11.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
3店舗訪問も収穫なし
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
先週末から出張続きである。再来週も行きっぱなしになるのだがその準備で席を温める暇もない。

今週は博多から東京への3日間出張だった。博多ではキャナルシティのショップが閉店または取り扱いを停止したとの情報があったので未訪問。火曜日は偶然にも渋谷、市ヶ谷、秋葉原で用事があったので各店を覗いて見た。

渋谷店は、やはりSFの店頭在庫品が多く残る。ただ、ルフトハンザカーゴのDC-8が入荷しているなど、限定モデルを含めて新製品の入荷は続いているようだ。

翌日は市ヶ谷店へ。相変らずの雑多な配置で掘出物を探す楽しみは健在。ただ。1/500と1/400で混在しているのと、ラベルの表記も結構間違えているので注意が必要。それも探す楽しみと言えなくもない。

次に向かうじは秋葉原店。買い漏れている中・小型機を物色。いくつか買いも求めようと思ったものの出張鞄がパンパンでしかもこのあと客先。結局は購入を断念。


ショップ巡りというかツイでに立ち寄るのも結構楽しいものだが、以前に比べればやはり驚くような掘出物に出会う機会はめっきりと減った。その分であったときの感激はひとしおなんだが。しかしサプライズは行って見ないと出会わない。なんか古本屋に通うオヤジ化してきたかもしれない。

次回東京長期滞在は池袋周辺。巣鴨店を中心に攻めて見るか。今日は休日、新大阪店さんとコーナンにも出かけてみよう。
編集 / 2011.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード