新モデル情報 Herpa 11/12 2012とJCWings?
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
例のごとくHerpaの11/12月の新モデル情報がリリースされた。今回は17種とまずまずの数が出る。ワイドボディ機はうち9機と多い方だが、全体的にみるとやや目玉がない低調なリリースとなった。エアバス7機、ボーイング7機と大半を占める。プロペラ機は皆無というバリエーションの少なさである。軍用機は1機、クラシック機も1機のみ。
地域別に見るとヨーロッパ8機、北米、オセアニア、南米、東アジアが各1機、中近東は4機という構成。アジア、北米機のリリースが少なく、さらにいえば他ブランドでの発売済みのモデルも目立つのでなかなかこれと行った目玉がない状況。これも欧州危機の影響で、手短なエアラインのモデルリリースで暫くはしのごうとの戦略なのかもしれない。ついでに言えば全て限定モデル。小ロット生産が続きそう。
では例によって順次見て行こう。

□523400 L TUIfly Boeing B737-800WL [D-AHFR] special "Bärenmarke"
ドイツの乳製品メーカーの広告塗装機。"Bärenmarke"は熊印といった意味になり、熊のぬいぐるみがミルク缶を抱いたロゴマークが尾翼に。アドデザインは原則対象外なのでパス(△)。
□523431 L Emirates Airbus A380-800 [A6-EDM] US Open Sticker
エミレイツのA380。usオープンゴルフのスポンサーにでもなったのだろうか。機首にロゴが追加されただけのもの。特に入手する必要はなさそう。これまたパス(△)。
□523448 L Air Berlin Boeing B737-800WL [D-ABMC] special Santa Claus 2011 tour
まあアドデザインと言えなくもないが、チャーターエアラインの企画物として特別塗装機に分類。一応買い(○)としておくか。
□523455 L American Airlines BAC BAC-1-11 [N5039???] '60s
BAC1-11はそもそもモデルバリエーションが少ない。貴重なモデルなのでここは買い(○)
□523462 L British Airways Airbus A319 [G-EUOG]
英国航空のA319だとてっきりオリンピック仕様の特別塗装機かと思いきや意外にも通常塗装。小型機でもあるのでパス(△)。
□523479 L Herpa Tupolev TU-144 [-] Fantasy X-mas 2012
架空モデルなので対象外(×)
□523486 L Emirates Boeing B777-300ER [A6-EGO] special,'00 1000th 777
エミレイツの773ERは複数ブランドから既出。1000機目の777特別塗装が割と目立っているのでここは買い(○)。しかしモデルとしての新味性には欠けるなぁ。
□523493 L Etihad Crystal Cargo Airbus A330-200F [A6-DCA] '04
カーゴ仕様機は2機目のモデル登場。今回の目玉はこれである(◎)
□523509 L French Air Force Airbus A340 [F-RAJA] "Republique Francaise"
軍用機なのでパス×)
□523516 L Lufthansa Airbus A340-300 [D-AIGC] alliance STAR ALLIANCE "Wilhelmshaven"
これまた悩ましいところ。A346の同デザイン機がモデル化済み。まあ一応買い(○)として置こうか。スターアライアンスはエアラインのロゴが小さすぎるのでじっくり見ないと区別がつかない。他アライアンスのモデル充実も図って欲しい
□523523 L Pluna Lineas Aereas Uruguayas Bombardier CRJ-900 [CX-CRA] '08
南米からの珍客。2007年にオーストラリアのCato Partners社によるデザイン。ウルグアイというのがカラフルな鳥の川という意味合いからデザインされたそうで、複数の色のデザインが存在するらしい。が、2012年7月5日突然に運航を停止してしまった。これは買い!(○)
□523530 L Qantas Airbus A330-300 [VH-QPG] '90s,Spirit of Australia
カンタスのA330はA332がモデル化されている。今回はA333でしかもひとつ前のデザイン。このへんのモデル化の意図がよく解らない。一応スタンダードデザインなので買い(○)なのだが今ひとつ釈然としない
□523547 L Ryanair Boeing B737-200 [EI-COA] special "Merry Christmas 1997"
今回のリリースはクリスマス特集なのか。まあフィンエアのもあわせてこんなノリのモデルが有ってもいいか。一応買い(○)
□523554 L Sky Airlines Boeing B737-900WL [TC-SKP] '00s
★エアラインがNEW★元気なトルコからあらたなエアラインモデルが登場。小さいながらも凝ったデザイン。これまた買い(○)である。
□523561 L Transaero Boeing B777-200ER [EI-UNW] '00s
これは以前ACから出てたなぁ。パス!(△)
□523608 L Air China Airbus A330-200 [B-6076] special,"Capital Pavilion"
これまたSFから発表されたなぁ。SFは未入手ながらも発注済なのでパスだな。万一SFが入手し損ねたらということの保険くらいの意味でしかないか(△)
□523615 L KLM Boeing B787-9 [?????] fantasy,'04
★金型がNEW★早くもB787-9が発表。KLMが大胆なデザイン変更するとは思わないが何らかの特別塗装機で登場する可能性もある。様子見なんだが実機のリリース状況をみて考えよう。一応(○)


クラブモデルの方はどうだろうか?来月のWings World Magazine到着を待ちたい。が、その前にHerpa SHOP限定モデルも発表されている。レジはアメリカで西ベルリンへの飛行目的に設立されたエアラインである。ドイツ統一後の1991年に資本をドイツ本国に移し、Air Berlinと改称した。

□523578 L Air Berlin USA Boeing B707-320 [N8729] '80s
なかなかレトロなデザインだが就航当時の70年代後半から80年代にかけた時代でもレトロ感が漂っている。こういう歴史の生き証人的な機材はちょっと押さえておきたい。従って買い(○)

さて、新しいブランドと言うのはかなり情報が揃ってきてからでないと、期待だけ膨らんで結局カラ手形ということになりかねない。ただ写真も出てきたし、バリエーションもどうやら増えそうなので一旦情報を整理しておこう。JC Wingsとは他スケールでは結構リリースしているので、本格的に1/500に参入してくるのかもしれない。 新規リリースが777ばかりなので、かつてのAero500の流れを汲むものかもしれない。EtihadのB773ERはHerpaから発売済み。金型の違いにはあまり興味がない。
したがって、

□JCWings Etihad Air Cargo Boeing B777F [A6-DDA] (◎)
□JCWings Etihad Airways Boeing B777-300ER [A6-ETA] (△)
□JCWings Fedex Boeing B777F [N880FD] (◎)


となる。
こうした新ブランドで気になるのは価格帯。それとどこのショップで扱われるかということ。一部のショップのみとなるか空港でも見られるような通常品となるかどうか。それとなく各ショップには打診してみることとしよう。
スポンサーサイト
編集 / 2012.07.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション JUL/2012 V デルタA333
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先日より連絡をいただいていたのだが、週末は用事があったので訪問できず。昨日近所での飲み会があったのでそれにかこつけて新大阪店に訪問してきた。

■Herpa Delta Air Lines A330-300 [N821NW]
特別塗装機モデルや派手なデザイン機が増える中、シンプルなホワイトボディとこれまたシンプルな直線のみで描かれた尾翼のデザインがなんだかほっとする。かといって見慣れてないのはアメリカのエアラインのエアバスワイドボディ機というまあ稀な組み合わせのせいだろう。レジから判るように元ノースウエスト航空の機材である。

ClubModelもあったが、こちらはSky500で入手済みなのでパス。今回はこの1機のみである。
編集 / 2012.07.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
NEwS Corsair新デザイン登場 ほか
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
●デザインがNEW●Corsair International新デザインCorsairfly330 2012-
Corsair InternationalといえばTUIグループ共通の 青字に赤いTUiのロゴマークで統一されてきたが、このほどA330に新デザインが施された。由来や背景は不明だが、ヨットの帆を思わせるリゾート感たっぷりなデザインである。これは是非モデル化して欲しいところだ。


●エアラインがNEW●Cosmo Airlines運航開始Cosmos Airlines A320 2012
スペインのチャーターエアラインCosmo AirlinesがA320にて運航を開始した。黒を基調にした珍しいデザイン。機材はAvion Expressからウェットリースされたもの。



●特別塗装機●South African Airwaysがロンドン五輪特別塗装機
オリンピックの特別塗装は恒例になった感がある。が、安くないスポンサー料が影響してか一時期よりは特別塗装機が少なくなった。South African AirwaysはA340-300[ZS-SXD]をオリンピック特別塗装機とし、7月19日選手団の輸送に使われた。尾翼はそのままに機体一杯に五輪の五色を使ってスポーツ選手をあしらっている。偶然にも南アフリカの国旗も5色なので、違和感なくデザインできたようだ。これまでだとHerpaあたりはモデル化に動きそうだが、どうなるか

●デザインがNEW?●Nippon Cargo Airlinesが新デザインを導入
B747-8F導入を受けて新デザインが導入された。とはいえ尾翼はそのまま。胴体に赤と青のウェーブラインをあしらっている。貨物機らしからぬ軽快な印象を与える。B747-8Fの数少ないオペレータなので、ここはHerpaに頑張って貰ってモデル化を期待したい。

●特別塗装機●Air Asiaが特別塗装機
スポンサーになっているサッカー・プレミアリーグのクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)の主力選手が、スポンサー契約更改直後の去る6月23日に急死したのを悼んで施される。A320が特別塗装機に割り当てられる。
編集 / 2012.07.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新製品情報 Hogan Kitty Jet No.4
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
予想通りと言うか、Eva Airから4機目、5機目のHello Kitty Jetが就航した。で、これまた予想通り4機目のジェットがHoganから発売される。

□Hogan Eva Air A330-200 [B-16311] "Hello Kitty Happy Music Time"

で、またまたここで予想するのだが5機目のA330-200[B-16309] "SPEED PUFF"も早晩モデルが発表される可能性が高い。これまでの通例から機内限定販売モデルなので高額なことが予想される。

しかーし、現在では同社のネットショップでは前3種が1機50USドルあたりで販売されている(!)。おそらく送料を入れても国内市価の半額以下の価格である。今回予想される2種についてもネットショップに並ぶのを待つか、確実に入手できるショップで購入するか思案のしどころだ。どーしようかなぁ・・・
編集 / 2012.07.17 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
最近の気になるニュース JUL/2012 ファンボロー短信
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
●機材がNEW●Air SeychellesがA330-200を受領
Air Seychellesに出資しているEtihadからのリースとなる。これまでの最大機材はB767だったが、最近導入された新デザイン機となる模様。

●新機材発注●Farnborough International Airshow開催
隔年で開催されるエアショーで、予想通りと言うかメーカーからの受注発表が相次いだ。受注の発表からするとBoeingが結構目立った様である。ほとんどが小型機なのが今後の世界の航空機界を予感させる。B787やA350、A380 の新規発表はほとんどない状況。その中でも三菱重工のMRJが100機の大量受注など注目された。主な内容は次の通り。
  エアバス
CALC A320/321 × 36機
Cathay Pacific A350-1000×10機
Avolon A320Neo × 15機
UTAir A320Neo × 20機
Synergy A330-200/-200F × 9機
  ボーイング
Air Lease Co B737MAX × 75機
ALAFCO B737MAX × 20機
Avolon B737MAX × 25機
GECAS B737MAX × 100機
United B737MAX × 100機 + B737-900ER × 50機
  三菱
SkyWest MRJ × 100機

●デザインがNEW●United AirlinesがB787導入を記念して
おそらくはANAと同様787だけの限定デザインである・尾翼に変化はなく機体に、機首から尾部にかけて金色の細いウェーブ・ラインが施される。初号機導入は9月の予定。

●新機材&新デザイン●TAM Cargoが767-300Fを導入
所属はABSA Cargo Airlinesだが、運航はTAM Cargoが行う。デザインもTAM Cargoの新デザインとなる。
編集 / 2012.07.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション JUL/2012 VI 330/340 on the New MAT
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
例によって週末に新モデルが入荷したとの知らせ。1/500は大体土曜日に入荷するものらしい。連休中は1/400の入荷が各ブランド重なって大量に入ると聞いたが、一気に入荷すると売れ残ったりすることもあるのでショップとしては悩ましい所とか。確かに持ち合わせが無いと、入荷したモノの中から優先順位を付けてチョイスしなければならない。個別だったら買うモデルも、次回に持ちこしてそのまま買い控えと言うことも無くはない。さらに1/200は東京店でも入荷ラッシュらしいが。1/200コレクターの方も。1/500に比べて単価が高い上にリリースラッシュで、財布が悲鳴を上げていると言う話もよく聞く。昨今1/500のリリースも随分と落ち着いているが、サイフ的に言うと今位のペースが一番かもしれない。

■Herpa MAS Kargo A330-200F [9M-MUA]
■Herpa Aerolineas Argentinas A340-300 [LV-CSX]


待望のエアバス・ワイドボディ機である。両方ともなかなかの出来。早速、新作MATに並べて見る。


さて、今回のMATは予想通りと言うか、色々工夫したにもかかわらず、失敗した点がある。前回MATの貼り方を工夫したのだが。根本的にシールシートのカッティングの際に、正確に隣のシートと平行に、さらに角は正確に直角に切らなければならない。このズレが最後の方になって大きくゆがむ結果となる。そもそも印刷の時点で紙が本当に微妙に斜めに差し込まれているので、紙の端に沿ってカットしても絵柄上斜めになっていることが多い。

そこで今回は印刷前に裁断用に小さく + 印を4隅に描きこみ、それに沿って裁断すれば良いじゃないかと思い立った。我ながらナイスアイデアである。早速印刷、さて、カッティングしようとしたら目印の + がいくつか見えない。そうなのである。なるべく目立たないようにと背景色に近い色のしるしだったので全くわからなくなってしまった。濃いグレーの滑走路・誘導路上の黒い + は目を凝らしても判らなかった。なのでよくみると誘導線が食い違っている部分が有ったりする。

20120714MAS01 20120714MAS02 20120714MAS03


しかし。しかしである。それ以外は初めてにしてはよく出来たと思う。雰囲気としてはまずまずではないだろうか。周囲のコレクターからは、照明を置けとか言われている。そこまで発展するかどうかは別にして、車両位は配置しても良いかもしれない。夢は広がるばかりである。
編集 / 2012.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション JUL/2012 III 翡翠744
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
珍しく和歌山へ出張だった。海南から特急くろしおで帰阪する。執着は新大阪だったので顔を出してみた。この週末にも入荷する予定があるということらしいが、合わせて連絡をしようとして頂いていたようだ。偶然にも昨日入荷したものが。

■Herpa Jade Cargo International B747-400ERF [B-2423]

実はこれが本当はまあ買わなくてもいいかかなり悩んだモデル。数年前にSFから同じモデル(レジ違い)が発売されている。SFは-400F、HWは-400ERFと勝手に思い込んでいたが両方とも-400ERFだった。また、-400ERFとはいいながら外観上は-400Fと全く変わりが無い。

店頭で手に取ってしまうと手放せないのがコレクターの性である。
編集 / 2012.07.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション JUL/2012 II 320vs737
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
ちょくちょく新大阪からお呼びがかかっているので、小型機も出ているかと思い日本橋に散策に出かけた。真夏のような暑さだったが日本橋店は快適。じっくりと眺めてみることにする。

新大阪店さんから連絡がまだ無い大型機モデルが3-4見られたが、最近は量販店の方が早いのかまたは倉敷から新大阪にデリバリされるタイムラグなのか。まあ大型機はそのうち新大坂店さんから入荷の通知が来るだろう。と言うわけで本命の小型機を物色する。

CondorのA320レトロ塗装機等も出ていたが○以上では無い。

■Herpa GOL B737-800WL [PR-GTF] 10th Anniversary
特別塗装だがブラジルのGOLは始めてのモデル化。通常塗装機も待ちたい。南米を席捲しているLCCである。派手なオレンジ色がラテン系ののりを思わせる。

さてと、あとはああ、こんなのも出たのか。あれ?△。でもこの尾翼デザインは目新しいなあ。

■Herpa Hamburg Airways A320 [D-AHHC]
かつてHamburg Airlinesという会社があったがそれを引き継いだ形で継承したのが当社で、社名もちょっと変えたらしい。ついでにデザインも変えたはずなので、急遽To Buy Lankを引き上げ、無事カーとの中に収まった。

今回は以上2機。小型機をじっくり眺めるのもなかなかいい。
20120710collection
編集 / 2012.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
並べてみた
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
日曜の昼下がり。特に用事も無いので、棚卸ついでにキャビネットを整理した。また空き場所が少なくなってきている。ここ1年でまた溢れかえりそうである。整理も兼ねてA330とB777モデルをキャビネット毎に整理しなおした。これで以前から中断している棚卸がますます困難なことになる。まぁいいか。

で、せっかくなので先般自作した空港マットに並べるだけ並べて見た。大型機が11機欲張れば12期並べることが出きる。誘導路はやや狭いがこれはモデルディスプレイ上デフォルメしているので仕方ない。

さはさっそく。ヨーロピアンなエアバス達。

Euro330-001 Euro330-002 Euro330-003 Euro330-004 Euro330-005 Euro330-006 Euro330-007 Euro330-008

次に、アジアパシフィックなエアバス達。

Asia330-001 Asia330-002 Asia330-003 Asia330-004 Asia330-005 Asia330-006

マットに敷き詰めたエアバスモデル達。なかなか壮観である。が、飾りはじめた場所が薄暗い廊下だったので全体に暗くなってしまった。それに背景がやはり殺風景である。こりゃ背景もなんとかしないといけないぜぇ。
編集 / 2012.07.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション JUL/2012 I 787競演
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
たまたま近所をあるいていると連絡が入ったのでその足で向かう。

■Hogan JAL B787-8 [JA822J]
■Herpa Air India B787-8 [VT-ANA]
JLandAI787_1 JLandAI787_2 JLandAI787_3
    ななめ            前           後ろ

Air Indiaはようやく787の就航が秒読みに入ったと思ったのだがまだ正式に就航日が伝わってこない。7月中にはAir Indiaに次いでQatar Airwaysも就航するらしいのだが。実機就航前のモデルは色々と不安材料もあってハラハラする。さてデザインの細部の表現はどこまで忠実に出来上がっているのだろうか。

それにしてもである。JALのB787にはやはり釈然としない。好みの問題なのだが、不自然にそりあがった主翼の形状はすこぶる評判がよく無い。このままだと日系のANAとJALモデルだけがこの評判を一手に引き受けそう。このままHerpaでのモデル化が進んでいけば5年後10年後にはかなり異彩を放つモデルになる可能性がある。

ついでにいえば同じ787のモデルで価格がAir Indiaの約1.6倍。この差はなんなんだろうか。材料費、製造料、輸送量、エアラインの著作権料に差があるとは思えない。実際過去のJALのHerpaモデルは他のモデルと価格は同じである。日本国内向け限定というだけで高い。

ポケモンだのディズニーだの版権料がそれなりにかかってしまうのは納得がいくし、なによりモデル化されるのはあり難いのだが、通常デザインでこの価格設定はやはり国内向けの限定とした事に原因があるのだろう。だとすれは製造に関わった日本人の人件費か。

おそらくは販売の方法にも違いがあるのかもしれない。Herpaなどに製造から販売まで完全委託すれば、利幅は少ないが在庫などを持たなくてもいい。ただし、本当に販売したい日本の国内顧客には十分行き亘らないというリスクもある。一方生産委託だけなら、金型自体にも色々と細かな注文が出来るが、それなりの数を自社でさばく必要も出てくるので在庫費や販売管理費が国内経費としてかかってくる。余剰在庫のリスクも見なければならない。

想像としてはちゃんと理由があっての価格設定だとはおもうのだが、海外から見ればかなり傲慢な価格設定にみえるらしい。ガラケーならぬガラパゴス・モールドといったところか。絶滅しない事を祈るのみである。
編集 / 2012.07.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
NEWS FlyGeorgia運航開始 ほか
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
FlyGeorgia 2012-●新会社誕生●FlyGeorgia
グルジアに新たしい翼が誕生した。2012年6月29日ドバイ~トリビシ線の初便が運行開始した。現在はA319が1機体制だがすぐにもう1機増やす予定。中東、ヨーロッパ線を結ぶ。 旧ソ連圏で紅白の色彩は珍しい。おそらくはグルジアの国旗に因んだ配色だろう。ロシアとの緊張状態が続くが無事成長してほしい。

●機材発注●FedEx Express
B777F4機発注分をB767F19機に変更。在籍しているA310FとMD-10Fの後継機となる。燃費が良い上に、大量保有しているB757Fとの部品共通化でさらにコストを削減できるというのがその理由らしい。Fedex Expressは現在19機のB777に加えて24機を発注していた。またB767についても2011年に27機を発注していたが、今回はそれに加えた措置で、背景にはB777の納入の遅れもあるらしい。

●アライアンス●Middle East Airlines
MEA-Middle East AirlinesがSkyteamに2012年6月28日、Skyteamに正式に加盟した。アライアンスでは17番目となる。レバノンは中国との取引が急拡大しているのをうけて、Skyteamのメンバーである中国国際航空、中国南方航空、中国当方航空との提携を重視、同じアライアンスに所属することでメリットを享受する。メガキャリアのアライアンス勢力図が固まったので、現在ではこういった中堅どころのエアラインのアライアンス参加が続いている。
編集 / 2012.07.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
MAT制作記 第二面
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用

MATの裏面が残っていた。印刷シートもあるのでやって見るかと早速小型機沖止めパターン(1970年代の伊丹空港西のパターンを参考にした)を制作する。1作目の失敗は張り合わせの時の歪みだった。今回は慎重に端を切りそろえる。MAT面のコンクリートブロックがいい目印になる。

貼って行く順番も工夫した。シートのレイアウトはこうなる。
これを ①③④⑥⑤⑦⑧② とジグザグに貼って行くと誤差の拡大が少なく微調整が出来る。今回は0.5mm以下の誤差しかない。ほぼ完璧。ただし、次回の斜め滑走路はMAT面に目印となるものが無い。切り揃え方は別の工夫が必要なんだがどうしようか。

とりあえず昨日加わった新コレクション、レトロ3機を置いてみた。うーん、なかなかいい。

120701MAT2-1 120701MAT2-2 120701MAT2-3 
編集 / 2012.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
B777 未モデル 完結
カテゴリ:  未モデル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
未モデル検証最終回は777編。777の未モデルエアラインは11社。なかなかモデル化されない機体が多そうだが、その分モデル発表のインパクトは大きくなる。

Jet Airways777●Jet Airways
未モデルエアラインの中では唯一A330と両方運航しているエアラインである。どちらでも良いので何とかモデル化を期待したい。



AeroMexico777●AeroMexico
2006年から導入が始まり現在4機体制となっている。B767とDC-10はモデル化されているので、そう遠く無い時期に実現橋そうな予感はある。



Air Austral777●Air Austral
旧レユニオン航空。フランスのエアラインであるが2003年からリース導入を始め現在は5機体制となっている。800席仕様のA380を発注していることでも注目を集めたが、A380導入(2014年予定)を機にデザインを変えるかもしれない。


BimanBangradesh777 2010BimanBangradesh777●Biman Bangladesh Airlines
2011年から2機の-300ERを導入している。2010年に緑色を貴重としたデザインに大幅変更され、一時期に在籍した-200ERにも施されたが、すぐに(2ヶ月程度後)現行デザインに移行された。どちらも捨て難いが777としてはオーソドックスなデザインが施されている。

Ethiopian Airlines777●Ethiopian Airlines
2010年からの導入以来5機を運航している。2011年にはスターアライアンスメンバーとなったがその前からアライアンスへの参加を表明しており、それに合わせてなのか不明だが2009年ごろから現在の新デザインとなった。同系統のデザインながらかなりすっきりとしたものになっている。

EuroAtlamtic777●EuroAtlantic Airways
ポルトガルのチャーターエアラインで、2010年から毎年短期リースを行っている。現在も1機所有。北米の他パキスタンやオーストラリアなど長距離便を運航している。大西洋というよりはエーゲ海や地中海を思わせるような浅い青系統のデザインが秀逸。これまたモデル化が楽しみな機材である。

Orenair777●Orenair
アエロフロートから1992年に独立した国内線を運航するエアライン。オレンブルグを拠点としている。2010年にアエロフロートに買収され、機材の近代化を進めている。777は2011年に導入された同社唯一の機材。飛行機自体をデザイン化したようなロゴマークといい、ラダーだけに施された青といい、どこかの研究所のようなデザインである。由来については全く判らない。


Royal Brunei777●Royal Brunei Airlines
ロイヤルブルネイと言えばA340が思い浮かぶし、モデル化もされたが、現在ではA340は既になく2010年に一気に6機もの777を導入した。版権的に問題ないのであれば近々モデル化されてもおかしく無い機材ではある。尾翼中央には国章が描かれている。


Scoot777●Scoot
2012年シンガポール航空のLCC子会社として運航を開始した。初便は2012年6月4日シドニー行きだった。10月には羽田乗り入れを計画している。Scootとは、スクーターのように気軽に利用できるエアラインという意味で付けられたらしい。これまた是非モデル化して欲しいが親会社のように機内限定販売のみなんてことはしないでほしい。

Southern777●Southern Air
アメリカの貨物エアラインだが自社運航せずにほとんどリースしている。DHLへのリースが主なので真黄色の尾翼となる。一部タイカーゴにもリースしていて、これがモデル化されているが。今後モデル化を期待するとすればDHLの777Fとしてだろう。


Turkmenistan777●Turkmenistan Airlines
旧ソ連体制崩壊後いち早くボーイング機を導入し近代化を図ったエアライン。777は2010年に1機導入している。この777は一般旅客用としてではなく767と同様政府専用機として使われている。

以上、現行のエアライン以外にも過去のエアラインでモデル化対象となる機材はまだまだ残されているし今後も新しい機材も出てくるはずである。A333とB777に今後はA350とB787が加わり、さらに10年以内にはNeoやMAXといった次世代機材の登場も見込まれる。息の長い趣味として今後も楽しんで行きたい。
編集 / 2012.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード