今月の新コレクション NOV/2012 V
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
昨日のことだった。例のブツが入荷するとの情報を得ていた。また昨日は早仕舞いするとのことだったので思い切って昼休みに出かけてみた。往復45分、商談5分だと食事は10分。まあかつかつだが何とか行ける距離ではある。

「もう入ってるんですよね」
「ええ、入ってますよ」
「他の方からもいくつか問合せがあったんですが、特に問題は無く入荷したようです。」
「そうですか、結構海外でも話題になっているらしいですが、ベルリンからの出荷も始まっているようなので騒ぎは落ち着いてきているような感じですかね。ただHerpaのHPから削除されているとの情報もあるので真相はわかりませんが」
「そうですね、もしかしたら追加発注は難しいのかもしれませんね」

■Herpa Malaysia Airlines A380-800 [9M-MNA]

かなり出来がいい。が、全体的に青の一系統なのでややさびしさがある。ワンポイントで赤を入れてもよかったんじゃないだろうか。2号機以降のデザインが気にかかる。通常塗装機が就航するようだったらそちらも是非発売を待ちたいが。ただ今回の騒動もあるので今後マレーシアのモデルはスムーズにリリースされるかどうか不安もある。

今回はこの1機のみ。存在感抜群の一品である。
スポンサーサイト
編集 / 2012.11.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新製品情報 新ブランド!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ブランドの動き2題。しばらく動きが止まっていたAero500から773リリースの噂。まだ現物を見たという話を聞かないので、真偽のほどは不明だが773というこれまでと違った金型での復活となると先が楽しみ。リリース半ばで終わったDC-10シリーズについても復活してほしいものである。

□Aero500 American Airlines 777-300ER [N717AN] polished
□Aero500 Turkish Airlines 777-300ER [TC-JJK] "Akdeniz"
□Aero500 Turkish Airlines 777-300ER [TC-JJN] "Anadolu"
Americanの773は初号機となるはず。実機のデリバリ時期は知らないが、新機材ということで盛り上がりそう。他ブランドからも出る可能性は高いが、早い者勝ちで買い(◎)。
Turkishの773はHerpaからリリースされていたものの、その後デザインがマイナーチェンジされた。今回のモデルは最新機材で、最新のデザインのものである。両方は要らないが、1つは手に入れたい。なのでこれも買い(◎)。

さて、突然情報が飛び込んできた新ブランド。Model Power(当ブログでの略号はMP)。アメリカのブランドらしい。写真の印象としては旧SJにも似ている。スタンドの形状がSJっぽい。新興ブランドらしいのだが、全く異なる機種を発表している所から今後の発展にも期待がかかる。ただしA346は出尽くした感もある。L1011のバリエーションもそんなに多くはない。

□Model Power Lufthansa A340-600 [???]
□Model Power Royal Jordanian Airlines L-1011-500 [JY-AGB]
対象自体に新味性はない。RJAはHerpaからかつてOGでリリースされたっきりなので、出来次第では買いである。国内店でも予約が始まっているので、上記のAero500よりは信憑性が高い。一度手にとって見たい。ModelPowerは大体1/50刻みで各種航空機モデルをリリースしているが、まだリサーチ不足なので背景などはよく知らない。他スケールではメジャーなブランドなのだろうか?ちょっとこれも注目ブランドのひとつではある。一発屋で終わらないことを望みたい。
編集 / 2012.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
MAS A388はどうなる?
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
何たる!

Malaysia A388については、様々な情報から、最悪入手出来なくっても良いか、位に構えていたのだが。
今朝起きてみると、かつての香港のエージェント(出張中の同僚)からメールが届いていた。

最近上海に出張していて、今はマカオにいるとのこと。上海に戻る途中の香港に立ち寄るから、欲しいモデルリストを送れとの連絡が。

なんたる、グッドタイミング!さっそく、エージェントに件のA388を始め、日本じゃもうほとんどお目にかかれない絶版モデルをリストアップし、無事指令を発信することが出来た。彼女はコレクターではないものの、私の的確な指示の元、ショップのお兄さんと交渉し、たぶん私の言っているモデルはこれだろうと交渉までしてくれてレアモデルを入手してくれる。ぴか一のエージェントである。いやー渡りに船とはこのこと。これでだめだったらしょうがないよなーと諦めが付くというもの。もとより実はあまり執着もないので、無いなら無いで終わらせることも多い。

さて、これで一息。すると、ここで電話が。あれ?月曜の午前中なのに珍しいなぁ。新大阪店さんからの電話である。

「ANAのポケモンジェットですが、773や744Dなどかなり高価なモデルがいくつか入荷しているんですがご入用ですか?」
「744Dは以前のものを持っているし、ピースジェットは先日羽田で10%割引で買っちゃったんですよ」
「そうですか、じゃあ要らないですよねー」
「はい・・・ちょっとついでにお聞きしたいんですが、マレーシアのA388は入荷しますかねー?なんか途中で生産中止になっちゃったんじゃないかという噂もあるんで」
「そうですか?ヘルパの場合は大体問題なく入荷するんですけど、いったん本店に確認してみますね」

数分後。
「やっぱり問題なく入荷するようです。今週中くらいじゃないでしょうか。」
「えっ?そうなんですか?じゃじゃじゃじゃじゃぁ、お願いします」

取って返す刀で、ホンコンエージェントに追加指令

最優先モデルは入手の見込み。優先順位2番以下のモデル探索に注力せよ

いやー、コレクターの神様(どんな?)はいらっしゃるもんだなぁ。あとで神社にお参りしておこう。
編集 / 2012.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション NOV/2012 III あれやこれや
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
予感通り電話が鳴った。

「そろそろ電話が鳴るころかと思ってましたよ」
「結構一気に入りましたよ。あれと、あれと、あれと・・」
「ひゃー、本当に一気ですねー。ちょっと銀行に寄らないとですねぇ。あれ?今回はもう入っちゃったんですか?いつもは週末の入荷予定ですよねー?」
「ええ、もう入っちゃったんですよ」
「じゃあ、軍資金持って寄りますね」
「お待ちしています」

今日は水曜日。世間では一般的なノー残業デーの水曜日である。就業チャイムを聞くや脱兎のごとく駆け出す。都心からだと御堂筋線が一見便利に見えるが、歩く距離を考えると実は阪急京都線の崇禅寺からのほうが結果的に近い。うーんどうするかなー考えながら結局は乗り換えのない御堂筋線で向かう。

■Sky500 Hainan Airliens A330-200 [B-6521]
■Sky500 Air Canada A340-500 [C-GKOL]
■Sky500 Virgin Atlantic Airways A340-600 [G-VEIL] "Queen of the Skies"


最近のSky500は発表からリリースの期間が短い。本来はこうあるべきだなぁ。あまりに長いと忘れるし、感動も薄れようというもの。ただ、拙速はリサーチ不足など品質的リスクもあるし、一概には言えないが。

■Herpa Air France B747-400 [F-GITI]
■Herpa Swiss International Airlines B747-300 [HB-IGD]
■Herpa Air Europa A330-200 [EC-JZL]


AFのB744はいまさらという感じだが新デザインでリリースされるとは思わなかった。スイスのB743も予告されていたとはいえ貴重なモデル。 金型はリニューアルされたもののようで、BBに近い。久々の747モデル。やっぱり存在感はA330に比べても格段に大きいなぁ。

以上ワイドボディばかり6機。年末にかけてさらに入荷が予想される。ANAモデルは高額なのでANAショップの10%割引を利用しないと。量販店には並ばないだろうなぁ。HerpaのMalaysia A380については不穏なうわさが流れているがどうなんだろうか?すでに先輩の家には先日荷物が届いたと言っていたが。
sky VS346
編集 / 2012.11.21 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
関空を作る(5) 微調整
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
先日の羽田→福岡で気になっていた空港の路上マーキングについて。本当のところどうなんだろうか。木曜の羽田では結構赤地のRWY表記が普通の誘導路、高速離脱誘導路でも描かれていた。博多も伊丹も同様である。しかもこのペイントが結構新らしいように見える。googleで航空写真を見てみると関空ではほとんど描かれていない。モノはついでに各国の主要空港の眺めてみた。

まずはアジアから。ソウルもシンガポールもバンコクも上海も香港もほとんど路面上にRWYの表記は描かれていない。シドニーでも同様である。ヨーロッパでもパリ、ロンドンと同じような状況だ。フランクフルトでようやく赤い表記が目立つがよく見てみるとRWYの表示ではなくCATの表示である。複数の平行滑走路を運用していてCATが異なるとそちらの方を優先させて表示させるのかもしれない。
赤い表記が一般的なのはアメリカでニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ホノルルなどアメリカの空港では誘導路の中心線をはさんで左右に表記があってなかなかにぎやか。メキシコシティ、モントリオールには見られないが、バンクーバーでは一部表記がある。

してみるとアメリカがどうも発祥というかやり始めたっぽい。今後世界中の空港に採用されていくのかどうか判らないが、関空MATとしては今後表記されていくだろうと言う事を前提に、うるさくない程度に表現しておこうと思う。
編集 / 2012.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
最近の飛行機生活から
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
最近のコレクション活動、に入る前に最近の飛行機生活から。

このところ出張で飛行機が利用できるようになってきた。出来るだけ早割を使うという暗黙のルールの下、堅いスケジュールで無いと使えないが。

先日の羽田→福岡では早朝5時半。まだ暗いうちにホテルからターミナルにバスで向かう。国際線付近を通過するときにアメリカン航空の777が間近にみられた。暗闇に浮かぶアメリカンの存在感が印象的だった。もう少し明るくなっていればぎらぎらの777が見られたのに。残念。

今週の木曜日。日帰り出張。始発便と最終便。始発便962便は773。後方の座席は結構余裕。なかなか取れないA席を陣取り、快晴の富士山を眺める。朝の羽田に予定より5分以上も早く着陸、機窓から国際線を眺めるが、見えるのはJALとANAだけ、1機だけのアシアナ機が国際線であることを気づかせてくれる。と思ったら、旧整備場付近にはキャセイのB744、エバーのA330ハローキティ、大韓航空のB744が並んでいる。744も久々に見たという感じ。羽田のあちこちに787が見える。確認しただけで5機。もうすっかり日系エアラインの顔になりつつある。モノレールに乗って都心に向かう途中に国際線にはいつの間に飛来したのか中国国際のA320が。
最終便は41便。こちらも773で満席。しかも真ん中の座席でビールセットも今回は遠慮した。伊丹には時間通りに10番スポット到着。9番にはピースジェット。6番か5番にはスタアラカラーの767?。あれ?767にスタアラカラーってあったかいな?772だったのかもしれないが、あの辺りのスポットに777がいるのはほとんどないし、やはり767だったのかなぁ。

やっぱり出張は飛行機が楽である。

遡ってコレクション生活。日本橋店からクーポンが届いていたので昼休みに出かけてみた。が、特に収穫はなし。折角寄ったのでなにかないかと物色するも新入荷がないのでいかんともしがたい。かわりに1/400の各国のロケットモデルが結構数が出ていたのでそちらに手を伸ばしかけた。そういえば以前同スケールでドラゴンからスペースシャトルが出ていたなと思い出した。日本のH-IIもあるし、スペースシャトルもソユーズもある。長征やアリアンもあるではないか。サターンVがあったら完璧やなぁと思ってたらWebで調べたらあるではないか。うーん全部ほしくなってきた。でもよく見るとどうもプラっぽい。ロケットトップのコーンも樹脂の地色っぽいので将来の黄変も気にかかる。あまり悩んでると売切れてしまいそうだしなぁ。もうちょっと考えてみよう。

木曜、あわただしい東京出張の合間にどこかに寄れないかと画策。出張先は池袋。これは羽田に帰る前に5分でも寄れるかもしれない巣鴨に向かう。サプライズの期待できる巣鴨だったが、今回は収穫なし。結構ぎりぎりの時間に羽田に。ここでもANAショップを覗くも、当然まだ787や767WLも置かれていない。フルフラップ1/400は値札はあれども在庫が見当たらない。これは店員さんに申し出が必要なんだろうか。お一人様1つ限りと断り書きがしてある。来月もう一度寄ってみるか。

なんだかんだで収穫のないコレクション生活だったが、訪問しないと出会いは無いわけで。訪問前にわくわく出来ただけでも良しとしておこう。
編集 / 2012.11.18 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新製品情報 珍しくキャンセルのお知らせが
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
さて、今週残念なニュースが飛び込んできた。新製品情報ではあるが、製造中止の知らせてある。
Aviation Center Berlinで予約受付されていたレア機体3機が品質上の問題で全てキャンセルされたというものである。

×Premium500 Oman Air A330-300 [A40-DE]
×Premium500 Arik Air A340-542 [PT-TAA]
×Premium500 Conviasa A340-211 [YV1004]

どれも初出のエアラインだっただけに残念。ConviasaはHerpaの会員向けショップで発売される予定だったが、3つまとめてこちらに予約を入れていたので、Herpaのほうには予約を入れていなかった。早速Herpaに問い合わせてみると在庫と言うかまだ予約受付は行っているのと事。ついでに色々と溜まっていたClub Modelも合わせて予約注文を出しておいた。

しかし返す返すも残念なニュースである。Premium500の捲土重来を期待したい。
編集 / 2012.11.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション Nov/2012 II 待ちかねた
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
例によって電話があったが、今週末は1年ぶりのキャンプだったので週明けに行こうかと思っていた。が、思いのほか雨が早めに降り出し、強くなり始めたので早々に切り上げ、帰宅途中に立ち寄ることにした。

今回待望の1機である。先週秋葉原でも見かけていたのだが、新大阪店に届くのが待ち遠しかった。

■Herpa Vietnam Airlines A330-200 [VN-A378]

この青緑色の機体は本当にエレガントである。B777よりもA330の方が良く似合っていると思う。

これで関空構想の準備は万端、あとは印刷と張り込みだけ。この冬の夜長のいい気晴らしになりそうだ。
編集 / 2012.11.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新製品情報 ANA4種 高い!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用

787が3種、767WLが1種の計4種である。767WLは予想外だった。787はようやく通常塗装機が登場。しかも今回はフライイング状態とグラウンド状態と明確に断ってある。不自然にそりあがった主翼が改善されるということ。JALの787も再販してほしい。

しかし、予想通りというか今回も9,000円近辺の超高値である。まさか最近の日中関係が関係しているとも思わないが、それにしても異常な価格設定である。まあコレクターとしては我慢してほしいものは入手するが昨今の世界的な不況で海外からの買い付けも鈍りそう。

最小ロットを3,000個とすると4種で1億円以上の売上にはなるか。通常価格の3,500円程度だと3,000万円なので、これは規模としては通常だが単品で1億円というのはかなりの規模である。よく起こるのは、商品開発から販売にかけて関係者が増えて利益の上に利益を乗せて売価が高くなるという図式がある。全部の関係者ではなく一部の関係者の社内ルールで粗利益を最低限60%確保みたいなルールが官僚的にまかり通っている関係者が絡むとそこで売価が跳ね上がることも多い。ただあくまで想像だが利益率はそんなに高くは無いんじゃないだろうか。版権はそんなに高くは無い。

JALの次期モデルの売価を見ればまた想像する材料が揃うことになる。さらに言えば大韓航空やエアインディアなど他エアラインの787モデルが出たときにも価格差をみればさらに原因というか要因が狭められる。いや、他エアラインはもうHoganモデルを出さないかもしれない。

ここしばらくは要注目である。
編集 / 2012.11.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション NOV/2012 I  出会い
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
急遽決まった出張だった。火曜日の夕方東京、翌水曜日が博多である。博多は朝からなので東京の夜には博多に移動となると、どこ(ショップ)にも行けないな。しかし、東京での用事が終わってからの移動だと葉肩につくのは夜遅くになってしまう。美味いものも食べられないので、ここは東京・羽田で一泊し、翌朝始発便で博多に向かうというスケジュールに変更した。

こうなれば東京で秋葉店には立ち寄れる。秋葉店はは買いそびれた小型機狙いとなるので、あらかじめ候補を絞っていく所となる。カラベルにしようか、コンベアにしようか、はたまたDC9にしようかと色々と考えながら出向いた。お目宛の小型機を手にとりつつ念のため大型機コーナーにも目を向ける。ここでもやはり動物的感が働く。

デザインは見慣れたものだった。ただ色が違うんじゃないかと。パッケージを見て、やっぱり怪しい。タダこれはそんなに安くはない。重複買いでもしたらエライこっちゃと、過去の書き込みを確認すると、やはり予定外の新作だった。小型機を元の棚に戻し、上機嫌でレジに向かうところとなる。

■Hogan Eva Air A330-200 [B-16311] "Hello Kitty Happy Music Time"
これまでのシリーズよりは多少価格が下がって8,900円程度。まあ、安くはないが以前は1万円越えだったのでそれに比べれば安いといったところか。

翌朝5時半に羽田に到着。さすがに店は開いてない。スカイマークで001便で博多に向かう。結構混んでいた。2時間のフライトは爆睡。CAさんも朝早いのにと頭が下がる。福岡空港に朝0825着。朝のラッシュでスポットは混んでる。翌見てみると福岡空港は国内エアラインのバリエーションが多い。朝はそれは一堂に会する感じでちょっと楽しかった。JAL,ANAに加えてSKY、ジェットスターが見える。FDA,スターフライヤーは見かけなかったが、直後にピーチ、エアアジアが着陸して来た。国内系で後見られないのはソラシドとエアドゥくらいか。考えて見たら国内線もバリエーションが増えてきたなー。伊丹にいるとほとんど感じられないが。

タキシング中737の窓から福岡空港を眺める。MATの参考になりそうな点がいくつかある。誘導路の両端はやっぱり二重線やなぁ。これ結構厄介というか、Excelでは無理だな。意外だったのは高速脱出誘導路上にも滑走路の標識[34 16]が描かれていた事。高速脱出誘導路から滑走路に進入することはないのかと思っていた。実際関空で航空写真を見る限りそのような表記は見られない。全ての取り付け誘導路に標識を書くとちょっとうるさそうなので、現状の関空MATでいいんじゃないかと思う。

博多の用事も終わって天神店にも久々に顔を出して見る。なにやら在庫が増えていた。ほとんどが1/400のドラゴンだが、初期の1/500ヘルパも結構入荷していた。多分ほとんどがOGなのでどれほど捌けるか判らないが今では貴重なモデルが見受けられた。残念ながら所有モデルばかりだったので博多での散在は今回は無しである。

来週も後半東京の予定。しかも巣鴨が近い。楽しみである。
帰宅したら日本橋店の割引きクーポンが届いていた。小型機は日本橋で調達が決定である。
編集 / 2012.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
関空を作る(4) イメージ完成
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
とりあえずMATパターンは完成した。

本日、ほんの1時間位の仕上げで今日完成するかと思いきや、大幅なズレが見つかって修復に半日を要してしまった。ついでにターミナル周辺の道路パターンも手を加えた。

エクセルのファイルサイズが2MBを越え、印刷用に拡張メタファイルでコピペすると(これをしないと印刷のサイズが1割ほど縮小されてします)、14MBもの巨大なファイルとなってしまった。

しかし、我ながら上出来の超大作。これでも40機程度しか飾れない。実は8枚並べる場所が微妙。6畳間に敷けるがそうすると滑走路方向からの撮影が出来ない。居間はこれからコタツだのなんだのとモノが置かれる。暫くは2-4枚の部分置きくらいしか実現できない。

さてMATが完成したら印刷である。印刷の前に準備がある。カッティング用のガイドをあらかじめ描いておく。これをやって置かないと、これだけの大作、ズレにズレが重なって巨大なクレバスが出来ないとも限らない。A4印刷範囲とB2ボード、それぞれの輪郭の交点に今度はわかりやすいように細い白線で十字マークを入れておく。やや目立つかもしれないが、滑走路上のマーキングと見えないこともない。また上手い具合に配置しなおしてA4シートの繋ぎ目がターミナル部分にかかるようになった。

これだけの枚数だと途中のインク切れによる色合いの不連続も気にしないといけないなぁ。なによりパネルをあと4枚か致さなければ。年内に完成できるだろうか。

ちょっとずれるけど、大体こんな感じかなぁ
KIX01KIX02KIX03
KIX04KIX05KIX06

次の妄想は1960年代の羽田としたいが、いかんせん古い資料探しからとなりそうだ。

3次元への挑戦。ペーパークラフトで作るのが一番安く上がりそう。ボーディングブリッジだけでも何とかならないか画材ショップやDIYにも寄っているが流用出来そうなものは見当たらない。建築模型のペーパークラフトの書籍が結構出ているのだが、結構値が張る。まだ暫くは頭の体操になりそう。

編集 / 2012.11.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード