2012年を振り返って
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
さて恒例となったが今年もこの一年を振り返ってみたい。

◆ブランド
ブランド別2012
 2012年は2011年にひきつづいて低調なリリースだった。161機と昨年とほぼ同じ数である。本家Herpaは通常リリースでもショップ限定も出るも堅調で一人気を吐いている。ここへきて昨年復活してきたSky500がその内容も含めて元気になってきた。代わって金型の疲労が気になるHoganが日系のリリースの沈み込みを受けてかなり減速、2009年以来守ってきた2位の座をSky500に明け渡してしまった。年初復活が期待されたInflight500はその後のリリースの噂もなく完全に消え去った。ここ数年の鼎立状態から2大ブランドの時代になって行きそうな気配である。

今年もHerpaは堅調か。Hoganは日系のネタ切れをうけてどういう方向転換を図るのか注目される。ここまま(1/500から)消え去るのか、あるいは起死回生で存在感をアピールできるか、勝負ところとなりそう。他にModelPowerやまさかの品質問題でデビューならなかったPremium500といった新興ブランドがどこまで本気度を出せるか、いましばらくは注目しておきたい所である。

◆機種
メーカ別2012
 メーカー別というか機種別で見るとエアバス機がかなり増えている。実際の航空市場と連動しているのか。明らかに最近のA330モデルラッシュの影響である。実機の世界でもA330は未だに売れているし、デザイン変更や新機材導入によってモデル化のネタは付きない。この傾向は来年も続きそうである。また実機の世界でも787のリリースが続く。新機種導入に伴う特別塗装機も登場しそうでA380よりはモデルリリースのペースは速そうである。2013年にはいよいよA350も登場しそうな感じ。来年の目玉となるか。実機就航の動向にも目が離せない。
一時期噂となったSu100やARJ,MRJも可能性がないわけではない。楽しみに待ちたい。
一方で旧ソ連機材のリリースが滞ってきた。年末から来年にかけてHerpaからCV880やMD-11Fなどがリリースされるが新金型を使って魅力的なモデルをリリースしていって欲しいところである。

◆地域
地域別2012
昨年はヨーロッパの景気が冷え込んだせいかヨーロッパのエアラインを抑えてアジアが最多のリリースとなったが、今年はこれが元に戻ったというか、ヨーロッパ系のエアライン・モデルがトップである。ただ、やはりヨーロッパモデルは小粒が多くインパクトにはやや欠ける。アジアはさらに4つの地域で見ると、グラフ左から極東、中近東、南・中央・東南の4地域で、東、東南アジアのリリースも少なくないことがわかる。
国別に見るとアメリカ(22)、ドイツ(19)、UAE(11)、中国(9)、ロシア(7)、台湾(7)がトップ5。日系のモデルはわずかに(5)で、一時期のリリースラッシュが嘘のような静けさとなった。JALのありがとうシリーズやANAのモデルが一巡した事の影響がモロに出ている。中国系やLCCは未モデルも多いので来年も期待できそうではある。

◆コレクション
コレクション別2012
注文済みのHerpaClubModelがまだいくつか来ていないが、今年リリースされたモデル約160のうち新コレクションに加わったのは丁度半数の80個。46個が旧リリース機の落穂拾いである。昨年のバーゲン品狙いによる数量作戦ではなく今年は地道に足で稼いだコレクション。モデル単価もじわじわと上がってきているので来年はやや数的にはおとなしくなりそう。欲しいランクの基準も引き締めにかからねば。特別塗装機はかつては何でも欲しかったのだが最近の小型機の特別塗装機モデルの乱発で対象外とする事が多くなった。レトロ、広告、アライアンスなどは1ランク落としている。
スポンサーサイト
編集 / 2012.12.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション DEC/2012 II 打ち止め
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
毎年恒例となった年末の御挨拶に新大阪に向かった。昨年は肺炎で寝込んだためコレクション納めの儀も叶わなかったが、雨も小降りになってきたので出かけてみた。


■Herpa Lufthansa A340-300 [D-AIGC] Star Alliance
意外だったが現行スタアラのLHのA343は初出だった。A346があったのと、初代スタアラカラーのA342があったので印象としては新モデルという感覚がなかった。じっくりみてみるとなかなか金型もよくなって格好いい。

■Hogan ANA B787-8 [JA-805A]
巨大な箱入り。A380よりでかい。収納に困るなー。しかしこれが出るんだったら飛行状態のモデルは見送ったが正解だったかも。ま、いいけど。出来としては悪くない。してみると地上状態の主翼のためにわざわざ金型を作ったはずなので、それが高価格に跳ね返ったのかもしれない。
HG-ANA787+HW-LH332SA

ことしはこれにて終了。もう今年は増える事もあるまい。今年の追加コレクションは127機となった。
編集 / 2012.12.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
関空を作る(7)
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
うーむ、結構致命的かもしれん。

3連休。X'mas寒波がやってきた。外出するのもはばかれるのでこれ幸いにとばかり、懸案の誘導路側線の二重化をエクセル2010でやってみた。

2003で制作したものを、2010で開いてみる。アスファルト面の色合いが多少変わったような印象もあるがこれはPCのディスプレイの違いの可能性が大きい。その他は特に問題はなさそうである。誘導路側線を二重化してみるといやにあっさりと実現。ついでにこまごまと路面標識をいじって保存。なかなかすらすらと出来たではないか。さて、例によってこのまま印刷するとサイズが1割ほど縮小されるので、2003での手順「全ての図形を選択」→「形式を選択して貼り付け」→「図(拡張メタファイル)」をやってみた。元のファイルにはB2×8枚相当のガイドと、A4サイズでの印刷範囲のガイドラインがすでに描いてある。と、ありゃ?やはりサイズが小さい!!。2003ではうまく行ったこの手順が利かないではないか!

ならばと、今度は2010で作ったイメージを2003で開いてみる。やはり縮小されている。ここで袋小路に入ってしまった。Googleで探ってみるも2010でのサイズ調整の記事が見つからない・・・セルの変更に伴って自由に図形サイズが変更されてしまうと、位置関係やサイズの再計算がかなり複雑になって動作が重くなるために、簡易的な計算をしているとか。

特に解決策があるわけでもなさそうなので、これは二重化をあきらめて2003で印刷するしかないか・・・年末もう少しいろいろとやってみたい。

そもそもなぜエクセルで?という話もある。けして描画に特化したソフトではないが、実はエクセルだけがもっているキーとなる機能がある。例えば1m×1mの絵を描きたい、さらにそれをA4用紙で4×7の28枚に分割して印刷したいという要求に応えてくれるソフトが実はあまりないのである。A0プリンタなんてのを想定して描けるなら苦労は無いのだがそんあプリンタは一般家庭には無い。MATのサイズを先に決めてから描き出すにはエクセルはもっとも普遍的なソフトである。しかもオフィス共通の描画機能はそれなりに揃っている。

印刷サイズについては2010の特性を見極めないと、これまでの描画画像が継承できないなぁ。
編集 / 2012.12.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Wings Magazine 6/2012から
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpa Magazine 6/2012が届いた。2012年のクラブモデルの情報は無い。してみると前回発表されたモデルが今年最後のモデルだったという事か。その代わりショップモデルがいくつか発表されている。

□Herpa 523844 Air France B747-400 [F-GITC] test
2013年のクラブモデル第一弾?先日の10種選抜とは違うショップ限定モデルのようである。マナーチェンジを控えて試験的に施したものらしい。シルバーのチートラインが今では逆に珍しい。実現しても面白いデザインだったと思うが。これは会(◎)

□Herpa 523813 BWIA DC-9-51 [9Y-TFH]
1980年代のデザイン。これもクラブモデルらしく2013年の第二弾モデルらしい。10種選抜に比べてなかなかいい選択をする。これまた買い(○)であるが、なんで10種選抜に含めなかったのだろうか?

□Herpa 523851 TUIfly B737-800WL [D-AHFZ] "CEWE Fotoboch"
ショップ限定モデルが続く。特別塗装というよりも広告塗装である。従って優先度は低くなる(△)。CEWE Fotobochはドイツの写真製本サービスのようだ。

□Herpa - Air Bridge Cargo B747-8F [VQ-BLQ] Fantasy Christmas
うーむ、ここへきて架空モデルが。エアライン向けの限定モデルらしいが、実機に架空デザインを施す意味がわからん・・・パス(×)。クリスマスデザインなら何でもありという価値観なのかもしれないが、日本人にはなかなかわかりにくい。

編集 / 2012.12.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
関空を作る(6)
カテゴリ:  MAT研究所 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用

さて、いよいよ製作開始。

2mmA2ボードは、3枚を追加購入し、計8枚がスタンバイ。A4シールシートは計56枚が必要なところ60枚を確保、プリンタインクも補充分を買い揃えた。後は印刷し、カッティングし、位置合わせをしながら張り合わせるだけ。いざ印刷!

というところで、ハタと手が止まった。実はこれまで古めのPCでMATを制作しいて、Excelも2003だったのだが、昨年購入した新PCのExcel2010が気になった。1点だけ確認したいことがあったのである。そう、誘導路側線の二重線化である。基本図形の二重線化は2003でも可能なのだが、自由曲線では線種での二重線は選択不可だったので、単線で表現していた。

そんなときに先週末に撮り溜めていた「世界探訪 空港物語」を3話連続で見ていたときのこと。確かランカウイ、サンフランシスコ、ネパールだったと思う。見ているとどんなに小さな空港でも、巨大な空港でも誘導路の側線は二重線だなぁ、というのが目に付いてしょうがないのである。画竜点睛とはよく言ったもので気になりだすとますます気になって仕方なくなった。

そこで、ひょっとしてExcel2010では、その辺のところが改良されているのかもしれないと、いまさらながら確認してみた。なんとあっさり自由曲線どころか手書きの線まで二重化できるではないか。うーん、しかしこれまで過程でも会社でも2010はほとんど触ったことが無いなぁ。基本的な機能は同じとして変にバージョンアップしてしまうと細かい点を微調整しなきゃいけないしなぁ。

結論、次の3連休でデータ移行を敢行、微調整に望むこととした。今後のこともあるし(とはいえ今回以上の大作は想定していないので)、もしかすると新たな機能で表現が広がるかもしれないし。さーて年内に着手できるんだろうか・・・
編集 / 2012.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
最近の気になるニュース DEC/2012 A330増殖中
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
★ New Fleet ★ XL Airways Franceが初のAirbus A330-300を受領
初号機。とはいえこれまで何度もリースで運行していた。自社機として初めてということか。であれば、モデル化されないもんだろうか?

★ New Airline ★ Asia Pacific Airlines B787-8で来夏運航開始
HISがタイのバンコクを拠点に来年設立するチャーター・エアライン。東南アジアでのHISの存在感が大きい。しかも787!リースするのか?

★ New Livery ★ ermanwings 2013年7月にデザイン一新
ワインレッドとイエローで描かれた"W"のロゴマークが印象的。かなりシンプルなデザイン+有りそうでなかった配色。

★ New Fleet ★ Czech Airlines Airbus A330で長距離便再開
チェコ航空でA330?これまた未モデル登場?!カラーリングが楽しみ。

★ New Fleet ★ Hong Kong Airlines Airbus A330-300初号機を受領
SKY500で発表済み。でもまだ手元には届いていない。実機登場を待っていたんだろうか?
編集 / 2012.12.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2013年クラブモデル候補発表!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
2013年のHerpa Wings Club Model候補が発表された。例年のごとく10機から6機を選ぶ。まず全体を見回してみよう。
□ Herpa AeroSur Boeing B737-200ER [CP-2659] "Sharko"
□ Herpa AirPacific Boeing B747-400 [DQ-FJL] "Island of Viti Leve"
□ Herpa Cebu Pacific Douglas DC-9-30 [RP-C1536] 100th Years
□ Herpa Iran Air Boeing B707-300C [EP-IRL] "Apadana"
□ Herpa Sudan Airways Airbus A300-600R [ST-ATA??]
□ Herpa TMA Trans Mediterian Airways Boeing B747-100SF [OD-AGC]
□ Herpa Delta Air Lines McDonnell Douglas MD-90 [???]
□ Herpa Pan American World Airways Douglas DC-8-30 [???]
□ Herpa RusLine Airbus A319-100 [???]
□ Herpa Lufthansa Boeing B737-200 [D-ABHX] silver color
南米1、アフリカ1、北米2、欧州1、オセアニア1、アジア4とバリエーション豊かなラインナップである。初登場エアラインはRusLineくらいだが、これまで有りそうで無かったなかなか渋い選択である。ここは普段めったに日の目を見ないアフリカ、南米を推したい。しかし、これといった目玉が無いのも事実である。どうせならArikAirのA345のような超目玉を期待していたのだが。というわけで例によって予想順位と、ほしいランクを付けてみると以下のようになる。

1(○)Herpa AirPacific Boeing B747-400 [DQ-FJL] "Island of Viti Leve"
2(○)Herpa Pan American World Airways Douglas DC-8-30 [???]
3(△)Herpa Delta Air Lines McDonnell Douglas MD-90 [???]
4(△)Herpa Lufthansa Boeing B737-200 [D-ABHX] silver color
5(◎)Herpa Sudan Airways Airbus A300-600R [ST-ATA??]
6(○)Herpa AeroSur Boeing B767-200ER [???] "Sharko"
============================================================
7(◎)Herpa TMA Trans Mediterian Airways Boeing B747-100SF [OD-AGC]
8(○)Herpa Iran Air Boeing B707-300C [EP-IRL] "Apadana"
9(○)Herpa RusLine Airbus A319-100 [???]
10(△)Herpa Cebu Pacific Douglas DC-9-30 [RP-C1536] 100th Years

今回は人気の集中が少なそうなので予測が難しい。しかも比較的欲しい度が高いモデルについては人気のほどが期待できない。ただ本来本命と見られるLufthansaとDelta、PanAmも今年は評価が難しい。根強い人気がある反面、これまでのモデルバリエーションもずいぶん多く、食傷気味と捉えられるかもしれない。個人的にはマイナーなSudanが今回の一押し、TMA、AeroSur、RusLineも実現してほしいがどうだろうか。TMAはワイドボディながら当落線上を予想。

例年に比べてワクワク感は少ないなぁ。まさかと思うが、2013年無償のクラブモデルがこの中から選ばれないことを望みたい。
編集 / 2012.12.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
有給休暇で神戸へ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
有給休暇をとりなさいと言われている。じゃあ仕事減らしてくれとも声高にいえない昨今の状況、ここはお上の言うことを素直に聞いておこう。というわけで神戸にフェルメールの「真珠の耳飾の少女」を見に行った。飛行機とは直接関係ないが、日本のアニメ人気も大したもんだと思う一方、本物の迫力というか普遍的な人気に圧倒された。オランダはいいモノを持ってるな。日本も広重や北斎、狩野派など誇れるものは少なくないはず。今様のアニメに加えてこういった重層的なコンテンツ発信を進めるべきなのかもしれない。
これまであまりそういった特別塗装機を見かけたことが無い。富嶽三十六景なんか尾翼に映えそうな気がする。SkymarkのA380にやっちゃうなんてこと考えてくれないもんだろうか。

それはさておき、折角なので三宮の量販店に立ち寄る。平日なので閑散としている。MASのA380やVietnamのA330もしっかり展示されていて、恒常的にモデルを取り扱っていることが伺える。何気に1/400のコーナーを見て驚いた。羽田以外では見たことの無いANAの1/400 B744フルフラップモデルが陳列されているではないか!しかも20%オフである。それでも9,000円はくだらない価格ではある。うーむ手持ちはある、どうしようか?突然の出会いにしばし躊躇。じっくり観察する。良く出来たモデルである。買ってもいいモデルではある。が、結局はあきらめた。やはり高価なこと、今後1/500のデリバリが続きそうなこと(3機くらい買える)、ちょっと気になる点があること。気になる点というのはクルーガフラップといわれる前縁フラップの形状で、フラップそのものはいいとして、主翼自体がフラップを出している状態になっていないことである。普通の主翼にフラップを無理やりくっつけたような印象がどうしてもぬぐえない。せっかくの新金型も画竜点睛を欠くといったところか。

とはいえ貴重なフルフラップモデルではる。何かの拍子に衝動買いしない自信が無い。買って損はしないモデルではある。
編集 / 2012.12.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2012年末 ちょっとサボってた気になるニュースを一気に
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
ここ最近仕事に精神的に追われていたのでニュースもろくに見ていなかった。最新の月刊エアラインにも取り上げられている記事もあるがおさらいしておこう。ただ、当ブログはあくまでモデルコレクションがテーマなのでその視点からのみニュースを見てみる。

★Special livery★ ANA 60周年記念デザイン決定
来年2月に就航予定。767に施される。アイデアとしては目新しいとこれまで日本では人間の"顔"をデザイン化したものは無かったように思う。

★New Fleet★ XL Airways France Airbus A330-300初号機を受領
初号機?これまで何度もリースで運行していた。自社機として初めてということか。であれば、モデル化されないもんだろうか?

★New Airlines★ Asia Pacific Airlines 2013年夏 B787-8で運航開始
HISがタイのバンコクを拠点に来年設立するチャーター・エアライン。東南アジアでのHISの存在感が大きい。しかも787?リースするのか?

★New Order★ Boeing 737 breaks single-year record for orders and deliveries
737として年間377機目をデリバリー('10年の376機を更新)、737として1,031機の注文('07年の846機を更新)と絶好調

★New Fleet★ Iraqi Airways Airbus A330-200初号機を受領
また未モデル登場。登場するか。

★Alliance★ Shenzhen Airlines が Star Allianceに加盟
加盟が進むが、そろそろアライアンスのデザインも変わらないもんだろうか。スタアラ特別カラーも飽きてきた。

★New Fleet★ Corsair International が Airbus A330-300初号機を受領
意外なニュース?新デザインでの登場?写真が見えないので何ともいえないが、モデル化期待大。

★New Order★ China Eastern Airlines Airbus A320を60機購入
中欧の強固な関係が垣間見える。まだまだ国内需要は伸びしろが大きい中国。

★New Fleet★ TransAsia Airways Airbus A330初号機を受領
これまた未モデルの登場。出るかなー?

★New Airlines★ Fastjet タンザニアで誕生
なかなか今風のデザイン。小型機ながら興味有り。モデル化機体も大。

★Special livery★ Air New Zealand "The Hobbit”Boeing 777-300が登場
かつてのロードオブザリングの続編。今回のモデル化は実現するだろうか。Herpaに期待したい。

★Alliance★ Xiamen Airlines がSkyTeamに加盟
中国のエアラインがアライアンスの草刈場になっている。他大陸に比べてエアラインの数が多い東アジア。淘汰によるアライアンス乗り換えが中期的には加速しそう

★Special livery★ Aeroflotが A320にレトロ塗装
来年登場とか。個人的にはレトロ(復刻)塗装機には興味ない。が、モデル化される可能性は高そう。

★New Fleet★ LOT Polish Airlines Boeing 787初号機を受領
ヨーロッパ初の就航となる。

★New order★ Interjet が Airbus A320neo を40機確定発注
メキシコでも機材の刷新は活発。未モデルエアラインでもあるので興味深い。

★New Fleet★ Qatar Airways Boeing 787初号機を受領
B787就航ラッシュ。来年以降の定番モデルとなりそう。

★New order★ AeroMexico finalizes Boeing 737MAXを60機発注
北米の活気が戻ってきたのか?MAXの受注も絶好調。

★New fleet★ Caribbean Airlines Boeing 767-300 初導入
しぶいなぁ。モデル化されないかなぁ

★New livery★ Air Do Boeing 737-700初号機を新デザインで導入
社名も北海道国際航空からエアドゥに変更したのを機に。これまたモデル化期待大

★New livery★ Wow Air が新デザインを一般公募
さて、どんなデザインが採用されるか

★New livery★ Royal Brunei Airlines デザイン一新
前のままの方が良かったような。しかしこれも慣れるか?当然新モデルが待たれる

★Special livery★ Air China Boeing B777-300 ER に特別塗装 "Smiling China"
10機目の導入となる記念らしい。Air Chinaは最近特別塗装機が多い。モデル化の可能性は大きい。Sky500あたりから出そうな予感

★Alliance★ Malaysia Airlines がOneworldに来年1月に加盟
いよいよ進むアライアンス囲い込み。独立独歩のFSAは少数になった。

★Special livery★Finnair が特別塗装機“Marimekko A340″を就航
フィンランドのファッションブランド、MarimekkoのUnikkoデザインを採用、来春には2号機も。これはSky500が得意な分野か。A340のモデルバリエーションも増えそうで楽しみ。
編集 / 2012.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
羽田、福岡出張も収穫なし
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週後半からはまた出張ラッシュだった。

12/6(木)0705発 伊丹→羽田 NH962便。先月乗った時より5分早い。しかも確か前回は767だった記憶がある。今回は773でかなりの余裕があった。前回も早朝便のこととて5分前に到着というスムーズな移動だったが今回はやや遅れた。今回の出張は木曜の午前中が最大の山場で絶対に遅れは許されない。まあ大丈夫と余裕をかましていたら、東京湾をどんどん北上していく。いつもとコースが違うなー、あれ?成田へ直接向かうようなコースにも見えるなぁ、あれ?まさか羽田と成田間違えたか?そういえば前回と機材も違うし、東京便と言うのに結構空いているし、登場口も東京定番の9,10版ではなくフィンガーの先の11番だっやし・・・悪い予感がどんどん膨らんでくる。こうなればもうチケットを見る勇気もない。たのむ!早く左エアバス Airbus旋回しないと本当に東京湾が終わって、千葉上空である。やや内陸に入ってからようやく左に大きくバンク。おかげて朝から頭がフル回転、仕事は無事完了した。

翌日12/7(金) 0910発 羽田→福岡 SFJ043便。初めてのスターフライヤーである。朝都内のホテルから羽田に向かう。京急羽田に到着。ありゃ?どっちだ?第1、第2両方にスターフライヤーの登場口の案内が。事前リサーチしとけばまごつくこともないが、突然の表示にかなり慌てててまごついてしまった。朝の便だがこちらは満席。羽田→福岡は富士山のすぐ北を通るので、ここはA席が特等席となる。革張りのシートは宣伝どおり座り心地はかなり良い。ほぼ熟睡状態で福岡到着。機内販売も楽しみだったが、コレクターの心をくすぐるようなものは何もなかった。

さて天神の一蘭でラーメンを食べた後、まんだらけさんに一応立ち寄る。かなり航空機モデルが増えている!ただ1/400のDragonがほとんど。HerpaのOGなど今となっては貴重なモデルもあったが、全て持っているのでここはパス。しかし掘出物感はある。今後もチェックしておきたいショップである。ただ、博多は今回の出張が一旦区切りとなるので今後はそうそう行けなくなるかもしれない。

翌日12/8(土) 1000発 福岡→伊丹 NH0424便。前日夜までの作業だったので、朝帰りである。こちらも初搭乗となるB737-500。短胴機なのかこちらも満席。3Aと前方の窓側も荒れ模様の天候でかなりの揺れ。短胴機はヨ-イングなどやや揺れやすいのかもしれない。東京からの到着が遅れていたため10分の遅れで無事到着。

ついでに伊丹空港店にも当然立ち寄る。必要なモデルはないが、JALのモデルが30%OFFとなっていてかなりなお得感がある。鶴丸になったので版権が緩くなった?そんなわけないか。たっだこれからの売れ筋は当然鶴丸になるので在庫処分的な使いなのだろう。JUSTなど結構貴重なモデルが安い。

モデルコレクションは増えなかったがSFJや735など初体験もいくつかあって充実した出張だった。年内にもう一度位東京出張が入りそうである。秋葉原、巣鴨と立ち寄ってみたい。
編集 / 2012.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション DEC/2012 I 7号機
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
明日から週末まで東京→福岡と出張である。今日お電話を頂戴したが、次にいけるのは日曜日となるので会社帰りに寄ってみた。

■Hogan Eva Air A330-300 [B-16309] Hello Kitty Speed Puff Jet

いつもながらこれが高い。とはいえ買っちゃってるんだから文句もいえない。EVAのキティ柄はこれで都合7機。全部買うと台湾旅行2回分位行けたなぁ。正月あたりに集合写真でも撮ってみよう。

今回はこの1機。うーんコンポ買い替えのお金がなくなったぞ。
編集 / 2012.12.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 新製品情報 MAY/2013
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
週末に情報が流れてきた。Herpa恒例の定期リリース情報である。今回の印象は「実直」。軍用機やファンタジー機が無い、サプライズも無い。全14種を見てみるとAirbus 2、Bombardier 3、Boeing 9とロシア機、クラシックなメーカー機も無い。おとなしいが、まじめにリリースを続けていこうというような思想が垣間見える。それとも来るべきニュルンベルグのおもちゃ博覧会に向けてサプライズを準備しているのだろうか。

ではまとめてみていこう。

△523967 British Airways Boeing B737-200A [G-BGDA] Landor color
○523875 China Southern Airlines Boeing B787-8 [B-???] delivery colors
○523929 SAS Scandinavian Airlines Airbus A330-300 [SE-REE]
◎523868 KLM Asia Boeing B777-200 [PH-BQF]
◎523912 Qantas Boeing B747-400 [VH-OJU] boxing kangaroo
○523998 Etihad Airbus A340-600 [A6-EHL]
△523943 Air Nostrum/Iberia Regional Bombardier CRJ-900 [EC-JXZ]
○523936 Air Baltic Bombardier DHC-8-Q400 [YL-BAX]
○524018 Alaska Airlines Boeing B737-800WL [N560AS] "Salmon"
△523974 Condor Boeing B767-300WL [D-ABUM] retro
△523981 Continental Airlines Boeing B737-100 [N20205]
◎524001 Libyan Airlines Bombardier CRJ900 [5A-LAL]
◎523905 MIAT Mongolian Airlines Boeing B767-300 [JU-1011]
◎523882 Air France Cargo Boeing B747-400F [F-GIUD]


レトロ機は対象外、英国航空のB732もコンチネンタルのB731も渋いチョイスながら、小型機&同デザインでの大型機モデルがあるのでパス。Air Nostrumもニューネームながら実際にはIberia Regional便なのでデザインとしては重複指定しまう。なのでこちらもパス。

残り10個がほしいリストに挙がる。

中国南方は787の特別塗装であるが、実機登場を見極めてからの条件付○。
SASのA333とEtihadのA346は別機材で同様のデザインのものがある。悩みどころだがたぶん買ってしまいそう。○
Air Balticも魅力的だが、同じようなデザインならちょっと大きめのB757でも良いかと考えてしまう。ただQ400は個人的にも好きな機種なのでたぶんこちらを選択してしまいそう。Alaskaのサーモンもようやく1/500で発売となった。
写真をステッカーで貼り付けた機体は、あまり好みではない。意匠化という手順が省略されている感じで、デザイナーの心意気というか、企業側の意図もぼやけるような気がする。限られたスペース、限られた色彩でシンプル化するから覚えやすいし、デザイナーの腕のふるい甲斐もあろうというものである。でもきれいだから一応買い○なのだが。

ほしいリスト10個のうち5個がmust buyとなる。サプライズというか目玉はMIATの新デザインの767である。なかなかに格好いいデザインではある。AF,KLM,QFは通常・特別塗装も定番で買い。
編集 / 2012.12.03 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月最後のコレクション NOV/2012 VI 小型機
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
恒例の年末クーポン券が届いていた。これは小型機狙いで行かねばならない。

先日行ったときに新入荷があまり無かったので、モデルにはあまり期待していなかった。しかし長年使ってきたコンポの寿命が近づき、膨大に残るMDも何とか処分したいと思い、モデルが無くとも家電コーナーには寄れるかと、日本橋店に出かけることとした。結果・・・

■Herpa Sky Airlines B737-900ERWL [TC-SKP] "Adam & Eve"
クリスマスカラーなんだろうか?しかしトルコはイスラム教だしなぁ。Airliners.netをみてみるとどうもこれが通常塗装らしい。しかも個機毎にカラーリングが異なる。何期所有しているのか知らないが結構なパターンがあるらしい。うーむ、今後別バージョンがリリースされるんだろうか?

さてとこれだけだとクーポンが使えない。もう1機なにかないかと物色。

■Herpa Aero Lloyd Se-210 Caravelle [D-ABAK]
こんなのが実は未購入。今まで見逃していたが最初に目がついた。

これでクーポンが使えてさらに300円引き、200ポイントのおまけもついて、ついでにリラックマのひざ掛けをもらって意気揚々と帰社するところとなる。

さて、新コーナーにピースジェットが置かれていた。これが驚きの20%オフ。高価なものだけに20%引きは助かる。ANAモデルはANA FESTAと決めている私だったが、今後は量販店にも行かなくてはなるまい。

今回は以上2機。
HW MAS A380
編集 / 2012.12.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード