久々のAero500
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
アベノミクスはいいが急に仕事が増えてきた。確実に景気は上向いている。所得は増えないけれど。でも一時期に比べて少ないとはいえボーナスもそれなりに支給された。楽になったかというと気苦労も減らない。生活費にもだいぶ割かれるしなー
気を取り直してさっそく電話のあった新大阪店さんに朝市で出向く。今日も休日出勤なのである。

■Aero500 Areoflot B777-300ER [VP-BGB]

久々のAero500しかし5,800円台と、登場直後のSky500バリの価格設定である。円安と中国の人件費高騰がいよいよ無視できなくなってきたか。出来は申し分ない。Aero500の本格復活なるのか、価格も高止まりなのか、しばらくはやきもきしそう。次のモデルの発表次第だろうな。 

同時発売のSingapore 2種も興味はあるが機内販売モデルが既収なので6,000円を出してまでとはいかない。
スポンサーサイト
編集 / 2013.06.30 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
パリ航空ショウ2013で盛り上がる?
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
久しぶりにモデルコレクターからの視点でのエアライン動向をまとめて。

●ANAがAirAsia Japanを統合か
LCCの中では苦戦を強いられていたAirAsia Japanだったが、ついに親会社であるANAがAirAsiaの株を買い取り傘下に収める。今後はPeach Aviasionとの経営統合も取り立たされているが、両社の違いは大きい。このままブランドが残るのか、ブランド名を変えて存続するのか、ブランドそのものが消えるのか去就が注目される。このままではモデル化も望めまい。夢のLCC7機セットの実現は夢と消えるか。

●Maximus Air、A300-600の運航停止
アブダビを拠点とするMaximus Airが5機所有するA300-600Fの運行をすべて取りやめた。DHLが運行してたようだが、運行費用の高騰が運航停止の原因らしい。

●AeroMexicoが初のB787-8を受領
何番目になるのだろうか?B787のリリースもそんなに珍しいニュースではなくなってきた。就航は8月。Herpaの次回発表モデルに含まれる可能性は高い。

●Cebu Pacific Airが初のA330-300を受領
4機発注分の初号機。これまた黄色を基調としたユニークなカラーリング。A320シリーズはモデル化されているので本機もリリースされる可能性は大きい。楽しみに待つとしよう。

●Boeingが787-10を発表
現在-8がリリースされ、早晩-9がリリースされる。さらに機体を延長した-10も追加で発表された。エアラインの発注の動向が気になるところである。

●Airbus A350-900 XWBはついに初飛行
年内に就航するんだろうか?いずれにせよ来年のモデル化ラッシュの目玉である。JALやANAも導入が噂され、Skymarkも可能性がある。日系エアラインのエアバスワイドボディ機がモデル化される日はいつのことになるのだろうか。

●Air New Zealandがデザイン変更
ニュージーランドの旅行代理店Tourism New Zealandとの業務提携を受けて、来年にも新CIを導入する模様。現行デザインに変わったのが1996年だから来年で18年になる。黒を基調としたデザインのようで、羊歯をモチーフにするのは継承されるらしい。来年のモデル化の楽しみがまた増えた。

●Finnairのマリメッコ特別塗装が盗作デザイン
Finnairと同国のデザインハウスマリメッコとのコラボレーション特別塗装機。2作目の"Metsänväki"が関空にも乗り入れていたがどうデザインが盗作だったことが判明。早々に再塗装するようだ。こういった色物モデルはSky500の真骨頂なのだが、1作目も合わせてリリースされるんだろうか?Sky500なら、デザインの盗作問題など関係なくリリースしそうな感じもするがどうだろう?

●Atlas AirがB747-800FをEtihad Cargoにリース
早々に運行を開始する。どうやらEtidah Cargo塗装となる模様。Etihadの世界一周便に投入されるという。ちなみに世界一周の内容は次の通り。アブダビ→香港→シカゴ→マイアミ→ヴィラコポス(ブラジル)→キト→アムステルダム→アブダビ。

◆Singapore AirlinesがA350を追加発注
新機材導入に積極的なSingapore Airlinesだが、A350を30機の確定発注(オプション20機)を追加した。これで同社のA350-900の発注は70機の確定発注となる。また、-900はより大型の-1000への変更も可能とのこと。両機モデル登場がここ1年の話題になりそうな予感がする。

◆RyanairがB737-800を追加発注
今度は175機を確定発注。ヨーロッパではボーイングの最大顧客となっている。

◆SriLankan AirlinesはA330/350を発注
SriLankanがA330-300を6機、A350-900を4機発注した。A350も順調に行けば来年にもモデル登場ラッシュになりそう。

◆Air France/KLM Royal Dutch AirlinesもA350-900を25機発注
The Air France-KLMグループが共同でA350を25機確定発注。オプションも25機。燃油の高騰が恒常化し、ますます燃費や環境にやさしい飛行機が求められるようになってきている。787と合わせて間違いなく10年後の主流機材となっていることだろう。新機材登場で747などで出尽くした感のあるメジャーエアラインモデルがまたリリースされると思うと楽しみが尽きない

◆Aerolineas ArgentinasはA330-200をリース
A330-200も登場以来根強い人気でいまだにデリバリが続くロングセラー機となった。747や340が表舞台から消えていく中大したもんである。350と330も棲み分けができて売れ続けるんだろうか。A330、一度デリバリ状況をリサーチしてみよう。

◆China Airlinesが特別塗装"Love and Hug"を就航
読者の方から写真もいただいたが、B747-400[B-18203]に特別塗装が施されている。世界の絶滅危惧種がデザインされている。台湾のデザイナーJimmy氏の作品。今後5年で20機の特別塗装機を就航させる計画らしい!全部モデル化されるんかなぁ?

◆J-AirがE-170を追加発注
J-AirがE-170を4機追加発注した。これで計15機発注となる。知らぬ間にEmbraerもFDAと合わせて日本国内線でも勢力を広げつつある。BombardierとEmbraer、しばらくはこの2強の戦いとなるんだろうか。この秋MRJが初飛行の予定だそうだが燃費性能など所期の性能をアピールできれば来年は楽しみな1年となるかもしれない。

◆EVA Airがスターアライアンスに参加
もう何社になったかわからないほどの参加数である。これはアライアンスなんだろうか?乗り継ぎの便宜、サービスの共有など、IATAとして展開してしまえばアライアンスの意味すらなくなるのかもしれない。羽田もアライアンス毎にゲートが分けられるんだろうか?EVAにとっては日本の国内アクセスは格段に便利になりそうではある。台湾からの観光客が地方に押し寄せる日も近いかもしれない。

◆Southwest Airlines今度はペンギンデザイン
かつてシャチの特別塗装機があったが、同じくアメリカの水族館SeaWorld Parks & Entertainmentとのコラボで、開園25周年を記念して今度は皇帝ペンギンデザインの特別塗装機がお目見えする。2匹のペンギンPete and Pennyが描かれているそうだ。これはHerpaから発売される可能性が高い。楽しみに待ちたい所。

◆United Airlines A350-1000を発注
United Airliensがこれまで発注していた25機のA350-900を-1000に変更し、更に10機追加発注した。今は-900が人気だが-1000も順調に受注を延ばして行きそうな勢いである。またA330も未だに売れ行きが止まらない。B787-10やB777-8といった次世代の主力機のの動向にしばらくは目が離せない
編集 / 2013.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ついに手を出すかなぁ エアバンド
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
マイレージが毎月期限を迎え数千マイルずつ消えていくような事態になった。例によってまとめて何かと交換する必要が出てきた。一番いいのはチケットへの交換だが、これはなかなか日程が合わないと思うようにはいかない。
これまでは一家で宮崎旅行に使っただけだった。単独では香港チケットに変えたこともある。確かにチケットを無料で手に入れられるので安く旅行ができるのだが、実は宿泊+レンタカー込だと航空券込でもツアーの方が安かったりすることが多い。
ANAクーポンも使い勝手があまり良くない。じゃらんほどのサイトと提携してもあるとかなり”使える”のだが。

Astyleもこれまで結構利用した。で、今どうしても欲しいというものがない。一瞬天体望遠鏡を注文しそうになったが、10,000マイルで10,000円相当である。同等品がネットで3,000円程度で売られている。家電もしかりである。これもパス。

ANAコインというわけのわからん電子マネーもあった。かつてのEdyは、あまり個人的に好きになれない楽天Edyという名前に変わってしまって・・・でも結局マイレージ→楽天Edy→家電量販店でなにかという選択に。ある程度たまってはいるものの20,000ポイント以上になると交換率が半減することに気づき、上限の20,000マイルをとりあえず楽天Edyに交換した。

ここまでは前フリである。この楽天Edyはヤマダ電機などでも使える。ヤマダ電機のオンラインショップでたまたま見つけた航空無線機。そうかぁ、手ごろな値段だなぁ。学生時代にアマチュア無線の免許試験を受験して以来の無線の虫(ただし学生時代だったので、合格したものの免許交付費用5,000円が支払えず)が騒ぐ。とはいえ電気や電波には弱い私はその後何十年と無線とは縁遠い生活を送ってきたのだった。

しかしここ1年ばかりなにかとiアプリの「機長席」シリーズを聞いているうちに不思議と耳が慣れてきて、交信内容もおぼろげにわかるようになってきた。

せっかく家が伊丹空港に近いのだしハンディ機くらい欲しいかなと思い始めている。しかーし、これがやっぱりどうもよーわからん。全く門外漢の私にとってはどのメーカーが良くって、どんな機能があれば便利かっちゅうことがわからん。

しかも本当に自宅から聞こえるのか?VHFはFMと同じで見通せないと届かないものらしい。ということは、自宅からグラウンドやましてやカンパニー無線は聞けないんじゃないだろうか?関空はどうだろう?着陸機は夜だとよく見えるので届きそうだが。タワーやグラウンドは難しいような気がする。どこまで聞こえるんだろうか?名古屋上空や高松上空の交信は聞こえるんだろうか?
それにあんなに周波数がいろいろあるのを、いちいちダイヤルを合わせないといけないのか?TVのチャンネルのごとく、何か面白いのやってないかなーとかちゃかちゃチャネルを変える私である。同じようなことをせずにぼんやり聞き流したいものだが。もしかして複数のチャネルを一度に受信できたりするのか?でもそれだと同時に複数の通話が聞こえてきてしまうことも有るわけか・・・

素人なりにわからないことだらけである。ちょっと調べてみねばなるまい。

で、肝心の無線機だが、初級、中級、上級でおおよそ2,5,8万円という価格帯らしい。まあ入門者なので2万円台で良いかと考えてみた。が、ここは何事も形から入る質なので、もうワンランク上級の5万円台もちょっと見てみる。

用途としてはハンディに限定されるので、5万円というとハンディでは上級機種となるらしい。メーカーもアイコム、ユピテル、アルインコなどが有名らしい。それぞれに特徴があるようだが、初心者ゆえにテンキーがあった方が安心なような気がする。
バッテリーの持ちやスキャンスピードを考えるとどうもアイコム社が自分には合っているような気がしてきた。で、ネットで検討した結果入門機といわれるIC-R6か上級機といわれるIC-R20かということになる。倍以上の値段で、第一候補は当然IC-R6だが。唯一IC-R20が捨てきれない機能としてICレコーダがある。数時間分の録音データが記録できるというもの。これはのちのち楽しみとして取っておきたい。初心者なので、楽しみは広い方が飽きが来ないと思うんだが。

先日秋葉原に行ったときにちょっと実物を見て見た。小さくなったとはいえ思いのほか嵩張る。特にIC-R20は小さめの水筒位ある。R20に傾いていた心がR6に戻されつつある。

さてどこで聞くかといえば主に室内で着陸機が延々と列をなす2030くらいの交信や、はるか南方の関空を離着陸する航空機である。となるとベランダに据え付けるアンテナが必要になりそう。実際外部アンテナは結構必要らしい。ディスコーンアンテナと言うらしい。他に車載用のマグネットに80cm位のアンテナもあるという。これも伸縮性のあるものと長尺のままのものとがあるがどう違うのか。

近いうちに恵比寿町店さんに伺わねばなるまい。わずかだが出るボーナスの使い道は決まった。
編集 / 2013.06.16 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
続々 Sky500 から 今度は Virgin B744 2種!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
読者の方から情報を頂いた。

クロスウィングさんのHPでVirgin のB744が予約開始になっていると。

773ERのリリースに関連してVirginの話題が出ていたのは知っていたが、まさか本当にリリースされるとは。


◆SKY500 Virgin Atlantic Boeing B747-400 [G-VXLG]
◆SKY500 Virgin Atlantic Boeing B747-400 [G-VLIP] Harry Potter

このデザインはB744では初めてのリリースとなる。かつて旧デザインではBBとSJからリリースされた位。本当にたまにSJモデルを店頭で目にする事もあったが今ではほとんど見かけない。

Sky500は完全復活なのかもしれないが、復活に際して値上げを通告して来たとの事。中国の人件費が本当に無視できない位上がってきたのと、円安の影響らしい。

読者さんも迷っておられたがHerpaからのリリースを待つべきかと。コレクションの鉄則は”出たときには買っておく”。まあ気に入ったモデルならなんなと理由をつけて買ってしまう。しかしなー、あまり頻繁に出すとまた、初登場の時みたいに売れ残りの山となる可能性もある。SKY500には喝采したいが、大丈夫なのかと要らん心配もしてしまう。
編集 / 2013.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション Herpa ナローボディ 3機
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今週もドタバタだった。

月曜博多へ。朝0905発のANA1673便、機材はDHC8-Q400。久々のプロペラ機。やっぱり思いのほか揺れない。いい機体である。天神に用事があったのでついでに天神のホビーショップに顔を出す。商品としては増えてはいないものの日系の1/500が多く入荷している。これは最近コレクションを始めた人にとっては掘り出し物だろう。JALのJDEのピンクまで有った。個人的には掘り出し物はなかったが、用事で近くに行ったときには立ち寄って損はない店だろう。帰りは新幹線。

水曜、瀬戸内海の離島に出張。これは広島まで往復新幹線。列車と船なので飛行機に全く縁のない出張だった。が、猛暑の離島で船を待つ間に新大阪店さんからTEL。例のAero500の新モデルの件だった。無事予約。

木曜東京出張。朝0900発のANA18便。機材はB777-200。スタアラ塗装機。かなり塗装が剥げている。そろそろ重整備の時期なのか?さて、翌金曜日には再び博多に移動の可能性もあったがそれもリスケとなったので、伊丹行1920発 ANA41便を予約した。しかし思いのほか会議が伸びて、TCAT1800発のリムジンバスに間に合わず。まあ1時間もあれば羽田くらい行けるさと高をくくっていたのだが、乗換案内を見てみると意外と時間がかかる。1900には羽田につきたい所。あわててTCATからタクシーを飛ばして東京駅へ。ああ、山手線も京浜東北線もちょうど出た所。次の京浜東北線が18:27発。うーむ浜松町まで6分。18:34浜松町発のモノレールなら快速なので18:51に羽田着らしい。が、乗換はわずかに1分。走りに走って、JRの改札を出たところで、しめた、掲示板がまだ34分発を表示している。モノレールの改札を猛ダッシュ!

ああっ無情にもPiTaPaの残高不足でゲートが閉まる!今思えばここで突っ切るべきだった。仕方なく次のモノレールに乗車。スマホの乗換案内アプリでは羽田着は19:02とある。手荷物検査ゲートは15分前に通過しないといけない。こりゃ下車後も猛ダッシュだなと思いながらANAの会員デスクに電話すれば何とか余裕見てくれるかとも思い電話するも全くつながらない。えーいこんな時に。

と、ふと思い出した。たしか乗換案内の羽田行は到着が第1ターミナルだった。うわますます厳しいっ!
ここで緊張の糸が切れた。静かに携帯で当日1920発の予約を来月の便に変更。第1ターミナルに降り立った私はそのまま京急へと向かい、品川発ののぞみを予約したのだった。タクシーまで使ったのに、羽田まで行ったのに。なんかぐったりしたのでグリーン車を奮発。予定より2時間も遅れて帰宅。阪神も2位陥落。熱帯夜の眠れぬ夜を過ごしたのだった。

まあ移動のことはいい。木曜朝大阪はピーカン照りで痛いくらいの暑さ。東京に着いたら終日雨。あれほど持っていかなくっちゃと思っていた傘を忘れて、それでも都心に着くころには雨は上がっていた。秋葉原に降り立つまでは。まあそのうち止むさと高をくくって、秋葉原店さんを訪問。もうナローボディー機を狙い撃ちで購入。

■Herpa Cirrus Airlines Bombardier CRJ-170 [D-ALIE]
■Herpa JetairFly Boeing B737-700 [OO-JAR]
■Herpa FlyNiki Airbus A321-200 [OE-LEW]


期せずしてすべてドイツ語圏のエアラインモデルである。

Cirrus Airlinesは1995年ドイツのローカルエアラインとして設立された。2000年にはTeam Lufthansaに参加、2001年には定期運航を開始した。2008年に新CIを導入しているが、モデルはそれ以前のもの。

Jetairflyは大手旅行代理店TUIグループのベルギー支社のエアラインとして2003年設立。設立当時の社名はTUI Airlines Belgiumだったが、2005年現社名に変更された。モデルのデザインはTUIグループ統一のもので2007年に導入されたもの。しかし同社の767は2009年には新デザインを導入している。うろ覚えだが787も同じデザインになってたような気がする。

FlyNikiはグランプリレーサーとして知られるニキラウダ氏が2003年に設立したエアライン。その後Air BerlinとロシアのS7とでヨーロッパ発のLCC連合を形成したが、その3社とも後にワンワールドに参加している。2011年以降Air Berlinの傘下に入った。秋葉原店さんには初期モデルと再販モデルの両方があった。CCLには不覚にも再販モデルを記載していなかったので、ちょっとあわてたものの価格の安い再販モデル(520942-001)をチョイス。為替の問題なんだろうな。

念のためとディオラマコーナーを覗くと、先週はなかったボーディングブリッジ5こセットがあるではないか。これが思いのほか安くて嬉々として購入。ここまではよかった。徐々に本降りに。でもさすが秋葉原、ビニール傘が100円で売っている。むちゃくちゃ小さいが強い霧雨程度の雨なので何とかしのげる。ついでに無線機を見てから職場に向かう。

本当にドタバタの1週間だったなぁ。
編集 / 2013.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Model 追加
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaは最近ショップモデルに力を入れているような感じ。先日触れたArik Airのうわさが確認されたが、同じHerpa Wings Magazineを読んでいるとほかにもいくつか新モデル情報が書かれていた。いくつかが既存モデルの機内セット販売の記事だったが、Herpa eXtra shop向けの限定販売モデルの記事もあった。

◆Herpa524170 Bavaria Germanair BAC1-11-500 [D-ANUE]
Bavaria GermanairはBavaria Germanairは1977年にBavaria FluggesellschaftとGermanairの合併によって設立されたドイツチャーターエアライン。当時2機のA300B4と6機のBAC1-11を所有していた。同社は1979年にHapag Lloyd Flugに吸収され、さらにその後の2002年にはTUIグループに継承されている。

A300B4がすでにクラブモデルとしてリリースされているので今回で全フリートが揃うことになる(といっても2機種だけだが)。BAC1-11は好きな機体で面白いモデルではあるが、すでにA300モデルを所有している身としてはまずは見送りか(△)。

ついでなので、機内限定販売情報にも触れておく。
◆Austrian Airlines B777-200(506786-001) & A320(524247) retro 2機セットを機内販売
◆Germanwings A319(524261) を機内販売。箱は通常販売と同じもの。
編集 / 2013.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新製品情報ーのウワサ(追記)
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ほんまかいな?新モデルのうわさ。このところPremium500など結局リリースされないモデルもちょくちょく見かけるので、完全には信じがたいが。ただ、噂にしても内容くらいは押さえておこうか。

で、ほんまかいな第1弾。

Aero500から773ERのリリース。AFらしく、レジ違いで複数モデルのリリース。だが、ちょっと待てよ、Aero500が本格的に復活するということなのだろうか?IFにしろPremium500にしろ復活、新興ブランドには最近肩すかしが多いので構えてしまう。

◆Aero500 Singapore Airlines Boeing B777-300ER [9V-SWF]
◆Aero500 Singapore Airlines Boeing B777-300ER [9V-SYA]
◆Aero500 Aeroflot Boeing B777-300ER [VP-BGB]

Aeroflot773ERは初出。本当に実現したら当然買い(◎)となる。SQの773ERのレジ違い同時発売はAero500の常套手段なので信憑性は高い。しかも写真までUPされている。こちらも初出かと思ったが念のためCCLを見てみると2006年に機内限定販売モデルがあって入手済みとなっている。おそらくはHerpa製だとは思うが、これが全く覚えがない。ちょっと在庫を確認したうえで購入を考えてみたい。

ほんまかいな?第2弾。HerpaのClub限定モデルらしい。

◆Herpa Arik Air Airbus A340-500 []
◆Herpa SBA Airlines Boeing B757-200 []

ちょっと前のConviasaといい、結局未発売となったPremium500の驚愕モデルを引き継いだようなラインナップである。これが本当なら年内に、残るOmanairもリリースされるかもしれない。Arik AirもSBA Airlinesも1/500では初登場である。ナイジェリアとベネズエラのエアラインというのも珍しい。Club限定モデルでも何でもいいが南米、アフリカのエアラインラインナップが増えるのはうれしい。

↓追記

  → Read more...
編集 / 2013.06.12 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
五月雨式の新コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
一時期リリースが滞っていたためか、新製品入荷が続く状況になってきた。週末には入荷ということだったので早速新大阪店さんに出かけてみる。

随分前に注文してなかなか手元にやってこなかったモデルがようやく入ったとの連絡が。Sky500では唯一未入手だった。

■Sky500 Turkish Airlines B777-300ER [TC-JJI] "Barcelona"
これがなかなか入荷しなかった一品。サッカーのバルセロナ・チームのスポンサー特別塗装機。なかなか派手だが、トルコのフラッグキャリアがスペインリーグの、特にトップクラスのチームのスポンサーになっていることが意外だが、それほどトルコは経済的にも強くなってきている証拠だろう。モンゴル航空が大相撲塗装機を飛ばすような感覚なんだろうか?

■Herpa Siberia Airlines Ilyusin Il-86 [RA-86105]
以前S7とのハイブリッドカラーモデルがリリースされていたが、これはシベリア航空の90年代の通常デザイン。まだ旧ソ連ぽい色使いが独特。

以上2機。またちょくちょく入荷しそうな感じだそうで毎週通いになりそう。
COL1306-1
編集 / 2013.06.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa恒例の新製品情報 まずまず
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpa恒例の新製品が発表された。今回のリリースは16種と標準的やや多め。最近はこのくらいのリリース数が標準的になってきた。まずは全体を見てみたい。結論から言えば「買い」8、「買っても良い」3、「パス」3、「対象外」2とまずまずの当り回といえそう。

民間機 14種、軍用2種なので、コレクション対象は14種。
ジェット機14種、プロペラ2種と、これはちょっとさみしいか。プロペラ機は作るのに手間がかかって香港のおばちゃんが嫌がっているらしい。
エアバス7種、ボーイング5種、MD/ERJ/CRJ/Trasall各1種とバリエーションとしてはやや寂しい。
ワイドボディ7種、ナローボディ9種とこれはまずまずのバランス。ワイド比がいつもに比べて割と高め。
地域別では欧8種、亜4種、北米2種、南米/大洋各1種。ヨーロッパが多いのは最近の傾向、南米唯一のGOLが目立つ。


内訳は以上だが、以下例によって個別に見ていこう。

◆524377,Bombardier,DHC-8-Q400,Sky Work Airlines,[HB-JIK???]
★エアラインが初登場★SkyWorksAirlinesとは初耳だが、ベルンを拠点とする小さなエアライン。黄緑色と紺の補色関係で、しかもワンポイントという使い方ではなく少なくないエリアを塗り分けているため、少々うるさい印象がある。雪の多い山岳地帯ではこういった目立つ色の方が良いのだろうか?初登場ということで買い(○)

◆524391,Airbus,A380,British Airways,[G-XLEA]
やっぱり出てきました。今回の目玉第1弾。今月のパリショウでも登場が予定されている最新機材、英国航空にとってもエアバスワイドボディ機は初の導入となる。いろんな意味で初物の機体。当然買い(◎)である。

◆524407,Airbus,A320,Aeroflot,[VP-BZP],"Sochi 2014"
うーん小さい機体の特別塗装機。ソチオリンピック特別塗装らしいが、悩ましい。一応買い(○)なんだが、たぶん見送りそうな雰囲気。

◆524421,Airbus,A300B2,Air France,[F-BVGA]
一瞬レトロ復刻版かと思い込んでた。ある意味今回の目玉第2弾。エールフランスはコンコルド導入に伴ってホワイトボディを採用したと記憶していた。A300の就航はコンコルドより後かと思っていた。実際にはコンコルドは就航に至るまで時間がかかって1976年、A300B2は1974年就航だった。旧旧デザインのワイドボディ機なんて想像もしてなかった。まだまだマニア度はあまちゃんである。今更ながらの貴重なモデル化なので当然買い(◎)。

◆524438,Airbus,A320,Jetstar Japan,[JA01JJ]
サプライズ!今回の目玉第3弾! Herpaからは初登場。外観上どこが変わっているのかよー解らんが、-Japanがモデル化されるとは。当然買い(◎)!

◆526043,Boeing,737-800,American Airlines,[N908NN]
新塗装も773がリリースされたし、小型機なので見送り(△)。しかし、所有するB737が200機を超えてレジも800番台では足りなくなって-ANから-NNに変わったんだな。数字が4ケタになるかと思ったけど。

◆526050,Embraer,ERJ-145,Belgian Air Component,[CE 04]
ERJなので民間機かと思えば歴とした軍用機。ERJに輸送機バージョンがあったとは知らなんだ。しかし軍用機なのでパス(×)。

◆526074,Airbus,A330-200,Brussels Airlines,[OO-SFZ]
これまで小型機ばかりで、なんで出ないんだろうと不思議だった。2007年の再生からはや6年、待ちに待ったワイドボディモデルA332。絶対に買い(◎)。

◆526081,Airbus,A330-300,China Eastern Yunnan Airlines,[B-6128],"Peacock"
これはよーわからん!本来なら目玉といいたいところ。そもそも社名がよくわからん。中国東方航空に吸収された雲南航空だが、HPを見ると中国東方航空雲南部とある。子会社ということなんだろうか?英語表記ではなんとなくわかるが日本語ではどう表記していいか悩んでしまう。中国東方雲南航空とでもしておこうか。となればエアラインが初登場となるが、今回は特別塗装機。雲南航空のシンボルだった孔雀がモチーフらしい。まあ、きれいな絵柄なので当然買い(◎)!

◆526098,Boeing,B737-800,GOL,[PR-GTE]
うわー、これまたある意味目玉だなぁ。かつてのフラッグキャリアVARIGを吸収し急拡大した、今は押しも押されもしないブラジルのフラッグキャリアになった感がある。その通常塗装モデルが遂に登場。当然買い(◎)。

◆526104,McDonnell Douglas,MD-11F Lufthansa Cargo,[D-ALCC],"Aktion Deutschland Hilft"
MD-11は好きな機材。なので無条件に(○)。特別塗装というよりはロゴ入りくらい。MD-11やDC-10はなぜか特別塗装機よりは通常塗装機の方が趣がある。ロゴもなるべく小さ目を望みたいところ。

◆526111,Transall,C-160,Luftwaffe LTG 61,[50 88]
軍用機なのでコレクション対象外(×)

◆526128,Boeing,737-800,Qantas,[VH-VXG],"2013 Lions Tour"
特別塗装機も機材が小さいなぁ。基本パス(△)

◆526135,Boeing,787-8 Dreamliner,Qatar Airways,[A7-BCA]
B787も続々登場、Qatarの787もようやく登場という感じ。LOTが就航前だったので買い控えているが、こちらも再販版を待ちたいところ。787はRoyal Air Mallocも見送っている。787と380は就航見てからでないと怖くて買えない。これは堂々と買い(◎)である。

◆526142,Airbus,A330-200F,Turkish Cargo,[TC-JDP]
A332Fもひそかに勢力増大中。最近何かと元気なトルコ航空。地の利を生かした貨物輸送もこれから拡大していくんじゃないだろうか。なんにせよ定番のモデル化、こーゆーのがうれしい。これも買い(◎)。

◆526159,Boeing,777-200,United Airlines,[N27015]
Herpaでは旧Unitedデザインの772もリリースされている。今回は旧Continentalデザインの現行デザインの772?これは去年AC500からリリースされ購入したものと同じものか。であれば(△)


同時に、再販モデルも発表された。以下の5種である。中国南方航空の787特別塗装機が早々に再販されるとは。特別塗装機のレジ違いはこれまでHoganでANAがよくやってた手法だがHerpaも同じ手法を取り出したということか。すべて既集なので一応パス(△)。
◆Herpa,507417-001,Lufthansa,Airbus,A340-600,[D-AIHL]
◆Herpa,507479-001,Iberia,Airbus,A340-600,[EC-LEU]
◆Herpa,512497-001,British Airways,Boeing,B747-400,[G-BNLU],"United Kingdom"
◆Herpa,517522-002,Aeroflot,Airbus,A330-300,[VQ-BMX],"A. Sakharov"
◆Herpa,523875-001,China Southern Airlines,Boeing,B787-8 Dreamliner,[B-2727]

クラブモデルについても興味深い情報があるがこちらは内容を確認したうえでまた吟味したい。
編集 / 2013.06.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今月の新コレクション 買いそびれもの物色
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
3週間ぶりの出張だった。今回はちょっと時間的余裕がある。阿佐ヶ谷、巣鴨はちょっと最近動きがないし、市ヶ谷は棚が見にくい(ここが一番ご無沙汰しているが)上にあまり1/500もサプライズが望めそうにない。となれば過去の未収モデルを漁りに秋葉原に出向くことにした。ここは小型機狙いである。

とはいえまずは新製品コーナーへ。やっぱりここは入荷が早いなー。しかしワイドボディ機は新大阪店さんに操を立てているのでナローボディ機をば。

■Herpa Libyan Airlines Bombardier CRJ-900 [5A-LAL]
リビアのCRJ900もしげしげ眺めてみるとかっちょいい。

さてと1/500のコーナーに。うーん意外と探し物が売り切れてるもんだなー。ここはそれだけで香港に行く価値があるやもしれん。とはいえ今回も期待通りいくつか見つけた。

■Herpa Sabena Douglas DC-6B [OO-CTK]
DC-6では最後の未収品。以前手に取ったときは確か不良品っぽかったし、それが唯一の在庫品だったので買わなかった覚えがある。しかし今回複数在庫があったうえ見た目には問題無さそう。実際美品だったので無事購入。AA、PAA、Swissと合わせて4機め。JALは噂があったのだが実際市場に出回ったかどうかも分からない。これは幻の一品のまま未集となっている。

■Herpa MHCS-Ministry of Emergency Situations Ilyushin Il-76TD [RA-76363] "Alexander Belyakov"
ロシア非常事態省所属のIl-76である。厳密に言えば民間機ではない。かといって純粋に軍用機でもない。というわけでCCLではなぜか買い(○)となっていた。同省ではIl-76を6機所有していて、RA-76363は消防用の水タンクを搭載し山林火災の消火活動に従事する。固有名のAlexander Belyakovはロシアの元下院議員で現ロシア製紙工業会会長の名前に由来する。同省にもゆかりのあった人物なのだろう。Herpaからは同時期RA-76429もリリースされている。

以上3機。
COL1306-3

ついでに店長さんと雑談。最近の1/500についてはHerpaの独壇場でさびしい限り。Sky500の動きもよくわからないとのこと。Sky500は特に最近増えてきた中国人コレクターを意識したラインアップが多く、メーカの思惑も詳細不明とか。このままフェードアウトとならなきゃいいが。
そういう意味でHerpaの中国東方雲南航空のA332はこれまでだと確実にSky500のターゲットだったはずで、久々のリリースがまさかの重複リリースなんてことにもなりかねない。

今回のHerpa新リリースでのもう一つの驚きはJetstarJapanとか。どういった経緯で実現したのかよくわからないとのこと。同社にモデル好きな方がおられるのではとのこと。StarFlyerはデザイナーの許諾取得が困難だとか。あれ自体が作品なのでモデル化はハードルが高いそう。でもプラでは出てた様な気がする。要は各LCCの熱意と思惑がないとなかなか実現しないとのこと。
かつてのYS-11モデルのように会社の垣根を取っ払ってPeach/StarFlyer/JetstarJapan/AirAsiaJapan/SoraseedAir/AirDo/Skymarkの7機セットなんて実現できないもんだろうか?FDAの7機セットでもいいけど。
編集 / 2013.06.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
久々の新コレクション
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
 Herpaの新製品発表が遅れてるなー。

さて、幾日振りだろうか。先週には電話を頂戴していたのだが、週末から月曜にかけて法事で高知に行っていた。なので昼食を簡単に済ませ新大阪まで出かけてきた。

■Herpa Air Seychelles A330-200 [A6-EYY]
2011年にデザインが一新された。赤の単色からカラフルな色使いとなって、南国のリゾートらしい雰囲気となった。なかなかに秀逸なデザインなのだが、よく見ると同一色のなかでも彩度のバリエーションがあり、近くに寄らないと細部がどう描かれているのかよくわからない。

■Herpa MIAT Mongolian Airlines B767-300ER [JU-1011]
こちらは2012年にデザインを一新。こちらも紺のモノトーンからややカラフルな色使いとなった。

■Herpa KLM Asia B777-200 [PH-BQF]
KLMの777?もしかしたら新レジのみの再販品かと思った。が、よくよく見ると、そうかそうかKLM Asiaだったなぁ。初期のB744以来のモデル化。ヨーロッパでは待望のモデル化だったようだ。

今回はこの3機。久々のまとめ買いとなった。
COL1306-2
編集 / 2013.06.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード