最近の気になるニュース 久々
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
ずいぶんご無沙汰しているエアラインニュース。

●新会社 V airがA321特別塗装機を就航
台湾のTransAsia AirwaysのLCC子会社の名前が公募の結果V airとなりマスコットとしてクマのデザインが採用された。A321の尾翼に万歳をしたクマのロゴが描かれる。遠目では完璧にクマモンである。日本への就航に関しては未確認ながら通常の青い尾翼にVairロゴもなかなかセンスがいい。

●大量発注 TigerairがA320neoを50機発注
シンガポールのTigerairがA320neoを37機、オプション13機の購入に関して覚書を交わしたと発表。ますます拡大するアジアのLCC。これそろそろモデル化されないかなー。

●新機材 Turkmenistan Airlinesは初のB772を導入
トルクメニスタンのフラッグキャリアTurkmenistan Airlinesが機材刷新の一環として2機のB772LRを発注していたがこのほど初号機を受領した。中央アジアのエアラインも何気に最新の大型機導入に熱心である。これは早くもモデル化への期待が膨らむ。

●新機材発注 JTAが12機のB738を発注
JTAが現行のB734の後継機としてB738を発注。2016年からサービスを開始する予定。

●新機材発注 ANAが70機もの大量発注
JALのA350大量発注に対抗してか、ANAが過去最大の投資となる70機もの機材を発注した。次世代777であるB777-9Xを20機、-9X導入までのつなぎとして-300ERを6機、さらに787-9を14機とさらにB737-500の後継機としてA320neoを7機、またA321neoを23機導入する。羽田枠の大量獲得、羽田の拡張、成田の拡張を見込んでの大幅な強化となる。またまたモデル化の話題が増える格好だが、もうHoganに頼らず、Herpaに移管した方が良いんじゃないだろうか。

●新機材動向 Asiana A380初号機がロールアウト
いよいよAsianaのA380も就航への秒読み段階。6機発注分の初号機が塗装を終えた。北米線に就航予定とか。でもお披露目を兼ねて日本にも来そうな気がする。

●特別塗装機 China Airlinesが特別塗装機
台湾のChina AirlinesがA330-300に台湾の少数民族の暮らしをテーマにした特別塗装機を就航させた。東南アジア・オセアニアともに日本にも就航予定。台湾行政院原住民族委員会との協力のもと、原住民の魅力を世界にアピールするのが目的。機首に描かれているのはSakuliu Pvavaljung氏の作品で原住民の結婚式を描いた作品「Wedding Celebration Series」の一幕。これはまた1万円超えでのモデル化となりそう。モデル化の可能性は高い。
スポンサーサイト
編集 / 2014.03.31 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
恒例、東京出張
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
ここは書かざるを得まい。消費税対応関係で忙殺されているなか例によって0730伊丹発で羽田に向かう。5分遅れで離陸。天気晴朗なれども波高しの状態で富士山はきれいに見えたらしいが、かなり揺れた。それでも最近は飛行機の中で熟睡できるようになってしまった。

羽田到着。VIPスポット方面を見るが何も来ていない。先週までは66番だったが今日は69番スポット。

と、ど真ん中のスポットに本日引退の747がとまっている。うわーデッキに黒山の人だかり。747の周囲が何やら騒がしそうで、横断幕や人だかりなんかが見える。引退セレモニーなんだなー。到着通路から眺められないかと思ったが用事もあったので断念。

モノレールに乗り込。国際線の顔ぶれも変わったようだ。遠目にBAの777(?)が見えた。丁度タキシングを開始したところらしく機種までは確認できなかった。ガルーダの330が沖止め、ターミナルにはタイの744まで。JALやANAも先週までとは駐機数が違う。羽田の国際線化の本格始動の様相だった。

成田の状況を見ながら需要がある限り溢れ分はどんどん便利な羽田に戻してもよさそうである。あと2本くらい長大滑走路があれば、東京のHUB空港として機能できるかもしれない。
編集 / 2014.03.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
仕事の合間に新コレクション 消費税上がる前に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
緊張の消費税が始まる。今年はこれまで全く気が休まらない。いろいろと準備と施行後の混乱を前に、とりあえず入荷分だけはgetしておくべと休日出勤の前に新大阪店さんに出向く所となる。
久々にまとまって入荷していた。

■Herpa Aeroflot Airbus A320-200 [VP-BZP] 2014 Sochi Olympic
■Herpa British Airways Airbus A380-800 [G-XLEA]
■Herpa Iberia Airbus A330-300 [EC-LYF] "Juan Carlos I"
■Herpa Air Canada Airbus A340-500 [C-GKOL]

増税前の駆け込み需要ということのほどでもないのだがこれだけまとまると3%分の上乗せは結構響く。
BAの380はようやくという感じ。IBの333も新塗装機で目新しい。CAの345は貴重な機材。スタンダードなモデルばかりで手ごたえのあるコレクションである。一報のSU320はオリンピック記念ということだけで購入。
編集 / 2014.03.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Sky500がまとめて
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
消費税対応でまたぞろ忙しくなってきてしまった。というわけで休日出勤である。消費税改訂前の駆け込みでも無いのだが、新大阪店さんに顔を出す。Sky500のsince品が早々に入荷したとのお知らせがあったためである。

別注で追加したBrussels Airlines A332はお預け。別注だったので8%になるかなぁ。
で、今回はSky500のみ。

■Sky500 Hong Kong Airlines Airbus A330-300 [B-LNM]
■Sky500 Windrose Airlines Airbus A330-200 [UR-WRQ]
■Sky500 Danish Air Transport Macdonnel/Douglas MD-83 [OY-RUE] Coca Cola FIFA


Danishは、昔のHerpa OGのマクドナルド塗装を彷彿とさせる。しかしやはり通常塗装機も同時リリースしてほしいものだ。
編集 / 2014.03.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2014春の新コレクション Herpa A380
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今日は暖かい。年末から仕事詰でついに春を迎えてしまった・・・

消費税変更関係の仕事も重なってきているので、もうしばらく気が抜けない。とはいえ徐々に先が見えてきたのはありがたい。ぼちぼちと気持ちの余裕をもって飛行機ライフを楽しんでいきたい。

Airliner World 誌も久々にダウンロード後全頁に目を通した。一番の注目が、SkymarkのA380がロールアウトしたことか。今秋登場と聞いているがどんなツアーや運行に活かされるのか今から楽しみである。現在の資本関係が不明だがHISとの連携が図れれば、これまで直行便が行っていない地域へも格安でチャーターツアーが組まれるようになるかもしれない。

さて、例によって休日出勤。早速新大阪に立寄る。先輩宅には倉意識からすでにいくつか届いたモデルがまだあるようだったが、新大阪では1機のみの入荷。

■Herpa Air France Airbus A380-800 [F-HPJI] 80th Anniversary

A320の80周年記念塗装機もややデザインが異なるそうだが、うーん、やっぱり小さいのでパス。

ちょっとディスプレイのレイアウト変わりました?と尋ねると、最近消費税改訂前のまとめ買いに来られるお客さんがちょくちょくおられるので、展示モデルの回転が速くなっているとの事。そうかー、確かに既存モデル買いに行くなら今のうちかもしれないなー。全然考え付かなかった。とはいえ、普段からそれなりに気を使って買いそびれをつぶしているので、今更いそいそとまとめ買いするほどでも無いか。うーん、ANAのB767とかSeagulのYak42なんて消費税分値上がってしまうんだろうなぁ。

とりあえず最終週末は外出に決めておこう。
編集 / 2014.03.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa発表前のSky500新製品発表 MAR/2014は驚きの2種盛り
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ふーん、これはどういう風向きなんだろうか。

Sky500がそろそろ発表かと思っていたが、なんだかますますマニアックになってきている。今回のリリースも2種。
しかーしである。777と330がメインの同ブランドからは初めてリリースされる MD-83。

□Sky500 DAT Danish Air Transport Macdonnel/Douglas MD-83 [OY-RUE] Coca Cora/FIFA
これは珍しい。というか初めて聞いた。DATは1989年に設立されたデンマークのエアライン。設立時はイベント関連の貨物会社だったが1994年には旅客チャーター便、1996年には定期便を開始している。ATRを使用した近距離路線を運航している模様。
OY-RUEはもともとイギリスのAirtoursに1990年11月にデリバリされた機体。その後AOMやSpanair他を経て2010年1月21日に導入された。

□Sky500 Windrose Airlines Airbus A330-200 [UR-WRQ]
これまた珍しい。こちらも初耳のエアラインである。今注目を浴びている地域だからなのか。2003年ウクライナで設立されたチャーター便を運航するエアラインである。ヨーロッパ、中近東がメインであるが、A332によってタイやベトナム、ドミニカなどにも運行した実績がある。
UR-WRQはもともと1999年10月Sabenaにデリバリされた機体。その後2002年VG、2003年Malaysiaを経て2013年7月25日にリース導入された。他にA320/321を擁しながら、本機は同社唯一のワイドボディ機である。

しかし、機材(金型)といい、エアラインといい、ヨーロッパでは話題になっているのかもしれないがよくもまあこんな機体を探し出してくるものである。尾翼研究(?)のなかでもWindroseなんてのも全くノーマークだった。

ところで、今週も例によって出張である。月曜から今日までの予定だったが明日も延泊。うーん、こいのぼりを見ることになるのかぁ?
月曜、いつもの0730伊丹発。定刻に羽田着。VIPスポットは空っぽ。モノレールで国際線に。北西のウィングが完成したようで、早速EvaやChatayが駐機し始めていた。となると旧整備場付近に駐機しているあっさりとした737なんかはビズジェットかなんかだろうか。最近よく小型機が駐機されているのが見える。企業VIPの来日が続いているのかもしれない。
編集 / 2014.03.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今週の新コレクション Mar/2014
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今回の仕事はなかなかタフである。オリンピックまで終わってしまうとは。収束するかと思えばまた新たな問題が出てくる。気を抜く間もなくもう3月である。4月には落ち着いているんだろうか?というわけで、今日も急遽休出であ

とはいえ、趣味の世界から完全に足を洗ってしまうと本当に心の安らぎが無くなってしまうのでここは意地でも新大阪店さんに立ち寄ることにした

■Hepra Lufthansa Cargo Boeing B777F [D-ALFA] "Good Day, USA"

先日のMD-11Fに続いてのLufthansa Cargoである。実は今回も新大阪店さんでは2機とも入荷していたのであるが、MD-11Fの方は先日UPした通り日本橋店さん訪問記念で購入してしまっていた。しかし両機とも、特にLufthansaは根強い人気があるそうで、すでにやや品薄状態らしい。再販の可能性も少なからずありそうだがこういった定番デザインのものも意外と見かけたら即買いの鉄則に当てはまることが多いモデルではある。

今回はこの1機。

しかし今年に入ってTBLやCCLもメンテしていないなぁ。そろそろメンテしておかないとまたダブり買いが発生してしまいそうである。

閑話休題:昨夜のリアルスコープはJAL全面協力の飛行機特集で、後半はA350導入にちなんだエアバス工場への潜入内容だった。特に日本ではそんなになじみのないエアバスの内部を取り扱った番組は日本では珍しい。今秋導入予定のスカイマーク機も話題になうだろうし、今後はエアバス関連の記事も目についてくることになるだろう。

さて、同場組でJAL発足後の導入機材の数がクイズで出題されていた。15種類より多いか少ないかという問題だが、問題の前提として少ないといのは答えとしてはありえないだろう。まあ、それはそれとして同番組内で紹介されていたのは純粋にJALとして導入した機材だけらしく、旧JAS機体はカウントされていなかった。時代時代のCAの制服と合わせて紹介されていたのがよくできた構成だった。出演していた高橋秀樹さんがどれも懐かしそうに語っていたのが印象的だった。ただ、1点767の紹介画面でA300の離陸映像が一瞬使われていたのはご愛嬌か。それとYS-11はそうじゃないんだろうか?
編集 / 2014.03.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今週の飛行機ライフ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
今週は月曜 0730伊丹発羽田行。VIPエプロンには特に何も駐機していなかった。いつも通り66番スポットに到着。

翌火曜日 0720羽田発福岡行。65番スポットから。前日に続いて羽田では特に目新しいものは見えない。42Aと後ろ側窓際で揺れが激しく眠れず。定時からだいぶ遅れて到着。やっぱり福岡空港は楽しい。KAL、CAL、TG、SQ、CXの330にDelta767やVN320、China Easternの737などバリエーション豊富。国内線もMM、FDA、SF、JetStarJapanとかこちらもにぎやか。隣には青ジンベエがスポットインしていた。

AM博多での仕事をこなし、久々にまんだらけさんに立寄ってみた。目新しさはないものの微妙にモデルが入れ替わっている。初期のSQの772の50周年記念塗装とか、QFのナランジなんてのもある。全てOGモデルだが掘り出し物感満載でうれしい。

仕事を終え、新幹線で三宮へ。30分時間があったので量販店さんに立ち寄る。ありゃ?以前に比べてフロアが1つ減っている?嫌な予感を覚えてフロア内を散策すると案の定。大幅に飛行機コーナーが縮小されていた。あの在庫はどこに行ったんだろうか?Herpaの新製品すらあまりおかれていない。神戸にはモデルファンが少ないんだろうか。JALを中心に1ケースのみの展示となっていた。うーん寂しい。

明日も日帰りで東京である。なんか得るものはあるだろうか?
編集 / 2014.03.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
月またがりの新コレクション FEB/MAY 2014 I
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
昨日は残業調整で午前半休。久々の歯医者のついでに日本橋店に立ち寄ってみた。クーポン券が3/2までだった。リラックマのマグカップは特にいらないが200円のクーポン券は大きい。なんとか500円のクーポン券を使えないかとほかのモデルも物色するも目新しいものは見当たらず。

■Herpa Lufthansa Cargo Macdonnel Douglas MD-11F [D-ALCC] Aktion Deutschland Hilft
特別塗装というほどでもない。それが却ってうれしい。Aeroflotに続くMD-11Fのリリースである。もっと3発機を充実させてほしいところなんだが。

で、今回の週末は久々に何もイベントの無い週末の予定だった。
今日朝0853、社用携帯に電話が・・・トラブルである。実態がわかるにつれ、緊急出社を決断1000に家を出る。車中で状況を把握しつつ会社に向かっていると、1015対応完了との連絡が。ほっとして帰宅しようと考えたが、もう新大阪付近まで来ていたのでそのまま新大阪店さんに向かうところとなった。

■Herpa Thai Airways International Airbus A300-600 [HS-TAW]
MD-11についでA300とはなんだかほっとするモデルである。出来も悪くない。DC-10と合わせてOGのNG化をぜひやって欲しいものだ。また人気が出て来るとおもうんだけどなー。
編集 / 2014.03.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
日経に出てたね
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
「今日の日経に出てたね」
ちょっと前の日本経済新聞のコピーである。通勤電車で横の人が開いているのをちら見した時にどうも航空ネタがあるらしいと分かって出社後、知人に見せてもらった。何年か前に別の新聞に替えてしまったのである。

エアバスが軍需市場を縮小し商業市場(旅客機)に注力すると。ボーイングも好調で2013年の受注は両社ともに1500機程度の受注と過去最高を記録、引き渡し数も共に450機程度とこれまた過去最高と鼻息が荒い。牽引役はアジアらしい。エアバスでは中国ハルビンにラダー工場を、大連に組み立て工場を建て、シンガポールに販売時のサポートする金融拠点まで置くという。

世界中で好景気という話がほとんど聞かれないのに、この大量発注&バックログはどういう状況なんだろうか。中東のバカ買いを別にしてもバブルっぽい匂いがする。それほど燃料費の経営に対する圧迫が強いという事だろう。A380/350/320NeoとB777x/787/737MAXの激突の様相が今後も続くのだろうか。

さて、日経は買うのをやめて久しい。はっきり言って仕事と関係ない記事も多いので無駄も多い。航空業界の記事は結構珍しい。記事として面白いのは日刊工業新聞で、航空ネタは多い。特にアフリカや南米など日本ではまずお目にかかれないような海外の動向などについてたまに記事が載る。どうもその方面に明るい記者さんがいるようだが、流石にモノ造り専門新聞だけのことはある。世界の精密部品工場たる日本は、メーカーの動静だけを見ていればいいというものではなさそうだ。一時期駅売店でいつも日刊工業新聞を買って読んでいたのだが、最近ではそれもご無沙汰してしまっている。

先月号の月刊エアラインは伊丹の747特集+世界のエアライン勢力図とあって最後まで悩んでいたら、早々と次号が並んでしまって買えなかった。同誌は国内の読者向けに限定している割に最近かなり話題も豊富になり、読み応えのある内容になってきた。ただ、やはり1次情報が多い。新機材の大量発注や統廃合はある程度業界の動きて把握できるものの、本来はその背景にあるその国の政策や経済状況、それを踏まえたエアラインの戦略や方針にまで切り込んだ内容がほしいところだ。まあ経済新聞でも難しいのにホビー誌にそこまで望むのは酷だろう。エアライン誌はその点かなり頑張っていると言える。(買ってないので申し訳ないんだが)

ただ成田や仁川、上海など周辺への乗入れエアラインがかなり増えてきているので、各社の東アジアへの戦略や会社としての戦略についてのインタビューなど実現しないもんかな?成長株といわれているEtihadやKorean Cargoなどの動向についても掘り下げてほしいものである。
編集 / 2014.03.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード