どうする?ANA ゆめジェット
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
ANAのYou&Me Jetが遂に発売された。という情報に接した。発表時\16,800(税込)だった価格も今や\17,280である。

決して手を出すまいと△(見送り)にした私であった。しかしである。腐れ縁というかやけぼっくいに火が付いたというか、とりあえず現物だけでも見てみるかと、またぞろ日本橋店に向かったのであった(もちろん出かける前に入荷状況を確認の上である)。

■Hogan ANA All Nippon Airways Boeing B767-300 [JA8674] 60th anniversary,You & Me Jet

なんや、結局買ってるやんとご指摘の貴兄も多いことだろう。

錯覚とはおとろしいものである。量販店さんは一律20%offなので\12,800(ただし税別)の表示とかなりなお得感を醸し出しているではないか。しかもこちらにはバースデーカードという5%割引の切り札までついている。ということは、税別\12,160とますますお得感が漂う。さらにこつこつためたポイントが400ポイント余りある。ので、実質\11,000台で買えちゃうではないか。これならEvaのHello Kitty機とそんなに変わらないかぁと、深く考えることをやめ、気が付いたらレジのお兄さんを呼んでいた。

前作のB767WLのように無駄に大きな箱ではなく通常サイズの箱に納めているのは評価できる。しかし、今後もANAモデルをはじめ日系モデルの高騰が予想されるので、今回のこの出費、なんか手切れ金のような感じがする。もう少々の事では食指は動きそうにない。

珍しく、ワゴンがにぎやかである。1/500はほとんどない。そんな中Inflight500、Olympic Airways B732が1000円弱で売られている。HerpaのOGを持ってはいるもののNGモデルは無い。ここはじっくりと考えて、結局見送り。魅力的なモデル&プライスではあるものの、今日は想定外の出費で懐が寒い。Herpaの初期(黒箱)OGなら買ってしまっていたかも。Cathay Pacific AirwaysのB742 Spirit of HongKong 97 もちろんOGモデルもあった。しかしながらこちらはほぼ半額とはいえ数千円。しかも既集分だったので手を出さず。
スポンサーサイト
編集 / 2014.04.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
500 vs 400 500にこだわるこれだけの理由
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
年明け以来のドタバタも徐々に収束の兆しである。今年初めてCCLのメンテナンスに勤しむ所となる。新製品の登録と、新コレクションの登録である。まとめて登録してみると中国系エアラインモデルとヨーロッパを中心とするA330モデルが充実してきている。特に中国系のA330/340モデルの充実は素晴らしい。一度まとめて記念撮影を試みたい。
china330


ただ他スケールでリリースされながらも、1/500では未リリースとなっているモデルもまだまだ残されている。おもえば後発組の1/400が市場を席巻するのは当然の成り行きかもしれない。Herpaが登場する前まではSchabakの1/600がエアプレーンモデルの唯一のブランドだった。1993年Herpaの1/500、1997年Dragonの1/400、さらには昨今の1/200の隆盛と、戦場(土俵)を変えたコンペが続いてきた。1/500はスケールモデルとしては3番手くらいだろうか。日系モデルもSoraseed、Peach、Amakusa等1/400と1/200が中心になってきた感がある。1/500コレクターは感覚的にヨーロッパが中心になってきたようだ。

さて、私がいまだに1/500にこだわる理由がいくつかある。もちろんコレクションを始めた最初のきっかけが1/500だったからというのが一番大きな理由である。Dragonが参入してきた当時、1/400は1/500に比べて25%も大きく、ディテールが細かいということを謳い文句にしていた。もちろん当時はHerpaのOGしかなくギアの形状の違いなどもそれなりに売りにしていたと記憶している。以来1/400が各社ブランドのスケールモデルの主戦場になり、新モデルが矢継ぎ早に発表されるようになった。

その頃、まだ1/500では実現すら危ぶまれていた日系や中国系、鏡面仕上げのモデルなど、仕上がりの違いが際立ったものを中心にいくつか買った時期もあった。しかし、やはり1/500の世界に戻ってきたのはいくつかの理由がある。

一つは、1/400はリリースのペースが速すぎてコレクションが追い付かないという経済的な理由である。飛行機のデザイン好きとしてはやっぱり気に入った珍しいモデルは欲しくなるというもの。ただ1/500と同じペースで買っていると続かない。この辺が1/400に移行しなかった(出来なかった)最大の理由である。今ひとつはやっぱり収納の問題。当時コレクションは全て展示していた。1/500でも展示場所が不足気味だったのに1/400だともっと展示スペースが限定されてしまう。さらにスケールが125%ということは、体積にすると約2倍になる。今の2倍場所を取るというのは狭いマンション暮らしの身としては現実的に不可能である。また、やはり手ごろな大きさというのもある。1つづつ手に取れる大きさ、ディテールを表現できるぎりぎりの大きさとしては1/500が一番手ごろなんじゃないかと思う。

一時は他スケールに浮気も考えたがここはベテラン夫婦の心境で、派手で艶やかな他スケールには見向きもせず500分の一道を貫いていくのである。
編集 / 2014.04.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
誕生日割引を使いに行く 2機収穫
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今日は実は会社は有給休暇取得推奨日でほとんどの社員は休みである。しかしこちらはサービス業、お客様が出勤されているのに全員が休めるはずもなくここは下心を持って出勤することにした。で、4月の最後に誕生日割引5%と来店ポイント300ptを利用すべく日本橋に向かうところとなった。

小型機の目玉であるAir India B707は、秋葉原で入手した。TBLを最小化し赴く。昨日の棚卸で気が付いた、未集モデルを物色する。すると目当てのブツがありました!。小躍りしてカートに入れる所となる。

■Herpa Sky Work Airlines Bombardier DHC-8-Q400 [HB-JIK]
■Herpa Syrian Air Tupolev Tu-134B [YK-AYE]


どちらも◎ではないが○レベルのモデルたちである。Sky Work Airlinesはスイスのチャーター専門会社。-Q400は同社唯一で最大の機材。しかも最近リリースが少なくなったプロペラ機。一方Syrian AirのTu-134B-3のほうはIL-76に続いて2種目のモデル化。本当はB747SP位を待ちたい所だが、レア度が高い機材ということでコレクションに加わった。

通常割引+誕生月割引+来店ポイントで結果3割引き近い。次回クーポンは夏のボーナス商戦か。小型機候補に絞ったTBLを準備しておこう。
編集 / 2014.04.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今回は秋葉原店さんにてHerpa 1個
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末は例のごとく東京出張だった。木曜朝、オバマ大統領来日の影響もあるかと、新幹線で上京。
この日は 深夜残業が決まっていたので翌金曜日は有給休暇を申請した。翌日久々の東京店特に巣鴨店あたりの顔を出したいと考えた。
深夜残業前にホテルにチェックイン。これが神田北部のホテルだったので夕方ついでに秋葉原店に足を伸ばした。

いろいろとアクセサリ類が入荷していたが、今回は手持ちが少なかったのでパス。しかし店長さんと話をするうちに手ぶらではもったいないかと小型機を中心に物色する。
■Herpa Air India Boeing B707-400 [VT-DJK]

これまでのB707とやや雰囲気が違う。右主翼先端にアンテナがついている。新金型かと思ったが店長さんとデータベースを見比べて見るとどうもBigBirdの金型っぽいという話になった。ただ幾分シャープになっているような気もするので新金型なのかもしれない。旧塗装のAir Indiaである。なかなか味があっていい。
ただ価格が高いのはどうしたわけか。材料費、人件費、円安の影響らしい。その上消費増税である。この日の夕食は残業食も兼ねておにぎりとカップ麺とノンアルコールビールですませた。

深夜残業が思いのほか長引き、疲れたのと午前中東京でさまよう元気も無く、結局どこにも寄らずに午前便で帰阪した。エアフォースワンが目の前を飛び去って行った時、不覚にもラウンジの朝ビールで転寝してしまった。昼過ぎの自宅のニュースで見たところ本当に目の前のB滑走路だったようである。

帰阪便はA席だったのでこれでバッチリV1スポットの脇を通るなと勝手に思い込んでいたが故の油断だった。
結局今回の東京行きではこの1機がコレクションに加わった事になる。
編集 / 2014.04.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
まとめて入荷 Herpa各種
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
月曜休みを貰って週末から高知へ。

高知竜馬空港ではFDAの紫機に出会えた。飛行機で行ったわけではなく車移動だったが、昼食を取る為だけに立ち寄った。今日は倉敷店さん経由で帰途に着いた。先週も顔をだしたばかりなので、さすがに収穫は無い。挨拶だけしてそのまま2時間半かけて新大阪店さんに向かう。いろいろとまとまって入荷したとの知らせが先週末にあったためである。

■Herpa Etihad Cargo Boeing B747-8F [N855GT]
■Herpa Swiss International Air Lines Airbus A340-300 [HB-JMK]
■Herpa Air Madagascar Airbus A340-300 [5R-EAA]
■Herpa Condor Boeing B767-300WL [D-ABUE] "Janosch"


今回はこの4機。やっぱり消費税UPで単価も上がっている。うーむ、これはっちょっと欲しいリストの制限を一段きつくする必要がありそうだ。

仕事も落ち着いてきたので年明けから止まっているCCLのメンテナンスをこのGW中に終えてしまわないといけない。
編集 / 2014.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
本当に久々の倉敷店さん Aero500掘出し物
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今日は何と倉敷に出張である。用事は午後から。となれば午前半休をとっていかねばなるまい。というわけで10:30には倉敷店さんに到着。

じっくりと店内を鑑賞させていただいた。とは言え時間はそんなに余裕はない。ここはherpa、hoganには目もくれずsky500とaero500のコーナーに向かうところとなる。

しかしこの2ブランド予想通り品揃えとしては数える程。それでもaero500の塊のコーナーを案内いただいた。在庫はほぼすべてDC-10である。で、やっぱり来た甲斐が有りました。10個くらいの在庫の中に唯一の未集モデルを発見。
■Aero500 Condor Douglas DC-10-30 [D-ADPO]
未集が多いCP Airは見つけることができなかったが、それでも収穫あったし、何より店に立ち寄れただけでも嬉しい。

さらにHerpaのコンテナ車セットも発見。これは数欲しいアイテムだが今回は2セットのみ購入。

レジを待つ間店内を散策。思えばこれまではあまりゆっくりと来たことがなかった。日系のエアラインモデルが非売品となって展示されている。随分とリリースされてきたものだが、ほとんどが絶版というのもちょっとさみしい。

あっ!これはJALのDC-6じゃないか。実物は始めて見た。うーん、唯一に近い買いそびれモデルである。やっぱりDC-6は良いな〜。目の正月をさせていただいて、お店をあとにする。


  → Read more...
編集 / 2014.04.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
羽田の珍客
カテゴリ: ■実機 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週金曜日の日帰り出張。

いつもの便で羽田に到着。その後モノレールでにぎやかになった国際線の側を通り過ぎたとき、旧整備場方面に見慣れない機映が・・・

なんとつい最近Sky500で発売されたDanish Air のMD-83ではないのか?そう、例の赤いFIFA Cocacolaカラーのヤツである。スマホで逆行ながら何とか映像に納めたが判るだろうか。イベントかなんかなんだろうな。
羽田 Danish MD83 FIFA Cola
編集 / 2014.04.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今日も新コレクション Sky500 in 新大阪
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今や恒例となってしまった休日出勤。GW明けには元通りとなるかなぁ。

で、ついでではなくこちらが本命、新大阪店さんに立ち寄る。

■Sky500 XL Airways France Airbus A330-300 [F-HXLF]
F-HXLFは2012年11月30日にデリバリされた機体。同社唯一のA333である。かつてイギリスとドイツにも姉妹エアラインがあったが今やXLの名前を残している唯一のエアラインとなる。

■Sky500 brussels airlines Airbus A330-200 [OO-SFU]
これは前回お邪魔したときには届いてなかった分である。Herpaと重なっているが、微妙に機体に蝶があしらわれているのが特徴。

今回はこの2機。Sky500は発表から発売までの時間がどんどん短くなってきているようだ。
編集 / 2014.04.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Sky500から驚きの2品、Herpaの特別モデル、HoganからCathay773
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
新製品情報が色々と飛び込んできた。

★Sky500
まずは定期化しつつあるSky500情報から。
何とこれが待望の一品と、なんじゃこれ?の一品。

□Sky500 XL Airways Airbus A330-300 [F-HXLF]
□Sky500 Virgin Boeing B777-300ER [VP-VPH] "St Kilda Beach"
XL Airwaysは未モデルの筆頭。ついにという感じ。というかチャーター専門エアラインなのでモデル化は難しいんじゃないかと思っていた。デザイン的には好きなタイプなのでかなり嬉しい。当然買い(◎)。F-HXLF
もう1機はレジこそ違えHerpaの新製品とかぶってしまった。価格からするとHerpaを選びたい。従ってこちらは見送り(△)。
発表間も無いこの2機は既に店頭に並んでいる模様である。

★Hogan
Herpaに行く前に。
□Hogan Cathay Pacific Boeing B777-300ER [B-KPB] "Spirit of Hong Kong"
特別塗装の最新作。機内限定販売らしいが通販でも買えるようである。ただし、それなりの値段がするので躊躇してしまう。買い(○)ではあるが。

★Herpa
最後に定番のHerpa Wings Magazine情報である。
定番のClub Modelが発表された。

□Herpa526654 Lanica Boeing B727-0 [AN-BSQ]
今年は予想が良く当たる。3位までが順当にリリースされる。中南米のこういったクラシック機は本当に貴重である。しかも中米ニカラグアとは。Lanicaは1945年にPanAmの子会社として設立された。1981年に運航停止。AN-BSQは元々1965年8月20日にTAA Trans Australia Airlinesにデリバリされた機体で、1977年5月にLANICAにリース導入された。倒産後貨物機に改造されている。

当選予想==================================
★.(◎)AirTransat Lockheed L-1011-100 [C-FTNL]
★.(○)LTU Sud Boeing B757-200 [D-AMUT]
★.(◎)Lanica Boeing B727-0 [AN-BSQ]
4.(△)Tarom Boeing B737-700 [YR-BGG] retro
5.(○)Kingfisher Airlines Airbus A340-500 [F-WWTJ]
6.(○)United Airlines Boeing B767-300ER [N653UA] Star Alliance (I)
以下落選予想==============================
7.(△)Turlkish Airlines Airbus A321 [TC-JLC] retro
8.(△)Eastern Air Lines Boeing B757-200 [N501EA] boeing757
9.(◎)Peruvian Airlines Boeing B737-200 [OB-184-P]
10.(△)Mexicana Boeing B727-200 [???]


さて他にもいくつかニュースがある。
□Herpa526661 Varig Boeing B767-300ER [PP-VOI] "World Cup 2002"
これは日韓ワールドカップの際に優勝したブラジルチームを帰国させた機体らしい。一応買いか(○)。

□Herpa524841 Shingapore Airlines Airbus A380-800 [-]
機内限定販売用に再リリースされる模様。ただしレジは無い。

□Herpa526197 Avianca Cargo Airbus A330-200F [???}
エアライン向けにマイナーチェンジしたモデルで箱も変わるとか。

□Herpa524834 Garuda Indonesia Airbus A330-300 [PK-GPG]
Garudaの機内販売用に再販される。

□Herpa526234 Berline Ilyushin Il-18 [D-AOAO]
□Herpa526227 Berline Ilyushin Il-18 [D-????] test
今年もILAモデルがリリースされる。1991年にIL-18 Air Cargoとして設立された貨物エアラインで5機のIl-18を保有していた。その後旅客便にも新出したが1998年に倒産してしまった。1機は1992年当時のテスト塗装機の模様。面白い機材ではあるが一つあればいいか。
編集 / 2014.04.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa からClub Modelが届いた
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
4/9(水) 出張から戻ると懐かしい段ボール箱が。

かなり前に注文していたHerpaのClub Modelがようやく届いた。

■Herpa Arik Air Airbus A340-500 [CS-TFX]
■Herpa Air Pacific Boeing B747-400 [DQ-FJL] "Island of Viti Levu"
■Herpa Aero Sur Boeing B767-200 [CP-2656] "Sharko"
■Herpa SBA Airlines Boeing B757-200 [YV-288T]


期せずして、最近では珍しいボーイング中心のコレクションとなった。これで暫くは発注済みのモデルは無いはずだが。
以上4機。
編集 / 2014.04.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa7-8月の新製品情報
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの7-8月新製品情報が流れている。

今回も18種とまずまずのリリース数である。軍用機や架空モデルは1種のみ。なのでコレクション対象となるのは全17種である。全体的に目玉が無い静かなリリースとなった。

ワイドボディ機は8種と半数割れ。しかも767や310、787と中型機が多く実質的な大型機というとB773が1機種というかなりさびしい内容。期待されたSkymarkのA380やA330は無かった。一方でナローボディ機のうち3種がクラシック機で、さらにそのうちの2種が旧ソ連製とバリエーションは多い。加工の大変なプロペラ機はTu114の1機種のみとこれまた寂しい。

メーカ別ではAirbusが7種と最多なのは最近の傾向か。Boeingが5種、ついで意外なTupolevが3種。Embraer、BACが各1種とこちらはバリエーションは少ない。

地域的には欧州7種が最多なのはいつも通りなのだが、北米は2と一人沈み、アジアが4と意外と健闘、オセアニアがなんと3種と大健闘、南米1、アフリカ0という配分。金型としての目玉はない。Tu-214が貴重といえば貴重。787のリリースが定番化してきた。それにしてもA380やB747、3発機が無いと華やかさに欠けてしまうなあ。例によって順次見ていこう。

□Herpa,526487,Aeroflot,Tupolev,Tu-114,[CCCP-76485],'70s
Tu-114もバリエーションが少ないのでリリースに苦労する。買ってもいいが、デザイン的な違いがあまりないので今回も見送り(△)。CCCP-76485については古い機体でしかも旧ソ連ということで情報が無い。Wings Magazineに詳しい機体来歴が載るかもしれない。

□Herpa,526494,Air Canada,Boeing,787-8,[C-GHPQ],,
定番のB787。未就航なので、突然の特別塗装またはCI変更の可能性がゼロではない。実機就航を確認した上で買い(◎)。

□Herpa,526500,Air New Zealand,Airbus,A320-200WL,[ZK-OXB],
ZK-OXBは2013年7月20日にデリバリされたばかり。シャークレット付の新塗装機。新デザインのNew Zealandも小型機なので見送り(△)。

□Herpa,526517,Azul Linhas Aereas,Embraer,ERJ-195,[PR-AUA],special,Canarinho Azu
Azulは貴重な南米のエアラインなので本来うれしいリリースなのだが、小型機の特別塗装機だと優先度は下がる(△)。PR-AUAは2013年12月18日デリバリとこちらも新造機。

□Herpa,526524,Bangkok Airways,Airbus,A320-200,[HS-PPE],special,Mascot
Bangkok Airwaysは全機が特別塗装という感じなのでその気(完集)にならないと手が伸びない。見送り(△)。HS-PPEはもともとTAMに2005年にデリバリされた機体。2012年11月26日にリース導入された。

□Herpa,526531,BEA British European Airways,BAC,BAC1-11-500,[G-AVMU],
これは懐かしい。が、Inflight500でもリリースされた記憶が・・・調べてみるとあれはTridentである。BAC1-11のBEAは初ということになる。うーむ、悩みながらも一応買い(〇)。G-AVMUは1969年3月19日にデリバリされた機体。1974年British Airwaysに合併によって編入され、1992年に退役した。現在はイギリスのダックスフォードにあるImperial War Museumに展示されている。

□Herpa,526548,Gulf Air,Airbus,A330-200,[A9C-KC],
EtihadやOmanairの脱退で事業の縮小を余儀なくされたものの、それでもA332を6機運航している中堅エアラインである。A9C-KCは1999年7月12日にA40-KCとしてデリバリされ、2008年1月5日に現在のレジに変更されている。しかしこれって何年か前にHerpaからリリースされているモデルとどこが違うんだろうか?パッと見違いが判らない。のちに吟味するとして現時点では見送り(△)の公算大。

□Herpa,526562,Qantas,Boeing,B767-300,[VH-OGG],special,"Disneys "Planes
Disneyの映画コラボキャンペーン塗装である。映画はそのものズバリのPlanes。楽しい塗装であることには違いないが、広告費用と宣伝効果についてはわかりにくいプロモーションのように見える。VH-OGGは1990年12月12日にデリバリされたベテラン。現役の中では最古参となる。機齢が24年ということはそろそろ引退の時期が近い。こういった特別塗装機は引退間近の機材が使われることも多い。イベント終了が引退となる可能性もある。一応買い(〇)としておこう。

□Herpa,526579,PIA Pakistan International,Airbus,A310-300,[AP-BEQ],,
ある意味今回の小目玉。大型機中心のPIAモデルだったが中型機は新鮮である。AP-BEQは1993年12月21日にデリバリされた機体。現在もA310を12機も擁している貴重なエアラインである。考えてみればA310も希少価値が出てきた感じ。Herpaとしても久々のモデル化のはず。3発機同様過去の機材の再販が進めば面白いと思う。一応買い(〇)。

□Herpa,526586,Shanghai Airlines,Airbus,A330-300,[B-6096],,
これは今回の大目玉。これまでSky500からB767がリリースされてきたが、A330は初のモデル化。こういった中国系のエアラインモデルが通常リリースされるようになるとは、Herpaも変わったものである。当然買い(◎)。B-6096は元々2007年9月12日に中国東方航空にデリバリされたが、Shanghai Airlinesとの合併に伴って2013年10月25日に転籍となった。Shanghai Airlinesは基本的には大量のB737を使って近距離線に集中しているような感じではあるが767や332/333も導入するなど長距離、大量輸送にも手を伸ばしつつある模様である。

□Herpa,526593,Virgin Australia Airlines,Boeing,B777-300ER,[VH-VPD],,"Avalon Beach"
ちょっと前まではV Australiaと言っていたが、2011年ブランドが統合化され現社名に変更された。同社のワイドボディ機はブランド統合後も引き続き変化はなく5機のB773ERが北米線に就航している。かつてSky500からA332がリリースされたが今回初のB773ERのモデル化である。これも今回の目玉といっていいだろう。何かと版権がうるさそうなVirgin GroupもHerpaからぼつぼつとリリースされるようになってきた。当然買い(◎)である。VH-VPDは2009年2月20日にデリバリされた機体。当時はV Australiaだったが2011年の社名変更を経て現在に至っている。5機所有する内の2番機となる。

□Herpa,526609,Air Berlin / Etihad,Airbus,A320-200,[D-ABDU],hybrid,"Moving Forward"
D-ABDUは2008年5月19日にデリバリされた機体。AirBerlinとEtihadはコードシェアに加え787の共同発注などここ数年間業務提携を深めているが、より提携関係を深めるために両社のハイブリッドデザインの特別塗装機を就航させた。左右でデザインの異なるハイブリッドがあるが、本当に混在させるハイブリッドデザインは珍しい。苦心の跡がうかがえるものの、一目で両者の提携がよくわかるデザインとなっている。しかし小型機なのでどうしたものか。悩みどころである。ただ見過ごすわけにはいかないので一応(〇)としておこう。

□Herpa,526616,American Airlines,Boeing,B767-300,[N343AN],alliance,Oneworld
N343ANは2003年2月14日にデリバリされた機体。同社では一大勢力の767だが、他の機材の更新が進む中767も787に置き換わっていく予定とされる。昨年末新塗装からまた旧塗装にデザイン変更を検討とのニュースが流れたが、それが本当なら新塗装の767は短命に終わってしまうかもしれない。新塗装機のアライアンスデザイン機ということで小目玉である。買い(◎)。

□Herpa,526623,DHL,Boeing,B767-300FWL,[G-DHLE],,
まっ黄色の特徴的なデザイン。危険色の赤と黄なので落ち着いた洗練されたというイメージからほど遠く、ただやたら目立つだけの配色であまり好みではないのであるが、B767という大型機はかつてリリースされたA300Fと並んで貴重な一品となりそう。G-DHLEは2009年8月18日にデリバリされた比較的新しい機体。同社の4機の767-300Fの初号機となる。一応買いか(〇)

□Herpa,526630,Iberia Express,Airbus,A320-200,[EC-JSK],,
新塗装機ながら小型機なので原則パス(△)。EC-JSKは2006年6月30日にIberiaにデリバリされた機体。その後2012年7月1日に子会社のIbera Expressに移管されている。

□Herpa,526647,USAF Unitedd States Air Force,Lockheed,C-5M,[83-1285],,"436th Airlift Wing, 9th Airlift Squadron ("Proud Pelicans") "Spirit of Old Glory"
軍用機なのでパス(×)

□Herpa,526678,Transaero,Tupolev,Tu-214,[RA-64549],,
RA-64549は2008年にデリバリされた機体。現在3機を保有している模様だが、さらに2機を発注中らしい。ただし同社ではB787を発注しており、発注中の214が納入されるかどうかは微妙なのかもしれない。20数機しか製造されていない機体らしいので貴重なことは貴重なんだが、Transaeroは777が入手済なのでここは見送りかなぁ。でも一応(〇)。

□Herpa,525685,Malev Hungarian Airlines,Tupolev,Tu-154B2,[HA-LCA],,
Tu-134がリリースされてはや12年。Tu-154も魅力的なシルエットなんだがなぁ。やっぱり買いかな(〇)。HA-LCAは1973年5月9日にデリバリされた機体の模様だが詳細は不明。

ついでと言ってはなんだが、再販分も見ておく。747といった常連に加えて軍用機や小型機が再販されるのが珍しい。まあドイツ本国での需要次第ということなんだろう。例によってすべて見送り(△)。
□Herpa,512497-002,British Airways,Boeing,B747-400,[G-BYGF],,"Diamond Jubilee"
□Herpa,515139-001,AWACS NATO,Boeing,E-3A,[LX-N90451],,
□Herpa,516105-002,Lufthansa,Boeing,B747-400,[D-ABVU],,"Bayern"
□Herpa,517805-002,KLM,Boeing,B747-400,[PH-BFL],,"City of Lima"
□Herpa,517874-001,Germania,Boeing,B737-700,[D-AGEQ],,
□Herpa,518031-002,Lufthansa,Airbus,A319,[D-AIBF],,"Sinsheim"
編集 / 2014.04.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード