これは買い 「Airline Classics」(イカロス出版)
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
待望のAirline Classicが発売された。発売日朝見かけたが帰りに買って帰ろうと思いやり過ごした。と、帰りに駅の本屋によったところどこにも置かれていない。即完売だったのかと焦ったが翌日無事入手。紙室を押さえたのか1800円とかなりのお徳感である。クラシックジャンボは見ていて飽きない。香港啓徳空港やイランの旅など読み物としても秀逸である。

巻末の1976年羽田の時刻表も貴重な資料である。できれば同時期の伊丹の時刻表も掲載して欲しかった。JTBやJR(国鉄)の大判時刻表の古本を漁って見たが記憶違いだったか国際線の時刻表は掲載されていなかった。こちらはなおリサーチ中である。

続いて年内には思い出の3発機ムックが予定されているらしい。こちらも楽しみである。
スポンサーサイト
編集 / 2015.10.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa定番のBoeingモデル2種
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末恒例のお呼出である。呼ばれればほいほい出かけるのであった。

■Herpa LAN Airlines Boeing B787-9 [CC-BGA]
■Herpa Ethiopian Airlines Boeing B777-200LR [ET-ANN] ”The Blue Nile"


定番のBoeingモデルである。しかもアフリカと南米。通常塗装機。
B788と9の2機種が並ぶのはANAに次いで2社目となる。-10の登場が待ち遠しい。今年は予想に反してA350モデル化が低調だった。来年は787/350と最新鋭機モデルの競演を期待したい。
編集 / 2015.10.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
再放送
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先々週、女子ゴルフの中継で流れたNHKドキュメンタリー 「同じ空 見上げて~大阪 千里川土手~」の再放送は明後日日曜日16:05となった模様。じっくりとみてみたい。
編集 / 2015.10.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
なんと新ブランド登場!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
なんとまー。Hogan系列の新ブランドが立ち上がるそうである。その名もLimox Wings。LimoxはドイツのHogan代理店だそうで、独自ブランドのモデルをリリースしていく様子である。モデルはおそらくヨーロッパが中心になりそう

●Limox Eurowings Airbus A330-200 [D-AXGA]
第1号モデルはEurowings。Herpaからのモデルと同じでレジ違い。さすがに同レジは避けてきたか。D-AXGAはもともと2003年6月26日にEva Airにデリバリされた機体。Eurowingsには2015年7月1日に転籍となった。GECASからのリース導入である。2機あるうちの1機なのでHerpaと合わせれば同社のA332はコンプリートとなる。

価格はHerpaの2,3割増しになりそう。日本なら6000円台というところか。ここはHerpa優先なので見送り(△)。
編集 / 2015.10.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Sky500 OCT2015新モデル
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Sky500さんの定期化がすっかり板についてきた。今月は2機種である。Sky500さんらしいチョイスではある。

●Sky500 Scoot Boeing B787-9 [9V-OJA] "Dream Start"
2015年1月31日にデリバリ。現在7機(うち2機はB788)を所有しているがその初号機となる。値段が値段だけにHerpaからのリリースを待ってもいいような気もするが、HerpaからはB788のほうがリリースされるかもしれないし。悩みどころであある。うーん、8,000円かぁ。777もあるし見送りか、海外一括調達まで待つかなぁ。

●Sky500 Air Austral Boeing B777-300ER [F-ONOU] " Ile de La Réunion”
2009年5月26日にデリバリ。ILFCからのリース導入である。現在3機の773ER、1機の772LRを運航している。固有名はそのものズバリのレユニオン島。2014年から新塗装となったが、本機はその初号機である。一応買い(○)か。尾翼に描かれた風景は滝のようだが具体的にどこの滝かまでは不明。レユニオン島は別名滝の聖地と言われるほど滝が多い。最近では行方不明となったマレーシア航空のB777の残骸が流れ着いた島というので記憶に新しい。

Air Australといえば、ちょっと前に面白いニュースがあった。モデルに直結しないので見過ごしていたが、2015年6月8日環インド洋の他のエアラインと新規アライアンス「Vanilla Alliance」を結成したのである。他の参加エアラインはAir Madagascar、Air Seychelles、Air Maulitiousである。これにコモロ政府が加わっている。広大なインド洋を効率的に運航しコストを下げようという狙いがあるようだ。顧客の囲い込みとは明らかに違う目的のアライアンス。アライアンス特別塗装なんてのができるのか、今後の発展に注目したい。
編集 / 2015.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa club model?? 2016 01/02
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
昨夜 Herpa Wings Magazineの最新号が届いていた。さっそく同封のClub Model注文票を見てみる。うーん、年始に発表されていた候補10モデルの名前が無い。代わりにあったのが・・・

●Herpa 528399 Finnair Airbus A321 [OH-LZL] "Santa Claus"

予定にないクリスマスモデル。地元のクリスチャンには受けはいいのだろうがこちとらクリスマスごときで浮かれる年齢でもない。エンプレムも地味目だし、小型機なのでパス。
ちなみにOH-LZLは2014年4月30日にデリバリされた機体。現在11機を運航している。本機のクリスマス塗装は当時最新鋭機だった同機を撮影しサンタ村への旅行チケットを手に入れるという2014年のイベントに伴うもの。

●Herpa 528429 Aero Lloyd Macdonnnel/Douglas MD-83 [D-ALLD]

当初4機運航されていたMD83のうちの1機。1986年3月25日にデリバリ。1989年~1991年ZAS AL of Egyptにリースされた後1998年にBelair Ile-de-Franceに移籍、2000年~2001年にAir Liberteにリースされた後Transjet Airwaysをへて2003年リストアされた。

MD-80のNGモデルはある意味貴重である。初期コレクションではOGモデルの比率が高い。本モデルも1996年のOGモデル発売以来約20年ぶりの登場となる。懐かしさも含めて一応買い(○)である。このモデルのほかにもOGからNGへの移行MD-80モデルがいくつかある。AlitaliaやAmerican、Swissairなど捨てがたいモデル群がリリースされる。ぜひコレクションに加えていきたい。
編集 / 2015.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 穴開き
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
新着のクラブモデルを並べてみる。
s-20151009col1.jpg

まあ老若男女取り混ぜて色々なモデルの勢ぞろいとなった。バハマ、イスラエル、南アフリカ、ベラルーシ、キプロス・・・日本国内ではまずみられないエアラインばかりである。まあこういったマイナーでマニアックなエアラインモデルだからこそクラブモデルとして限定販売となったのだろうが。

さて、並べていると気がついたが、今回のモデルのいくつかには初めて透明タイプのスタンドがついていた。今後スタンドが標準でついてくるのかあるいはクラブモデルだけの特典なのかは解らない。前にも触れたかもしれないが機体下部のスタンド用の穴は後開けのような気がする。見かけ上奥の方が広がっているように見える。実際には奥まで同径の穴なのかもしれないか、それでも金型からの抜けが良くなさそうな形状である。まあ詮索してもキリが無いが、この穴開きから製造委託先が変わったのかもしれない。聞くところによるとHoganからJCに移ったらしいが、それにしても金型は継承しているのかもしれない。
s-20151009col2.jpg

今回のクラブモデルで穴なしはMD11FとBAC1-11で、B737-800とE195、A330-200は穴開き、スタンド付きだった。最近購入したモデルではA321 JetBlue、B739 Lionair、B789 Air NewZealand、A380 Etihad、B788Royal Jordaian、B772LR Iraqiが穴開きである。意外にもB748 Lufthansaは穴無し、B764 Deltaも穴無しだった。B738も前のGOLでは穴無しである。順次穴開きモデルが増えていっている。
編集 / 2015.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Clubモデルが一気に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
そろそろかなーと思っていた頃合いだった。3連休前の金曜、帰宅すると見覚えのある段ボール箱が。何を注文していたのかさえはっきりとしないが、HerpaのClubモデル関係がまとまって届いたのである。

■Herpa Bahamas Air BAC BAC1-11 [C6-BDJ]
■Herpa Belavia Embraer E195 [EW-399PO]
■Herpa Cyprus Airways Airbus A330-200 [5B-DBS]
■Herpa Kulula Airways Boeing B737-800 [ZS-ZWO] This way up Plane
■Herpa Lufthansa Cargo Mcdonnell/Douglas MD-11F [D-ALCE] "Merhaba Turkey"
■Herpa Up Airlines Boeing B737-800 [4X-EKM]


小型機の特別塗装機はコレクション対象外となりつつある。まあ主に財政的な理由からである。しかし今回届いたのはそんなコレクションポリシー変更前に発注していたものだった。Kululaは今回は見送ってもよかったんだけど。他の小型機は全て初モノ、見過ごすわけにはいかなかった。というわけで一気に6機。うーんまとまった出費でまた家内に目立ってしまった。
編集 / 2015.10.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 2016 01-02の再リリースモデル
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpa JAN-FEB 2016の再リリースモデルを見ておく。どれも新造のワイドボディ機。人気のほどがわかるが、レジ違いだけなのでわざわざ手に入れる必要もない。Lufthansa機はこれで今回は皆無となった。基本全てパス(△)。

●514521-003 Emirates Airbus A380-800 [A6-EOE]
2014年12月22日デリバリ。現在67機を運航中。B773の119機に次ぐ規模となる。今更ながら規模の違いに驚かされる。これだけ実機があるとヨーロッパでは複数のEmitrates A380が並ぶという風景もありうるのかもしれない。レジ違いで買う理由としては小さくはないが、節約節約。

●519069-003 LOT - Polish Airlines Boeing B787-8 Dreamliner [SP-LRC]
2013年5月16日デリバリ。その後2014年4月30日にAir Europaに短期リース後2015年4月にはFinnairにも夏季リースした。現在当機を除く4機が就航中。SP-LRCはバッテリー問題でデリバリーが遅れたものの、バッテリー改良の結果、アメリカで試験飛行に利用された後デリバリされている。

●523950-002 American Airlines Boeing B777-300ER [N720AN]
2013年2月20日にデリバリ。既に17機が導入済。

●527712-001 Etihad Airways Airbus A380-800 [A6-APA]
2014年12月16日にデリバリ。現在導入済の4機の中の初号機。あと2機導入予定である。
編集 / 2015.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa JAN-FEB 2016 新製品情報
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
今回のリリースは19機、再リリースが4機とまずますの数である。再リリースモデルについては今回コレクション対象になるものは無かった。また定期リリースのうち軍用機、試験機、官用機が各1あるのでコレクション対象としては16機となる。内訳を見ていこう。ワイドボディ機は5機のみでこれは印象としてはかなり少ない。しかも期待の3発機、A350も無いのでややおとなしいリリースとなった。
エアバス、ボーイングがそれぞれ7機、6機でこれはいつも通りだが、久々に旧ソ連機材、プロペラ機やクラシック機もあってラインアップとしては彩を添えている。
地域別には欧州が最多で7機、アジア3 、オセアニア2、南米2、北米2、アフリカは0。数だけ言えばまずまずの割合に見える。モデル市場であるはずのドイツ、中国、アメリカのモデルが各1種というのもここ最近では珍しい。

サプライズの数が少ないがしっかりと準備されている。では例のごとく順次見ていこう。

●Herpa 528436 Luxair Boeing B737-800SSWL [LX-LBA]
2015年2月25日デリバリ。現在4機あるうちの3番機となる。ウィングレットとの違いだけなのでここはパス(△)である。

●Herpa 528443 airberlin Airbus A321SL [D-ABCL]
2014年6月30日デリバリ。現18機中の12番機。小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528450 Air New Zealand Boeing B777-200ER [ZK-OKC]
2006年1月20日デリバリ。現在8機が在籍しているB772。残念ながらSky500で同レジでモデル化、入手済みである。なのでパス(△)。

●Herpa 528467 Iberia Boeing B727-200 [EC-DDX] "Monasterio de Poblet"
1979年6月28日デリバリ。2001年10月3日に同社の最後のB727としてのフライトを行った機体である。固有名のMonasterio de Pobletはタラゴナのポブレー修道院で1991年世界遺産に登録されている。B727は久々のモデル化で、悩みどころである。一応パス(△)かなぁ。

●Herpa 528474 SAS Scandinavian Airlines Airbus A340-300 [OY-KBM] "Star Alliance"
元々2002年2月1日にデリバリされた機体であるが2010年にHiFlyに移籍、翌年には更にAdagold Aviationにリースされたが結局HiFlyを経て2012年1月19日にRurik社経由でリースという形で復帰した。SASのスターアライアンス塗装機は意外と初のモデル化。一応買い(○)か。

●Herpa 528481 Hong Kong Express Airbus A320 [B-LCC]
2014年8月23日Boc社からリース導入された。現在所有している13機のうちの1機。これも今年レジ違いとはいえSky500から発売済である。従って見送り(△)。

●Herpa 528498 NASA / DLR Boeing B747SP [N747NA] "SOFIA"
1977年5月6日にPanAmにデリバリされた機体。1986年United Airlinesに移籍となり1997年10月20日NASAに買い取られ改造を受けている。SOFIAはStratospheric Observatory for Infrared Astronomy : 遠赤外線天文学成層圏天文台の略で、要は空飛ぶ天文台である。天文台としての初飛行は2007年5月21日。アメリカのNASAとドイツのDLR(Deutschen Zentrum für Luft- und Raumfahrt :航空宇宙センター)との共同計画に従事し、惑星や彗星の大気などの観測にも従事した。面白い機材ではあるんだがコレクション対象外(△)かなぁ。

●Herpa 528672 Qantas Airbus A330-300 [VH-QPA] "Kununurra","80 Years of International Travel"
2003年10月31日にデリバリされた。固有名のKununurraは西オーストラリア州の北東部にある町の名前。Qantasは投機を含めA333を10機、A332を17機所有していて、大型機の主力として長距離国際線を担っている。国際線就航80周年記念特別塗装なのだが、小さなステッカー程度でもあるし、ちょっとコレクションポリシーを厳しくしている所なので一応パス(△)としておこう。

●Herpa 528689 Etihad Airways Airbus A321 [A6-AED]
2014年12月11日デリバリ。Etihadと言えば大型機ばかりの印象があるが、A319/320/321を各々2機/23機/8機を所有。近距離路線にも力を入れているようだ。こちらも小型機ゆえ見送り(△)。

●Herpa 528696 Aeroflot Don Tupolev TU-154M [RA-85626]
1987年製造、Aeroflotにデリバリされたが2、翌2001年10月に同社に移動となった。2010年11月にはRostov na Donu空港で保管状態となっている。初のお目見えエアラインと言うことでこちらは買い(◎)である。

●Herpa 528702 Qatar Airways Airbus A380 [A7-APB]
2014年11月11日にデリバリ。発注7機のうち既に5機が納入。その全てが2014年のデリバリでぴかぴかの新造機である。今回の目玉。KoreanAirに続いてモデル化されないのかと思っていた。当然買い(◎)。

●Herpa 528719 × Luftwaffe Airbus A400M Atlas [54+01] LTG 62 / Air Transport Wing 62
2014年12月18日デリバリ。軍用機なのでコレクション対象外(×)。

●Herpa 528726 ◎ GOL Transportes Aereos Boeing B737-800 [PR-GXZ] 2015 colors
2015年6月29日デリバリ。-800は既に100機となった。-700の37機と合わせて同社の主力機である。こちらも早々と新デザイン機のモデル化となった。買い(◎)。

●Herpa 528740 ◎ Air Florida Boeing B737-100 [N40AF]
これは珍鳥。1972年マイアミを拠点としてローカルエアラインだったが、規制緩和を受けて長距離国際線を運航するまで成長した。しかし、無理な拡大と社長の交代を繰り返して経営の先行きが危ぶまれている矢先に墜落事故が発生し1984年倒産してしまった。どうせなら欧州便にまで飛ばしていたDC-10をモデル化してほしかったが、それでもクラシックシリーズとしては瞠目すべき貴重なモデルである。元々は1969年7月31日にSingapore Airlinesにデリバリされた機体。1979年5月16日に同社に導入された。会社倒産後はSun Bank Miami所属となり1988年以降Faucettに売却されている。1970年代にしても古風なデザインが機体に良く似合う。初出エアラインモデルなのでこれまた買い(◎)。

●Herpa 528757 Air Dolomiti Embraer E195 [I-ADJL] "Nabucco Di Guiseppe Verdi"
イタリアのローカルエアライン。かつてはBAe146やATR72を運航していたが現在は全て10機のE195に置き換わった。
機体は2009年2月15日にデリバリされたもの。固有名であるNabucco Di Guiseppe Verdi は、19世紀の至りあのオペラ作曲家に因んだもの。NabuccoはGuiseppe Verdiが作曲したオペラ。これまた当落線上のモデルであるが、現行唯一の機材と言うことでギリギリ購入予定(○)としておこう。

●Herpa 528771 Avianca Boeing B787-8 Dreamliner [N780AV]
2014年12月18日デリバリされた。5機のうちの初号機となる。
南米のB787はLANに続いて2機目。新規デザインでもあるのでこれは買い(◎)。

●Herpa 528788 Austrian Airlines Bombardier DHC-8-Q400 [OE-LGQ] "Star Alliance"
元々2002年4月1日にHydro-Quebecにデリバリされた。その後2007年にAugsburg Airwaysに移籍となり2013年まで在籍していたが、2014年10月7日同社に導入された。現在同機を18機所有している。小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528795 Air Canada Airbus A319 [C-GBIA]
1998年4月24日にデリバリ。Air CanadaにA319とは意外だったが現在も16機が在籍している。こちらも小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528801 × Airbus Airbus A350 XWB [F-WWCF] "Carbon color scheme"
2014年2月26日初飛行した試験用機材。ハウスカラーはコレクション対象外なのでパス(△)。

再リリースモデルについては後日あらためて触れる。
編集 / 2015.10.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ANZ B789 ホワイト
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末呼び出しがかかる。例によって平日はトラブル続きなので終業後立ち寄るわけにも行かず、一段落した土曜日午後出かけた。

■Herpa Air New Zealand Boeing B787-9 [ZK-NZF]
ちょっとどちらが通常塗装なのかそれこそ白黒付けて欲しいところだが、こちらの白ベースが通常塗装と言うことらしい。では黒ずくめは?2013年新デザイン発表時は2パターンのデザインと言っていたから両方が通常塗装なのかもしれないとずっと思いこんでいたが、本当の所はどうなんだろうか?
NZA787s.jpg

ラグビーの代表チーム特別塗装もあったので余計話がややこしい。ここで関係者(モデル)を一堂に集めてみた。B747はちょっと箱の奥なので今回は登場を見合わせた。

今回はこの1機のみである。
編集 / 2015.10.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード