2015年のモデル事情を振り返る
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
毎年恒例の振り返り、リリース状況編である。

2015model01.png リリース(発表)数は例年通りである。Herpaが引き続き順調なリリース発表を続けている。No.2は定期化がすっかりいたについたSky500。このところ価格が上がったのでなかなか買い続けるのもしんどくなってきそうだ。No.3で長らく定着していたHoganだが、来年以降1/500のリリースが続くかどうか微妙だ。Hoganと言えば日系モデルの供給元だが、日系エアライン(特にANA)の1/500モデルの縮小も噂されており、撤退なんてことにならなきゃいいんだが。保有する金型は確実に劣化するだろうし先行きが注目される。散発的にLimoxというショップブランドが立ちあがったが今までの所そんなに野心的なラインナップを出してきそうな気配は無い。代わってどこまで本気なのかSky500が年末にかけて大量リリース攻勢をかけてきた。ただこれとても、他ブランドでの既存モデルでしかも東アジアのB777に集中していることから今後の広がりが想像できない。3発機の復活を待ち望む声が多いが、定期化を望むにはやや最近のリリースが偏り過ぎている。


2015model02.png 地域的にはヨーロッパ勢(EU)が多いのはいつも通りである。日本を除く東アジア(EA)が2位に付けているが、どうも昨今発表されたAero500の一斉リリースの情報の影響が出すぎているきらいがある。日系(JP)もそんなに出てないはずなのだが、Aero500やJCwingの日系とSky500のPeachなどのリリースが数字に表れているだけである。実態としては国内でそんなに日系モデルが発表された印象はほとんど無い。北米(NA)もここ数年ジリ貧の感がある。出尽くしたと言うことなんだろうがClassicシリーズではまだまだ未開拓の分野が多そうだし、OGモデルの再販にも本腰を入れてもらいたいものだ。


2015model03.png 機材別にはAirbus(A)とBoeing(B)で約8割とこれも例年通り。昨年幅を利かせた旧ソ連機(S)は今年はかなりの低調である。MDを含めたDouglas系(D)はその機種の多さから結果として数が多い。LHのMD11再販も影響しているか。Bombardier(M)、Embraer(E)ともに一時期ほどのリリースは見られなくなった。B787やA350、SSJ100といった目新しい機材にリリースが偏ったせいだろうか。
 全般的に見ると何かと話題が多い1年であった。Herpaの生産委託先がHoganから他社(JC?)に移ったこと、日本国内の代理店も国際貿易さんからガリバーさんに代わったことが大きいニュースだろうか。この変化に伴ってHerpaの初期ロットでは組立ミスが一時的に増えていたという。国内では販売価格が1割程度下がったんじゃないだろうか。Hoganには新ショップブランドのLimoxが立ち上がったが今の所目ぼしい動きはない。このままANAモデルと共にシュリンクしてクことになるのだろうか。来年の動きに洋注目である。Sky500は今のイロモノ路線がどこまで続くか。A320といった小型機にも拡大している上、PeachやHongKongExpressといったLCCモデルがたまに出てきているので未モデルの多いLCCでのモデル化を注目したい。JCは相変らずの単発を繰り返すことになるのだろう。Herpaとの提携先という話しを聞いた事があるが実際はどうなのだろうか。B777などの金型はかなり違うように見える。Aero500は動きがまだぎこちない。来年の第1四半期の動きを見極めたい所である。
スポンサーサイト
編集 / 2015.12.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
今年のコレクションを振り返る 2015
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
毎年恒例の振り返りである。仕事のごたごたが今年も引きずっていたが、まあ昨年よりはマシである。徐々にコレクション人生もマイペースに戻すかと思っていたが急な円安でモデル価格も高騰しちょっとコレクションレベルを見直すようになってきた。特別塗装機についてはキリがないので、これまでの既集シリーズものは継続するとして、小さなエンブレムの変更程度では見送ることが多くなった。A333とA332、B773とB773ERなど同一シリーズでの選択ももうちょっと厳密に考えていくことになるだろう。年末にかけてHerpaの代理店が国際貿易さんからガリバーさんに移った。その影響かどうかは解らないがHerpaの価格はやや下がってきている。ギリギリだが3,000円台が中心になってきているのは大変ありがたい。来年もこの価格が続けばいいなと思う。
2015col01.png 2015col02.png

さて、2015年のコレクション数はここ6年で最低の水準、リーマンショック時と同じくらいにまで下がった。それでもまあ、このところのリリースは小型モデルや再販モデル、微妙な改訂モデルも多かったため、リリース数に対してコレクション対象となるモデルが少なかったということもあり、概ね面白いモデルがコレクションに加わったと思う。最近老舗のエアラインのデザインが一新される事が増えてきたが、そういった新デザインのモデルがいち早くリリースされたことが高満足度に繋がったと思う。身近なLCCについてもリリースが始まったし、A350も年末にかけて相次いでリリースされた。Herpa Club modelも中南米を中心に面白いラインナップとなった。結果96機のコレクション追加となったが、機材としてはA330シリーズがダントツの22機、B787とB777も各13機と実機の売れ筋とあまり変わらないラインナップである。ナローボディ機が22機というのも昨年並みの比率である。プロペラ機はわずかに3機のみ、軍用機は韓国大統領機の1機のみ。バリエーション的にはやや低調であった分、定番モデルのコレクションが充実した1年となった。ブランドではHerpaがNo.1なのは当然としてSky500が安定の2位をキープ。Hoganは下がり目。その分JCwingやAero500の定期化を待ちたい所である。一方で今年は新規店舗巡りもほとんど出来ず、定期リリース以外のいわゆる落穂ひろい的なコレクションはわずかに2機に留まった。かつては置かれていたショップもどんどん淘汰されていく現状がある。
COL201512.jpg

もう少し心理的な余裕ができれば来年はKIX2期MATにも着手できるだろうか。Peachのバリエーションに加えて韓国や中国系のLCCのモデル化も見込めるし、Fedexエプロンも再現させたいところである。2016年も引き続き1/500にどっぷり、まったりとつかろうと決意を新たにするのであった。



編集 / 2015.12.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2015年最後の新コレクション 一気に入荷
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
昨日12/28は仕事納めである。とはいえ有休奨励日なのでほとんどがらがらのオフィスでまあ残務整理程度の仕事をこなしていた。そこへ久しぶりのお呼出しである。

「ちょっと、一気に入荷するんですよ~」
「やっぱりクリスマス商戦が終わってようやく普通の物流が回ってきたんでしょうかね~」
「どうなんでしょう。お店としてもなかなか辛いところなんですが。あれと、あれと、そうそうあれも・・・」
「ひゃー!本当に一気ですね。」
「明日午後入荷しますので」
「わかりました」

というわけで本日さっそく新大阪店さんに向かう。
「昨日は1/200と1/400が一気に、今日は1/500が一気に入荷したのでさばくのが大変なんですよね。もうちょっと分散してくれればありがたんですけど。」
「そうだったんですね。しかしまとまって入りましたねぇ」

■Herpa Eurowings Airbus A330-200 [D-WING]
■Herpa Finnair Airbus A350-900 [OH-LWA]
■Herpa PSA-Pacific Southwest Airlines Lockheed L1011-1 [N10114]
■Herpa Royal Brunei Airlines Boeing B787-8 [V8-DLD]
■Herpa Sabena-Belgian World Douglas DC-10-30 [OO-SLA]
■Herpa Thai Airways International Boeing B777-300ER [HS-TKU] Acharasobhit
■Herpa United Airlines Boeing B787-9 [N38950]
■Herpa UPS-United Percel Service MacDonnel Douglas MD-11F [N294UP]


AmericanのB763WLも入荷していたが、773が既集なので今回は見送り。サイフに余裕があれば買ってもいいんだが。一方でThaiのB773ERは当初見送りとしていたがCCLを見ると、意外にも未集だった。SFのB773が既集だったがERはHGもSFもやり過ごしていたのである。手にとってみると中々出来がいいと言うかやっぱり存在感が違う。結果お買い上げとなった。しかし今回は3種の3発機、A359、A332、B788、B789、B773とバリエーション豊富で話題のモデルが一気に勢ぞろいした感じである。あーAAのB763も買っときゃよかったかなぁ。

清算している時に何気に店内をぶらつく。エアライン誌の最新号が入っていた。先日の伊丹のStar Wars 763のペイントイベントは記事が見当たらなかった。ちょっとだけ残念。過去の新製品コーナーも念のためチェック。

あれ?こんなの入荷してたっけ?
「これって最近出たんですか?」
「それは、ちょっと前に出たやつですよ」
ここでCCLをチェックすればよかったのだが実は手持ちのCCLはちょっとばかり古い。そこで当ブログの新コレクションコーナーをチェック。うーんやっぱり無い。おかしい。入荷1回分コレクションが飛んだか?
「これ、まだ買ってないみたいなんですが・・・」
「そうですか?いやそれはお持ちのはずですよ。ちょっと調べて見ますね・・・・やっぱりお買い上げいただいてますよ。今年の9月23日です」
「へぇ、そうですかぁ・・・」

どうやら、ブログへの記入漏れらしい。購入履歴を見るまでも無く覚えて下さっているのが嬉しい。危うく重複買いをするところであった。帰宅後、最新のCCLで確認すると、なんとその日7機もまとめ買いしているではないか。
■Herpa Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLA]
■Herpa Iberia Airbus A340-600 [EC-LEV] Isaac Albeniz
■Herpa JetBlue Airways Airbus A321 [N903JB] Mint,Bigger,Brighter,Bluer
■Herpa KLM Royal Dutch Airlines Airbus A330-300 [PH-AKF] 95years,Hofplein-Rotterdam
■Herpa Lion Airlines Boeing B737-900ER [PK-LJT]

■Sky500 Finnair Airbus A330-300 [OM-LTO] Marimekko II
■Sky500 Xiamen Air Boeing B787-8 [B-2768]

店頭で見たのは新塗装のEtihad B789であった。やっぱりまとめ買いすると印象が薄くなのかなぁ。せっかくなので合わせて15機、あらためて手に取って出来栄えを楽しむ。しかし後で良く考えてみると9/23というのは、仕事でちょっとした(大)トラブルが発生し心理的に全く余裕が無かった時であった。他にもなかったか後で確認しておこう。

ということでこの8機で今年の新コレクション打ち止めである。
編集 / 2015.12.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club free model 2015 (記事が非公開となっていた)
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
久々の心理的余裕のある東京出張だった。クレーム対応でもリカバリ作業でもない単なる社内研修である。ただ時間はそんなにない。というわけで秋葉原店さんにご挨拶に伺う。小型機の新製品はまだまだリリースされていなかった。結果手ぶらで帰ることになってしまったが、ちょっとだけお話しさせていただいた。Vietnam A321の入荷予定をお聞きしたところHerpaの小型機リリース遅れは交通事故かなにかで部品が全部おしゃかになったという事で、来年2月くらいになりそうとのこと。特にA320系のモデルが被害にあったそうだ。日本の代理店もガリバーさんに変わったからかどうなのかやや価格が安くなったそうである。これはちょこっとだけ嬉しいニュースだった。StarWarsモデルについてはどうでしょうねーとミスを向けると全日空商事さんはダイキャストから撤退モードにあるらしい。Hoganとの契約期限が切れると撤退するんだろうか?コストが見合わなくなってきたような気もする。まあそうなったらそうなったで残念ではあるが仕方がない。Herpaの通常ラインナップに変更すればいいのにと思うが。Transaeroモデルもリリースされないんじゃないかという噂もあるとのこと。まあHerpaのことだからノンライセンスでのリリースはしないはずなんですがねー。
ご挨拶だけで終わったが、また年明けにも立ち寄らせていただこう。

帰宅後なにやら小包が。
■Herpa Etihad Airways Airbus A340-500 [A6-EHD]
Herpa Club free model 2015が早速と届いていた。

Herpa Wingsmagazineも同封されていたので早速チェック。先ほど秋葉原店さんで話した内容が結構載っている。
Tranaero B773、B738、B744は製造されるとのこと。ただしB735(527538)は生産中止だそうだ。
Sudan Airways A300-600も正式に生産中止が決定したようである。理由は需要が無かったという事らしい。コレクターからの要望ほどはモノが捌けなさそうというのだ。エアラインからの引き取り受注、代理店からの先行受注が伸び悩んだという事なのだろうか。うーん、であればClub Modelでもいいのにぃ。
事故によるリリース遅れというのはどうも本当の様である。交通事故でほぼ完成間近の部品が一式おしゃかになったとのこと。Iberia Express A320、Egyptair A320、Turkish A321(Euroleague)、Lufthansa A321(Fanhansa)、airberlin A321(Discover America)、Tunisair A320.このあたりが被害にあって、来年2月リリース予定とのこと。でも遅れているのはA320シリーズだけじゃないような気もするんだけど。この中ではVietnam A321が待ち遠しい。
編集 / 2015.12.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
年末、新製品情報を一気に
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
 忙しさにかまけている間に随分と新製品情報が流れてきていた。恒例のHerpa Clubフリーモデルと定期の再販モデル、驚きのAero500、Limoxからも、さらにSocatecという新ブランドからは機内限定販売情報まで飛び込んできた。近来まれに見るリリースラッシュの様相である。ただし、ブランドの動きの活発さほどはサプライズは少ない。全てサプライズだとしたらとてもではないが財布がもたない。どのブランドも質感は充分で出来れば全部欲しいが現実はそうはいかない。
 では、4ブランド15機に及ぶ新製品情報を一気に見ていこう。

■Herpa Club 2015 Free Modell
 今年のクラブ会員向けフリーモデルは意外とスタンダード。金型の元を取ろうというのだろうか、最近何かとA345を押しているHerpaである。稀少機材ゆえにまずまずの選択と思う。Sky500から1機だけリリースされた他が全てHerpaから。本モデルでHerpaからは9機目となる。
●Herpa 528245 Etihad Airbus A340-500 [A6-EHD]
2006年12月21日にUTHLからリース導入された。まだ3機が運用中である。当然旧塗装モデルなのだが、新塗装になる前には退役となる可能性が高い。

■Herpa re-release 03-04 2016
 Herpaの2016年3-4月モデル発表に合わせて再販モデルの情報も届いた。
●Herpa 528085-001 KLM 787-9 [PH-BHA] "Carnation / Anjer"
同レジでの再販は前モデルのデザインミスによるもの。機首のポートサイドのロゴ"KLM Royal Dutch Airlines"が"Royal Dutch Airlines KLM "になっていた。モデル化の際、ポートサイドの写真がなくスターサイドの写真で類推してしまったそうである。これは仕方ないが買っておこうか(○)。

●Herpa 527781-001 Etihad 787-9 [A6-BLB]
5機のうちの1機。2015年2月28日にデリバリ。再販モデルゆえパス(△)。

●Herpa 515986-003 Lufthansa A380-800 [D-AIMN] "San Francisco"
14機のうちの最新機材。2015年4月10日にデリバリ。再販モデルゆえパス(△)。

■Limox/Hogan DEC 2015
 定期リリースが定着するのか。Limoxから、Eurowings、JASDFに続いての第3弾は何とBeluga。Hoganの持っている金型をしゃぶりつくそうとでもしているかのようなラインナップ。
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTA] No.1
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTB] No.2
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTC] No.3
それぞれ上から1995年10月25日、1996年4月24日、1997年6月7日にデリバリされた。この流れでいくといつか4-5号機もモデル化されそうだ。面白いモデルなんだがだがハウスカラーゆえパスかなぁ(△)。

■Socatec/(Herpa?)
 機内限定販売らしい。メーカーはフランスのモデルブランドSocatec。1/500では初参入となる。フランスの航空機を中心にモデルをリリースしている。ただいくらメーカであっても1種だけのために金型を製作することは無いだろう。Herpaの金型ではないだろうか。
●Socatec Qatar Airways Boeing B787-8 [A7-BCB]
2012年11月13日。既に25機が就航済み。Herpaから発売済みである。Herpaでは当初発表の-BCAではなく-BCBがモデル化されたので同じ機体となる。従ってパス(△)。

■Aero500 DEC 2015
 こちらは久しぶりの、しかも一気大量のリリース。Aero500の復活?である。Aero500といえばDC10を期待したが、今回は全てB777で、しかも7機一気に発表となった。このなかで食指が動くのは1機だけ。ただ忠実性には定評のあるAero500なので今後作に期待である。

●Aero500 JAL Boeing B777-200 [JA772J]
●Aero500 JAL Boeing B777-300ER [JA740J]
それぞれ2005年4月14日、2008年10月28日にデリバリ。777も41機(うち-300は18機)を数えるが最終デリバリからもう6年が経つ。この機体は日本国内モデルとしてHogan製JALUXブランドで発売済み。日本以外の市場向けと言えるだろう。日本国内では流通しなさそうである。パス(△)。

●Aero500 Egypt Air Boeing B777-200ER [SU-GBR] Star Alliance
1997年7月2日デリバリ。6機のうちの1機。今回唯一の欲しいモデル(○)。どうせなら通常塗装機もリリースして欲しかった。2009年Hoganモデルが有ったがこちらはレジ無しだった。次回作に期待である。

●Aero500 Philippine Airlines Boeing B777-300ER [RP-C7774]
2012年11月6日デリバリ。現在6機を所有。B747が退役した今となっては同社のフラッグシップである。Herpa、Aero500 でリリース済み。うちHerpaコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Airlines Boeing B777-300ER [B-18055]
2015年1月14日GECASからリース導入されたばかりの最新機。現在28機所有するB744に変わって次世代の主力機となる。現在8機を所有。こちらもAero500でレジ違いの再版になる。Aero500、Sky500がリリース済み、Aero版がコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Southern Boeing B777-300ER [B-2099]
2014年2月25日デリバリ。6機の-300とともに4機の-200、12機の-Fを所有している。こちらもHerpa、Aero500がリリース済み、うちHerpa版をコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Eastern Boeing B777-300ER [B-2020]
2015年3月24日デリバリ。今では9機体制となっている。Herpa、Aero500、Sky500がリリース済み、うちHerpa版をコレクション済みなのでパス(△)。
編集 / 2015.12.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2016年 Herpaクラブモデル候補
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの2016年Club Model候補10機の情報である。昨年は初登場エアラインとラテンアメリカ系が目立ったのが特徴だった。今年も昨年同様渋いラインナップとなっている。例によってモデル化予想とTo Buy Levelを記したい。順位はモデル化の確率の高い順。一応トップ6がモデル化対象となる。3発機が二つもエントリー。機種もバリエーションに富んでいるし、新顔も3社もある。なかなか楽しみな2016年ラインナップである。


▼Herpa Biman Bangladesh McDonnell Douglas DC-10-30 [S2-ACR]
S2-ACRは1988年12月30日にデリバリされた機体。2014年に保管状態となり2015年9月に解体された。最初から最後まで同一社でその生涯を全うした稀有な機体である。BimanはClub Modelから出やすいのだろうか。3機目のモデル化。しかも3発機は初。これは是非当選して欲しい(◎)。

▼Herpa Ghana Airways McDonnell Douglas DC-10-30 [9G-ANB]
9G-ANBは1977年3月3日にThai Airwaysにデリバリされた。SAS、Malaysia、Worldなどを経て1999年10月7日に導入された。
面白いが2007年IFより9G-ANAがリリース済み。同じデザインなら見送りとなるが(△)。

▼Herpa Kiwi International Airlines Boeing B727-200 [N8883Z]
元々はEastern Air Linesに1979年1月25日にデリバリされた。その後Mexicanaを経て同社には1993年12月30日に導入、2001年5月カナダのKelowna Flightcraft Air Charterに売却後貨物機に改装された。どうも未だに現役のような感じである。Kiwi International AirlinesはPanAmやEastern Air Lines倒産後、両社のパイロットたちによって1992年設立された。一時は順風満帆で推移していたようだが1999年運航停止となった。実現すれば初お目見えのエアラインモデルである。従って買い(◎)。

▼Herpa People Express Boeing B747-200 [N605PE]
これも初お目見え。伝説のエアラインモデルがついに登場か。しかもクラシックジャンボ。今回一押しの候補である。1980年代のわずか数年年間存在したエアラインだったが、先駆けとも言えるLCCビジネスモデルを引っさげて国内線を拡大し、B747を使って大西洋国際線にまで一気に成長した。Frontierを買収したことで経営が傾いて、結局Texas Airに買収された。N605PEは1972年5月26日にAlitaliaにデリバリされた。その後Cargolux、Kabo Air、ONAを経て1984年6月15日に導入された。1992年Continentalに売却され2002年解体された。今回の目玉(◎)である。

▼Herpa Ryanair BAC BAC1-11-500 [EI-CCU]
元々コスタリカのLACSA Costa Ricaに1971年5月26日にデリバリされた機体。1980年Cayman Airwaysに売却後1990年12月同社に導入された。その後1995年5月に南アフリカのNationwide Airlinesに売却され2001年まで運行していた模様である。このところHerpaはBAC1-11押しのようだ。うーん他を優先させたい(△)。

▼Herpa Sun Express Deutschland Boeing B737-800 [D-ASXP] El Gouna Shuttle
2008年3月11日Aviation Capitalよりリース導入。今回唯一の特別塗装機。個人的にはパスだが、本国では票が伸びるのかも。デリバリ当時はSun Expressだったが2014年子会社のSun Express Deutschlandに移籍となった。El Gounaはエジプト紅海沿岸のリゾート地。詳細は不明だがそのリゾート地そのものかそこまでを結ぶ路線かのキャンペーン用の特別塗装だろう。小型機だしここは見送りたい(△)

▼Herpa Windrose Airbus A330-200 [UR-WRQ]
2014年Sky500からリリース済み。パス(△)。

▼Herpa TAM Brazil Airbus A340-500 [PT-MSN]
TAMは個人的には好きなデザインなのだが目新しさが無い。ただA345という機材目当ての票が伸びそう。ぎり買いか(○)。

▼Herpa Air France Convair CV-990 [N5605]
元は1962年1月にAmerican Airlinesにデリバリされた機体。1967年3月アメリカのModern Airに売却された。Air Franceには1967年3月から11月までリースされていた。同機はその後1976年に同じくアメリカのPorts of Call Denverに売却され1982年まで在籍していた。これは手に入れたい(○)。

▼Herpa PBair Boeing B767-300 [HS-PBH]
PBairとはまたマイナーな。1990年から2009年まで運行していたタイのエアラインである。親会社はシンハ・ビールで有名なブンロート・ブリュワリー社。もともとは社員移動のためのエアラインだったが、1995年にチャーター便、1999年には定期便の運航を開始した。バンコクを拠点に国内・国際線の運航を実施していた。PBの名はビール会社の創始者であるPiya Bhirom Bhakdiに因んだものと思われる。HS-PBHは1990年10月5日にAsiana Airlinesにデリバリされた。2005年3月23日にPBairに導入されている。その後2006年9月にはViva Macauに売却された。これはぜひとも実現して欲しい(◎)。

2016年クラブモデル実現して欲しいランク
================================================
1)◎ People Express Boeing 747-200 [N605PE]
2)◎ Biman Bangladesh McDonnell Douglas DC-10-30 [S2-ACR]
3)◎ Kiwi International Airlines Boeing 727-200 [N8883Z]
4)◎ PBair Boeing 767-300 [HS-PBH]
5)○ Air France Convair CV-990 [N5605]
6)○ TAM Brazil Airbus A340-500 [PT-MSN]
------------------------------------------------------------------------
7)△ Ryanair BAC 1-11-500 [EI-CCU]
8)△ Ghana Airways McDonnell Douglas DC-10-30 [9G-ANB]
9)△ SunExpress Boeing 737-800 [D-ASXP] El Gouna Shuttle
10)△ Windrose Airbus A330-200 [UR-WRQ]
編集 / 2015.12.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Model #6,#7 2015
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Wings Magazine 6/2015が届くまえにClub Model情報が入ってきた。10月にはClub Modelの発表が無かった分今回は2機まとめての発表となった。

●Herpa 528412 Delta Air Lines Airbus A310-200 [N805PA]
●Herpa 528405 Cruzeiro do Sul Airbus A300B4-200 [PP-CLA]
予想は5勝1敗となかなかの好成績。どれが選ばれても面白いモデルだったので結果は大満足である。まあ全部購入とまではいかないがCruzeiro do Sulが滑りこみで入選したのが嬉しい。南米、アフリカの昔のエアラインなどは一般的な需要が無い分モデル化されるだけでもあり難い。

2015年予想結果。
(★) (◎)Varig Macdonnel Douglas MD-11 [PR-VTH] "Star Alliance"
(★) (○)Kulula Boeing B737-800 [ZS-ZWO] "This way up plane"
(★) (○)Wardair Boeing B747-100 [C-FDJC]
(★) (◎)Cruzeiro do Sul Airbus A300B4 [PP-CLA]
(★) (○)Belavia Embraer E195 [EW-399PO]
(6) (◎)Trust Air Ilyushin Il-62 [UP-I6209]
=====================================
(★) (○)Delta Air Lines Airbus A310-300 [N805PA]
(8) (○)ATI-Aero Trasporti Italiani Macdonnel Douglas MD-82 [I-DAVH]
(9) (○)China Southwest Airlines Tupolev TU-154M [B2616]
(★) (○)Bahamas Air BAC BAC1-11-400 [C6-BDJ]
編集 / 2015.12.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 新製品情報 MAR-APL/2016
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの2016年3-4月新製品が発表された。数としては18種とまずまずである。軍用機や架空モデルも無い全プラ製の飛行船が1種あるのでのでコレクション対象は17種となる。全体的な印象としては数の割に心惹かれるモデルが少ない。相変らずのヨーロッパ偏重と小型機が多いせいだろう。
地域別に見れば北米2、アジア2、オセアニア1の他は全てヨーロッパ。アフリカ、南米、東アジアは0である。ワイドボディ機は半数以下の8モデル。3発機も無くA350も無いのが話題性を乏しくしたか。小型機のSu100も今回は無かった。Airbus6、Boeing6の他はTupolevが2、あとはEmbraer、CRJ、BACが各1とバリエーションが少ない。プロペラ機も無く、クラシック機は久々のB742とBACの2機種のみ。
ニュース性には乏しいがそれでもいくつか目を引くモデルがある。では例によって順次見て行く。

●Herpa 528764 Aeroflot Nord Tupolev Tu-154B2 [RA-85365]
製造は1979年とされる。Aeroflotにデリバリされた後、1998年6月にBalkan Bulgarian Airlines、2001年6月にはTyumenaviatransと渡り歩き、2005年3月27日に同社へ導入された。-Nordとしては2機目のモデル化。Tu134が既集なのでパス(△)かなぁ。

●Herpa 528818 Transaero Boeing B747-400 [EI-XLO] Flight of Hope
元々2001年10月31日Singapore Airlinesにデリバリされた機体で、その後同社に2012年12月22日に導入された。同社では19機のB744を含めて総計29機のB747を所有していたが全て2015年に運航停止となってしまった。レジ違いではあるものの昨年Sky500で収集済みである。なのでパス(△)。

●Herpa 528825 Turkish Airlines Airbus A321 [TC-JSJ] Borussia Dortmund,Kecioren
2013年7月1日にデリバリされた機体。小型機はA320とB737両方共に80機以上導入している同社であるがA321は51機と大きな勢力を担っている。固有名はKeciorenで、首都アンカラの北部地域の地名に由来している。ドイツのサッカーチーム、ドルトムントのスポンサー広告特別塗装機である。ヨーロッパではスポーツイベント関連の特別塗装機が多い。小型機なのでパス(△)。

●Herpa 528832 Air Berlin Airbus A321 [D-ABCO] "air dusseldorf"
2015年3月5日にデリバリされたばかりの新造機だが同年9月10日、デュッセルドルフ空港からの発着強化をアピールする目的で機体に社名の"air berlin"の代わりに"air dusseldorf"のロゴをでかでかと描いた。2008年から導入を始めたA321も最近更に増強し今では18機を数える。こちらも小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528849 Zeppelin Museum Zeppelin Zeppelin NT [D-LZZF] "175 Jahre Graf Zeppelin"
飛行船の発明したツェッペリン伯生誕175周年を記念した特別塗装機。全プラ製なのでコレクション対象外(△)。

●Herpa 528856 American Eagle/Mesa Airllines Bombardier CRJ-900 [N242LR]
元々2006年6月22日にイタリアのAir One CityLinerにデリバリされた機体。Mesa Airlinesには2014年5月1日に導入された。American Airlinesの地域ブランドであるAmerican Eagleで運航されている。63機のCRJ-900は同社の最大勢力となっている。デザインとしてはAmerican Eagleなのでここは見送り(△)

●Herpa 528863 Delta Air Lines Boeing B757-300WL [N589NW]
元々2003年3月3日Northwest Airlinesニデリバリされた機体。合併により2010年1月1日をもってDelta Air Lines籍となった。レジに旧社名の名残がある。同社の中・小型機の勢力は半端無い。A320シリーズ126機、B717が84機、B737NGが132機、MD80シリーズ181機、そしてこのB757が128機である。B757は最も退役が進んでいる機体であるがそれでも一大勢力には違いない。B757モデルはHerpaでは9機目。ウィングレット付きは3機目となる。面白い機体ではあるもののここは見送り(△)か。

●Herpa 528870 Edelweiss Air Airbus A330-300 [HB-JHR]
HB-JHRは未登録のレジ。2016年に新規導入される予定のものと思われる。導入後はリオデジャネイロやカルガリー線に投入予定。2015年11月に設立以来20年ぶりのデザイン変更とのことだが印象はあまり変わらない。機首のエーデルワイスの花が無くなり、機体のロゴがやや後ろに移動、尾翼のエーデルワイスがはみ出るほど大きくなった。2011年リリースのHoganモデルと並べてデザイン変遷を楽しみたい。これは買い(◎)である。

●Herpa 528887 Iran Air Boeing B747-200 [EP-IAI]
元1982年2月25日Lufthansaニデリバリされた機体で、2004年3月Air Universalを経て15/09/2006年6月15日に導入された。
イランと言えば政情不安で、機材の更新もままならないようだ。EP-IAIを含めて3機のB742が現役である。更にB74SPも3機現役。Herpaでは久々のNGクラシックジャンボモデルの登場である。今回の数少ない目玉の一つ。これは是非とも買い(◎)であろう。

●Herpa 528894 TUI Airlines Nederlands Boeing B787-8 [PH-TFL]
2014年12月12日にArkeflyにデリバリ。そのArkeflyもTUIグループを構成していたエアラインの一つだが2015年10月1日をもってTUIグループの名前を冠した社名に変更した。3機のうちの2号機。デザインは基本的にはTUIグループのものに統一されている。新デザイン機では初のモデルとなるので、これは買い(◎)である。

●Herpa 528900 Hop! Embraer ERJ-145 [F-GRGL]
2001年2月8日Regional CAEにデリバリ。2013年3月以降エースフランスのリージョナル子会社HOP!に移管された。E170に続く2機目のモデル化。E170はコレクション済みなのでパス(△)。

●Herpa 528917 Qantas Airbus A380 [VH-OQH] Wallabies,Reginald Ansett
2011年2月1日デリバリ。12機のうち、レジでは8番目となるが、導入は9番目である。固有名Reginald Ansettは言わずと知れたオーストラリアの航空会社Ansett Australiaの創始者である。元ライバル会社の設立者の名前とはなかなか粋な計らいである。大型機とはいえ特別塗装機には最近ちょっと飽きてきてしまった。特別塗装はラグビー代表応援を記念したものらしい。見送りとしてもいいがぎりぎり買い(○)かなぁ。そのときのサイフに相談だな。

●Herpa 528924 Alitalia Airbus A330-200 [I-EJGA] Artemisia Gentileschi
元々2007年5月4日にJet Airwaysにデリバリされた機体。2014年1月にEtihad Airwaysに売却されAlitaliaには2015年6月1日に導入された。14機所有しているうちの13番機。2015年の新塗装での導入となった。2010年からたった5年でのデザイン変更となったが全体的な印象はそう変わらない。固有名Artemisia Gentileschi は16世紀ガリレオとも親交の有ったイタリアの女流画家に因んだもの。新デザインでの初モデルなのでこれは買い(◎)。

●Herpa 528931 Aviastar-TU Tupolev Tu-204C [RA-64021]
元々1999年(?)にAerflotにデリバリされた模様だが詳細は良く解らない。まずKrasnoyarsk Airlinesにデリバリされその後2001年9月から度々Aviastar Tu所属となったが、最終的にNational Airlines Cargoを経て2008年8月30日に移籍された。Aviastar-TUは設立が2005年。Tu204ばかりを所有している。旅客型と貨物型でチャーター便を飛ばしているようだ。TUの社名がTupolevとの関係を思わせるが詳しいことは解らない。Wings Magazineにそのあたり詳しく書かれているだろうか。Tu204のカーゴ型は初めてのモデル化、エアラインとしても初お目見えなので買い(◎)である。

●Herpa 528948 British Airways Boeing B787-9 [G-ZBKA]
2015年9月29日にデリバリされたばかりの新造機。12機のB787のうち4機を導入済み。G-ZBKAはB787-9の初号機である。B788を収集済みなので悩むところだが流れのままコレクション対象とする(○)。

●Herpa 528955 Hapag Lloyd BAC BAC-1-11-500 [D-ALFA]
D-ALFAは元々1971年2月26日にBavariaにデリバリされた機体。1978年にHapag Lloydに吸収合併されで移籍となった。その後British Caledonian Airwaysに売却され、これまた統合の結果British Airwaysに移籍された後、1993年ルーマニアのJARO Internationalに売却されている。Hapag LloydはHerpaでは常連だがほとんどがOGモデルである。したがって今回のモデルは入手したい所(○)。

●Herpa 528962 KLM Boeing B737-800 [PH-BXZ] Owl / Uil
2008年3月6日にデリバリされた。同社の小型機はB737NGで統一された。シリーズ48機でヨーロッパ圏内を結ぶ。固有名のOwl / Uilはフクロウ。小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528979 Thomas Cook UK Airbus A330-200 [G-VYGK]
2015年4月29日にデリバリされたばかりの新造機。現在7機のA332を保有。2013年に発表された新デザインであるハートマークのA332である。このSunny HeartモデルはA321に続いて2機目。A321は未集だったのでこちらを優先(◎)。
編集 / 2015.12.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Sky500 特別塗装モデルもちょっと今回は見送りか
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
遅まきながらSky500から新製品情報。隔月となりつつあるが、休止よりははるかにましか。ただ今回は、おやおや?というリリースである。

●Sky500 ETIHAD Airways Airbus A330-300 [A6-AFA] "Visit Abu Dhabi 2015"
2009年12月23日デリバリ。2011年にSky500、2012年にはHerpaから"Visit Abu Dhabi 2011"が出た。同じレジ。ほとんど同じデザイン。変わっているのは機体の"2105"のロゴぐらい。毎年この年号のみ変更されて来た特別塗装機である。うーんギリギリ見送り(△)かなぁ。

●Sky500 Brussels Airlines Airbus A320 [OO-SNB] "TinTin / Tim und Struppi"
邦題「タンタンの冒険」とある。確かにキャラクターには見覚えがある。ヨーロッパでは結構有名なキャラクターらしい。初登場は1929年というから歴史は古い。フランスの子供新聞の連載から始まったそうだが作家がベルギーの Belgier HergéなのでBrussels Airlinesでの特別塗装となった模様である。日本でももっとキャラクターデザイン機が登場してもいいと思うのだが。東映あたり頑張ってくれないもんだろうか。機体は小さいがSky500では初めてのA320欧州機モデルという事でも話題になっているようだ。特別塗装だが機体が小さいので見送り(△)。

Sky500は値段が張るのでちょっとしたお財布の休憩。ややほっとしている自分がいる。Sky500今年はこれで打ち止めかなあ?近々発表されるHerpa新製品に期待したい。
編集 / 2015.12.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa新製品のゴタゴタ
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
WingsMagazineの最新号を見てからにしようかと思っていた。

KLMのB789である。ネット情報などでも既に話題になっているがKLMの789はデザインに間違いがあるらしく修正モデルが再販されるそうである。機首上部のロゴの配置と機種下部の塗り分けのカーブが修正されるらしい。噂によると修正版が出るので今回モデルは出ないんじゃないかという噂もあったもののモデルのほうが先に着いてしまった。切手やコインならエラー品ということで激レアとなるところだが、モデルの場合はプレミアはつかなさそうである(苦笑)。まあこれもモデル史(?)の一資料と割り切るしかないか。再販品は買うしかなかろう。もしかするとレジも変更されるかもしれない。

同じように過去発売されたLHの748レトロ塗装も修正版が再販されている。初版モデルは機体下部がイラスト通りグレートシルバーの2色だが、実機はグレー一色。何気に再販品という事でグレー一色に修正されて再販された。うーんこれは買い直しはパスだなぁ。

さらに悲報が。Sudan A300が発売中止というのである。版権の問題なのか政情の問題なのか、アフリカのエアラインは貴重なので事実であれば残念である。WingsMagazineで特集もされたのに。
編集 / 2015.12.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード