モデルで見るデザイン考
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
夜、間接照明のラウンジで一人ブランデーグラスを揺らしながら、カウンターに置かれたKLM773をじっくりと眺め、そのフォルムと洗練されたデザインをゆっくりと堪能しまだ見ぬ異国に想いをはせる。そんな大人の時間を過ごすのが夢である。
以前、新大阪店の帰りに仕事仲間を待つ間、がらがらの居酒屋のカウンターで、箱から出して眺めていたことがあった。熱燗におでん、赤提灯に有線のムード歌謡が流れ、女将さんが義理で興味を持ってくれたふりをして話を聞いてくれた。これはこれで渋いシーンなのかもしれないが、女将さんが手にしたモデルを落としはしないかとそればかり気になって結局ゆっくり鑑賞するとどろの話ではなかった。Kenya Airways B767では話題がそれ以上膨らむはずも無く、早々に鞄にしまいこむ事となった。やっぱり適度に放っておいてくれるショットバーがいい。マイボトルならぬ、マイモデルを肴に世界に想いをめぐらし一杯引っ掛けて帰る。そんな生活に憧れたりもするのであるが、いかんせん地が庶民なのでそんな気取った事はでけへんなぁ。先月見つけたエスニックバーの親父さんのところにしばらく通ってみるか。

そもそも飛行機モデルはコレクション性が高くなる要素が多い。切手やコインのように世界中のどこでも見られる上、各国・地域によってオリジナリティに富んでいる。各国の民族性や感性、価値観までもが反映される。飛行機が発明された100年ちょっと、量産飛行機が国際線に安定的に飛ぶようになったのは戦後。海外旅行が日本でも一般的になってまだ50年ほどしか経っていない。この半世紀で、これほどまでに異国情緒を堪能できるコレクションはそう無いだろう。

さて、つらつらとモデルを眺めていると、なかなか凝ったデザインもあればそうでもないデザインもある。デザインにも流行があるが、なんせキャンパスは横に細長い胴体と大きな立看板のような尾翼である。この特殊な形のキャンバスにデザイナーはどんなデザインを施してきたのか。

しげしげと眺めているうちにいくつかのパターンがある事に気がつく。
(0)胴体と尾翼のデザインの連続性
まず大きなキャンパスである胴体と尾翼に分けることが出来る。尾翼だけ単独のデザインとするか、胴体と一体型のデザインとするかである。一体型は同系色としたり、ラインを連続的につなげたりしてデザインの一体化を図るものである。前者ではJAL、LHなんかが代表的、後者ではANAやQFが該当する。
<不連続>s-DP1070157.jpg

尾翼はさておき胴体でのデザインだけに注目してみる。
(1)大体何分割されているか
全体が同じ色なら分割なし、2色なら2分割・・・となる。後で触れるチートラインは分割色に含めない。濃い紺のラインで上下の色を塗り分けているKLMなどは2分割である。ラインが太いと、なかなか判断に迷うことになる。例えばANAは白、青、灰の3分割だが、白や下面の灰あるいは無塗装(ベアメタル)は違いが無いものとすれば白と青の2分割といえなくもない。いずれにせよ3分割以上は少数派になる。

更にデザインを分類してみる。
(2)分割の方向
機体をどの方向の境界線で分割しているか。最も多いのは水平分割(-)だろう。次いで機首から尾部にかけて徐々に上がっていく上昇分割(/)、これとは逆に最近よく見られるようになった下降分割(\)。ほとんど無いが垂直分割(|)。水平はチートラインからの名残で割と多い。水平の塗りわけは高速性や安定感を連想させる。客船と同じ発想である。上昇分割は飛躍や成長を連想させる。下降分割は逆のイメージになりがちだが濃色系を後半に配して尾翼と連続させる事で、安全、安心感、高級感をかもし出す。垂直分割は分断や停止をイメージしてしまう。よほどの理由がないと採用されにくい。
<水平分割> s-DP1070163.jpg s-DP1070161.jpg<上昇分割>

<下降分割>s-DP1070162.jpg s-DP1070164.jpg<垂直分割>          

(3)境界線の有無
境界線に別色のラインが入る。それも単色ではなく、複数色の細いラインが入る事もある。1970年代までの主流だったチートラインは典型的な例だ。あまりないとは思うが境界線がグラデーションになっていることもデザイン的には有りうる。最近のKLMのOrange Prideがそうだが、これもよほどはっきりとした意図がないとわかりにくいし、汚らしくなるリスクがあるし、第一メンテナンスにコストがかかってしまう。
<チートライン=水平ライン>s-DP1070159.jpg

(4)境界の形状
境界線が直線的なのかそうでないのか。一般的なのはもちろん一直線。直線ではなく前方(または後方)に膨らんだ曲線、上方(または下方)に膨らんだ曲線。昨今は直線より曲線が多用されている。あまり見ないが曲線ではなく折れ線で前方(上方)、後方(下方)で区切られた境界線もあるかもしれない。曲線や折れ曲がりが複数回用いられる波型や、のこぎり型なんてのももしかしたら存在するかもしれない。編曲点が存在する微妙な波型が最近のトレンドである。
<水平波型>s-DP1070158.jpg

(5)境界線の位置
大体機体の中央を通る線で分割されるのが普通だが極端な機首、尾翼寄りの境界も多い。前後上下中央とどの位置で分割されるかによって印象も随分異なってくる。

ここまでで機体全体としてのイメージが大体固まってくる。機体のデザインを決定付けるものとしてはあといくつかの要素がある。
(6)配色
あまり気にしないことも多いが、これは何色かということではなく、分割された領域のそれぞれの色の配置がどうなっているかと言う意味合いである。具体的には、背景色ともいえる白、灰、メタルと、濃色、淡色の配置の方法だ。濃色は思い印象を与える為下方や後方に配置されることが多いが、まれに逆配置となることもある。この辺りはデザイナーやエアラインの強い意向やこだわりが予想されるがそんな思いというものも本当は詳しく聴いてみたい。

(7)柄・模様
各領域が単色の事がほとんどだが、まれに領域または機体全体が模様に覆われているものもある。よくみればドットパターンだっり、民族的な模様だったりが隠されている事が結構ある。

(8)ワンポイント
最後に配色や領域とは関係のないロゴやマークが配置されることも多い。ロゴだけをでかでかと描くビルボードタイプのデザインもある。かつてUTAがドアだけを緑色に塗ったのもこのパターンである。
<ロゴ>s-DP1070160.jpg


以上見てきたようにだいたいこういう視点でデザインを分類することが出来る。もちろん例外も少なからずある。もっと複雑なデザインというのもあるし、シンプルなのにそう来たかと唸らせるデザインもある。左右非対称デザインと言うのもあるにはある。

色については今回は考慮していないが、色そのものにも意味や象徴があり、各社の独自性を表している。色まで考え合わせると組み合わせは無限に出来そうだ。しかし、より乗客に認識してもらえるよう知恵を絞った結果、できるだけ余分な部分をそぎ落としシンプルにしたのがデザインだと思う。機体全体に写真を貼るというのはそれはそれでありなのかもしれないが、記号化という手順を経ていないためやはり厳密な意味ではデザインとはいい難い。できるだけ単純に、それでいてインパクトとユニークさを兼ね備えるのがデザイナーの腕の見せどころなのだ。モデルを通じでデザイナーの作品を鑑賞して行こうと思う。
スポンサーサイト
編集 / 2017.01.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
国際情勢と飛行機モデル
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先日、元中国韓国の駐在公使を経て、その後ドバイ公使となった道上尚史氏の「日本のエリートはズレている」という本を読んだ。独断と断ってはいるものの日本の対中韓や中東への一般常識や評価は国際的にはかなりずれているとの指摘である。日本の新幹線が中国の新幹線に負けているのは国際的には常識であり、日本は遅れているということらしい。まあ全部を悲観的に見る必要は無いと思うが、言われて見れば日本人の海外への興味が昔ほどは高くないような気もする。海外への憧れや今日見のピークは1970年の大阪万博の頃だったのかもしれない。

何年か前EmiratesのA380大量発注に驚いて、石油バブルなんじゃないかということを書いことがあったたが、あれから数年バブルははじけることも無くまだまだビジネスの中心として爆発的に発展を続けている。実際UAEは石油なんてほとんど出ないらしいが、そんな中で、かつてのレバノン、クウェートの繁栄と失敗を糧に国運をかけて国作りを進めている真っ最中らしいのだ。こんなことも、モデルコレクションを続けて行く中で徐々に理解できるようになるわけだ。
第二次世界大戦後の冷戦→米ソの覇権争い→日本の繁栄→EUの結成→ソ連崩壊→中国の爆発的発展→中東の混乱と壮大な実験→グローバリゼーションの反動が、年代後とのモデルをみてもなんとなくたどれてしまうのも面白いものである。常に最新鋭の最大型機が導入される地域・地域が景気がいいわけで、そんな系譜を見ていても面白いかもしれない。

国際的な経済・社会のダイナミズムを実感できるのも、飛行機モデルコレクションの醍醐味の一つなんじゃないかと思うのである。これからも日本の飛行機だけではなく見た事も聞いた事もないような異国の最新飛行機のモデルを是非手にとってみたいものである。
編集 / 2017.01.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
4発JET旅客機 LEGACY(イカロス出版)
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
新製品情報も、入荷情報もこの1ヶ月伝わってこない。市場は無風状態というところではあるが、ちょくちょくとコレクションを穿り出しては眺め回す毎日である。

昨日、ようやく用事のついでに大阪都心部に出かけ、念願の「4発JET旅客機 LEGACY」を購入できた。言われて見れば最新鋭のB747-8にして新規受注があまり無い。昨年10月にUPSから14機もの発注があったがここ数年発注は貨物機だけの状況である。A380新規発注は昨年でもEmiratesの追加2機だけという状況。両機種ともバックログの生産分が残っているが、現存の4発機の退役のペースの方がはるかに早い。An-124とともに大型貨物機にその存在意義が残るだけになってきそうである。
4発機も早くもLEGACYと言われるジャンルになりつつあるのか。時代の歩みは早いなぁ・・・
編集 / 2017.01.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
機体物語 3発機編
カテゴリ:  電子博物館 ★NEW ★ / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
年末から勤務形態が変更となり、通勤経路も多少変更となって、ちょっと不便になった。何が不便かと言うと本屋を経由し難くなったのである。そんな訳でまだ「4発JET旅客機LEGACY」が未購入なのである。さらに「Hello,Goodbye BOEING747」まで発売されるというので、ちょっとわざわざ書店に行かねばなるまい。そんな書籍に触発されたわけでも無いが、ちょっとモデルの棚卸ついでにいろいろと虫干しをする事にした。

気がつけば20年以上の1/500の歴史の中で様々な機体がモデル化されてきた。で、今回は3発機に注目して、電子博物館機体編をまとめてみよう。言うまでも無く3発の「発」は、発動機つまりエンジンの略である。プロペラ、ジェット合わせて7機種がモデル化されている。本当は各機体のバリエーションもあるのだがここでは、大項目の形式レベルで眺めてみる。

年代は製造年である。生産機数は大体昨年末くらいの時点のもので、試作機が含まれている事もあるようだ。なので大体の生産機数という感覚で捉え他方がよさそうだ。3発プロペラ機は実機としては結構種類が多いらしい。戦前戦後を通じてジェット機より多数の3発機が登場している。まあエンジンの一つを機首に取り付けることが出来るので、3発機は開発しやすいという特徴があるのは確かだろう。飛行機黎明期は1発より2発、2発より3発のほうが安全、安心というのがその背景にあった。ジェット機では、信頼性から4発ジェットが主流だったのを経済性に注目して3発機が開発された。今ではどちらも2発機が主流である。

プロペラ機でモデル化されている3発機はドイツJu-52だけである。まあHerpaのお膝元であるドイツ機ということと生産機数が膨大ということでモデル化されているんだろう。

s-P1070138.jpg●Ju52/3m
1931-1952 4,845機







続いて1960年代から始まったジェット機の時代である。すでに60年ほども経っているのか。最後の3発機はTu-154だが、御三家L1011,DC-10,MD-11も一部は貨物機として活躍中である。

s-P1070137.jpg●HS121 Trident
1961-1975 117機







s-P1070136.jpg●B727
1962–1984 1,832機







s-P1070135.jpg●Tu-154
1968–2013 1,026機







s-P1070134.jpg●L1011
1968-1984 250機







s-P1070132.jpg●DC-10
1968–1988 446機







s-P1070133.jpg●MD-11
1988-2000 200機







うーん、やっぱり3発機はいいなぁ。しかしこれも保管場所をCCLに付記したおかげで目的のモデルが箱すぐに取り出せるようになった。次は4発機を棚卸してみようか。ちょっと機種が多そうなのでプロペラとジェット別々になるかな。
編集 / 2017.01.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 通常リリース顛末(1)
カテゴリ:  コレクターへの道 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
またそろそろHerpa新製品の発表時期が迫ってきた。

他ブランドが次々と沈黙する中、定期的なリリースが約束されているHerpaブランドは本当に頼もしい。年末にかけてHerpaの定期リリースについてHerpa Wings Magazineから再確認も兼ねてCCLに再反映させた。毎回のリリースでは感覚的な傾向を振れてきたがより正確にリリース毎の特徴がわかるようになった。

Herpaの定期リリースは年6回ある。1998年の途中からWingsMagazineが揃っているが年毎の動向を確認する為、1999年02月リリースから2016年12月リリースまでの18年間108回のリリースの傾向をざっと見てみる。

Herpa年別
まずはリリースの数である。右は年毎の総リリース数であり2008年のリーマンショックの影響がモロに出ている。がその後は堅調に回復し、リーマン以前よりはリリース数自体は増えている。グラフは純粋な定期リリースだけであるが、最近ではこれに再リリースや定期的なクラブモデルが追加される。一方でクラブモデル自体は1999年ごろから開始されているうえ、昔はエアラインやショップからの特注モデルも多かったのも事実である。ただ全体としては2008年を境にリリース数は大幅に増えたと言っていいだろう。左の折れ線はやや見難いが、各年の月別のリリースの状況である。やはりリリースが多いのは最近の傾向ではあるが全体的に5回目のリリース(10月)が平均22.7個と最も多く、1回目(2月)リリースが平均19.4個と最も少ない。全体的に年の前半よりも後半のほうがリリース数が2-3個多い勘定である。

Herpa地域別
次いでいつも機になる地域別のリリース状況である。アジアは東、中央、西に分けてある。日本も別扱いとした。判りやすい様に最も多いヨーロッパを下軸に2番目に多い北米を上軸としてみた。ヨーロッパが多いのは相変らずだがここ数年は4-5割程度で、以前に6割前後に比べるとやや勢いが鈍い。北米がさらに昔の4割程度だったのが徐々に減って行き最近では2割弱という状態である。メジャーどころは既に網羅してしまったということなのかもしれない。ここ4,5年で変わって食えて気なのが西アジアで、中東3エアラインモデルの存在が大きい。同様にここ数年はキャセイを始め中国系のモデルを中心に東アジアモデルが堅調である。日系モデルは2013年のJetStar Japanと自衛隊関係を除けば10年以上リリースが無い。

Herpaメーカ別
最後に機体メーカ別のリリース状況を見てみる。因みにMacdonnel Doulasは現状elseに分類した。こちらは早々にDouglasに統合する必要が有りそうだ。AirbusとBoeingがリリースの中心なのは変わらない。大雑把に見てAirbusの割合が徐々に増えているように見える。実機の趨勢と同じような動きなのかもしれない。2強のどちらかがリリースされない事も過去には名度か有ったようだ。2008年から9年にかけてはリーマンショックと関係があるのか2強の割合が一時的に乱れている。旧ソ連製のモデルの登場がこの頃から俄然活発になっている。

結局の所はっきりとした傾向があるようにも見えなかったが、Airbus機もヨーロッパ勢も割合としては頭打ちの状況であり、最近のモデルリリースを支えてきた中近東勢が一段落したことから、今後勢力図に多少の変動が出てきそうな感じである。とはいえHerpaからすれば売れ筋をモデル化する大方針があるはずなので、単に新機材就航に合わせてモデル発表しているだけなのかもしれない。実施特別塗装機などの割合は昔に比べても高くなっているような気もする。いろいろな角度での分析を試みたいと思う。
編集 / 2017.01.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 20年の歩み (1)
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
早いものでもう2017年である。Herpaが模型屋に並び始めたのは1994年ごろだそうだからもう20年以上経つのである。

年末年始は1/500の世界も特に動きもなく平穏な年明けとなった。コレクションをじっくり眺め回すということも出来たのだが以前から気になっていたCCLのメンテナンスを行うことにした。Herpa Wings Magazineのバックナンバーを何気なく手にとってCCLを見ているといくつか記載ミスが見つかった。バックナンバーは1998年の2号からある。当然そこには毎回の新製品についての記事があるわけで約20年分の通常リリース分についてまずはCCLをメンテした。やはり大きな間違いがいくつかあった。発売月が軒並み間違っていたり、アイテムNoが一つづつずれていたり。幸い棚卸に重大な影響を与える誤謬というのはなかったが、それでも長い時間い編集ミスや入力ミスが積み重なっていたようである。

バックナンバーを全て見直してCCLに反映させた結果、Herpaの通常リリースについては1999年以降の趨勢がよくわかるようになった。今でこそ隔月で15種類以上の新モデルがリリースされているが、初期段階では数モデルしかリリースされていないときもあった。まだ別項目でのクロスチェックが残っているが、それもまとめて近々振り返ってみよう。
編集 / 2017.01.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード