FC2ブログ
2019年の最初のコレクションはAirbus小型機から
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
2019年初コレクションは小型機。年末に買いそびれていたので、再入荷待ちになったモデルである。

■Herpa Pegasus Airlines Airbus A320neo [TC-NBA] Demokrasi
■Herpa Cyprus Airways Airbus A319 [5B-DCW]

s-P1080673.jpg s-P1080672.jpg
期せずしてAirbus小型機となった。シャークレット付きのA320はB738とシルエットが酷似しているが、それでも全体的に華奢なAirbus、質実剛健なBoeingという雰囲気は1/500でもなんとなくわかるから不思議なもんである。
スポンサーサイト
編集 / 2019.01.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ほんまかなー
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ほんまやったら嬉しいが。Sky500久々の新モデル情報である。
今回も2種のモデルがネットで話題となっているが、うち一種は2015年にリリースされた既出のAlitalia A332 Expoである。
当時、発売延期とうわさされながらも無事リリースされたいわくつきのモデルなんだが、リリースされたのは一部地域だけだったのかしらん?

●Sky500 Air Mauritius Airbus A340-300 [3B-NBJ] "50th years" Le Chamarel
2006/12/15デリバリ。Le Chamarelはモーリシャスの村名に因んだもの。何年か前にイッテQでも紹介された7色の大地が有名な観光地である。50周年特別塗装機、とはいえ50のロゴが描かれているだけの新デザイン機となる。したがって買い(◎)!
編集 / 2019.01.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2018年から2019年ゆく年くる年
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
年が明けた。なんだか波乱の多い2019年となりそうな感じで、おちおち振り返りもできなかったが、例年のごとくコレクションを振り返っておきたい。

s-2018Newcol02.jpg
まずはモデルリリース状況である。言わずもがなであるがHerpaの独壇場となりつつある。Sky500もAero500も復活はほとんどなく、Hoganも存在感が急速に薄れつつある。中国系の3ブランドが失速しているのは米中貿易戦争の影響も少なからずあるのではないだろうか。今後しばらくはこの状況が続きそうだ。ショップブランドやエアラインブランドは、金型の形状などで判断しHoganやSky500などに割り振っている。ま、そんな中でも安定的にHerpaのリリースが続いてはいるので、コレクターにとってはぼちぼちと続けられるペースになったということか。

s-2018Newcol01.jpg
そんな状況でのマイコレクションである。落穂拾い的な新コレクションがあるのでHerpa一色とはならないまでも、今後もその割合は高まりこそすれ低くなることはないだろう。

s-2018Newcol03.jpg
2018年は74機がコレクションに加わった。年末にもう少しまとまって入荷するかと思ってはいたが思いのほか伸び悩んだ。そろそろ小型機の未収モデルもチェックしておかないと買いそびれのまま幻モデルになりそうなものもいくつかある。

ショップブランドは今後もなにかサプライズが起きるだろうか。今年はANAのA380、B787-1000、JALのA359の就航が見込まれている。果たしてA380はダイキャストなのかはたまた写真ではそう見えるプラ製になるのか。また大阪でのG20ではKIX/ITMにどんな要人機が飛来するのか。MRJの新規受注はあるのか。いろいろと楽しみな1年になりそうである。
編集 / 2019.01.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード