FC2ブログ
秋の収穫2019
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末定例の東京出張だった。が、今回は用事が1400からなのでゆっくりできる。何はともあれ巣鴨に向かうことに。ワゴンには1/500は皆無の状況が続いている。ただせっかくなので小型機を物色した。

■Herpa novair Airbus A321neo [SE-RKA]
s-P1090683.jpg s-P1090682.jpg

新入荷コーナーにあったので重複買いはないだろうと購入。機首のApolloのロゴで一瞬混乱したが、これは同じスウェーデンの旅行会社のロゴである。北欧初のA321neo。

仕事は思いのほかはかどり新大阪着が2000である。新幹線に乗る直前新大阪店さんより電話をいただいた。週末にはうかがうことにする。
新大阪から梅田、豊中の駅中書店ではデアゴB741がほぼ売り切れている。やはりかなりの人気のようだ。ここは買わずに未練を断ち切ろう。

翌土曜日、新大阪店さんに向かう。おや?ここでもデアゴが。B741が2冊のみ。B789はまだ在庫がありそう。
「デアゴも扱うんですか?」
「ええ、B741は予想通りかなりの人気です」
「書店でも売り切れてますね」
「ただ何号まで持つかですねぇ。次号のJAS777も人気が高そうなんですが、それ以降となると需要が分かりません」
「そうですかぁ、確かに欲しい人は定期購読しますもんねぇ」
予定されているDC-3,4,6,7なんてのはかなりのマニア向けになりそうだ。

話はそれるが、最近デアゴのJALシリーズはTVCMをやっている。カミさんなんかは全部買う気やないやろねなどとあからさまに釘を刺してくる。がこちとら創刊号は買ってしまっているので、取り繕うこともできず、「ああ創刊号だけね」と事実だけを報告している。で、件のTVCMだが画面いっぱいに陳列されたモデル群の左最奥片隅に気になる1機が一瞬見える。ジャンボ機のようにみえるが、尾翼は鶴丸、ただ機体は上半分は濃緑に見える。キャセイの特別塗装機かまりんじゃんぼのパチモンのような雰囲気である。当ブログ読者の方の推測によるとベアメタルのカーゴではないかとのこと。たしかに背景が写り込んでいるように見える。定期購入するわけではないが今後のラインナップが楽しみである。

さて本題の新コレクション。
■Herpa Condor Airbus A330-200 [G-TCCF]
■Herpa Etihad Airways Boeing B787-9 [A6-BLV] Abu Dhabi Grand Prix

s-P1090679.jpg s-P1090678.jpg s-P1090680.jpg s-P1090684.jpg

今週末は以上3機。
スポンサーサイト



編集 / 2019.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
そうかぁ、CM流れてたかぁ
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
「もしかして買うんじゃないの?」
カミさんからの不意打ちであった。心当たりは・・・いっぱいある。こんな時にうろたえて余計なことまでしゃべってしまうのが男の悲しい性である。しかしこちらも伊達に年を重ねているわけではない。あくまでしらを切りとおすことに専念した。

果たして、話の内容はJAL デアゴスティーニだった。良かった。新しいテントとか、一眼カメラとか、自動車買替え何ぞと口走っていたらローン残高を前にして二人で沈黙するようなことになるところであった。

しかしこの時すでに創刊号を買ってしまっていた。ばれるのは時間の問題と
「創刊号だけ買った」
とゲロしたのである。

でもまあ確かに、何号あるの?80号!どこに置くの?という矢継ぎ早の尋問の前には、値段の割に出来が良いだの、JAL百科事典ができるなどというのは定期購買の根拠としては何の説得力もないのであった。

そんなわけで、先週はあんなに盛り上がっていたJALシリーズではあるが、冷静に考えて1/500との被りがないものに限定して気に入ったものだけ買おうかとも考えなおしている。1/500初志貫徹を誓ったのであった。因みに周囲の知人には大いに吹聴し、皆定期購読に走っている。

でもなー、あのCM、「ずらりと並べる」と確かに壮観なんだよなー。CMではResochaも見えてたし。まだまだ未練たらたらなのである。
編集 / 2019.09.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やられた! JAL渾身の企画は噂以上だった
カテゴリ:  モデル・トピックス / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
デアゴスティーニJALシリーズが始まった。初回はB787-8で990円。ダイキャスト製でこの価格は圧倒的に安い。1/500でも結構なバリエーションが発売済なので定期購読する予定はまだ無いが、今年の数号での出来を見ていくうちに1/400への浮気心を抑えきれないかもしれない。

にしても80種である。戦後のおそらく代表的な機体、デザインは網羅されるのだろう。JALだけでも鶴前・初代鶴・太陽・現鶴の4世代ある。これに貨物機やTDA-JASが加わるので意外とモデル化されない機体も出てきそうだ。JAS777は同じように苦労しそうで、個体差が出るんだろうか。MD90のレインボーカラーは全色出るんだろうか?ディズニー関連は出ないだろうなぁ。いや全部といえば全部です、SMAPもドラえもんも、なんならハーレクインも出します!なんてことになったら定期購読間違いなしなんだが。

全80種という数もさることながら、ホームページでも同誌やJALの本気度が感じられる。よくある質問はどれもマニアからの質問を想定していて、相当な好きモノが関係者に居る様だ。モデルの素材や原産国、メーカー名、モデル化選定基準まで普通の想定問答集としては考えられない。

さらに金型がオリジナルというのはかなりすごい。発行部数にもよるがそれぞれの金型で元を取ろうというのだからそれなりに簡略化もあるんじゃないだろうか。B747はともかくSaab340なんてそんなに売れないんじゃないのか?・・・GSEなんて付属しないかしらん?

さて気になる初号機である。コレクション対象外なので、冷静に構えていたが、いざ本屋で手に取ってみるとその重量感と、機体の迫力に負けてついつい買ってしまった。
s-P1090641.jpg s-P1090642.jpg

結論から言うと、「やられた!」。990円にしてはいい出来というレベルではない。今後毎号3,000円近くするのだがそれでもかなりの出来栄えである。比べるのもなんだがANAのFLYING HONUよりスケールモデルのこだわりが素晴らしい。過去のデアゴスティーニ系の造りとは本気度がまるで違う。JALサイドのこだわりでもあるのだろうか。価格を抑えるためにJAL側が費用の一部を負担してるんじゃないかと思うほどだ。
s-P1090655.jpg s-P1090654.jpg s-P1090653.jpg s-P1090652.jpg s-P1090651.jpg
s-P1090649.jpg s-P1090646.jpg s-P1090645.jpg s-P1090647.jpg

●素材
一般的な1/400ダイキャストモデルと同じである。機体、主翼、尾翼はダイキャスト。エンジンカウル、主脚、前脚、APUはプラ製である。WiFiアンテナはさすがに印刷表現だ。今後小型機では尾翼がプラ製になるかもしれない。

●モールド
機体下面はいたってシンプル。主翼は左右一体型、尾翼は左右差込式。ギアが付いているだけで儲けものという感じだが、なかなか凝った作りをしている。秀逸なのは翼のモールドで、かなりシャープな造り。尾翼のモールドまできっちりと作り込まれているのには頭が下がる。

●印刷
精緻なタンポ印刷。主翼・尾翼の前縁は銀で塗分けられている。Unisefのロゴやもちろんレジまでしっかりと表現されている。窓は枠付きのグレーで表現とかなり細かい。緊急脱出用のハッチや荷物用のドアまで描かれているのには恐れ入った。

●付属品関係
スタンドやスタンド用の穴は無い。

●パッケージ
これが80巻とかかなり嵩張りそうだ。モデルを取り出すのに紙製の下蓋を破らないといけないのがちょっと残念ではある。
s-P1090643.jpg s-P1090644.jpg

既集のモデルは見送るか、いやいや1/400でのJALシリーズ完集を目論むのか、1週間毎に決断を迫られそうである。とりあえず次回のB741と次々回のJAS777は買ってしまいそうだなぁ。
編集 / 2019.09.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
同志様方と共に
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先々週は木・金と東京出張だった。久々の宿泊出張ということだったので巣鴨詣でに行くもワゴンには1/500が皆無という状態。次の入荷を楽しみに待つしかない。帰阪後梅田の中古店に立ち寄るも収穫は無し。先週は親父の実家の高知に帰省したが、今回は高齢の親父を連れてという事で、大阪からの長距離運転である。高知のショップ巡りも叶わずs、めぼしい話題にもありつけなかった。
昨日、姫路出張中にお呼び出しが。打ち合わせ中だったので仕事を終えて姫路おでんとアナゴ焼きに舌鼓を打ちつつ電話してみる。
「明日、ちょっとまとまって入荷しますよ」
土曜日、実は梅田に出る予定があったのでちょうどよかった。秋空なのにかなり暑い日であった。先客の方が2方ほど。じっくり選んでおられたので、お目当てのモデルをちゃちゃっと検視する。
■Herpa Lufthansa Airbus A380-800 [D-AIMB] Munchen
■Herpa Air Tahiti Nui Boeing B787-9 [F-OMUA] Fakarava
■Herpa China Southern Airlines Boeing B787-9 [B-1168] 787th,787
■Herpa Juneyao Airlines Boeing B787-9 [B-1115]
■Herpa Westjet Boeing B787-9 [C-GUDH]

s-P1090626.jpg s-P1090627.jpg s-P1090628.jpg s-P1090629.jpg s-P1090630.jpg s-P1090631.jpg
s-P1090624.jpg s-P1090625.jpg s-P1090632.jpg s-P1090633.jpg
全て問題はない。確認中も電話が鳴る。そちらもどうも1/500のお客様のようだ。聞くとはなしに会話が耳に入ってくる。
ん?ノーズダウンのコンコルドと言ったような・・・

「小型機も入荷してますがご入用ですか?」
やっぱり、コンコルドも入荷していたのであった。新金型なのでこちらも頂くことに。さらに小型ながらA220-100としては初モデル(とは言いながら改名前のCS100は収集済だが)、米系のA220ということでこちらもお買い上げとなった。
■Herpa Delta Air Lines Airbus A220-100 [N101DU]
■Herpa Air France Aerospacial Concorde [F-BVFC] nose down

s-P1090637.jpg s-P1090638.jpg s-P1090639.jpg s-P1090640.jpg

ここで例のごとくガラスケースを眺める。ありゃ?珍しいものが並んでるなぁ。Aero500ですかぁ。しかもDC10が3種とB772が1種。と、B772は未集だなぁ。でもこの塗装はコレクションには無いなぁ。基本対象外のレトロ塗装機なんだけど、実物見たらなかなかいいですなぁ。
「こ、これもちょっといいですか?」
展示モデルではなく奥の棚からお出ましの一品であった。ということは結構在庫があるということなのか。
以前の記事で予想していた通り現物見て手を出してしまった。

■Aero500 PIA-Pakistan International Boeing B777-200ER [AP-BMG]
s-P1090634.jpg s-P1090635.jpg

気が付けばお客さんがさらに3,4名来店されている。ひゃー、これ以上お待たせするのは申し訳ない。
「あ、どうも、お久しぶりです」
以前お見かけした1/500の同志様達であった。今日は1/500マニアの集いのような雰囲気である。まあ新入荷がたまたま1/500に集中していただけなのかもしれないが。
「すみません、お待たせいたしました」
一気買い、ついで買いとお見苦しいところをお見せしてしまったが、8機まとめ買い、しかも掘り出し物にも出会えて上機嫌でショップを後にしたのであった。
編集 / 2019.09.07 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード