FC2ブログ
驚き!でもどうしようもないか
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
航空業界だけでなく、航空手記業界も動きが取れない状況が続いている。そんななか久々にHerpa以外のブランドの動きが。JC Wingは特に1/500では忘れた頃にリリースされる。他スケールとの同時リリースが多いようで今回も複数スケールでの同時リリースとなる。

●JCWing JAL Japan Airlines Boeing B787-8 [JA837J] "Tokyo 2020 Torch Relay"
2014/11/25デリバリされた国際線用の機体。2020年3月19日アテネ発、翌20日小松着のJAL/ANA共同運航便JL2020便として、2020東京オリンピックの聖火を運んだ。その後はコロナウィルスの影響で運航されることなく駐機状態が続いている。
コロナウィルスの影響がなければオフィシャルモデルとして発売されたかもしれない。JC Wingということなので日本国内では販売されない。香港や欧州の知人を頼るしかないか。しかし頼ったところでいる帰国できるかも見通しが立たないのでどうしようもないが。
スポンサーサイト



編集 / 2020.04.27 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa New Release JUL/AUG 2020
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
このご時世に、定期リリースを発表してもらえるとはなんともありがたい話である。しかし、影響は少なくないようで今回のリリースは9種にとどまった。それでも注目のモデルが多い。今回は軍用機も架空モデルもない。貨物機やプロペラ機もない。すべてがコレクション対象となる。9種のうちワイドボディ機が実に7種もある。定番のB787、A350は各2種づつ。さらにDC-10やB762などセミクラシック機もラインアップされている。地域的にも欧州3、北米2、アジア(中東)2、オセアニアとアフリカが各1と結構バランスがいい。Airbusが5、Boeingが3、その他1というのはいつも通りか。
特別塗装機は中東の2種のみ。リリース数のわりにTo BUYモデルの比率が高い。どれも楽しみなモデルである。

では、いつものごとく個別に見ていこう。
★最新鋭機材★特別塗装★
●Herpa 534420 Etihad Airways Boeing B787-10 [A6-BMH] "Greenliner"

2020/1/22デリバリの新品機材。8機所有する-10の最新機である。Boeingと共同でCO2削減を含む環境キャンペーンの一環としての特別塗装機。2020年1月のAbu Dhabi Sustainability Weekのエコフライトとしてアブダビからブリュッセルへ飛行した。面白い機体ではあるが見送りとする(△)

★最新鋭機材★
●Herpa 534413 Swiss International Air Lines Airbus A320neo [HB-JDA] "Engelberg"

こちらはもっと新しい、2020/2/20デリバリ。同社初のneoであるがそれだけではなかなか食指は動かず(△)。

★新デザイン★最新鋭機材★
●Herpa 534406 SAS-Scandinavian Airlines Airbus A350-900 [SE-RSA] "Ingegerd Viking"

A350導入を機にデザインも変更された。待ってました!ようやくのモデル化。当然買い(◎)である。2019/11/29デリバリ。レジの末尾が初号機であることを暗示している。現在3機所有する。

★復刻★
●Herpa 534383 Qantas Boeing B767-200ER [VH-EAJ] "City of Wollongong"

これはサプライズ。QFの762と言えば1996年のOG以来、実に24年ぶりのモデル化となる。古いOGモデルがリニューアルでの登場となる。こういったリバイバルモデルは今後もぼつぼつとリリースしていってほしいところだ。当然買い(◎)。機体は1985/7/3にデリバリされたもの。2003/7/23解体処分された。最盛期には762が7機所有されていた。固有名は南東部の海岸にある鉄鋼の街の名前である。

★最新鋭機材★
●Herpa 534390 SAA-South African Airways Airbus A350-900 [ZS-SDF]

2019/12/6デリバリ。一旦はAir Mauritiusにデリバリされたのちそのままリースされた機体。本機を含めて4機が就航中。もしかして新機材導入を機にデザイン変更があるかもと思っていたが、現行のままだった。同じデザインのA346と並べてみるのも楽しみである。これまた買い(◎)。

★最新鋭機材★
●Herpa 534376 Lufthansa Airbus A321neo [D-AIEA] "Aachen"

2019/5/4デリバリ。固有名は国境の街Aachenに由来したもの。小型機故パス(△)。

★3発機★
●Herpa 534369 Northwest Orient Airlines Douglas DC-10-40 [N155US] "DC-10 50th Anniversary" series

やっぱりシリーズ化されるのね。かなりうれしい。今年いっぱい続くんだとすれば6機が登場することになる。今回は北米から。HerpaとAreo500からモデル化済だがこれらはNorthwest Airlines、しかも-30である。2010年Aero500から発売予定だったがこちらはキャンセルされたらしい。機体は1973/12/12デリバリ、2003/10解体された。◎

★特別塗装★
●Herpa 534352 Emirates Airbus A380-800 [A6-EVB] "Year of Tolerance"

2018/11/16デリバリ。元々はSkymark Airlinesに[JA380A]としてデリバリされる予定の機体だった。その後エンジンをTrent970から972に転装した後デリバリされている。特別塗装機は2019年国際寛容年と記念したもの。デリバリの日は国際寛容日にあたる。同年11/29、145の国籍を持つ540人が搭乗し記念飛行を行った。最も多い国籍の人が搭乗したフライトとしてギネスにもう登録されている。こちらも興味深い機体ではあるが見送り(△)とする。

★新デザイン★最新鋭機材★
●Herpa 534321 United Airlines Boeing B787-10 [N12010]

今回の目玉、ブルー系の新デザインのUAが早速登場。B773も待ち遠しい。2019/12/24デリバリ。-10は既に12機を数える。-8/-9も合わせて52機もの787を運航している。当然買い(◎)である。

編集 / 2020.04.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ようやく飛来
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
Herpaが出荷したと書いた翌日、久しぶりに新大阪店さんから電話が鳴った。
「小型機ばかりですが、結構一度に入荷しましたよ」
今晩にも緊急事態宣言が出されるということで、明日からは当分テレワークとなる。外出もままならないのであれば帰宅途中に立ち寄らねばなるまい。新大阪店さんは現在コロナ対策で時短営業とか。こちらの終業まで待っていただけるとのこと。終業チャイムもそこそこにダッシュで向かう。
確かに小型機ばかりだが、今回は欲しいリストにあるものが多い。
「ちょうどお誕生日なので、お誕生日割引が効きますよ」
「なんですとー」
というわけで、久々のお買い上げ&誕生日祝いもかねて、本来は△だったTurkishもMAXつながりということでコレクションに加えることに。

■Herpa BAC/Aerospatiale Aerospacial Concorde [F-WTSA]
■Herpa Nordica ATR ATR-72-600 [ES-ATA]
■Herpa TWA-Trans World Airlines McDonnell Douglas MD-83 [N984TW]

s-P1100062.jpg s-P1100061.jpg s-P1100060.jpg s-P1100059.jpg s-P1100058.jpg s-P1100057.jpg

■Herpa Spice Jet Boeing B737-Max8 [VT-MAX]
■Herpa Turkish Airlines Boeing B737-Max8 [TC-LCA]
■Herpa United Airlines Boeing B737-Max9 [N67501]

s-P1100068.jpg s-P1100067.jpg s-P1100066.jpg s-P1100065.jpg s-P1100064.jpg s-P1100063.jpg

清算が終わるまで店内をぶらつく。デアゴのJALシリーズの在庫も豊富である。そういえばここ最近本屋で見かけていない。というのも阪急梅田の本屋「Book 1st」が2店とも先月閉店したからである。あれだけの人通りで本屋の経営が成り立たないほど文字離れが起こっているのだろうか。おかげでJALモデルもチェックできなくなってしまった。先日高知へ帰省する前から全然見ていないなぁ、最新刊とかはなんじゃらほいと思いつつ、さらに店内をぶらつく。おおっ!#14はDC-8だったか。いいなぁ、ほしいなぁ。
「それ、人気高いですよ」
そりゃそうだろう、というわけでこちらもお買い上げ。

Herpaによると毎月2回の出荷が3月は滞りなく終わったとしている。2階分がまとめて入荷したのか、近々もう一回入荷があるのか。大型機が今回皆無だったので、次週当たりまた新モデルが飛来するかもしれない。
肝心の新製品情報の方も気がかりである。
編集 / 2020.04.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
北風の伊丹
カテゴリ:  関空・伊丹クロニクル
herpaもテレワークをやっているらしい。が、そんな中でも出荷をしているそうである。どの分が出荷済なのか、出荷は継続されるのかはわからないが、まだまだ影響は長引きそうである。
さて、去る日曜日、用事のついでに伊丹公園に出かけた。思いのほか北風が強く体もしえてきたので3機の出発のお姿だけを納めて帰路に就く。

流し撮りの練習も強風で体が振られて思うようにいかない。何より絞り込んでもシャッタースピードが速すぎて背景が流れません・・・
s-P1100037.jpg s-P1100041.jpg s-P1100052.jpg

編集 / 2020.04.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード