FC2ブログ
今年のILA限定モデルは3発機、しかも初登場エアライン!
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
HerpaのClub会員の権利がクレジットカードの期限きれで停止されていたようである。ようやく連絡と手続きが済み、Wings Magazine 2,3/2020の2冊の到着待ちである。2/2020で掲載されているであろう限定モデルについて、既に海外サイトで話題になっているので先に触れておこう。

★3発機★初登場エアライン★
●Herpa 534314 Laker Airways Douglas DC-10-10 [G-AZZD?] ILA 2020

laker 1966-

レジがはっきりとしていないが、写真がもとになるとすれば[G-AZZD]となる。1972/11/16デリバリ。1977/10 Air Algerie、1982/5 Capitol Air、1984/4 Arrow Air、1984/10World Airways、1987/1 American Airlines、1994/5 Hawaiian Airlinesと遍歴し、2000/1American Airlinesに戻ったが同年Fedexに売却され、2002/9にはパーツ取りのため解体された。まあ天寿を全うした機体といえるだろうか。1989年の映画「the Innocent man(邦題:仕組まれた罠)」で本機が使用されているらしい。

Laker Airwaysはイギリスの航空会社で今でいうLCCの走りであった。1966年設立時は会員向けのチャーター便を運航していた。転機は1977年にSkytrainのブランドで運航を開始した格安の大西洋路線で、これが大当たり。一気に時代の風雲児となった。ただし1979年のオイルショックで景気が悪くなると、IATAカルテルの包囲網に資金源まで遮断され1982年に倒産してしまった。彗星のごとく現れて消えていった時代を象徴するエアラインであるが、以外にも今までモデル化されてこなかった。現IATAメンバーに気を使ったんだろうか。それほど時代を先取りしていたエアラインである。

ILA 2020 ベルリン航空宇宙ショウでの企画モデルである。ILA2020事態はコロナの影響で中止となったが、モデル自体は発売されるとのこと。これは絶対に買い(◎)である。早速ベルリンに手配した。
スポンサーサイト



編集 / 2020.06.21 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa 定期モデル飛来
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
梅雨の中、久々の訪問となる。
相変わらず、店内は入荷モデルが氾濫し、お宝感が半端ない。デアゴのJALシリーズの在庫も豊富である。ふと思い立って探してみたがMD-11が見当たらない。聞くと人気が高く売り切れたとのこと。うーん、あれば買ってもいいかなぁなどと考えていたんだが、3発機マニアがそんなに居るとは…
さて、問題の新モデルである。

■Herpa JetBlue Airways Airbus A321neo [N2002J] Balloons
s-P1100086.jpg s-P1100085.jpg
小型機ではあるがデザイン違いを購入済なのでこれだけ外すというわけにもいかない。今のところ全10種中4種がモデル化されている(特別塗装を除く)。

■Herpa Turkish Airlines Boeing B787-9 [TC-LLA] Macka
s-P1100084.jpg s-P1100083.jpg
機体のシルバーチューリップは2012年からということなのでもうすっかり馴染んでてもおかしくないのだが、まだまだ新鮮な印象である。

今回は以上2機。
編集 / 2020.06.14 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa New Release SEP/OCT 2020
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaから随分と音沙汰がないし、こういうご時世なので次期モデルが発表されるのか注目していた。海外のサイトでは既に秋の新製品情報がとりだたされている。今回は13種と平均的なリリース。ただし軍用機と架空モデルが各1種あるのでコレクション対象としては11種である。
地域的には欧州4、北米1、中東1、東亜2、オセアニアがなんと3である。かなりいびつな配分。Airbusは5、Boeingが4、Fokker1、Douglas1とこちらはいつも通り。三発機が入っているのが朗報ではあるが、機体が既出なのでうれしさ半分というところ。プロペラ機も無し、旧ソ連機も無し、クラシック機も寂しい限りではあるがきらりと光る機体もちらほら。貨物機がB748F含まれるが、架空モデルではあるもののBelega XLも初登場と、今後が楽しみなラインナップである。
今後コロナの影響で航空業界の勢力図も大きく変わることが予想される。エアラインにしろ機体メーカーにしろ本業の立て直しが優先されるとなればモデル化のライセンス手続きが滞ることになっていくかもしれない。そういう意味で今年のリリースは要注意である。

ではいつもの如く個別に見てみよう。

●Herpa 534437 Aer Lingus Airbus A321neo [EI-LRB] "St. Attracta / Athracht"
2019/9/24 ALCよりリース導入。7機のうちの1機。34機のA320と共に同社の主力機材。ただし現在そのほとんどが待機中(321:4機、320:25機)となっている。固有名は6世紀のアイルランドの聖人に因んだもの。小型機故パス(△)。

★特別塗装★
●Herpa 534444 Air Macao Airbus A321neo [B-MBQ] Reunificacao,"Macao welcomes you"

2019/12/14 ALCからリース導入。11機のうちの1機。これまたA320/319と共に同社の主力機材である。マカオ観光啓発の特別塗装機である。固有名の"再統合"は中国の香港統治を思い起こさせてちょっと薄気味悪い。小型機湯ねパス(△)。

★特別塗装★
●Herpa 534451 Lufthansa Airbus A319-100 [D-AILU] "Lu",Verden

1997/11/12デリバリ。現在25機在籍も21機が待機中である。同社のマスコットLu特別塗装ではあるがこれまた小型機故見送り(△)。固有名はドイツ北部の馬術の街に因んだもの。

★最新鋭機★
●Herpa 534468 Luftwaffe Airbus A350-900 [10+03] Flugbereitschaft

2020/3/7政府専用機に改造されたA350である。2022までに計3機の政府専用機を導入する予定とか。軍用機なのでコレクション対象外(×)。

★3発機★
●Herpa 534475 Pan American World Airways Douglas DC-10-30 [N84NA] "Glory of the Skies"

1980/8/6デリバリ。1985/4/29United Airlinesに売却後、2004/4/6に解体された。当時17機が導入されている。本来は今回の目玉!なんだが、2009年にAero500から同レジで発売済である。別レジを所有しているので今回は購入してもいいのだが…現物を見て判断、一応買い(○)としておこうか。

●Herpa 534482 Qantas Boeing B747-200 [VH-EBB] "City of Melbourne"
1971/8/14デリバリ。1991/4/1 Air Pacificに売却され、1994/5/1にはパーツ取りのためAmerican International Airwaysが購入した。その後2005/4に解体された。同社100周年記念として発売。フライイング・カンガルーの通常塗装B747は以外にも初登場である。今回の目玉である(◎)。

★特別塗装★最新鋭機★
●Herpa 534499 Sichuan Airlines Airbus A350-900 [B-306N] "Panda Route"

2019/5/22 ALCからのリース導入。現在4機を保守、その最新導入機。ちょっと悩ましい機体である。2018年HerpaからF-WZFK(後にB-301D)の仮レジモデルが発売されている。今回も別の機体ではあるがまたもやパンダ塗装である。前買っちゃったしなぁ。通常塗装モデルが出るまで待とうか。でも見送り(△)かなぁ。

★最新鋭機★新金型★
●Herpa 534505 Christmas 2020 Airbus Beluga XL [-]

昨年はなかったクリスマスデザインモデル。架空モデルゆえコレクション対象外(×)。

●Herpa 534536 Air New Zealand Boeing B777-300ER [ZK-OKS]
2014/9/25 ALCからのリース導入。現在7機を保有。これまた意外な機体。B787で見慣れていたので初出と思わなかった。なのでこれは買い(◎)。

★特別塗装★最新鋭機★
●Herpa 534543 Etihad Boeing B787-9 [A6-BLE] "Choose the USA"

2015/7/1デリバリ。-9は30機を所有しているが、本機を含め18機が待機中である。アメリカ路線をアピールする特別塗装機である。中東のエアラインは特別塗装が多すぎるなぁ。見送り(△)。

★特別塗装★
●Herpa 534550 Cargolux Boeing B747-8F [LX-VCC] "50th Anniversary,Spirit of Cargolux",City of Ettelbruck

2012/3/23デリバリ。14機のB748のうちの1機。他にB744を12機所有している。同社50周年特別塗装機。45周年記念塗装機も買っちゃってるし、こちらは買い(○)かなぁ。

●Herpa 534567 QantasLink Fokker F100 [VH-NHP] Paraburdoo
元々は1992/6/20にUSAirにデリバリされた機体。2004/2/25にGermania、2006/3/19にFlu-DBA。2006/12/1 Air Berlin籍となり、2008/3/8に現社に売却された。下bン材18機が在籍しているが全て米国エアライン由来の機体である。小型機故パス(△)。

★最新鋭機★
●Herpa 534574 Aeroflot Airbus A350-900 [VQ-BFY] P.Tchaikovsky

2020/2/29デリバリ。同社A350初号機である。今回一番の目玉。これは買い(◎)。
編集 / 2020.06.07 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Herpa Club Model #3-4 2020
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
クラブマガジン02/2020がまだ届いていない。そういえば昨年末にクレジットカードの有効期限が切れてたなぁ。3月に新カードの有効期限を送信したものの返信がない。まあこの騒ぎなのでHerpaも通常営業はなかなか難しいんだろうか。01/2020が届いているのでクラブの権限が停止されているとも考えにくい。
そうこうしているうちに次のリリース情報が飛び込んできた。マガジンが届いてからかと考えていたのだが、まずはこちらの情報をUPしておこう。クラブモデルである。
●Herpa Gulf Air Boeing B787-9 Dreamliner [A9C-FG] 70th Anniversary retro livery
2019/10/21デリバリ。現有は7機。今日現在3機が待機中となっている。同社75周年記念のレトロ塗装機である。レトロ塗装は基本対象外と決めているのでパス(△)。

●Herpa S7 Airlines Airbus A320-200 [VQ-BPN] Sibir livery
2012/6/1ALCからリース導入。-200は18機が在籍しているが当機を含め6機が待機中である。同社な2005年に同社のIATAコードであるS7に社名変更したが、2019年8月1日シベリアの大規模な森林火災の復興を目指して一時的に旧社名に戻した。社名変更は100万本の植林ができる資金がたまるまで続いた後S7に戻すことになっている。当機はそれを記念した特別塗装機。面白いエピソードなので買ってもいいか(○)。
編集 / 2020.06.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード