FC2ブログ
定点観測 LCC2012(1)
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
前回取り上げたのが2008年だから3年ほど前になる。しかしこの3年の経済状況にもかかわらず、LCCについてニュースに事欠かない。今年運航開始するシンガポール航空のLCC子会社スクート航空をはじめ新規設立も続いているが、ここでは100機以上の体制を誇る巨大LCCの動向についてみておこう。表はジェット機の保有数+発注数の合計が100機を越えるエアラインと50機を超えるエアラインである。実際には新規発注分が現有機材の置き換えになることも十分予想されるので、数年後必ずしもその合計機数が最終保有機数となるとは限らないが、一応の傾向として捕らえておきたい。要はここに挙げたLCCはその規模からも、旺盛な新機材導入の動向からも今しばらくはLCCや航空業界に影響を与えるエアラインということになる。50機以上所有するLCCもこの3年でかなり増えた。今50-100機体制の各社は3年前は50機以下だったエアラインばかりである。

地域別に見ればアジアの伸びが目立つ。特にインドはこの2年で驚異的な発展を遂げた。ヨーロッパではノルウェーとハンガリーのLCCの成長が著しい。その他南北アメリカ、ヨーロッパでも成長は続いている。LCCの雄サウスウエスト航空も発注数を加えると数百機増が見込まれる。それだけFSAのパイが大きかったということか。こうした動きに無縁に見えるのがアフリカと北東アジアである。膨大な潜在需要を抱える中国に、アジアのサウスウエスト航空が出現するのだろうか。

最近の話題はインディゴ、ノルウィージャン・エア・シャトルとライオンエアの大量発注だろう。これまでは大量発注もよく見ればこれまでの発注分の変更だったり、置き換え需要だったりが多かったのだが、これらは純粋に増強する目的での発注に見える。サウスウエストは相変わらず他の追随を許さない規模だが737-700と737MAXの100機超の発注も200機余の-300の置き換え需要と見ていいだろう。変わったところではTUIグループで、ヨーロッパ各国の7つのエアラインを統合したブランド戦略をとっている。純粋なLCCというよりは観光にフォーカスを当てた戦略で、集まった機材もばらばらである。機材統一によるコストメリットよりは、観光地の需要によって大小機材を使い分けるという戦略なのだろう。LCCといっていいかどうかわからないが異色の存在であることには違いがない。

導入、発注機材を見るとA320NeoとB737MAXの大量注文が目立つ。大量の機材を抱えるLCCとしては大きさが同じで燃費がかなり良くなるのであれば入れ替えを急ぎたいところだろう。なんとなく先物買いのような感じもするが、現有A320やB737NGに加わるのではなくリプレースされることのほうが多いのではないだろうか。ただし787のように開発が遅れると経営が急速に悪化する要因にもなりかねない。ここ3-5年で業界地図が激変しそうな予感がする。

一方で新興のLCCも順調に成長している。タイ、フィリピン、UAE、メキシコ、スペイン、イタリアなど新興勢力が経済的基盤が必ずしも強くはなかった国々で盛んなのが面白い。国際的な地域主導権を争う闘いが始まっている。2年後2015年、NeoやMAXのデリバリー状況と787や350の就航によってこうした勢力図がどう変わるのか興味は尽きない。

モデルリリース状況。ここへ来てLCCのモデル化もかなり進んできた。特にヨーロッパのLCCは大手はほとんどモデル化済みである。新興ヨーロピアンも時間の問題か。反面モデル化が遅れているのはアジアの大手LCCで、最近のAriAsiaXのモデル化でようやく出始めたくらい。中堅に至ってはエアアラビアとセブパシフィックくらい。1/200でのリリースが優先されている模様で1/500での早期モデル化を望みたい。特にタイガーエアとジェットスターが待ち遠しいところ。北・南米LCCについては対応が半々。フロンティアなど個機別にデザインが異なるとリリースも大変そう。こちらではジェットブルーが待ち遠しいがこちらもバリエーションが多いのが難点。まあこのクラスとなるとすぐに消滅や九州去れることも無さそうだし、機数が機数だけに頻繁なCI変更の心配もない。気長に待つとしよう。

ModelRegionCountryAirlineFoundFleet2008Fleet2012
×AsiaIndiaIndigo2005A32x*18(82)A320*50(80)
A320neo(150)
×  Asia  IndonesiaLionAir2005B73x*22(178)B73x*66(150)
B737MAX(201)
×  Asia  MalaysiaAirAsia1993A320*45(100)A320*56
A320neo(200)
N.AmericaUSASouthwest1971B73x*439B73x*555(198)
B737MAX(150)
○  N.America  USA  Air Tran1993B717*87
B73x*35(50)
B717*88
B737*52(65)
×  N.America  USA  Jetblue1998A320*106(70)
E190*35(65)
A320*120(22)
A32xneo(70)
E190*49(25)
×  N.America  USA  Spirit1980A32x*38(60)
A32xneo(45)
N.America  USA  Frontier1994A31x*53A32x*59
A32xneo(80)
E1xx*27
○  N.America  CanadaWestjet1996B73x*72B73x*98(38)
○  S.AmericaBrazilGOL2005B73x*90(201)B73x*113(108)
×  OceaninaAustraliaJetstar2004A320*30
A330*7
B787(65)
A32x*52(21)
A330*11(2)
B787(15)
○  Oceanina  Australia  Virgin Australia2001B73x50(9)
E170/190*18(6)
A330*2(4)
B73x*64(44)
B777*5
E190*18
⇒ ○  EuropeIrelandRianair1985B738*193(122)B738*289(20)
⇒  ○  Europe  UKeasyjet1995A32x*142(81)
B727*24
A319*152
A320*31(35)
⇒  ○  Europe  GermanyTUI2006A32x*6
A330*2
B73x*88(3)
B767*19
B747*6
B787(16)
A330*2(2)
B73x*86(4)
B747*5
B757*15
B767*21(1)
B787(5)
○  Europe  GermanyAirBerlin1978A32x*5582)
A33x*13
B73x*52(92)
B752*2
B767*1
B787(25)
A32x*58(22)
A330*14
B73x*65(56)
B787(18)
○  Europe  HungaryWIZZ2003A320*23(60)A320*37(123)
Europe  NorwayNorwegian Airshuttle1993B73x*40(48)
MD8x*4
A320neo(100)
B73x*62(80)
B737MAX(100)
B787(6)
×  N.America  USAAlligiant1997MD8x*77(13)
× S.America  MexicoVoralis2005A319*24(11)
A320*9(17)
A320neo(30)
S.America  BrazilAzul2008E190*10
E195*28(11)
×Asia  UAEAirDubai2009B737*22(50)
Asia  UAEAirArabia2003A320*27(44)
×  Asia  IndiaGoair2005A320*12(2)
A320neo(72)
×  Asia  IndiaSpiceJet2004B738*27(21)
B739*6
×  Asia  ThailandTigar2003A320*22(37)
○  Asia  PhilippineCebu Pacific1996A319*10
A320*20(23)
A321neo(30)
A330(8)
×  Europe  SpainVuering2004A319*1
A320*50
×  Europe  ItalyMeridiana2010A319*3(+12)
A320*12
A330*3(+26)
MD82*10
スポンサーサイト



編集 / 2012.02.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード