FC2ブログ
今月の新コレクション APR/2012 II
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
最近新入荷のお知らせも無く、またお店にも出歩いていない。仕事上でのちょっとした懸案事項もあるのでコレクションにも今ひとつ身が入らない。とはいえ、もう4月も終わり。日本橋の誕生日クーポン10%オフももう切れてしまう。幸い雨も降っていないということで昼休みに出かけてみた。

新製品コーナー。もしかしたらSFのAir China A330シリーズでも出てるかと思ったが、未コレクションの新製品が全く無い。ひとしきり鑑賞しつつ通常品コーナーへと回る。当然前回訪問から目新しいものは無い。それではということで小型機を中心に未購入モデルを眺めていくことにする。

とはいえ一々CCLやTBLを見ていくわけにもいかない。順にモデルを見ていって覚えの無いものをCCLで確認していくことになる。
FINNAIR ERJ-190。新デザイン版は持っていないが、同じERJ-190で旧塗装版を持っているため比較しても面白いかと一旦カートに入れるところとなる。まあA340が既集なので無理に買い求めることもあるまい。しかし探してみると意外に買っていないモデルが簡単に見つかる。こんなときでもないと買わないかなーということで次々にカートに。予算を先に決めて今日は6機を購入すると決めた。で、件のFINNAIRが落選し以下の6機が新コレクションとして加わった。
APR2012II

■Herpa Styrian Spirit CRJ700 [OE-LSF]
オーストリアのシュタイアーマルク州を本拠地とする、チャーター便などを運行するローカルエアライン。2003年に設立されたが2006年に倒産した。短命のローカルエアラインだったが、倒産直前にモデルが発表された。日本にもなじみが無くしかも小型機ということで長年購入を躊躇していたが、ユニークエアラインということで購入。

■Herpa Tarom A318 [YR-ASA]
2006年A318を導入した際にデザインがマイナーチェンジされた。尾翼のマークがはみ出すほど大きくなったのが目立つ。モデルでは新デザインで唯一のものとなる。かなり古いTu-154はあるが、旧デザインはモデル化されていない。A318としてもコレクションは3機目となる。

■Herpa VIA - Air VIA Bulgarian Airways A320-200 [LZ-MDM]
買ったつもりになっていた。念のためCCLを見てみるとこれがなんと未購入。エアライン唯一のモデルとあって購入レベルは高い。派手なのか地味なのか今ひとつ判断しにくい色使いとデザインはいかにも旧東欧風だが、A320になると垢抜けて見えるのが不思議。発表後5年めにしてようやくコレクション入り。

■Herpa Hamburg International B737-300SP [D-AHIK]
ウィングレットつきのB737で一見-700だが、暦とした-300。ウィングレットを装着して、-300SP(Special Performance)という形式となる。1999年発足の新しいエアラインだがモデル発表後の2010年に消滅した。今となっては珍鳥モデルとなってしまった。継続会社はHamburg Airwaysで2011年から運航を開始。早くもHerpaからモデル化が発表された。今回の購入でHamburg Airwaysのコレクションレベルが上がった。

■Herpa Balkan Bulgarian Airlines Tu134A [LZ-TUN]
1968年、それまでの社名TABSO (Transport-Aviation Bulgarian-Soviet Society)から現社名に変更された。同年、同社初のジェット機として導入されたのがこのTu-134.単色のカラーリングが独特の機影と相俟ってきわめてノスタルジックなモデルとなった。

■Herpa Luxair B737-700 [LX-LGS]
このモデルも発表以来すでに約3年が経った。新デザインでは初のコレクションとなる。TBLに残る-400Qは当モデルの入手でコレクションレベルが下がった。

期せずしてヨーロッパの小型機ばかりになった。こういった小型機ももう一度よくよくその来歴などを確認する必要がある。意外に未収エアラインだったり、未収デザインのモデルがコレクションレベルを低くしていたり、その逆もある。この先バーゲン品になりそうなジャンルのモデルではあるが、地道に気長にコレクション道を歩んでいきたい。
スポンサーサイト



編集 / 2012.04.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード