B777 未モデル 完結
カテゴリ:  未モデル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
未モデル検証最終回は777編。777の未モデルエアラインは11社。なかなかモデル化されない機体が多そうだが、その分モデル発表のインパクトは大きくなる。

Jet Airways777●Jet Airways
未モデルエアラインの中では唯一A330と両方運航しているエアラインである。どちらでも良いので何とかモデル化を期待したい。



AeroMexico777●AeroMexico
2006年から導入が始まり現在4機体制となっている。B767とDC-10はモデル化されているので、そう遠く無い時期に実現橋そうな予感はある。



Air Austral777●Air Austral
旧レユニオン航空。フランスのエアラインであるが2003年からリース導入を始め現在は5機体制となっている。800席仕様のA380を発注していることでも注目を集めたが、A380導入(2014年予定)を機にデザインを変えるかもしれない。


BimanBangradesh777 2010BimanBangradesh777●Biman Bangladesh Airlines
2011年から2機の-300ERを導入している。2010年に緑色を貴重としたデザインに大幅変更され、一時期に在籍した-200ERにも施されたが、すぐに(2ヶ月程度後)現行デザインに移行された。どちらも捨て難いが777としてはオーソドックスなデザインが施されている。

Ethiopian Airlines777●Ethiopian Airlines
2010年からの導入以来5機を運航している。2011年にはスターアライアンスメンバーとなったがその前からアライアンスへの参加を表明しており、それに合わせてなのか不明だが2009年ごろから現在の新デザインとなった。同系統のデザインながらかなりすっきりとしたものになっている。

EuroAtlamtic777●EuroAtlantic Airways
ポルトガルのチャーターエアラインで、2010年から毎年短期リースを行っている。現在も1機所有。北米の他パキスタンやオーストラリアなど長距離便を運航している。大西洋というよりはエーゲ海や地中海を思わせるような浅い青系統のデザインが秀逸。これまたモデル化が楽しみな機材である。

Orenair777●Orenair
アエロフロートから1992年に独立した国内線を運航するエアライン。オレンブルグを拠点としている。2010年にアエロフロートに買収され、機材の近代化を進めている。777は2011年に導入された同社唯一の機材。飛行機自体をデザイン化したようなロゴマークといい、ラダーだけに施された青といい、どこかの研究所のようなデザインである。由来については全く判らない。


Royal Brunei777●Royal Brunei Airlines
ロイヤルブルネイと言えばA340が思い浮かぶし、モデル化もされたが、現在ではA340は既になく2010年に一気に6機もの777を導入した。版権的に問題ないのであれば近々モデル化されてもおかしく無い機材ではある。尾翼中央には国章が描かれている。


Scoot777●Scoot
2012年シンガポール航空のLCC子会社として運航を開始した。初便は2012年6月4日シドニー行きだった。10月には羽田乗り入れを計画している。Scootとは、スクーターのように気軽に利用できるエアラインという意味で付けられたらしい。これまた是非モデル化して欲しいが親会社のように機内限定販売のみなんてことはしないでほしい。

Southern777●Southern Air
アメリカの貨物エアラインだが自社運航せずにほとんどリースしている。DHLへのリースが主なので真黄色の尾翼となる。一部タイカーゴにもリースしていて、これがモデル化されているが。今後モデル化を期待するとすればDHLの777Fとしてだろう。


Turkmenistan777●Turkmenistan Airlines
旧ソ連体制崩壊後いち早くボーイング機を導入し近代化を図ったエアライン。777は2010年に1機導入している。この777は一般旅客用としてではなく767と同様政府専用機として使われている。

以上、現行のエアライン以外にも過去のエアラインでモデル化対象となる機材はまだまだ残されているし今後も新しい機材も出てくるはずである。A333とB777に今後はA350とB787が加わり、さらに10年以内にはNeoやMAXといった次世代機材の登場も見込まれる。息の長い趣味として今後も楽しんで行きたい。
スポンサーサイト
編集 / 2012.07.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード