今月の新コレクション NOV/2012 I  出会い
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
急遽決まった出張だった。火曜日の夕方東京、翌水曜日が博多である。博多は朝からなので東京の夜には博多に移動となると、どこ(ショップ)にも行けないな。しかし、東京での用事が終わってからの移動だと葉肩につくのは夜遅くになってしまう。美味いものも食べられないので、ここは東京・羽田で一泊し、翌朝始発便で博多に向かうというスケジュールに変更した。

こうなれば東京で秋葉店には立ち寄れる。秋葉店はは買いそびれた小型機狙いとなるので、あらかじめ候補を絞っていく所となる。カラベルにしようか、コンベアにしようか、はたまたDC9にしようかと色々と考えながら出向いた。お目宛の小型機を手にとりつつ念のため大型機コーナーにも目を向ける。ここでもやはり動物的感が働く。

デザインは見慣れたものだった。ただ色が違うんじゃないかと。パッケージを見て、やっぱり怪しい。タダこれはそんなに安くはない。重複買いでもしたらエライこっちゃと、過去の書き込みを確認すると、やはり予定外の新作だった。小型機を元の棚に戻し、上機嫌でレジに向かうところとなる。

■Hogan Eva Air A330-200 [B-16311] "Hello Kitty Happy Music Time"
これまでのシリーズよりは多少価格が下がって8,900円程度。まあ、安くはないが以前は1万円越えだったのでそれに比べれば安いといったところか。

翌朝5時半に羽田に到着。さすがに店は開いてない。スカイマークで001便で博多に向かう。結構混んでいた。2時間のフライトは爆睡。CAさんも朝早いのにと頭が下がる。福岡空港に朝0825着。朝のラッシュでスポットは混んでる。翌見てみると福岡空港は国内エアラインのバリエーションが多い。朝はそれは一堂に会する感じでちょっと楽しかった。JAL,ANAに加えてSKY、ジェットスターが見える。FDA,スターフライヤーは見かけなかったが、直後にピーチ、エアアジアが着陸して来た。国内系で後見られないのはソラシドとエアドゥくらいか。考えて見たら国内線もバリエーションが増えてきたなー。伊丹にいるとほとんど感じられないが。

タキシング中737の窓から福岡空港を眺める。MATの参考になりそうな点がいくつかある。誘導路の両端はやっぱり二重線やなぁ。これ結構厄介というか、Excelでは無理だな。意外だったのは高速脱出誘導路上にも滑走路の標識[34 16]が描かれていた事。高速脱出誘導路から滑走路に進入することはないのかと思っていた。実際関空で航空写真を見る限りそのような表記は見られない。全ての取り付け誘導路に標識を書くとちょっとうるさそうなので、現状の関空MATでいいんじゃないかと思う。

博多の用事も終わって天神店にも久々に顔を出して見る。なにやら在庫が増えていた。ほとんどが1/400のドラゴンだが、初期の1/500ヘルパも結構入荷していた。多分ほとんどがOGなのでどれほど捌けるか判らないが今では貴重なモデルが見受けられた。残念ながら所有モデルばかりだったので博多での散在は今回は無しである。

来週も後半東京の予定。しかも巣鴨が近い。楽しみである。
帰宅したら日本橋店の割引きクーポンが届いていた。小型機は日本橋で調達が決定である。
スポンサーサイト
編集 / 2012.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード