有給休暇で神戸へ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
有給休暇をとりなさいと言われている。じゃあ仕事減らしてくれとも声高にいえない昨今の状況、ここはお上の言うことを素直に聞いておこう。というわけで神戸にフェルメールの「真珠の耳飾の少女」を見に行った。飛行機とは直接関係ないが、日本のアニメ人気も大したもんだと思う一方、本物の迫力というか普遍的な人気に圧倒された。オランダはいいモノを持ってるな。日本も広重や北斎、狩野派など誇れるものは少なくないはず。今様のアニメに加えてこういった重層的なコンテンツ発信を進めるべきなのかもしれない。
これまであまりそういった特別塗装機を見かけたことが無い。富嶽三十六景なんか尾翼に映えそうな気がする。SkymarkのA380にやっちゃうなんてこと考えてくれないもんだろうか。

それはさておき、折角なので三宮の量販店に立ち寄る。平日なので閑散としている。MASのA380やVietnamのA330もしっかり展示されていて、恒常的にモデルを取り扱っていることが伺える。何気に1/400のコーナーを見て驚いた。羽田以外では見たことの無いANAの1/400 B744フルフラップモデルが陳列されているではないか!しかも20%オフである。それでも9,000円はくだらない価格ではある。うーむ手持ちはある、どうしようか?突然の出会いにしばし躊躇。じっくり観察する。良く出来たモデルである。買ってもいいモデルではある。が、結局はあきらめた。やはり高価なこと、今後1/500のデリバリが続きそうなこと(3機くらい買える)、ちょっと気になる点があること。気になる点というのはクルーガフラップといわれる前縁フラップの形状で、フラップそのものはいいとして、主翼自体がフラップを出している状態になっていないことである。普通の主翼にフラップを無理やりくっつけたような印象がどうしてもぬぐえない。せっかくの新金型も画竜点睛を欠くといったところか。

とはいえ貴重なフルフラップモデルではる。何かの拍子に衝動買いしない自信が無い。買って損はしないモデルではある。
スポンサーサイト
編集 / 2012.12.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード