先週の飛行機ライフ
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
先週はいろいろとごたごたがあってブログのメンテナンス所ではなかった。

先週も週の後半は出張だった。
水曜日、0730伊丹発のANA14便で羽田へ。特に遅れもなく順調に離陸。今回はA席なので富士山がよく見えた。羽田到着が混雑のため5分ほど遅延とのアナウンスが。浜松沖で一旦沖へ大きく迂回する。その後房総半島先から半島沿いに北上。いつもと進入コースが違って横須賀が近くに見える。イージス艦の出航がよく見えた。これまで体験したことのないコースだったのだが、結局アクアラインの排気口付近で左旋回、A滑走路に着陸。沖止めされていた787の配置換えが始まっている。6月からの再就航に向けて準備が進んでいるようだ。

1泊後木曜日は、1915羽田発の熊本行。ANAビンだがコードシェアなので、機材は人生初のソラシドエア。B738で座席間の間隔もそれほど狭さを感じさせない。夕暮れ時だったので写真は無理か。と、ボーディングブリッジで機体を見てみるとなんとこれがクマモンジェットだった。座席ヘッドカバーもクマモン仕様。F席だったが、プッシュバック時沖側のゲートを見てみるとエアドゥのベアドゥ機。期せずしてクマクマ揃い踏みとなった。ただしここでは写真は撮れない。離陸は10分以上遅れたものの熊本には定刻より5分早い2050着。ここでお姿をパチリ。バスで市内へと向かう。
20130509-1 熊本Soraseed

翌金曜日、仕事を無事終え、1830熊本発の伊丹行最終便を待つ。先行出発の東京行がどんどん遅れていく。25分遅れ、35分遅れ、40分遅れ。それにつられてか大阪行きも10分遅れのアナウンスが。連れがシルバーメンバーなのでラウンジでタダ酒をごちそうになり、いよいよ搭乗開始かと搭乗口に向かう。ありゃりゃ?また飛行機到着してないじゃん?しかしラウンジでタダ酒を食らっている間に窓外は深い霧に覆われていた。ここでピンと来るべきだった。こりゃ東京便並みに遅れそうだと再度ラウンジへ。とその時、

「1830分発伊丹行は欠航となりました。あしからずご了承ください」

なんですと~?!長いサラリーマン生活でも初めての経験である。うーむ、新幹線で大阪まで帰るか。しかし今からだと熊本駅までバスでかなりの時間、タイミングが良くても最終にはぎりぎり、さらに新幹線のEXチケットは九州内の新幹線は予約できないので熊本駅での勝負となる。連れと相談し、ここは熊本もう一泊とすることに決めた。金曜の夜なのでホテルは空いている。ただ、もたついていたので翌日の初便はすでに振替客で満席となっていた。で、1100熊本発の伊丹行を予約するところとなる。そもそも初便は0800発だが、それには6時過ぎのバスに乗らねばならない。熊本市内と飛行場はかなりの距離である。

熊本の夜を満喫といいたいところだが、すでに土産も(冷蔵品)買った後だし、ラウンジでしこたまタダ酒を飲んでいたので素直にホテルへ。

翌日まだ雨模様。ガスっていたが何とか15分遅れで出発とのアナウンス。再び朝からラウンジでタダ酒を。そのときふと思い出した。そういえばAMXのDHC-103が昼間に伊丹に就航してなかったっけか?確か熊本発だったような。さっそくネットで調べてみると1045熊本発である。あわててラウンジを後にし一番端っこのエプロンまで早歩き。遅刻している客と間違えられそうになったが、マニアですということを告げ、ぎりぎり撮影できた。実物は予想以上に色彩が濃い。晴れていればもう少し明るく見えるのだろうか。過日のTV番組での公開コンペの模様が思い出される。これは伊丹にも撮影に出かけなければ。
20130509-2 熊本AMX

ついでにここにも787が。復帰を待つ787
20130509-3 熊本787

熊本から伊丹まではずっと雲が厚く、伊丹着陸寸前で雲が切れた。いやに豊中球場が近いなぁと思っていたら32Rに着陸。B738て結構大きな飛行機だと思うんだが。かなりの滑走後ようやく停止。胸をなでおろす。

ということで熊本にはモデルショップもなさそうだし、空港でも見当たらずコレクションに変動はなかった。しかしいろいろと体験できた出張であった。
スポンサーサイト
編集 / 2013.05.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード