FC2ブログ
今月の新コレクション Herpa ナローボディ 3機
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
今週もドタバタだった。

月曜博多へ。朝0905発のANA1673便、機材はDHC8-Q400。久々のプロペラ機。やっぱり思いのほか揺れない。いい機体である。天神に用事があったのでついでに天神のホビーショップに顔を出す。商品としては増えてはいないものの日系の1/500が多く入荷している。これは最近コレクションを始めた人にとっては掘り出し物だろう。JALのJDEのピンクまで有った。個人的には掘り出し物はなかったが、用事で近くに行ったときには立ち寄って損はない店だろう。帰りは新幹線。

水曜、瀬戸内海の離島に出張。これは広島まで往復新幹線。列車と船なので飛行機に全く縁のない出張だった。が、猛暑の離島で船を待つ間に新大阪店さんからTEL。例のAero500の新モデルの件だった。無事予約。

木曜東京出張。朝0900発のANA18便。機材はB777-200。スタアラ塗装機。かなり塗装が剥げている。そろそろ重整備の時期なのか?さて、翌金曜日には再び博多に移動の可能性もあったがそれもリスケとなったので、伊丹行1920発 ANA41便を予約した。しかし思いのほか会議が伸びて、TCAT1800発のリムジンバスに間に合わず。まあ1時間もあれば羽田くらい行けるさと高をくくっていたのだが、乗換案内を見てみると意外と時間がかかる。1900には羽田につきたい所。あわててTCATからタクシーを飛ばして東京駅へ。ああ、山手線も京浜東北線もちょうど出た所。次の京浜東北線が18:27発。うーむ浜松町まで6分。18:34浜松町発のモノレールなら快速なので18:51に羽田着らしい。が、乗換はわずかに1分。走りに走って、JRの改札を出たところで、しめた、掲示板がまだ34分発を表示している。モノレールの改札を猛ダッシュ!

ああっ無情にもPiTaPaの残高不足でゲートが閉まる!今思えばここで突っ切るべきだった。仕方なく次のモノレールに乗車。スマホの乗換案内アプリでは羽田着は19:02とある。手荷物検査ゲートは15分前に通過しないといけない。こりゃ下車後も猛ダッシュだなと思いながらANAの会員デスクに電話すれば何とか余裕見てくれるかとも思い電話するも全くつながらない。えーいこんな時に。

と、ふと思い出した。たしか乗換案内の羽田行は到着が第1ターミナルだった。うわますます厳しいっ!
ここで緊張の糸が切れた。静かに携帯で当日1920発の予約を来月の便に変更。第1ターミナルに降り立った私はそのまま京急へと向かい、品川発ののぞみを予約したのだった。タクシーまで使ったのに、羽田まで行ったのに。なんかぐったりしたのでグリーン車を奮発。予定より2時間も遅れて帰宅。阪神も2位陥落。熱帯夜の眠れぬ夜を過ごしたのだった。

まあ移動のことはいい。木曜朝大阪はピーカン照りで痛いくらいの暑さ。東京に着いたら終日雨。あれほど持っていかなくっちゃと思っていた傘を忘れて、それでも都心に着くころには雨は上がっていた。秋葉原に降り立つまでは。まあそのうち止むさと高をくくって、秋葉原店さんを訪問。もうナローボディー機を狙い撃ちで購入。

■Herpa Cirrus Airlines Bombardier CRJ-170 [D-ALIE]
■Herpa JetairFly Boeing B737-700 [OO-JAR]
■Herpa FlyNiki Airbus A321-200 [OE-LEW]


期せずしてすべてドイツ語圏のエアラインモデルである。

Cirrus Airlinesは1995年ドイツのローカルエアラインとして設立された。2000年にはTeam Lufthansaに参加、2001年には定期運航を開始した。2008年に新CIを導入しているが、モデルはそれ以前のもの。

Jetairflyは大手旅行代理店TUIグループのベルギー支社のエアラインとして2003年設立。設立当時の社名はTUI Airlines Belgiumだったが、2005年現社名に変更された。モデルのデザインはTUIグループ統一のもので2007年に導入されたもの。しかし同社の767は2009年には新デザインを導入している。うろ覚えだが787も同じデザインになってたような気がする。

FlyNikiはグランプリレーサーとして知られるニキラウダ氏が2003年に設立したエアライン。その後Air BerlinとロシアのS7とでヨーロッパ発のLCC連合を形成したが、その3社とも後にワンワールドに参加している。2011年以降Air Berlinの傘下に入った。秋葉原店さんには初期モデルと再販モデルの両方があった。CCLには不覚にも再販モデルを記載していなかったので、ちょっとあわてたものの価格の安い再販モデル(520942-001)をチョイス。為替の問題なんだろうな。

念のためとディオラマコーナーを覗くと、先週はなかったボーディングブリッジ5こセットがあるではないか。これが思いのほか安くて嬉々として購入。ここまではよかった。徐々に本降りに。でもさすが秋葉原、ビニール傘が100円で売っている。むちゃくちゃ小さいが強い霧雨程度の雨なので何とかしのげる。ついでに無線機を見てから職場に向かう。

本当にドタバタの1週間だったなぁ。
スポンサーサイト



編集 / 2013.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード