FC2ブログ
ついに手を出すかなぁ エアバンド
カテゴリ: ■雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
マイレージが毎月期限を迎え数千マイルずつ消えていくような事態になった。例によってまとめて何かと交換する必要が出てきた。一番いいのはチケットへの交換だが、これはなかなか日程が合わないと思うようにはいかない。
これまでは一家で宮崎旅行に使っただけだった。単独では香港チケットに変えたこともある。確かにチケットを無料で手に入れられるので安く旅行ができるのだが、実は宿泊+レンタカー込だと航空券込でもツアーの方が安かったりすることが多い。
ANAクーポンも使い勝手があまり良くない。じゃらんほどのサイトと提携してもあるとかなり”使える”のだが。

Astyleもこれまで結構利用した。で、今どうしても欲しいというものがない。一瞬天体望遠鏡を注文しそうになったが、10,000マイルで10,000円相当である。同等品がネットで3,000円程度で売られている。家電もしかりである。これもパス。

ANAコインというわけのわからん電子マネーもあった。かつてのEdyは、あまり個人的に好きになれない楽天Edyという名前に変わってしまって・・・でも結局マイレージ→楽天Edy→家電量販店でなにかという選択に。ある程度たまってはいるものの20,000ポイント以上になると交換率が半減することに気づき、上限の20,000マイルをとりあえず楽天Edyに交換した。

ここまでは前フリである。この楽天Edyはヤマダ電機などでも使える。ヤマダ電機のオンラインショップでたまたま見つけた航空無線機。そうかぁ、手ごろな値段だなぁ。学生時代にアマチュア無線の免許試験を受験して以来の無線の虫(ただし学生時代だったので、合格したものの免許交付費用5,000円が支払えず)が騒ぐ。とはいえ電気や電波には弱い私はその後何十年と無線とは縁遠い生活を送ってきたのだった。

しかしここ1年ばかりなにかとiアプリの「機長席」シリーズを聞いているうちに不思議と耳が慣れてきて、交信内容もおぼろげにわかるようになってきた。

せっかく家が伊丹空港に近いのだしハンディ機くらい欲しいかなと思い始めている。しかーし、これがやっぱりどうもよーわからん。全く門外漢の私にとってはどのメーカーが良くって、どんな機能があれば便利かっちゅうことがわからん。

しかも本当に自宅から聞こえるのか?VHFはFMと同じで見通せないと届かないものらしい。ということは、自宅からグラウンドやましてやカンパニー無線は聞けないんじゃないだろうか?関空はどうだろう?着陸機は夜だとよく見えるので届きそうだが。タワーやグラウンドは難しいような気がする。どこまで聞こえるんだろうか?名古屋上空や高松上空の交信は聞こえるんだろうか?
それにあんなに周波数がいろいろあるのを、いちいちダイヤルを合わせないといけないのか?TVのチャンネルのごとく、何か面白いのやってないかなーとかちゃかちゃチャネルを変える私である。同じようなことをせずにぼんやり聞き流したいものだが。もしかして複数のチャネルを一度に受信できたりするのか?でもそれだと同時に複数の通話が聞こえてきてしまうことも有るわけか・・・

素人なりにわからないことだらけである。ちょっと調べてみねばなるまい。

で、肝心の無線機だが、初級、中級、上級でおおよそ2,5,8万円という価格帯らしい。まあ入門者なので2万円台で良いかと考えてみた。が、ここは何事も形から入る質なので、もうワンランク上級の5万円台もちょっと見てみる。

用途としてはハンディに限定されるので、5万円というとハンディでは上級機種となるらしい。メーカーもアイコム、ユピテル、アルインコなどが有名らしい。それぞれに特徴があるようだが、初心者ゆえにテンキーがあった方が安心なような気がする。
バッテリーの持ちやスキャンスピードを考えるとどうもアイコム社が自分には合っているような気がしてきた。で、ネットで検討した結果入門機といわれるIC-R6か上級機といわれるIC-R20かということになる。倍以上の値段で、第一候補は当然IC-R6だが。唯一IC-R20が捨てきれない機能としてICレコーダがある。数時間分の録音データが記録できるというもの。これはのちのち楽しみとして取っておきたい。初心者なので、楽しみは広い方が飽きが来ないと思うんだが。

先日秋葉原に行ったときにちょっと実物を見て見た。小さくなったとはいえ思いのほか嵩張る。特にIC-R20は小さめの水筒位ある。R20に傾いていた心がR6に戻されつつある。

さてどこで聞くかといえば主に室内で着陸機が延々と列をなす2030くらいの交信や、はるか南方の関空を離着陸する航空機である。となるとベランダに据え付けるアンテナが必要になりそう。実際外部アンテナは結構必要らしい。ディスコーンアンテナと言うらしい。他に車載用のマグネットに80cm位のアンテナもあるという。これも伸縮性のあるものと長尺のままのものとがあるがどう違うのか。

近いうちに恵比寿町店さんに伺わねばなるまい。わずかだが出るボーナスの使い道は決まった。
スポンサーサイト



編集 / 2013.06.16 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード