FC2ブログ
パリ航空ショウ2013で盛り上がる?
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
久しぶりにモデルコレクターからの視点でのエアライン動向をまとめて。

●ANAがAirAsia Japanを統合か
LCCの中では苦戦を強いられていたAirAsia Japanだったが、ついに親会社であるANAがAirAsiaの株を買い取り傘下に収める。今後はPeach Aviasionとの経営統合も取り立たされているが、両社の違いは大きい。このままブランドが残るのか、ブランド名を変えて存続するのか、ブランドそのものが消えるのか去就が注目される。このままではモデル化も望めまい。夢のLCC7機セットの実現は夢と消えるか。

●Maximus Air、A300-600の運航停止
アブダビを拠点とするMaximus Airが5機所有するA300-600Fの運行をすべて取りやめた。DHLが運行してたようだが、運行費用の高騰が運航停止の原因らしい。

●AeroMexicoが初のB787-8を受領
何番目になるのだろうか?B787のリリースもそんなに珍しいニュースではなくなってきた。就航は8月。Herpaの次回発表モデルに含まれる可能性は高い。

●Cebu Pacific Airが初のA330-300を受領
4機発注分の初号機。これまた黄色を基調としたユニークなカラーリング。A320シリーズはモデル化されているので本機もリリースされる可能性は大きい。楽しみに待つとしよう。

●Boeingが787-10を発表
現在-8がリリースされ、早晩-9がリリースされる。さらに機体を延長した-10も追加で発表された。エアラインの発注の動向が気になるところである。

●Airbus A350-900 XWBはついに初飛行
年内に就航するんだろうか?いずれにせよ来年のモデル化ラッシュの目玉である。JALやANAも導入が噂され、Skymarkも可能性がある。日系エアラインのエアバスワイドボディ機がモデル化される日はいつのことになるのだろうか。

●Air New Zealandがデザイン変更
ニュージーランドの旅行代理店Tourism New Zealandとの業務提携を受けて、来年にも新CIを導入する模様。現行デザインに変わったのが1996年だから来年で18年になる。黒を基調としたデザインのようで、羊歯をモチーフにするのは継承されるらしい。来年のモデル化の楽しみがまた増えた。

●Finnairのマリメッコ特別塗装が盗作デザイン
Finnairと同国のデザインハウスマリメッコとのコラボレーション特別塗装機。2作目の"Metsänväki"が関空にも乗り入れていたがどうデザインが盗作だったことが判明。早々に再塗装するようだ。こういった色物モデルはSky500の真骨頂なのだが、1作目も合わせてリリースされるんだろうか?Sky500なら、デザインの盗作問題など関係なくリリースしそうな感じもするがどうだろう?

●Atlas AirがB747-800FをEtihad Cargoにリース
早々に運行を開始する。どうやらEtidah Cargo塗装となる模様。Etihadの世界一周便に投入されるという。ちなみに世界一周の内容は次の通り。アブダビ→香港→シカゴ→マイアミ→ヴィラコポス(ブラジル)→キト→アムステルダム→アブダビ。

◆Singapore AirlinesがA350を追加発注
新機材導入に積極的なSingapore Airlinesだが、A350を30機の確定発注(オプション20機)を追加した。これで同社のA350-900の発注は70機の確定発注となる。また、-900はより大型の-1000への変更も可能とのこと。両機モデル登場がここ1年の話題になりそうな予感がする。

◆RyanairがB737-800を追加発注
今度は175機を確定発注。ヨーロッパではボーイングの最大顧客となっている。

◆SriLankan AirlinesはA330/350を発注
SriLankanがA330-300を6機、A350-900を4機発注した。A350も順調に行けば来年にもモデル登場ラッシュになりそう。

◆Air France/KLM Royal Dutch AirlinesもA350-900を25機発注
The Air France-KLMグループが共同でA350を25機確定発注。オプションも25機。燃油の高騰が恒常化し、ますます燃費や環境にやさしい飛行機が求められるようになってきている。787と合わせて間違いなく10年後の主流機材となっていることだろう。新機材登場で747などで出尽くした感のあるメジャーエアラインモデルがまたリリースされると思うと楽しみが尽きない

◆Aerolineas ArgentinasはA330-200をリース
A330-200も登場以来根強い人気でいまだにデリバリが続くロングセラー機となった。747や340が表舞台から消えていく中大したもんである。350と330も棲み分けができて売れ続けるんだろうか。A330、一度デリバリ状況をリサーチしてみよう。

◆China Airlinesが特別塗装"Love and Hug"を就航
読者の方から写真もいただいたが、B747-400[B-18203]に特別塗装が施されている。世界の絶滅危惧種がデザインされている。台湾のデザイナーJimmy氏の作品。今後5年で20機の特別塗装機を就航させる計画らしい!全部モデル化されるんかなぁ?

◆J-AirがE-170を追加発注
J-AirがE-170を4機追加発注した。これで計15機発注となる。知らぬ間にEmbraerもFDAと合わせて日本国内線でも勢力を広げつつある。BombardierとEmbraer、しばらくはこの2強の戦いとなるんだろうか。この秋MRJが初飛行の予定だそうだが燃費性能など所期の性能をアピールできれば来年は楽しみな1年となるかもしれない。

◆EVA Airがスターアライアンスに参加
もう何社になったかわからないほどの参加数である。これはアライアンスなんだろうか?乗り継ぎの便宜、サービスの共有など、IATAとして展開してしまえばアライアンスの意味すらなくなるのかもしれない。羽田もアライアンス毎にゲートが分けられるんだろうか?EVAにとっては日本の国内アクセスは格段に便利になりそうではある。台湾からの観光客が地方に押し寄せる日も近いかもしれない。

◆Southwest Airlines今度はペンギンデザイン
かつてシャチの特別塗装機があったが、同じくアメリカの水族館SeaWorld Parks & Entertainmentとのコラボで、開園25周年を記念して今度は皇帝ペンギンデザインの特別塗装機がお目見えする。2匹のペンギンPete and Pennyが描かれているそうだ。これはHerpaから発売される可能性が高い。楽しみに待ちたい所。

◆United Airlines A350-1000を発注
United Airliensがこれまで発注していた25機のA350-900を-1000に変更し、更に10機追加発注した。今は-900が人気だが-1000も順調に受注を延ばして行きそうな勢いである。またA330も未だに売れ行きが止まらない。B787-10やB777-8といった次世代の主力機のの動向にしばらくは目が離せない
スポンサーサイト



編集 / 2013.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード