FC2ブログ
新コレクション 東京出張での獲物
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
東京出張である。しかし日帰り、そんなに時間に余裕はない。久々に巣鴨に足を延ばすかと考えたが、定休日なので断念。過去何度巣鴨に行って定休日をわかってすごすごと帰ったことだろうか。阿佐ヶ谷はちょっと遠い。今回移動経路をみると秋葉原=>市ヶ谷が便利である。時間がないとはいえ理想的な経路。蒸し暑いが大阪よりはだいぶまし。大阪ではほとんど聞かないミンミンゼミの声を楽しみながら目的地をめぐる。

午前中の仕事を終え、まずは昼食ついでに秋葉原。サイトでは新入荷もなさそうなのだが、例によって小型機狙いとなる。しかも前回訪問時に聞いていたアクセサリー入荷農場も確認しておきたい。そんなに時間はかからないだろう。
やはり、新入荷は無かった。で、小型機に目を向ける。CCLを見つついくつかをピックアップ。取って返す刀でアクセサリーの棚へ。おおっ!あるではないか。送迎バスセットとサービストレーラーセットである。うーむ、なかなか本命(コンテナトレーラーセット、照明塔セット、コンテナドーリーセット)には巡り会えない。クラシックカーセットにも手が伸びかけたが今回は見送った。さて、アクセサリを2つも買うとそれなりの値段となる。小型機は1つに絞った。

久々のプロペラ機。DC-9やDC-8、V440などの候補を置いといて手にしたのはF50。
■Herpa Cityfet Fokker F50 [OO-VLY] Ville De Paris
Col1307-005

CityJetは数々の遍歴を経ている。元々はVirgin Atlantic Airwaysの協力のもと1992年に設立された。その後AirFranceの出資を得た。2007年にはベルギーのVLM Airlinesを吸収し、多数のF50が傘下に入った。レジ番号は前所属会社名を引き継いだもものとなっている。デザインは親会社のエールフランスを踏襲している。フランスの会社かと思いきやアイルランドの会社である。単にCityといえばロンドンのことだが、このCityjetもロンドンを拠点の一つにしている。

さて、秋葉原を早々に切り上げ本当に久々に市ヶ谷に立ち寄ってみた。早速店内を物色する。特に変わりはないようだ。Inflight500がほとんど見当たらない。代わりにStarJetsの在庫がかなりある。レア中のレア、SingaporeのTropical 744もある。ただしここはほとんどが委託品なので野積みの割にべらぼうな価格が付いているものが多い。しかしここ数年ずっと店頭で野積みなんじゃないだろうか?値札がかなり黄変してしまって値段を読み取りにくい。いつまで「委託」しているんだろうか?ちなみに別のお客さんが「買い取りはしてないですか?」と尋ねていたが予想通り「否」とのことだった。市ヶ谷店さんは新規モデルですらほとんどパワーをかけていないと聞く。なので、ここも小型機とアクセサリー狙いとなる。

アクセサリは2,3見受けられた。他に野積みのなかにアクセサリを発見!照明塔と乗客などのセットだった。買ってもよかったが値札がなんと\10,000(委託品)。うーんこの委託なる仕組みが全く分からないが、一時のバブル価格がそのまま改訂されることなくひきづっているような感じがする。なのでここは小型機にターゲットを絞る。とはいえそんなに数はない。丁寧に一つずつ確認していくつか発見できた。

■Herpa Ryanair B737-200 [EI-COA] Merry Christmas 1997
Col1307-002

期せずしてアイルランドつながりである。本当に入手してなかったんか・・・ここ数か月に入荷したはずだがアンテナに引っかからなかった。無事購入。
■Herpa Midwest Airlines Boeing B717-200 [N918ME]
Col1307-003

これは今回の掘り出し物だった。3つ在庫があったがすべて委託品で、一番安いものを選択。状態も申し分なかったのでいい買い物ができた。Midwest航空というのは1949年創業の老舗だが、2010年Frontier Airlinesと合併し、社名が消えた。MD-80シリーズを長用していたエアラインでその流れでB717を25機も導入している。CCLではレジNoを間違ってN198MEと登録していた。こういうこともままある。N819MEは2004年6月14日にデリバリされた機体。2009年Clik Mexicanaで活躍後2010年にはBoeingにて保管状態となっている。

レジ間違いを調べているときに気づいたことが有る。MidwestのB717のレジ番号は N902MEからM928MEまでで、途中911と915が欠番となっている。901も欠番と言えばそうなのだが。他社でもたまに連続番号の中に欠番が認められることが有る。オーダーとデリバリの契約上の変更によるものなのか詳しくは判らない。ただ911が欠番というのはわかる気がする。2001年以降新たに911の番号を振るのは特に航空業界にとっては忌避すべき事項となっているのかもしれない。となれば915もなにか理由があって欠番になっているんだろうか。

今回は以上3機。さてそろそろHerpaの新製品10-11月分が発表されるころである。楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト



編集 / 2013.08.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード