Herpa 新製品情報 Nov-Dec/2013
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
恒例のHerpa New Releaseである。
まずは再販モデルから。今回発表されたのは4種。

◆506892-002 Herpa Air France Boeing B777-300ER [F-GZNL]
最新の機材の1つ。2012年第2四半期に3機新規導入されたが、F-GZNLはそのうちの1機でALCからのリース機。-002ということは3機目のリリースということで、第一弾のF-QNZDは2009年4月、第二弾のF-GSQIは2005年3月に導入された機体である。それぞれに選ばれた理由というものがあるのかもしれないが、外観上の違いでもあるのだろうか?再販モデルはコレクション対象とはしない方針なのだが念のため調査してみたい。

◆514521-002 Herpa Emirates Airbus A380-800 [A6-EEB]
こちらも3機目のモデルリリースとなる。A6-EEBは2012年11月9日にデリバリされた機体。すでに35機がデリバリされているA380だが、拠点空港ではずらりと並んだA380が圧巻だろうと思う。そんなわけで今後もこのモデル再販され続けるような気がする。

◆515429-001 Herpa Air Berlin Bombardier DHC-8-Q400 [D-ABQG]
再販モデルでは珍しいプロペラ小型機。2009年5月5日にデリバリされた機体。Luftfahrtgesellschaft Walterというドイツのローカルエアラインだったが、2007年にはAirBerlinと業務提携、その後2009年にはAir Berlinの子会社となりほどなく完全に吸収された。

◆516068-002 Herpa Lufthansa Boeing B747-8I [D-ABYG] Baden-Wurttemberg
2013年3月31日にデリバリされた最新機材。同じレジは1972年にデリバリされたB747-200にも割り当てられていた。昔使っていたレジを使いまわすというのは欧米ではよくあることのようである。

以上4種。再販されるということは人気のバロメーターでもある。やはりコレクター人口密度の高い欧州のエアライン系が強い。これはまあ仕方のないところか。

newは18種。VC10の恒例クリスマス塗装と、空軍機Lockheed P3-Cが対象外なので16種がコレクション対象となる。うちワイドボディ機が10種とかなり比率が高い方だとは思う。ナローボディもMD-88がサプライズ。毎回毎回何かしらの復活機種がある。今回はA300-600も復活となった。
クラシック機はわずかに2機種。しかも香港郊外のパートのおばちゃんが組み立てを嫌がるプロペラ機がある。プロペラ機は久しぶりではないだろうか。
地域別には、欧州 10、北米 3、アジア 3でバリエーションとしてはさびしい。南米・アフリカ・オセアニアは皆無という状況。せめてアフリカ勢をもう一つ頑張ってほしい。ヨーロッパにも縁がありながらなかなかモデル化されないレアな機体が残っているように思う。
アジアも中近東あたりにはまだモデル化されていない機材も残っている。パーミッションの問題も多分にありそうだが何とかHerpaには頑張ってほしいところである。
メーカ別にみてみるとAirbus 6、Boeing 7、その他 3で、クラシック機はその他に含まれる。旧ソ連機が皆無となってしまった、もう出尽くした感があるのだろうか?旧共産圏の古い機体やSu100についてはいろいろ噂もあるが、なかなか実現しない。

では例によって個別にみていく。まずはナローボディ機6種から見てみよう。

◆Herpa Delra Air Lines Macdonnel/Douglas MD-88 [N994DL]
MD-88復活か。とおもいきやモデル化としては初めてらしい。MD-80シリーズではこのMD-88だけが未モデルだったようである。このところのリリース機材復活が続いているが、どうも一発屋っぽい。MD-80シリーズのOGは流石に主脚が大きすぎておもちゃっぽいのでOGのリプレースだけでも需要はあると思う。まずはDeltaから。これは買い(◎)。

◆Herpa Air France Lockheed L1049G Super Constellation [F-BHBB]
うーん、どうするかなー。魅力的な機材ではある。既出かと思えばこれが意外と初出だったのでちょっと現物見てから考えようか。でもたぶん買うだろうな(○)。

◆Herpa KLM Boeing B737-800 [PH-BCB]
小型機で、大型機が既出なのでパス(△)。

◆UPS Boeing B757-200 [N431UP]
小型機で、大型機が既出なのでパス(△)。

◆Herpa Aegean Airlines Airbus A321 [SX-DVO]
初出のエアラインモデルとなる。エーゲ海を運行するエアラインのイメージとは違い、2羽のカモメ(?)をデザイン化し、しかもロゴが黒といういたってシンプルなデザインである。一見中国の毛筆ロゴのようにも見える。エアバスを中心機材とするギリシャの当然買い(◎)

◆Herpa Swiss Convair CV-990 [HB-ICA]
コンベア990も珍鳥。できる事なら入手したいが、IFでは入手済み。したがってパス(△)。

次にワイドボディ機であるが今回はうれしいサプライズが多い。
◆Herpa Air Austral Boeing B777-300ER [F-OREU] Evariste de Parny,'UNESCO World Heritage'
半年ほど前に整理してみた未モデルのなかの1つである。ついに登場、今回の大目玉のひとつ(◎)。

◆Herpa Garuda Boeing B777-300ER [PK-GIA]
つい最近デリバリされたばかりなのでこんなに早くモデル化されるとは。これまた中サプライズでもちろん買い(◎)。

◆Herpa AeroMexico Boeing B777 [N776AM]
これまた未モデルの1つ。Sky500とかAero500辺りから先に発売されるんじゃないかと思ってたくらい。当然買い(◎)。

◆Herpa British Airways Boeing B767-300ER [G-BNWZ]
意外とコミュニケーションの機材は未発売だったのね。ウィングレット付きじゃなかったので見送り(△)

◆Herpa Norwegian Boeing B787-8 [EI-LNA] "Sonja Henie"
こちらも早々と登場。今後は必ず787が1つはリリースされていくことになるかもしれない。実機のデリバリーも軌道に乗ってきた。買い(◎)

◆Herpa Lufthansa Airbus A380 [D-AIMB] "München",FC Bayern
バイエルンサッカーチーム特別塗装、とはいえ機種よりに小さくマークが張られているだけなので、悩みつつ買い(○)か

◆Herpa Iberia Airbus A330-300 [EC-LUK]
A346があるだけで意外とA330は未発売だった。過去B747やDC-10、L1011などを運行していた同社も現在ではエアバス一色となった。旗艦はA340で、A333は4機とエアバス機材の中でも少数派。買い(◎)

◆Herpa Azerbaijian Airbus A340-500 [4K-AZ86]
今回の超目玉(◎)。ワイドボディ未モデルエアラインとして認識すらしていなかったエアラインである。中央アジアもかつてのシルクロード張りにトラフィックが活発になってきたのかもしれない。よくよく考えてみると、砂漠とサバンナという印象しかない中央アジアだが、石油資源は豊富だし、なにより観光資源にも恵まれていそうな感じである。一度は訪れてみたい地域である。
ワイドボディ機はB767に加えてA345を2機を所有しているがいずれも今年デリバリされたもの。2008年には初飛行した機材でその後Kingfisherにデリバリされる予定だったが同社の急速な経営悪化で、引き渡しされなかったらしい。

◆Herpa CSA Czech Airlines Airbus A330-300 [OK-YBA]
これまたサプライズ!(◎)。というか全くマークしていなかった。CSA Czech Airlines唯一のワイドボディ機。2013年5月14日に導入された。元々は2001年に大韓航空にデリバリされたHL7701である。東欧のトラフィックも活発化している模様である。というかこれまで人の移動がなさ過ぎたとみるべきだろうか。

◆Herpa Thai Airways International Airbus A300-600 [HS-TAW]
ThaiのA300とは昔OGではあったような無かったような。CCLによると前作はスタアラ塗装でしかもNGである。このA300-600も2004年を最後にリリースされていなかった。A300シリーズも復活なるのだろうか?買い(○)である。

最後にコレクション対象外の2種。
◆Herpa German Air Force Lockheed P-3C Orion [60+01] "100 Years of German Naval Aviation"
◆Herpa Herpa Vickers VC-10 [-] Christmas 2013 fantasy


いずれも来年初頭にはリリースされるはずである。ここ数回Herpaのリリースは「当たり」が増えてきたように思う。
スポンサーサイト
編集 / 2013.08.05 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード