新コレクション 旧モデル拾い in日本橋
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
月曜。朝早くから出張である。始発の新幹線で広島へ。午前中早い段階での打合せだけなので昼までには仕事は片付く。そこでここはひとつ午後半休をとって倉敷経由で帰ろうと思い立った。何年振りだろうか。倉敷店さんに顔を出すのは…。予定よりやや遅れて仕事は完了、12時には広島で解放された。さて、いよいよという時にお客様から引き続き打合せしたいと電話が。結局この日は終日出張となる。倉敷への道は遠い。

 火曜。虫の知らせか日本橋店さんに向かう。案の定新製品コーナーがにぎやかになっている。が、ワイドボディ機は新大阪店さんで買う予定のもの、ナローボディは秋葉原店さんで買ったものばかりだった。SibirAirIl86、AirBerlin A333、AustriaB772やKLMB744、ThaiA345の再販モデルに交じってAeroflotのMD-11Fも入荷していた。新製品はこのくらいか。コレクション対象はないので既存モデル展示コーナーへ
意中のモデルを眺める。

◇Herpa Olympic Air Airbus A319 [SX-OAO
結局買わなかった。社名が変わったとはいえ旧社を引き継いだエアラインなので基本ほとんどデザインの変更がみられない。同じくATR-72についても食指が動くが。どうしたもんかなーという感じである。実際新旧でどれくらいの違いがあるのか写真などでじっくり確かめてからでも遅くはないかと、今回は見送り。しかしせっかく電車に乗ってきたのである。何か他にあるかもと物色しなおす。

■Herpa Romavia BAe146-200 [YR-BEA
おや?こんなものが?早速CCLで確認すると未集だった。RomaviaとArmaviaは両方未収ながらよく混同するので記憶に深く残っていた。707も既集だが、意外と安かったこともあってお買上となる。

YR-BEAはもともと1994年にMeridianaにデリバリされた機体。2005年3月1日から2011年12月29日までRomaviaにTrident Aviation Leasingからリースされていた。会社自体1990年に設立され2010年に運行停止となった歴としたルーマニアの国営エアラインだったが、わずかにBAe146を3機運航していたに過ぎない。ある意味貴重な機材である。

■Herpa germanwings Airbus A319 [D-AKNJ] "City of Athens
Romaviaの斜め下に展示されていたgermanwings。これもてっきり収集済かと思っていた。全8種もリリースされていながら持っているのはT-mobile特別塗装機のみ?しかも今年リリース予定の新塗装版はしっかり購入予備軍になっている。ひとつ前の通常塗装も必要だなーとぼんやり見ているうちにこれまたお買上。Olympic AirのA319の代わりに同じA319のモデルがコレクションに加わったことになる。

D-AMNJはCCL上D-ANKJと誤記されていた。早速修正。germanwingsは今や38機のA319のみを運行するドイツのLCCである。2002年eurowingsがら分離独立した。D-AMNJはEurowingsから引き継いだ機材で、設立された2002年9月1日から2008年12月まで所属していた。固有名は"City of Athens"。その後は同じレジのままLufthansa Italia、Lufthansaと遍歴を重ねている。

しかし、しかしてである。このパッケージ、なんかどっかで見覚えがあるんだが???デジャブーのようだが引き出しの中で並んでいるのを見たような気がする。もしかしてCCLの記入ミスなんじゃないだろうか?買っちゃったものは仕方がないが、一度今週末にでも簡単な棚卸でもしておく必要がありそうだなぁ。重複買いかなぁこりゃ?
最近店でデジャヴーに出会うことが多くなった気がする。CCLでみても今一つ信用できないというか、未集のはずが既集になっていたり、はたまたその逆になっていたり、自分の記憶力の低下を棚に上げて疑心暗鬼になる時がある。そんなモデルが最近また見つかった。

日曜日、久々の倉敷店行きに備えてCCLを整理していたときのこと。SabenaのB741が未集になっていた。おかしいなぁ、クラシックシリーズの銀色の箱、銀色の機体、紺のチートラインを手に取ってみた見たような気がするんだが??。元々のリリース予定は2012年7月なので発売済みのはずではある。一瞬HerpaWingsClubとかeXtrashop限定モデルを発注したかなと思ったがこのモデルはそんな限定モデルでもない。もちろん当BLOGの新コレクションにも記録はないのでCCLとはつじつまは合うんだが。これまた今度の週末にでも棚卸が必要だろう。
スポンサーサイト
編集 / 2013.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード