久々の新モデル情報は初もの尽くし 日本で手に入るか
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
久々の新製品情報は今後の動向が機になるニュースとなった。
ブランドが初、機体が初、そしてエアラインが初という初モノ尽くしである。

◆Seagull Yakovlev Yak-42D Avioimpex [RA-42389???]
Seagullは1/500で軍用機をいくつかリリースしている小さなブランドである。今回の予約受付のメールのドメインはなんとクロアチア。素直に読み取ればクロアチアのブランドと言うことなんだろうか?Seagullというのは記憶は定かではないが確かB2爆撃機のモデルは日本でも見た覚えがある。秋葉原か日本橋か。もし軍用機が日本でも買えるのであれば、本モデルも日本で購入可能になる可能性はある。ただし現地で29ユーロということは約4,000円。日本国内で流通するとなるといったいいくらになるんだろう?

Avioimpexというのもかなりレアなエアラインで、バルカン半島はマケドニアのエアラインである。1992年に設立されたものの2002年には財務的な問題で運航免許を取り消され、運航を停止した。

Yak-42Dは1980年に初就航した機体らしいが現在でもデリバリーが続く数少ない旧ソ連製の機体である。定員は120名とのことなのでB727よりやや小ぶり。BAC1-11に近い感じだろうか。180機が生産されたと言うからバリエーションは多からず少なからずというところ。Avioimpex以外のモデル化にやや期待してしまう。

さて問題はモデル化される機体である。
オーナーの投稿写真ではRA-42389(実機)が映っている。この機体をモデル化するのだろうか。因みにRA-42389は1991年にAeroflotにデリバリされたようだがその後Saravia-Saratov Airlinesに移籍となり、同社経由でリースされたようである。リース時期は詳しくは解らないが少なくとも1998年当時には在籍しており、2001年には除籍されている。
手持ちの数少ない資料では同社のYak-42Dは3機が確認できた。[RA-42326][RA-42389][RA-42432]である。さらにオーナーの投稿によれば1993年に墜落事故を起こした[RA-42390]の姉妹機ということだが果たしてどの機体になるのだろうか?

ついでに同社のYak-42Dについて判明している分だけを以下に記載しておく。
・RA-42432は1995年トルコのAlbatros Airlinesにデリバリー後、Saravia-Saratov Airlinesからリースされた機体。
・RA-42326も動向は良く解らないが1985年に製造され、Aeroflotにデリバリされた後、RA-42389と同じような経緯をたどっている。
スポンサーサイト
編集 / 2013.11.04 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード