FC2ブログ
今月の新コレクション 恒例の年末まとめ買い、その他諸々
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
年も押し詰まってきた。年明け早々に締めのプロジェクトのおかげで今年はゆっくりできそうにない。長い年末年始明けにむけて気を緩められない時間が続く。気持ちに余裕がなくなると好きな飛行機にも気がなかなか回らない。1/12の伊丹空港でのジャンボ搭乗の応募をすっかり忘れてしまっていた。しかしよくよく考えてみたら1/12は家庭内の行事があってもともと参加することすらできなかったことが発覚。家庭内行事を忘れていたことがバレずに良かったのかもしれない。

先週は火曜日東京日帰り、木曜東京から熊本へ一泊二日の予定だったが、金曜の夜は熊本に自腹で一泊。週初の火曜日は気持ちの余裕もなく、飛行機ライフは特に何もなし。ただ、旧整備場に金色の尾翼とチートラインの正体不明機B737-700/800が駐機していた。これは翌々日にも駐機されたままだった。あの辺りはbizjetの駐機場なんだろうか。他にも小型ジェットが最近何機か駐機されているのをよく見かける。

木曜日、AMに我慢しきれなくなって秋葉原に。せっかくなので入荷していた小型機を。
■Herpa GOL Boeing B737-800 [PR-GTE]
Peachの1:150が大量入荷していた。そう、先ごろLCCがモデル化と聞いていたやつである。結局EverRiseの1:15になったようである。1/200でも1/400でも1/500でもないこのスケール。各4,200円とそれなりにリーズナブル。マリコ仕様のみは6300円予約販売だったような。メタル製にすると価格が高くなりすぎるので樹脂製になったのではないかとのことだった。1:150だとスケールごとに分化したコレクターでもPeachだけはしょうがないかと買い求めるかもしれないし、一般顧客からすれば大きくて見栄えが良くて値段がそこそこという絶妙のスケール選択だったのかもしれない。でもそれなら10機のレジを揃える意味があるかどうかまではわからない。ANAのモデルの高騰はHoganのコスト高と言う噂もあながち嘘ではなさそうである。

木曜1745羽田発熊本行きB737-800は6Kの窓側もほとんど曇天で何も見えず。定刻通りの到着。空港にはFDA黄、SKY、JALなどが並ぶ。それなりににぎやか。土曜1110熊本発伊丹行きB737-500は21Kの最後尾窓側。熊本空港にはJAL、ANA、SKY、FDA紫、AMX、Soraseedと彩り豊か。小雨の伊丹に5分遅れで到着。

さて、出張の合間に年末恒例の大量入荷のお知らせがやってきた。いやおうなしに飛行機の世界に引き戻してくれるありがたい受信音である。
「あれとあれとあれとあれが入荷してますよ、それとあれはご入用ですか?」
いつもながらこちらの事情を熟知したご提案である。
「すいません、最後のあれは、昔出たやつとレジしか違わないのでいいです」
「そうですか、じゃあお待ちしてます」
「今出張中なので連休中に伺います」

最後のあれはPhilippinesのB777-300ERの機内限定販売モデルである。熊本から帰宅した後にまたお電話が。
「すみませんその後、あれとあれとあれとあれとあれが入荷予定です」
「一切合財合せて月曜日に伺いますね」
うーん、小金を下していかなくては。

で、早速本日さっそく休日出勤の途中に顔を出す。
■Sky500 Air NewZealand Boeing B777-300ER [ZK-OPK] Hobbit
■Sky500 Cebu Pacific Air Airbus A330-300 [RP-C3341]
■Sky500 China Southern Airlines Airbus A330-200 [B-6057] Guangzhou Asian Games 2010

Sky500は発表後一定期間でまとめてはいるので買い忘れや重複買いのリスクが少ない。しかも入手してしばらくすると新製品発表がされるのでうまくコレクター心理をつかんでいる。年内に新製品の発表があるか。来年くらいからA330やB777だけではなくDC-10とMD-11をラインナップに加えてほしいが。

■Herpa British Airways Boeing B767-300ER [G-BNWZ]
本来見送りモデルだった。電話で聞いても「あ、たぶんそれ持っているので」とお断りしようかと思っていた。しかしこれが虫の知らせかその言葉をぐっと飲み込んだのである。
後でCCLを確認してみると、なんだかんだと5種のBA763がモデル化されている。内コレクションは2種。いずれもOGで、旧塗装とWorld塗装の2機だけだった。現行デザインは未コレクションである。もちろん絶対買い(◎)とまではいかないが十分買い(○)の資格ありである。
合せて買い入れとなったのであった。しかし当モデルは2013年12月リリース予定だったモデル。Herpaにしてはよく年内に間に合ったものである。

■Herpa Turkish Air Cargo Airbus A330-200F [TC-JDP]
■Herpa Azerbaijan Airlines Airbus A340-500 [4K-AZ86]

Azerbaijanは思いのほか濃い紺色。かなりきれいな配色でしかも4発機とはうれしい。

あとQantas B738 '2013 Lions Tour'、Lufthansa A380 "Munchen",FC Bayern、Austrian A320 retroなど魅力的なモデルも入荷していたがこちらは見送った。

★追記2013/12/28

ひとつ忘れていた。同時購入モデルである。
■Herpa Iberia Airbus A330-300 [EC-LUK]
これは新年には新デザインのものがモデル化予定である
スポンサーサイト



編集 / 2013.12.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード