日経に出てたね
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
「今日の日経に出てたね」
ちょっと前の日本経済新聞のコピーである。通勤電車で横の人が開いているのをちら見した時にどうも航空ネタがあるらしいと分かって出社後、知人に見せてもらった。何年か前に別の新聞に替えてしまったのである。

エアバスが軍需市場を縮小し商業市場(旅客機)に注力すると。ボーイングも好調で2013年の受注は両社ともに1500機程度の受注と過去最高を記録、引き渡し数も共に450機程度とこれまた過去最高と鼻息が荒い。牽引役はアジアらしい。エアバスでは中国ハルビンにラダー工場を、大連に組み立て工場を建て、シンガポールに販売時のサポートする金融拠点まで置くという。

世界中で好景気という話がほとんど聞かれないのに、この大量発注&バックログはどういう状況なんだろうか。中東のバカ買いを別にしてもバブルっぽい匂いがする。それほど燃料費の経営に対する圧迫が強いという事だろう。A380/350/320NeoとB777x/787/737MAXの激突の様相が今後も続くのだろうか。

さて、日経は買うのをやめて久しい。はっきり言って仕事と関係ない記事も多いので無駄も多い。航空業界の記事は結構珍しい。記事として面白いのは日刊工業新聞で、航空ネタは多い。特にアフリカや南米など日本ではまずお目にかかれないような海外の動向などについてたまに記事が載る。どうもその方面に明るい記者さんがいるようだが、流石にモノ造り専門新聞だけのことはある。世界の精密部品工場たる日本は、メーカーの動静だけを見ていればいいというものではなさそうだ。一時期駅売店でいつも日刊工業新聞を買って読んでいたのだが、最近ではそれもご無沙汰してしまっている。

先月号の月刊エアラインは伊丹の747特集+世界のエアライン勢力図とあって最後まで悩んでいたら、早々と次号が並んでしまって買えなかった。同誌は国内の読者向けに限定している割に最近かなり話題も豊富になり、読み応えのある内容になってきた。ただ、やはり1次情報が多い。新機材の大量発注や統廃合はある程度業界の動きて把握できるものの、本来はその背景にあるその国の政策や経済状況、それを踏まえたエアラインの戦略や方針にまで切り込んだ内容がほしいところだ。まあ経済新聞でも難しいのにホビー誌にそこまで望むのは酷だろう。エアライン誌はその点かなり頑張っていると言える。(買ってないので申し訳ないんだが)

ただ成田や仁川、上海など周辺への乗入れエアラインがかなり増えてきているので、各社の東アジアへの戦略や会社としての戦略についてのインタビューなど実現しないもんかな?成長株といわれているEtihadやKorean Cargoなどの動向についても掘り下げてほしいものである。
スポンサーサイト
編集 / 2014.03.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード