Herpa Club Model #7#8 2014とSky500 ほか
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
HerpaのClub modelが発表された。PeruvianとTarom。Peruvianはまさかの入賞。こんなレアなエアラインモデルが選ばれるとは。Lanicaといい、中南米のエアラインはまだまだモデル化されていないものが多い未開拓の地である。アフリカも同じ事情なのだが、ヨーロッパに近いので今後モデル化される機体も増えるのかもしれない。ただアフリカは絶対的に情報が欠乏している。国内線で飛んでいるような古い機体は誰も見たこともないだろうし、HPもないかもしれないし、写真も残っていないんじゃないだろうか。

●Herpa Tarom Boeing B737-700W [YR-BGG] Retro "Craiova"
YR-BGGは2001年4月25日にデリバリされた機体。Taromが現在4機のB737-700と1機の-800を運行している。いずれもウィングレット付。ややブームも落ち着いた感のあるレトロ塗装機である。固有名Craiovaはルーマニア南西部の都市の名前。レトロ塗装はコレクション対象外なのでパス(△)。

●Herpa Peruvian Boeing B737-200 [OB-1841-P]
OB-1841-Pはもともと1980年にBritannia Airwaysにデリバリされた機体。その後AlohaやVASP、Ryanairなどを経て2010年2月4日に導入された。Peruvianは2007年に設立された比較的若いエアラインである。新しいエアラインにも拘らずレトロ調のデザインなのはなぜなんだろうか。なかなかにラテンらしい派手さが良い。予定通り買い(◎)。

これで今年の予想は5勝2敗とまずまずの成績。しかし、結局KingfisherのA345は選に漏れた。A345というレアな機材といい、Kingfisherという派手目でインドらしいデザインといいモデル化されてもいいと思うのだか、やっぱりヨーロッパ票が強いということか。
当選予想==================================
★.(◎)AirTransat Lockheed L-1011-100 [C-FTNL]
★.(○)LTU Sud Boeing B757-200 [D-AMUT]
★.(◎)Lanica Boeing B727-0 [AN-BSQ]
★.(△)Tarom Boeing B737-700 [YR-BGG] retro
5.(○)Kingfisher Airlines Airbus A340-500 [F-WWTJ]
★.(○)United Airlines Boeing B767-300ER [N653UA] Star Alliance (I)
以下落選予想==============================
★.(△)Turlkish Airlines Airbus A321 [TC-JLC] retro
8.(△)Eastern Air Lines Boeing B757-200 [N501EA] boeing757
★.(◎)Peruvian Airlines Boeing B737-200 [OB-184-P]
10.(△)Mexicana Boeing B727-200 [???]

他にWings Magazineに記載されているNew ModelはLufthansaの限定モデル。まずはA333キャンセルのお知らせから。代わりと言ってはなんだがA321のFanhansaがモデルに加わるようである。
×Herpa 526838 Lufthansa Airbus A330-300 [D-AIKD] Fanhansa "Siegen"
●Herpa 526890 Lufthansa Airbus A321 [D-AIDG] Fanhansa "Göttingen"
おもしろいんだけど、これは小型機ゆえ見送り(△)。

NATO向けの限定モデルとショップ用再販モデル。こちらは軍用機なのでパスなのだが一応触れておく。
●Herpa 526470 NATO Boeing E-3A AWACS [LX-N90458]
●Herpa 515139-001 NATO Boeing E-3A AWACS [LX-N90451]


次に、Sky500からも早々と次のモデルが発表された。完全に定期リリースが定着してきた。今回も2モデルとも特別塗装。
●Sky500 Transaero Boeing B747-400 [EI-XLK] "Flight of Hope"
Transaeroは子供の難病治療を支援するプログラムに参加している。この特別塗装はその一環で2013年11月から飛行している。機体全体にロシアの著名人12人の手形を施した特別塗装で、デザインはLife Line Fund Charity Actionに参加しているVladimir Dubosarskiy氏とAlexander Vinogradov氏によるもの。乗客は機内でのチャリティを行うこともできるようになっているらしい。
EI-XLKは2000年3月にSingapore Airlinesにデリバリされた機体でその後2011年7月21日Transaero Airlinesに売却となった。意外なことにTransaeroのB744は今や20機を数える同社のフラッグシップである。

●Sky500 Aerolineas Argentinas Boeing B747-200 [LV-OOZ] "Pentacampeon 2003"
機体一杯にCABJのエンブレムとPentacampeon 2003のロゴを配した特別塗装機。CABJはClub Atlético Boca Juniorsの略でブエノスアイレスに本拠を置くスポーツクラブ。サッカー以外のスポーツクラブもあるらしい。Pentacampeon 2003についてはスポーツ事情をよく知らないので間違っているかもしれないが額面通りに受け取ると"5回目の優勝"といった意味になる。2003年時点で5回目の優勝となるとコパ・リベルタドーレスという南米のクラブチームによる選手権で、これに優勝すると世界のクラブチームNo1を選ぶトヨタカップ(旧名称)に出場できるそうである。LV-OOZは1981年8月26日にデリバリされた機体で2004年まで在籍した。その後Air Cometに売却され2007年3月以降マドリッドに保管されている。一応両方買い(〇)かな。
スポンサーサイト
編集 / 2014.08.13 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード