最近でもないが気になるニュース
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
最近サボっていた業界の動きである。時期的に新規オーダーは少なくデリバリー関係が多い。

●Special Livery●AlitaliaとEtihad AirwaysがEXPO Milano 2015で特別塗装機
Alitalia and Etihad Airwaysが2機のA330-200に特別塗装を施す。2015年5月から10月まで開かれるEXPO Milano 2015のサポート塗装である。基本はAlitaliaだが両社のロゴと"feeding the planet, energy for life"というメッセージを纏っている。ミラノらしい派手なデザイン。これはSky500でのリリースの可能性が高い。

●New Delivery●Royal Air MarocのB787-8が来年1月デリバリ
Royal Air MarocがB787-8の初号機を2015年1月8日に就航させると発表した。まずはカサブランカ~パリ線に就航する。順次ニューヨーク、モントリオールなどへ展開する予定とのこと。いよいよ始まるRAMの787。モデルはかなり前に発売されたが実機との差異がどのくらいあるのか見極めたい所。差異が大きいようなら再販の可能性もある。

●New Delivery●Qatar AirwaysのA350-900も来年1月デビュー
Qatar AirwaysがA350の初号機を来年1月からドーハ~フランクフルト線に就航させると発表した。いよいよA350も来年モデルが登場しそう。QatarはA380も正しい版の再販もまだだし、ぜひ両方とも実現させてほしい。もしかするとSSJ-100みたくAirbusハウスカラーの方が先かもしれないなぁ。

●Special Livery●Finnairマリメッコ特別塗装機を追加
盗作デザインの特別機で物議を醸したマリメッコだが、新たにケシの花デザインの特別塗装機を発表した。前のケシの花とは背景と花の色が反転しているような感じである。A330に施され、今年末から長距離線に就航予定とのこと。Sky500のリリースの可能性が大きい。年明け早々位に発表されるんじゃないだろうか?

●New Delivery●American AirlinesのB787-8の初号機が塗装終了
American Airlines初のB787-8の塗装が完了し、12月にもデリバリされる見通しとなった。初号機は[800AN]で、まずは国内線に就航予定とのこと。今後B767と入替が進んで行きそうである。モデル化は時間の問題だろう。そうなれば当然買い(◎)である。

●New Delivery●Virgin Atlantic AirwaysのB787-9の初号機導入
Virgin Atlantic AirwaysのB787-9の初号機[G-VNEW]が10月28日ロンドン~ボストン線に就航した。固有名は"Birthday Girl"。-8だけでなく-9もデリバリが続いてくるようになった。来年Herpaからは-9の発売ラッシュとなるか。もちろん発売されれば買い(◎)である。

●New Delivery●Scoot AirlinesのB787-8の初号機がロールアウト。
ScootのB787-8初号機がロールアウトした。今後各種テストを受けて12月にデリバリ、2015年1月就航の予定とか。初号機のレジは[9V-OJA]か。これまで親会社であるSingapore Airlinesのお下がりのB772で運行していたが今回初の新造機の導入となる。黄色いB787もめずらしい。SQ自体あまりHerpaなどの通常販売しないエアラインだが、子会社のScootも同じような感じでHerpaからのリリースは難しいかもしれない。JC Wingあたりが出しそうな気もするが気長に待ちたい。

●New Airlines●NokScootがB772で来年から運行開始
Singapore Airlinesの子会社Scootとバンコクを拠点とするNokAirのJVであるNokScootが2015年の第1四半期から運行を開始するという。出資比率はScoot:NokAirで49:51となり、バンコクを拠点に国際路線をターゲットとするLCCとなる模様である。機材はB789導入により余剰となるScootのB772のうち3機が導入されるとか。Scootとは同じ黄色のコーポレートカラーだがNokScootのキャラクターなどが機体のどこかに配置される可能性もある。来年のSky500モデルにラインナップされるだろうか?期待して待ちたいとことである。

●New Delivery●SliLankan AirelinesがA330-300を受領
SriLancan AirlinesがA333を初導入。初号機[4R-ALL]は成田線に投入される。初導入というのは意外な感じがするがこれまで同社はA343とA332を運行しているためである。尾翼の黄変が解消されるのであればメタルテールでモデル化を待ちたい。

●New Order●IberiaがA330-200を確定発注
IberiaといえばA333を運行しているが今回A332の8機発注を確定させた。A333の8機を加えて16機体制となる。運行開始は2015年から。短胴のA330もなかなかいいかもしれない。にしてもA350ではなくいまだにA330が売れている所が面白い。モデル化の可能性は大である。

●New livery●US AirwaysがAmericanカラーに変身
US AirwaysがAmerican Airlinesの傘下に入りついにAAの新デザインに移行し始めた。新塗装の初号機はA333[N270AY]である。これは早晩Herpaから通常塗装で発売される可能性が大きい。機材としては面白いがUS Airwaysの独自性がまた消えたということで一抹の寂しさは残る。

●New livery●Aircalinが新デザインを発表
Aircalinといえば白い機体にハイビスカスとかなりシンプルなデザインだったが、今度のは機体後部が濃色でその中にわずかな色違いでニューカレドニアにまつわるものがいくつかデザインされている。全体的に海と空をイメージしたカラフルなデザインとなった。まずはA320の登場だがA330が登場したうえでのモデル化を待ちたい。
スポンサーサイト
編集 / 2014.11.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード