サプライズ!新年早々Herpa 05-06/2015新製品情報が
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
年明け早々Herpaっから 2015年5/6月の新製品情報が飛び込んできた。これまでは奇数月末に発表されてきた情報が年始早々漏れてきたのである。情報漏えいかと思いきや公式HPでも発表された。今後発表月が前倒しになるのか、はたまた元に戻るのか、隔月だったリリースが毎月になるのか、予定通りに店頭に並ぶようになるのか・・・など生産拠点移動や新金型の発表と合わせて注目していきたい。定期発表が奇数月初め、クラブモデルが偶数月初めということであればニュースとしては毎月発表となるのでコレクターにとっては間延びや中だるみがなくなっていいのかもしれない。

さて今回の発表である。情報が無いだけなんだろうが一時期多かった限定モデルの表記が無い。特段断らなくなったということか。些細なことだがこのあたりもこれまでとは違う。

発表モデルをみてみると新年にふさわしいサプライズが幾つもある。まず18種というのが近年では多めのリリースとなる。うち軍用機は1種なのでコレクション対象は17種となる。軍用機もフランス空軍のA400Mというのがなかなか面白い。目玉はついに登場A350XWB。AirbusのハウスカラーながらQatarを始め2015年の目玉になること間違いない。新デザイン採用エアラインモデルも新機材も目玉が続々。新顔あり、久々のB744あり、ATR、Q400、F-70、極めつけはDC4といったバラエティ豊かなリリースとなった。

●はワイドボディ機、▲はナローボディまたは軍用機、赤はAirbus、青はBoeing機、黒はその他
s-2015MAY-JUN.jpg

ではいつものごとく個別に見ていく。
●527149 Vietnam Airlines Airbus A321 [VN-A336]
サプライズ第一弾。A332とB772だけでも充分なのだが登場経験のあるA321までがモデル化されるとは思ってもみなかった。関空常連の小型機材の登場が大変貴重である。当然買い(◎)である。当機は2012年8月24日にデリバリ。51機を擁するメイン機材である。エアバス小型機は320も319も持っていない。321だけを大量に保有運航する珍しいエアラインである。

●527408 Austrian Airlines Fokker 70 [OE-LFP]
1995年10月にデリバリされた機体で一時期Tyrolean Airwaysにもリースされていた。現在も7機が運航している。小型機ゆえパス(△)。

●527583 Lufthansa Cityline Embraer E195 [D-AEBH] "Freising"
2011年7月27日にデリバリ。24機は同社での最大勢力。固有名のFreisingはミュンヘン国際空港近所の町の名前に由来する。こちらも小型機ゆえ見送り(△)。

●527590 Flybe Bombardier Dash 8-Q400 [G-JECY] 2014 "Spirit of Liberum"
2007年6月22日にデリバリ。42機のDHC-8-Q400は同社の主力機材である。2014年デザインを一新し新デザイン初号機がG-JECYに施された。新デザインへ変更され早々とモデル化される事になった。紫色を基調としたLCCらしからぬエレガントなデザインである。2010年モデル化された前デザインとともに揃えておきたい。買い(○)。

●527606 American Airlines Boeing B787-8 [N800AN]
サプライズ第二弾。2015年1月、つまりまもなくデリバリ予定のB787の初号機がモデル化発表。タイミングとしてはちょっといいタイミングではないだろうか。現在42機を発注している。52機のオプションもあり、今後767に置き換えていくことになっている。新機材モデル化で当然買い(◎)である。

●527613 French Air Force Airbus A400M [F-RBAA]
2013年8月2日にフランス空軍に納入。軍用機なのでコレクション対象外(×)。

●527620 Pluna Lineas Aereas Uruguayas Bombardier CRJ-900 [CX-CRF] purple
2008年11月18日にデリバリ。7機を導入していたが2012年運航停止してしまった。モデルは3色目。紫ではなく紺色と言った方がいいだろう。これまでだと大体2色くらいでリリースが途切れたりすることもあったが、3機目が発表されたことで他の色も出揃うなんてことも夢じゃなくなってきた。エッシャーの騙し絵のようなデザインながら、色彩を単色系に納めた為にうるさく感じることの無い秀逸なデザインである。買い(○)。

●527637 Qantas Boeing B737-800 [VH-XZP] retro 70th anniversary,”James Strong"
2014年11月17日デリバリ。QANTASはB767が全て退役し、中型機はA330、小型機は全てB738になって機材の統合が進んでいる。B738は今や67機もの勢力となっている。レトロ塗装機はコレクション対象外なのでパス(△)。

●527644 Royal Jordanian Boeing B787-8 [JY-BAC]
2014年10月24日Citからリースデリバリされた。同社の3号機となる。初のBoeing機のモデル化となる。787のモデル化が待たれていたがついに登場である。まあ予定通りというところか。これまた買い(◎)。

●527651 Transaero Boeing B747-400 [EI-XLL]
元々2001年2月にSingapore Airlinesにデリバリされた機体で2011年8月26日Midairからリース導入された。なんだかなだで現在はB744を20機も保有する。HerpaではB742がモデル化済、B744は昨年Sky500でモデル化されたがこちらは特別塗装機だった。なので買い(○)。

●527668 Transaero Boeing B737-800 [EI-RUB]
元々2007年8月にAir Europaにデリバリされた機体で、2011年12月1日にAlcからリース導入された。Boeingを積極的に導入。17機を運航している。小型機ゆえパス(△)。

●527675 Air Serbia Aerospacial ATR 72-500 [YU-ALU]
元々1997年12月にAmerican Eagleに導入され2013年7月11日にNacよりリース導入された。同年10月27日にはEtihadの資本がはいって社名がJAT AirwaysからAir Serbiaに変わった。一応新規エアラインモデルなので買い(○)。

●527682 Airbus Airbus A350XWB [F-WXWB]
サプライズ第三弾。予想はされていたとはいえ発表されるとやっぱり嬉しい。2013年6月14日にデリバリされたA350の初号機である。Airbusハウスカラーなので今回は見送り(△)も、今後が楽しみな機材がまた一つ増えた。

●527699 Alaska Airlines Boeing B737-800 [N560AS] "Spirit of the Islands"
ハワイ路線就航記念なのか観光キャンペーンの一環なのかは解らないが、とにかくトロピカルで派手な色使いの特別塗装機である。ちょっと前なら買い(○)としたところだが、円安の折今回は見送り(△)。機体は2006年10月12日にデリバリされたもの。同社はB737のみ137機も運航している。うち-800は最大の61機。27機残る-400もB737NGに置き換わっていくものと見られる。

●527705 China Eastern Boeing B777-300ER [B-2001]
サプライズ第四弾。もう少し先かと思っていたがさすが中国のコレクター市場を意識したのか早々にモデル化決定である。中国東方航空最新デザイン機。B773なのでやけにあっさりし過ぎている様な感じもする。機首にアクセントがあればバランスが取れないだろうか。しかしこれも貴重なモデルで是非買い(◎)たいモデルである。2014年9月25日デリバリ。

●527712 Etihad Airbus A380-800 [A6-APA]
サプライズ第五弾。ああ、今回はこれでもかと待望のモデル発表が続く。中東の伝統的なデザインを見に纏った新デザインA380である。これまた手に取るのが待ち遠しい(◎)。2014年12月16日デリバリ。

●527729 KLM Macdonnel Douglas MD-11 [PH-KCD] "MD-11 Farewell","Florence Nightingale"
サプライズ第六弾。出ないのかと思いきややっぱりヨーロッパコレクタの声は無視できないのだろう。KLM最後の3発機として昨年末にリタイアした機体。リタイア記念特別塗装機となる。機体自体は1994年9月16日デリバリだから丁度20年活躍した事になる。何より3発機のモデルがリリースされることも嬉しい。DC-10も含めてもっと3発機にフォーカスして欲しいが。絶対買い(◎)。

●527736 Buffalo Airways Douglas DC-4 [C-GCTF]
1945年3月7日アメリカ空軍に納入された。1978年Aero Unionにて油送機に改装された後1982年にカナダに輸出。1996年5月23日同社に導入された。Buffalo Airwaysは1970年に設立されたカナダ北西部のチャーターエアライン。創始者のJoe McBryanがBuffalo Joeと呼ばれ、欧米ではTVのドラマ高映画だかの”Ice Pilots NWT"のモデルになったことで有名らしい。現役のDC-4モデルというのもなかなか貴重なのだが判断に迷うところである。一応見送りかな(△)。

恒例の再販モデルは今回はわずかに2種。英独の定番A346とA380である。どちらも定番で見ていて安心感がある。ヨーロッパのコレクターならこぞってレジ違いも集めようというきになるのだろう。羨ましいかんきょうではあるが、ここは自重して見送り(△)。
●507417-002 Lufthansa Airbus A340-600 [D-AIHU]
●524391-001 British Airways Airbus A380-800 [G-XLEB]
スポンサーサイト
編集 / 2015.01.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード