最近の気になるニュース
カテゴリ:  エアライン動向 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
気になるニュースは特別塗装が目白押し。ここらでちょっと整理しておきたい。

●Special Livery●CargoLuxにジャンボの父ステッカー
2015年3月6日、カーゴルクスに747貨物機では30機目となる747-8F「LX-VCL」が納入された。これを記念してというか747に敬意を表してか、同機には「747ジャンボをつくった男(Father of the Boeing 747)」のステッカーが貼られている。この人物は、ボーイングのエンジニアだったジョー・サッター氏である。1/500ではほとんど目立たないのでモデル化されるかどうかは微妙なところ。レジ違いでひっそりとモデル化されるかもしれない。

●New Airlines●Seoul Air設立計画
Asiana Airlinesのグループ会社としてソウルを拠点とするLCCが設立される模様。Air Busanに続いて2社目となる。Asianaの近距離国際線を置き換えていく計画だそうである。どれほどの規模になるのか、関空に飛来するのか、デザインは、モデル化の可能性は、など続報を見守っていきたい。

●New Fleet●Vietnam Airlines A350初号機がロールアウト
A350ではQatar Airwaysに続いて2社目となる。デリバリは今年の半ばらしいが、新塗装でロールアウトした。マイナーチェンジの新塗装だが全体的なイメージとして一層柔らかくなった。これはモデル化必至だろう。今年後半の通常モデルとして期待大である。

●Special Livery●Eva Air 2機目の777でのHello Kitty特別塗装
2015年6月19日からの台北~ヒューストン線に就航する。現在777では[B-16703]がHand-in-Handとして就航済み。2機目は別のテーマになる予定。これまたモデル化される可能性は大きい。うーん、モデル化されるのは嬉しいが、値段も目玉が飛び出るくらいのものになりそうである。

●New Livery●KLM B744に新塗装機
KLMは所有するB747-400の1機「PH-BFT」(愛称 City of Tokyo)に新塗装を施した。退役が続くB747だが、最新のデザインでの就航でまるで新造機のような印象である。やっぱりB747-400はいいなぁ。これはもうほぼ間違いなくモデル化されるだろう。Herpaあたりから年末発売も出るくらいで発表されないだろうか。

●Special Livery●British Airwaysが上海イベント記念特別塗装機
特別塗装が施されたのはB777-200ER[G-YMML]で、上海で開催された"GREAT Festival of Creativity in Shanghai"とタイアップしたもの。デザインは中国のファッションデザイナーMasha Ma氏によるもので竹とバラをあしらったデザインとなっている。英中折衷のなかなか秀逸なデザインだと思う。イベント自体は3月2日から4日と短かったようだが、同機がいつまで運行されるのか気になるところである。これまSky500あたりからモデル化される可能性がある。

●New Fleet●Delta Air Lines向け242t A330-300がロールアウト
新機種と言っていいかどうか微妙ではある。外観上に違いはあるのだろうか。最大離陸重量が242tに引き上げられた通称242t A330(まんまだが)の初飛行に続いてDelta Air Linesに納入予定の機体がロールアウトした。A330neoは主翼が350と同じになるので新金型も登場しそうなのだが。レジのみの表現でモデル化されるかもしれない。機体に「242t」というビルボードタイプのロゴでもつければ面白いと思うのだが。
スポンサーサイト
編集 / 2015.03.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード