Herpa 新製品情報 MAR-APL/2016
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpaの2016年3-4月新製品が発表された。数としては18種とまずまずである。軍用機や架空モデルも無い全プラ製の飛行船が1種あるのでのでコレクション対象は17種となる。全体的な印象としては数の割に心惹かれるモデルが少ない。相変らずのヨーロッパ偏重と小型機が多いせいだろう。
地域別に見れば北米2、アジア2、オセアニア1の他は全てヨーロッパ。アフリカ、南米、東アジアは0である。ワイドボディ機は半数以下の8モデル。3発機も無くA350も無いのが話題性を乏しくしたか。小型機のSu100も今回は無かった。Airbus6、Boeing6の他はTupolevが2、あとはEmbraer、CRJ、BACが各1とバリエーションが少ない。プロペラ機も無く、クラシック機は久々のB742とBACの2機種のみ。
ニュース性には乏しいがそれでもいくつか目を引くモデルがある。では例によって順次見て行く。

●Herpa 528764 Aeroflot Nord Tupolev Tu-154B2 [RA-85365]
製造は1979年とされる。Aeroflotにデリバリされた後、1998年6月にBalkan Bulgarian Airlines、2001年6月にはTyumenaviatransと渡り歩き、2005年3月27日に同社へ導入された。-Nordとしては2機目のモデル化。Tu134が既集なのでパス(△)かなぁ。

●Herpa 528818 Transaero Boeing B747-400 [EI-XLO] Flight of Hope
元々2001年10月31日Singapore Airlinesにデリバリされた機体で、その後同社に2012年12月22日に導入された。同社では19機のB744を含めて総計29機のB747を所有していたが全て2015年に運航停止となってしまった。レジ違いではあるものの昨年Sky500で収集済みである。なのでパス(△)。

●Herpa 528825 Turkish Airlines Airbus A321 [TC-JSJ] Borussia Dortmund,Kecioren
2013年7月1日にデリバリされた機体。小型機はA320とB737両方共に80機以上導入している同社であるがA321は51機と大きな勢力を担っている。固有名はKeciorenで、首都アンカラの北部地域の地名に由来している。ドイツのサッカーチーム、ドルトムントのスポンサー広告特別塗装機である。ヨーロッパではスポーツイベント関連の特別塗装機が多い。小型機なのでパス(△)。

●Herpa 528832 Air Berlin Airbus A321 [D-ABCO] "air dusseldorf"
2015年3月5日にデリバリされたばかりの新造機だが同年9月10日、デュッセルドルフ空港からの発着強化をアピールする目的で機体に社名の"air berlin"の代わりに"air dusseldorf"のロゴをでかでかと描いた。2008年から導入を始めたA321も最近更に増強し今では18機を数える。こちらも小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528849 Zeppelin Museum Zeppelin Zeppelin NT [D-LZZF] "175 Jahre Graf Zeppelin"
飛行船の発明したツェッペリン伯生誕175周年を記念した特別塗装機。全プラ製なのでコレクション対象外(△)。

●Herpa 528856 American Eagle/Mesa Airllines Bombardier CRJ-900 [N242LR]
元々2006年6月22日にイタリアのAir One CityLinerにデリバリされた機体。Mesa Airlinesには2014年5月1日に導入された。American Airlinesの地域ブランドであるAmerican Eagleで運航されている。63機のCRJ-900は同社の最大勢力となっている。デザインとしてはAmerican Eagleなのでここは見送り(△)

●Herpa 528863 Delta Air Lines Boeing B757-300WL [N589NW]
元々2003年3月3日Northwest Airlinesニデリバリされた機体。合併により2010年1月1日をもってDelta Air Lines籍となった。レジに旧社名の名残がある。同社の中・小型機の勢力は半端無い。A320シリーズ126機、B717が84機、B737NGが132機、MD80シリーズ181機、そしてこのB757が128機である。B757は最も退役が進んでいる機体であるがそれでも一大勢力には違いない。B757モデルはHerpaでは9機目。ウィングレット付きは3機目となる。面白い機体ではあるもののここは見送り(△)か。

●Herpa 528870 Edelweiss Air Airbus A330-300 [HB-JHR]
HB-JHRは未登録のレジ。2016年に新規導入される予定のものと思われる。導入後はリオデジャネイロやカルガリー線に投入予定。2015年11月に設立以来20年ぶりのデザイン変更とのことだが印象はあまり変わらない。機首のエーデルワイスの花が無くなり、機体のロゴがやや後ろに移動、尾翼のエーデルワイスがはみ出るほど大きくなった。2011年リリースのHoganモデルと並べてデザイン変遷を楽しみたい。これは買い(◎)である。

●Herpa 528887 Iran Air Boeing B747-200 [EP-IAI]
元1982年2月25日Lufthansaニデリバリされた機体で、2004年3月Air Universalを経て15/09/2006年6月15日に導入された。
イランと言えば政情不安で、機材の更新もままならないようだ。EP-IAIを含めて3機のB742が現役である。更にB74SPも3機現役。Herpaでは久々のNGクラシックジャンボモデルの登場である。今回の数少ない目玉の一つ。これは是非とも買い(◎)であろう。

●Herpa 528894 TUI Airlines Nederlands Boeing B787-8 [PH-TFL]
2014年12月12日にArkeflyにデリバリ。そのArkeflyもTUIグループを構成していたエアラインの一つだが2015年10月1日をもってTUIグループの名前を冠した社名に変更した。3機のうちの2号機。デザインは基本的にはTUIグループのものに統一されている。新デザイン機では初のモデルとなるので、これは買い(◎)である。

●Herpa 528900 Hop! Embraer ERJ-145 [F-GRGL]
2001年2月8日Regional CAEにデリバリ。2013年3月以降エースフランスのリージョナル子会社HOP!に移管された。E170に続く2機目のモデル化。E170はコレクション済みなのでパス(△)。

●Herpa 528917 Qantas Airbus A380 [VH-OQH] Wallabies,Reginald Ansett
2011年2月1日デリバリ。12機のうち、レジでは8番目となるが、導入は9番目である。固有名Reginald Ansettは言わずと知れたオーストラリアの航空会社Ansett Australiaの創始者である。元ライバル会社の設立者の名前とはなかなか粋な計らいである。大型機とはいえ特別塗装機には最近ちょっと飽きてきてしまった。特別塗装はラグビー代表応援を記念したものらしい。見送りとしてもいいがぎりぎり買い(○)かなぁ。そのときのサイフに相談だな。

●Herpa 528924 Alitalia Airbus A330-200 [I-EJGA] Artemisia Gentileschi
元々2007年5月4日にJet Airwaysにデリバリされた機体。2014年1月にEtihad Airwaysに売却されAlitaliaには2015年6月1日に導入された。14機所有しているうちの13番機。2015年の新塗装での導入となった。2010年からたった5年でのデザイン変更となったが全体的な印象はそう変わらない。固有名Artemisia Gentileschi は16世紀ガリレオとも親交の有ったイタリアの女流画家に因んだもの。新デザインでの初モデルなのでこれは買い(◎)。

●Herpa 528931 Aviastar-TU Tupolev Tu-204C [RA-64021]
元々1999年(?)にAerflotにデリバリされた模様だが詳細は良く解らない。まずKrasnoyarsk Airlinesにデリバリされその後2001年9月から度々Aviastar Tu所属となったが、最終的にNational Airlines Cargoを経て2008年8月30日に移籍された。Aviastar-TUは設立が2005年。Tu204ばかりを所有している。旅客型と貨物型でチャーター便を飛ばしているようだ。TUの社名がTupolevとの関係を思わせるが詳しいことは解らない。Wings Magazineにそのあたり詳しく書かれているだろうか。Tu204のカーゴ型は初めてのモデル化、エアラインとしても初お目見えなので買い(◎)である。

●Herpa 528948 British Airways Boeing B787-9 [G-ZBKA]
2015年9月29日にデリバリされたばかりの新造機。12機のB787のうち4機を導入済み。G-ZBKAはB787-9の初号機である。B788を収集済みなので悩むところだが流れのままコレクション対象とする(○)。

●Herpa 528955 Hapag Lloyd BAC BAC-1-11-500 [D-ALFA]
D-ALFAは元々1971年2月26日にBavariaにデリバリされた機体。1978年にHapag Lloydに吸収合併されで移籍となった。その後British Caledonian Airwaysに売却され、これまた統合の結果British Airwaysに移籍された後、1993年ルーマニアのJARO Internationalに売却されている。Hapag LloydはHerpaでは常連だがほとんどがOGモデルである。したがって今回のモデルは入手したい所(○)。

●Herpa 528962 KLM Boeing B737-800 [PH-BXZ] Owl / Uil
2008年3月6日にデリバリされた。同社の小型機はB737NGで統一された。シリーズ48機でヨーロッパ圏内を結ぶ。固有名のOwl / Uilはフクロウ。小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 528979 Thomas Cook UK Airbus A330-200 [G-VYGK]
2015年4月29日にデリバリされたばかりの新造機。現在7機のA332を保有。2013年に発表された新デザインであるハートマークのA332である。このSunny HeartモデルはA321に続いて2機目。A321は未集だったのでこちらを優先(◎)。
スポンサーサイト
編集 / 2015.12.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード