年末、新製品情報を一気に
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
 忙しさにかまけている間に随分と新製品情報が流れてきていた。恒例のHerpa Clubフリーモデルと定期の再販モデル、驚きのAero500、Limoxからも、さらにSocatecという新ブランドからは機内限定販売情報まで飛び込んできた。近来まれに見るリリースラッシュの様相である。ただし、ブランドの動きの活発さほどはサプライズは少ない。全てサプライズだとしたらとてもではないが財布がもたない。どのブランドも質感は充分で出来れば全部欲しいが現実はそうはいかない。
 では、4ブランド15機に及ぶ新製品情報を一気に見ていこう。

■Herpa Club 2015 Free Modell
 今年のクラブ会員向けフリーモデルは意外とスタンダード。金型の元を取ろうというのだろうか、最近何かとA345を押しているHerpaである。稀少機材ゆえにまずまずの選択と思う。Sky500から1機だけリリースされた他が全てHerpaから。本モデルでHerpaからは9機目となる。
●Herpa 528245 Etihad Airbus A340-500 [A6-EHD]
2006年12月21日にUTHLからリース導入された。まだ3機が運用中である。当然旧塗装モデルなのだが、新塗装になる前には退役となる可能性が高い。

■Herpa re-release 03-04 2016
 Herpaの2016年3-4月モデル発表に合わせて再販モデルの情報も届いた。
●Herpa 528085-001 KLM 787-9 [PH-BHA] "Carnation / Anjer"
同レジでの再販は前モデルのデザインミスによるもの。機首のポートサイドのロゴ"KLM Royal Dutch Airlines"が"Royal Dutch Airlines KLM "になっていた。モデル化の際、ポートサイドの写真がなくスターサイドの写真で類推してしまったそうである。これは仕方ないが買っておこうか(○)。

●Herpa 527781-001 Etihad 787-9 [A6-BLB]
5機のうちの1機。2015年2月28日にデリバリ。再販モデルゆえパス(△)。

●Herpa 515986-003 Lufthansa A380-800 [D-AIMN] "San Francisco"
14機のうちの最新機材。2015年4月10日にデリバリ。再販モデルゆえパス(△)。

■Limox/Hogan DEC 2015
 定期リリースが定着するのか。Limoxから、Eurowings、JASDFに続いての第3弾は何とBeluga。Hoganの持っている金型をしゃぶりつくそうとでもしているかのようなラインナップ。
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTA] No.1
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTB] No.2
●Limox Airbus Airbus A300-600ST [F-GSTC] No.3
それぞれ上から1995年10月25日、1996年4月24日、1997年6月7日にデリバリされた。この流れでいくといつか4-5号機もモデル化されそうだ。面白いモデルなんだがだがハウスカラーゆえパスかなぁ(△)。

■Socatec/(Herpa?)
 機内限定販売らしい。メーカーはフランスのモデルブランドSocatec。1/500では初参入となる。フランスの航空機を中心にモデルをリリースしている。ただいくらメーカであっても1種だけのために金型を製作することは無いだろう。Herpaの金型ではないだろうか。
●Socatec Qatar Airways Boeing B787-8 [A7-BCB]
2012年11月13日。既に25機が就航済み。Herpaから発売済みである。Herpaでは当初発表の-BCAではなく-BCBがモデル化されたので同じ機体となる。従ってパス(△)。

■Aero500 DEC 2015
 こちらは久しぶりの、しかも一気大量のリリース。Aero500の復活?である。Aero500といえばDC10を期待したが、今回は全てB777で、しかも7機一気に発表となった。このなかで食指が動くのは1機だけ。ただ忠実性には定評のあるAero500なので今後作に期待である。

●Aero500 JAL Boeing B777-200 [JA772J]
●Aero500 JAL Boeing B777-300ER [JA740J]
それぞれ2005年4月14日、2008年10月28日にデリバリ。777も41機(うち-300は18機)を数えるが最終デリバリからもう6年が経つ。この機体は日本国内モデルとしてHogan製JALUXブランドで発売済み。日本以外の市場向けと言えるだろう。日本国内では流通しなさそうである。パス(△)。

●Aero500 Egypt Air Boeing B777-200ER [SU-GBR] Star Alliance
1997年7月2日デリバリ。6機のうちの1機。今回唯一の欲しいモデル(○)。どうせなら通常塗装機もリリースして欲しかった。2009年Hoganモデルが有ったがこちらはレジ無しだった。次回作に期待である。

●Aero500 Philippine Airlines Boeing B777-300ER [RP-C7774]
2012年11月6日デリバリ。現在6機を所有。B747が退役した今となっては同社のフラッグシップである。Herpa、Aero500 でリリース済み。うちHerpaコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Airlines Boeing B777-300ER [B-18055]
2015年1月14日GECASからリース導入されたばかりの最新機。現在28機所有するB744に変わって次世代の主力機となる。現在8機を所有。こちらもAero500でレジ違いの再版になる。Aero500、Sky500がリリース済み、Aero版がコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Southern Boeing B777-300ER [B-2099]
2014年2月25日デリバリ。6機の-300とともに4機の-200、12機の-Fを所有している。こちらもHerpa、Aero500がリリース済み、うちHerpa版をコレクション済みなのでパス(△)。

●Aero500 China Eastern Boeing B777-300ER [B-2020]
2015年3月24日デリバリ。今では9機体制となっている。Herpa、Aero500、Sky500がリリース済み、うちHerpa版をコレクション済みなのでパス(△)。
スポンサーサイト
編集 / 2015.12.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード