FC2ブログ
今年のコレクションを振り返る 2015
カテゴリ: ■雑感 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
毎年恒例の振り返りである。仕事のごたごたが今年も引きずっていたが、まあ昨年よりはマシである。徐々にコレクション人生もマイペースに戻すかと思っていたが急な円安でモデル価格も高騰しちょっとコレクションレベルを見直すようになってきた。特別塗装機についてはキリがないので、これまでの既集シリーズものは継続するとして、小さなエンブレムの変更程度では見送ることが多くなった。A333とA332、B773とB773ERなど同一シリーズでの選択ももうちょっと厳密に考えていくことになるだろう。年末にかけてHerpaの代理店が国際貿易さんからガリバーさんに移った。その影響かどうかは解らないがHerpaの価格はやや下がってきている。ギリギリだが3,000円台が中心になってきているのは大変ありがたい。来年もこの価格が続けばいいなと思う。
2015col01.png 2015col02.png

さて、2015年のコレクション数はここ6年で最低の水準、リーマンショック時と同じくらいにまで下がった。それでもまあ、このところのリリースは小型モデルや再販モデル、微妙な改訂モデルも多かったため、リリース数に対してコレクション対象となるモデルが少なかったということもあり、概ね面白いモデルがコレクションに加わったと思う。最近老舗のエアラインのデザインが一新される事が増えてきたが、そういった新デザインのモデルがいち早くリリースされたことが高満足度に繋がったと思う。身近なLCCについてもリリースが始まったし、A350も年末にかけて相次いでリリースされた。Herpa Club modelも中南米を中心に面白いラインナップとなった。結果96機のコレクション追加となったが、機材としてはA330シリーズがダントツの22機、B787とB777も各13機と実機の売れ筋とあまり変わらないラインナップである。ナローボディ機が22機というのも昨年並みの比率である。プロペラ機はわずかに3機のみ、軍用機は韓国大統領機の1機のみ。バリエーション的にはやや低調であった分、定番モデルのコレクションが充実した1年となった。ブランドではHerpaがNo.1なのは当然としてSky500が安定の2位をキープ。Hoganは下がり目。その分JCwingやAero500の定期化を待ちたい所である。一方で今年は新規店舗巡りもほとんど出来ず、定期リリース以外のいわゆる落穂ひろい的なコレクションはわずかに2機に留まった。かつては置かれていたショップもどんどん淘汰されていく現状がある。
COL201512.jpg

もう少し心理的な余裕ができれば来年はKIX2期MATにも着手できるだろうか。Peachのバリエーションに加えて韓国や中国系のLCCのモデル化も見込めるし、Fedexエプロンも再現させたいところである。2016年も引き続き1/500にどっぷり、まったりとつかろうと決意を新たにするのであった。



スポンサーサイト



編集 / 2015.12.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B77W
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
●:新製品発表モデル
★:発見次第即買いの幻のモデル
■:既集モデル
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談も基本的に「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・エアライン歴史について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理

・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材、軍用機などは資料すらない。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入またはリース導入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード