Herpa 新製品情報 May-Jun/2016
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
Herpa定例の新製品情報である。2016年05-06月の新モデルは14種である。コレクション対象外となる架空モデルもハウスカラーも軍用機も皆無だ。リリース数は少ないが今回は目玉がいくつかあって、なかなかに粒が揃っている。
ワイドボディ機は7種と半数。今や定番となったB787が2種、そしてA350も2種、ついでに嬉しいDC-10も1種、新導入のB773ERもあって話題性ばっちり。機種別にはAirbusとBoeingがそれぞれ6種と5種、Tupolev、Douglas、Embraerが各1種とバラエティにはやや乏しいか。プロペラ機も無い。地域別には欧州勢が相変らず強く8種を数える。次いでアジア勢が3、北米、南米、太洋州が各1という構成。北米の随分と影が薄くなってしまった。
特別塗装機が3とやや比率が高い。うち2種がretro塗装で基本見送り。ただ、新登場のエアラインが2種もあるのも嬉しい。DC-10もなにやら特別仕様というのでリリースが楽しみである。では例によって順次見ていこう。

●Herpa 528986 Edelweiss Airbus A320 [HB-IJU]
2003年3月28日Swiss Sunにデリバリ。2004年にSwiss International Airlinesに編入、2015年11月22日にEdelweiss AirにMacquarie Airfinanceからのリースという形で移籍となった。現在6機のA320が運航中。新デザインだが大型機が既にモデル化されているのでパス(△)。

●Herpa 528993 Vueling Airbus A320SSWL [EC-LUO]
小型機だが今回の目玉の一つ。待ちに待ったヨーロッパのLCCがついにモデル化。これを機にLCCモデルリリースに弾みがついてくれればいいが。同社初のモデル化、しかも同社の主力機なので当然買い(◎)。Vuelingは2004年に設立されたスペイン初のLCCである。IberiaがLCC子会社Clickairを設立したが、2009年7月9日そのClickairと合併した。IberiaとBritish Airwaysとの経営統合を受けて、2013年両社の統合持株会社IAGの傘下に入っている。2013年3月23日デリバリ。Boc Aviationからのリース導入。現在89機を運航中。

●Herpa 529006 Vietnam Airlines Boeing B787-9 [VN-A862]
2015年8月9日デリバリ。既に5機のB789を導入済みである。VN-A861から続く2号機。-8とかぶるが暫くは-8と-9は並行コレクションを続けて行こう。買い(○)。

●Herpa 529013 Turkish Airlines Airbus A330-200 [TC-JNC] retro Kushimoto
2006年5月11日デリバリ。A330シリーズは現在51機を保有。レトロ塗装なのでパス(△)なのだが、固有名が泣かせる。串本は和歌山県串本町に因む。トルコの人にとっては日本人以上に馴染みのある地名である。トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難に因んだ美談として今も語り継がれている。悩んだ末にやっぱり見送り(△)。

●Herpa 529020 Qantas Boeing B737-800 [VH-VXQ] Retro Roo II,Redlands
2003年6月13日デリバリ。67機ものB738が同社の最大勢力。小型機&特別塗装、しかもレトロとそうなので見送り(△)。

●Herpa 529037 Lufthansa Airbus A350-900 [D-AIXA]
今回の目玉第2弾。しかし実機は2016年11月デリバリ予定であり、ディテールなど表現では勇み足モデルとなる可能性がある。年末あたりの再販モデルを待つのも手かもしれない。実際モデルリリースされるのが夏ごろなので実機は試験飛行を始めているかもしれない。様子見で(○)。

●Herpa 529044 Oman Air Boeing B787-8 [A4O-SA]
今回の超目玉第4弾。Oman Airは1981年にOman Aviation Servicesとして設立された比較的古いエアラインである。それまでGulf Airに出資していたオマーン政府は周辺他国と同様、自前のエアラインを持つに至った。2007年出資比率を上げ国有化し規模の拡大を進めていった。現在のデザインは2代目となる。政府資本の増強に合わせて新CIを採用したものと推察される。現デザインは2008年の3月あたりから見かけられるようになった。赤い尾翼から一転して青緑に金と銀でロゴマークを描いた独特のデザインである。本機は2015年10月7日にデリバリされたもの。同社の787の初号機である。現在2機を受領済み。因みにレジはA40(四十)ではなく、A4O(オー)なので注意が必要。レジで検索してもヒットせずいつも苦労するエアラインである。かつてPremium500という新ブランドでA330モデルが計画されたが流れてしまった。最新の787が登場。今後A330の復活もあるかもしれない。当前買い(◎)。

●Herpa 529082 10 Tanker Air Carrier Douglas DC-10-30 [N522AX]
今回の目玉代第5弾。改造されたDC-10で、ある意味新金型になるのか。主に山火事などの消火活動に従事しているようである。増設されたタンクから消化剤を一気に散布するというアメリカらしいやり方である。エアラインとしても初登場なのでこれまた当然買い(◎)である。元々は1988年3月30日にJAS Japan Air Systemにデリバリされた機体。1997年12月18日以降はJASのリゾートチャーター子会社であるHarlequin Airに移籍した。その後2000年3月にNorthwest Airlinesに売却、2006年11月以降はOmni Air Internationalに売却され2014年8月14日、10 Tanker Air Carrierが導入している。現在3機のDC-10を所有している。

●Herpa 529099 Air Europa Embraer E195 [EC-KRJ??]
微妙だがこれも目玉の一つと数えてもいいかもしれない。新塗装になって初のモデル化である。ただ今後大型機がリリースされるようならそちらを優先させたい。現行のA330の利ペイントか、新規導入予定のB787モデルを待ちたい。なので現時点では見送り(△)とする。2008年11月20日デリバリ。Goalからのリース。現在11機のE-195を所有している。

●Herpa 529105 Condor Airbus A321 [D-AIAC]
2014年2月13日にデリバリ。Acgからのリース導入。A321は現在6機。小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 529113 DHL/Aviastar Tu Tupolev Tu-204C [RA-64024]
Aviastar Tuはその社名の通りTupolevに関連する会社で2004年に設立された。Tu204を3機所有し、旅客、貨物のチャーター便を運航している。ただ2010年に起こしたTu-204の墜落事故により経営は不安定のようだ。ロシア機は追跡が難しい。本機は1999年10月22日にPrimerにデリバリされた。2003年8月11日にはAviastarに移籍され、その後ATu Cargo籍となり2008年7月5日以降DHL籍となっている。おそらくは貨物機ゆえのリース移動だろうとは思う。Aviastar塗装なら目玉なんだがDHL塗装なので見送りか(△)。

●Herpa 529129 Icelandair Boeing B757-200 [TF-FIU] Hekla Aurora
1994年7月29日Iberiaにデリバリされた機体。Icelandairには2004年4月23日に導入された。同年Volare Airlinesに移籍したものの程無く運航停止となり、2004年11月20日にはIcelandairに出戻ってきている。オーロラに因んだ派手な特別塗装機だが、小型機ゆえパス(△)。

●Herpa 529136 Swiss International Airlines Boeing B777-300ER [HB-JNB]
目玉が続く。SwissとしてようやくB777が導入された。経営破綻後では久々の大型機材導入である。久しくAirbus機がフラッグシップだったが、B743以来のBoeingフラッグシップとなる。これまた買い(◎)である。1番機-JNAは2016年1月28日にデリバリされたばかり。モデル化される-JNBは2番機となる予定でまだデリバリされていない。

●Herpa 529143 TAM Airbus A350-900 [PR-XTA]
最後の目玉はやはりA350。Qatarだけがまだモデル化されていないが、そのほかは順調にモデルリリースされているようだ。今後が楽しみな機材でもある。2015年12月16日にデリバリされたばかりのA350初号機である。


合わせて再販モデルも見ておく。今回は5種と帳尻合わせのように多い。どれも最新機材のモデル化となるが、今回も再販モデルについては基本的にパス(△)である。簡単にモデルの来歴のみ触れておこう。
●Herpa 516068-004 Lufthansa Boeing B747-8i [D-ABYN] "Niedersachsen"
2014年3月31日デリバリ。現在19機が就航している。本機はその12番機。
●Herpa 518277-003 Emirates Boeing B777-300ER [A6-ENX]
2014年12月19日デリバリ。773だけで125機、772/77Fを加えると154機もの777を所有する。
●Herpa 526692-001 TuiFly Boeing B737-800SSWL [D-ATUO]
2015年2月24日デリバリ。現在32機の738を運用している。
●Herpa 527613-001 French Air Force Airbus A400M Atlas [F-RBAG] Touraine,Ville de Cambrai
2015年6月21日デリバリ。現在8機、後2機導入される予定。
●Herpa 528016-001 Air Canada Boeing B787-9 [C-FNOG]
2015年8月31日にデリバリ。-8を8機、-9を4機導入している。同機は-9では2番機となる。
スポンサーサイト
編集 / 2016.01.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード