春のHerpa一挙リリース
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
先週後半は体調を崩し会社を休んでいた。寝込んでいたせいもあって呼出に気がつかなかった。土曜日熱もようやく下がり、床から這い出すと着信履歴が。あわてて電話してみると、ちょっとまとめて入荷したとのこと。元々この日は梅田で両親交えて食事会の予定があったためついでに立ち寄ることに。病み上がりのためかふわふわした心地で新大阪店さんに出向く。

二人組みの先客の方が居られて、既に1/500モデルを選定中だった。1/500コレクターの方は珍しいな・・・でも同行の氏がいるとやっぱり嬉しい・・・と思いながら、そちらが済むまで待とうかなと思案していたところ店長さんから、こちらも入荷した分なので見てみてくださいとのこと。先客の方は自身のモデル選定を終えられた様子で、こちらの方が状態はよさそうですよとのアドバイスを頂戴し迷わずそちらを選定。

●Herpa Avianca Boeing,B787-8 [N780AV]
いやー、いいですなー。同じ白地に赤のペイントでも中華系とラテン系ではこうもデザインの印象が変わるもんかねー。中華系には黄色が入っている事とごちゃごちゃした印象があるからかもしれない。暫く鑑賞しているともう一つのお目当てのモデルが。

●Herpa Qatar Airways Airbus A380 [A7-APB]
こちらはAviancaとは間逆に重厚な雰囲気。このQatarのA380の箱には輸入代理店のGULLIVERさんのステッカーが貼られていた。両機ともスタンド穴付き。

今回は他にTransaero744,773、SAS343、NewZealand772やAri Dolomiti、Iberia、TUIなどの小型機など結構まとめての入荷だったそうである。今回はこのmust Buyの2機を購入。

それはさておき先客のコレクターさん達が当ブログをごらん頂いているとのこと。ニュース等は海外サイトの方が早いし、特に何かの情報を発信しているわけではないので、大変恐縮してしまった。まあ失敗や勘違いも含めての一コレクターの日常を綴っていっているだけなので気を張らずに眺めていただければと。

1/500仲間との遭遇に気を良くして呑みすぎてまた熱が出てしまった。
スポンサーサイト
編集 / 2016.03.13 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード