もも5+1
カテゴリ:  新コレクション / テーマ: コレクション / ジャンル: 趣味・実用
週末は例によって新潟であった。引越し荷物の受け入れ最中に電話が・・・。帰阪後早速出頭する。
予定モデルのその前に、
「こんなのも入ってますが御入用ですか?」
■Aero500 Air India Boeing B777-300 [VT-ALJ] Star Alliance
ここまで来たら意地なのである。怒涛のスタアラ777、未集分だけは押さえておこうか。あとはEgyptとUnitedかぁ。どうするかなぁ・・・

さて本命である。
■Hogan Peach Aviation Airbus A320 [JA801P] "Peach Dream"
■Hogan Peach Aviation Airbus A320 [JA802P]
■Hogan Peach Aviation Airbus A320 [JA803P]
■Hogan Peach Aviation Airbus A320 [JA807P]
■Hogan Peach Aviation Airbus A320 [JA810P]


Sky500の805P/809P/812Pとかぶらない完璧なリリース。20機中8機のリリースはそれだけでも異例である。もともと昨年夏に発表されたときには801Pのみのアナウンスだった。どういう経緯で5種盛りとなったのかはわからない。ただ、気になるのが生産数が各100とかなり少ないことである。100個というのはマニアには渡るだろうが一般向けの販売としては少なすぎる。マニア向けにしても海外市場は先行販売されたSky500の影響で売れ行きは絞られるだろうし。生産委託の最小ロットがたとえば500個で、せめてレジ違いだけでもということで委託数を確保したのかもしれない。まあ全部根拠のない推量なんだけど。

普段なら手を出さないレジ違いであるが、ここは関西のよしみというか、企画者の漢気に応えるためにも全品奮発。Sky500の3機は香港エージェントのラストミッションで入手したので、いつか全機をMAT上に並べてみたい。となると関空を本拠地とするSpring Airlinesもモデル化してほしいなあ。Fedexと合わせて関空2期島MATも賑やかになりそうである。そろそろ調査企画に入ろうか。

ついでにLCCのモデル化状況も見ておきたい。1/500モデルの20年の歴史を振り返ると、日系・中国系のリリースはここ数年で充実の一途をたどりメジャーエアラインモデルはほぼ出尽くした。Herpa以外のブランドも増えたものの、未モデルとして新興LCCと中南米・アフリカのクラシックモデルが待たれるところである。ここへきて新興LCCのモデル化がぼちぼち進んできた。最近ではVueling、Germanwings、Jetstar (Japan)、Jet Blue、LionairやTiger Airwaysもモデル化された。大手LCCでは2010年にeasyjetの広告モデルが3種モデル化されたらしいがこれは入手できなかった。新デザインになったことだし通常モデルリリースを待ちたい。中国系では9 AirとSpring Airlineが待たれるところ。日系、韓国勢はモデル化を待ちたいが実機の保有規模からするとLCCと呼ぶにはまだまだ小さい。インドのIndigoとSpicejetなんてところも未モデルエアラインである。東南アジアではVietJet、中東ではUAEのflydubaiとトルコのPegasus Airlinesが成長株である。flydubaiは先週墜落事故を起こしてしまったのでしばらくは動きは無くなりそうだ。Pegasusはデザイン一新後のモデルが未発売である。南北アメリカに目を向けると意外にも米系LCCに未モデルエアラインが多い。Virgin America、Spirit Airlines、Allegiant Air、Frontier Airlinesが未モデルである。メキシコの新興LCCであるVolaris、VivaAerobus、InterjetがA320の大量発注しておるので今後メジャーになってくるかもしれない。
スポンサーサイト
編集 / 2016.03.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード