Pen + 宝島DVD
カテゴリ:  雑感 / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
penには編集者に好きな人が居るのだろう。たまにエアライン特集が組まれることがある。先月号は「最強のエアラインを探せ!」である。この雑誌の見所の一つは、機材のイラストがきれいなところにある。一般誌で機体のイラストをここまで凝らせている雑誌はあまり見ない。デザイン重視の雑誌だけあって写真だけで済まさないところが面白い。しかもそれを堂々と表紙に持ってくるのだからさすがである。この素材、自社で作っているのか、他から購入しているのかわからないが、この手法でかの国のイラスト集に負けないようなイラスト集とか出版してくれないだろうか。ドイツAndrup編の精緻なイラストまではいかないが、ここは飛行機目線ではなく是非デザイン目線で世界中の機体デザインを取り上げてほしい。

penという雑誌自体は趣味の範囲を広げるというコンセプトらしく、ファッションやデザイン、カルチャー関係の特集が多い。内容に関しては機材、路線、サービス、空港など様々な視点からの最強エアラインを俯瞰している。最初はなんといっても中東の3強。すでに特集の対象はアライアンスには触れられていないあたりが今のトレンドなのかもしれない。日本国内ではANA vs JALという比較がメインで、国際・国内線の就航MAPはなかなか見ごたえがある。
飛行機そのもののテクニカルな話もないし、裏方の整備やサービスの記述も少ない。あくまで利用者目線での比較に徹している。これはこれで有りなのだとは思う。バックナンバーを見るともっとメジャーな鉄道や自動車、ヨットなどは特集があまり組まれていないようだ。自動車も燃費ばかりが取りざたされているが、運転する楽しみにもっとフォーカスを当ててほしいところである。

昨日酔った勢いで本屋に立ち寄ったところ、ANA「誰も見たことのない空の旅」なるDVDを発見。衝動買いしてしまった。電車の運転席からの情景をDVDにしているのはあるが飛行機は初めてではないか。宝島社にもスキモノがいらっしゃるようである。出発から到着まで9路線と書いてあるが収録時間が95分なので計算が合わない。でさっそく購入して再生してみた。結論から言えば、最大20倍速再生で、とにかくプッシュバックからエプロン到着までノンストップ再生はされる。アプリ「機長席」のような飛行中の通信状況は全く収録されていない。滑走路上の離着陸の前後のみ通常速度再生となってコックピット内の会話が収録されている。本当はタキシング中や、飛行中も収録されているはずではあるが、まあ確かにそこまでやるとコアなマニア向けでしかない。普段は見えない前方の情景が垣間見える。ただし、巡航飛行中はカメラ位置からは地上はほとんど見えない。代わりにどのあたりを飛んでいるのかわかるように地図上で現在位置が示されている。高速再生中はBGMが流れているが、ちょっと耳にうるさい。しかもリピート再生なので、情景と合っていない。「ジェットストリーム」のようにもう少し映像のじゃまにならないような選曲であってほしかった。とはいえ高々1000円ちょっとである。セキュリティの問題もあってなかなか実現は難しいかもしれないが、こういったジャンルのDVDの嚆矢となってくれればうれしい。
スポンサーサイト
編集 / 2016.06.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード