A330/340 未モデル 概観 2016
カテゴリ:  未モデル / テーマ: 航空機全般 / ジャンル: 趣味・実用
この前未モデル整理したのはいつのことだったか。2012年7月だからもう4年以上前になる。モデルコレクターからすると、新モデルの候補となる今どきの大型機と言えばA330/340/350/380、B747/787/777あたりである。新造機で元気なのはA330/350、B787/777の4機種だろうか。そのなかで未だに新モデル候補が増え続けているのがA330である。新造機がデリバリされているのに加え、中古機が新興エアラインに出回るようになっているためである。昨今の新興エアラインでも新造機を導入することも多く、ワイドボディとしてはA330は一番手頃な機材として選択されているようだ。B777も新規製造が続くがB773ERが主流となり。今後はやや機齢の古いB772や773が中古機として新興エアラインに買い取られて活躍するようになって来るんじゃないだろうか。

そこで、新モデルリリースを祈念して、ここ2年以内に実施が登場したA330/340のTailを見ておこう。カテゴリーも新設してのリサーチである。
Rwandair.png ●Rwandair
2016年9月28日に初号機がデリバリされた。同社初のワイドボディ機である。ちなみにB789を発注済み。





Capital Airlines Beijing●Capital Airlines Beijing(首都航空)
1995年Deer Jet Airlines(金鹿航空)として設立。現在はHainan Airlinesの子会社。初号機は2015年7月11日に導入。現在3機のA332を所有している。





Tianjin Airlines●Tianjin Airlines(天津航空)
2004年に設立された元Grand China Express Air(大新華快運航空有限公司)で現社名へは2009年に変更された。Hainan Airlinesの子会社である。導入機材も元Hainan AirlinesのA332、2016年5月3日に移籍された。[B-6089]は同社唯一のワイドボディ機。




Lion Air●Lion Airlines
インドネシアのLCCでもワイドボディ機を導入、初号機は2015年10月31日にデリバリされた。現在A333を3機を所有している。





Tibet Airlines●Tibet Airlines
2010年に設立された若い会社。CAACによって承認されただけあって、中国国内線を拡充中であり新機材の導入も旺盛である。2016年6月30日デリバリ。同社初にして唯一のワイドボディ機はA332[B-8420]である。




Tunisair.png●Tunisair
かつてはB747やL1011、A300等のワイドボディを運航していたが2015年6月9日に久々のワイドボディ機A332を導入。現在2機を運航させている。





WOW air●WOW air
2011年設立されたアイスランドのLCC。2016年5月10日初号機を導入し、現在はLCCながら3機のA333を運航中。





Lion Air●Envelop
スペインのOrbestの子会社で2013年に設立されたチャーターエアライン。2015年12月18日Orbestから移籍された唯一のワイドボディ機A333[EC-MII]を運航している。尾翼に関する限りデザインは親会社のモノと同じである。




Sky Prime Aviation Services●Sky Prime Aviation Services
サウジアラビアを拠点とするVIP向けプライベート・チャーター・エアラインである。2016年1月にA332を1機A342を2機導入している。ロゴマークはPremiaを表す"1"を象ったモノと思われる。なかなかのハイセンスで飾り気が無い。HPを見てみると内装もかなり豪華。政府要人でもここまでは凝らないんじゃないだろうか。まさに空飛ぶ宮殿のようだ。



Fiji Airways●Fiji Airwasy
既にモデル化さて入手済みではあるが、せっかくなのでTHE Tailに加えておこう。2013年以来3機のA332と2015年12月23日にはA333を導入した。
スポンサーサイト
編集 / 2016.11.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード