Herpa 新製品情報 MAR-APL/2017
カテゴリ:  新製品情報 / テーマ: 模型・プラモデル / ジャンル: 趣味・実用
ちょっと時期が遅れたが、Herpa2017年03/04月の新製品が発表された。今回は13種とやや少なめ。一方再販モデル5種は多少多めというところ。毎年の傾向があるのかどうか解らないが年始のニュルンベルク玩具見本市の前はおとなしいリリースだったような気がする。軍用機が2種なので実質的なコレクション対象は11種となる。リリース数が少ないので目玉も無い。今回の特徴としてリリース内容に偏りがあるように思える。
まず地域別には13種中実に10種がヨーロッパから。残りはアジア2、南米1とかなりの偏り。常連の中東モデルも今回は無い。先日発表されたクラブモデル候補とはエライ違いである。その他の地域はクラブモデルで対応すしていくということなんだろうか。さらに13種中旧共産圏モデルが約半数の6種にも上っているのも目を引く。ネタ枯れなんだろうか?いや他スケールをみるとまだまだ未モデルばかりで開発の余地はありそうに思うが。
偏りは機種にも見られる。Boeingが7種、旧ソ連製3、Airbus2、その他1。その他がATR-72-600とこちらは、民間エアラインモデルとしては初登場となる。目玉のB787は1種発売されるものの期待のA350は無し。B748が2機と目立つもののA380が無い。Empraer、Bombardierも皆無というバリエーションには乏しい。従ってワイドボディ機がB762×1、B748×2、B788×1の4種のみなのも派手さが足りない一因である。
それでもいくつか楽しみなモデルがある。初登場機材であるATR72-600を始め、初登場エアラインが3社ある。うち2社はコミューターでありデザイン的には親会社のものと変わらないがそれでもコレクション心をくすぐるというものだ。

では例によって順次見て行こう。

●529990 Aeroflot Boeing B737-800 [VP-BRR] "Alexandr Solzhenitsyn"
2013年12月10日デリバリ。Acsからのリース導入である。現在20機を運航しているがAeroflotの中ではAribus、Sukhoiに押されて少数派である。固有名Alexandr Solzhenitsinはロシアのノーベル文学賞作家に因んだもの。日本にもかかわりが深い人物とされる。 小型機ゆえ見送り(△)。

●530002 L Air Koryo Tupolev Tu-134B [P-814]
これは来歴がよくわからん。1984年製造らしいがAir Koryoには1993年辺りに導入された?Tu-134の最終製造機で、現在2機を所有しているらしい。Tu154も未入手なのでそちらを優先させたい。なので見送り(△)。

●530088 L Avianca Airbus A318 [N595EL]
元々は2005年2月11日にMexicanaにデリバリされた機体。2010年同社が倒産したあと2011年7月5日にGECASからリース導入された。AviancaはB787以外はほとんどAirbusで固めている。A318は10機を所有。関連会社のAvianca Brasilと合わせて25機のA318は世界最大の規模である。貴重なA318モデルではあるが小型機ゆえこれもパス(△)かなぁ。

●530026 L Lufthansa Boeing B747-8I [D-ABYK] "Siegerflieger Olympia Rio 2016"
●530033 L Lufthansa Boeing B747-8I [D-ABYK] "Siegerflieger Paralympic Rio 2016"
2013年8月13日デリバリ。固有名Rheinland-Pfalzはマインツを首都とするドイツ南西部の州。 2016年リオオリンピック/パラリンピックの凱旋デザインとして特別塗装を施され日本にも飛来した。ある意味サプライスで、2種とも同時にリリースされるとは思わなかった。特別塗装機は見送りなんだがこれは両方とも買い(○)かなぁ。

●530095 L Russian Air Force Antonov An-124 [RA-82032] "Vladimir Gladilin"
とにかくロシア機、しかも軍用機となると来歴は謎に包まれている。Vladimir Gladilinはロシア空軍の退役将軍で2015年に命名された。軍用機ゆえパス(×)。

●530071 L Belavia Tupolev Tu-154M [EW-85748]
今回は来歴調査泣かせの機体ばかりである。製造は1992年、現役のようなそうでないような。1996年に設立されたベラルーシのエアラインである。Boeingを中心に機材の近代化を図っているが未だに2機のTu154を所有しているようである。昨年ERJ-195モデルがリリース、今回が2機種目となる。まあ見送り(△)かな。

●529976 L DHL Boeing B757-200F [G-BMRJ] "Eliska´s Return to Afrika"
元々1989年3月6日にBritish Airwaysにデリバリされた機体。その後貨物機に改造され2002年12月17日にDHL Airに導入された。細かい事情はよく解らないがチェコ生まれのサイをアフリカの野生に戻すための輸送に使用された機体で、尾翼と機体にサイのロゴマークがあしらわれている。パス(△)かなぁ。

●530019 L OpenSkies Boeing B757-200 [F-HAVN] Gloria
機体は元々1991年7月29日にCondorにデリバリされたもの。その後2006年にフランスのElysair(ブランド名はL'Avion)に導入され、会社の合併によって2009年4月4日OpenSkies籍となった。Aeroleaseからのリース導入である。現在3機のB757と1機のB767で大西洋路線を運航しているがBAから今後B767を譲り受けて路線を拡大する模様だ。OpenSkiesは2008年締結された欧米間のオープンスカイ協定に基づき同年設立されたBritish Airwaysの子会社である。拠点はフランスとなる。デザインはBAを踏襲しているがエンジンの色や機体のロゴが異なる。デザインはBAだ小型機とは言え初登場エアラインとなる。一応買い(○)かなぁ。

●529969 Royal Air Force Airbus A400M [ZM400] "No LXX Squadron, RAF Brize Norton",City of Bristol
2014年11月17日デリバリ。フランスBrize Norton空軍基地に所属する第70空輸部隊で同部隊で初めてA400Mを受領した。全部で23機を導入する計画である。軍用機ゆえパス(×)。

●530064 L TAP Express Aerospacial ATR-72-600 [CS-DJA]
元は2015年12月30日Azul Linhas Aereasにデリバリされた機体、その後2016年2月17日にポルトガルのチャーターエアラインWhite Airwaysに導入されTAP Expressとして運航されている。ATR-72-600はかつてHogan製のハウスカラーモデルが出ていたが、今回初のエアラインモデルとなる。どうやら新金型らしいのでそちらを確認してから購入を検討したい。一応買い(○)。

●530057 UTair Boeing B767-200 [VP-BAL]
今回一番の目玉。元は2001年10月30日にContinental Airlinesにデリバリされた機体。統合により2011年United Airlines籍となったが、2015年1月27日UTairに導入された。現在B762は4機を運航している。UTairは1967年に設立されたロシア第3の規模のエアライン。ウラル山脈山麓のTyumenを拠点とする。Tyumenと言えば社会科でチュメニ油田とか習ったなぁ。UTairのUはUralなんだろうか。初のモデル化でもありこれは買い(◎)である。

●530040 Uzbekistan Airways Boeing B787-8 [UK-78701]
2016年8月30日デリバリ。同社初のB787である。B787導入としては66社目というから随分とB787もポピュラーになったものである。当然買い(◎)である。

*******
ついでに再販モデルもみておこう。一応全て見送り(△)ではある。
●528993-001 Vueling Airbus A320SL [EC-MES] Leonardo Da Vueling
2015年3月26日デリバリ。Bocからのリース導入である。 固有名はLeonardo Da Vueling。現在88機のA320を運航中。

●527781-002 Etihad Boeing B787-9 [A6-BLF]
2016年4月28日デリバリ。再版ながら衛星ドームが追加される模様だ。現在10機のB789を所有している。

●524391-002 British Airways Airbus A380 [G-XLEL]
2016年6月22日デリバリ。全12機の最新機である。

●519137-001 Hawaiian Airbus A330-200 [N373HA] "Kukalani'ehu"
2014年6月17日デリバリ。同社のA332は23機を数える。堂々たるフラッグシップである。固有名はKukalani'ehu。ハワイ民族の起源にまつわる伝承の登場人物の名前らしい。

●506892-004 Air France Boeing B777-300ER [F-GZNP] "Paris Olympic 2024"
2015年4月23日デリバリ。2024年オリンピックに立候補したパリの宣伝ロゴをまとっている。AFのB773も今や43機と大所帯。B747から完全にシフトした。こんなモデルもももう一つくらい有っても良いかなと思うが、どうしようなかぁ。
スポンサーサイト
編集 / 2016.12.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
検索フォーム
訪問者数
プロフィール

ununennium

Author:ununennium
【New2011.4】 Facebookとの連携を只今試験中・・・

小さくても存在感抜群。場所もとらない1/500エアラインモデルの世界。小さなボディにカラフルなデザイン。メジャーからマイナーエアラインまでバリエーションは数千種類。登場は1994年と比較的新しい市場で欧米香港から毎月新モデル発売中。

・コレクションポリシー
1/500が中心。軍用機は基本対象外(例外:自衛隊、買い間違い)。各エアライン、各時代のデザインモデルをワイドボディ機優先でコレクション(例外:新金型による新機材モデル)。レジ違い位では買わない。ファミリー機材の違い(A340-200と-300)位では買わない。たまに出てくる全プラ製モデルは買わない。頂きモノ・抽選モノは拒まない。破損したら再購入。ということで重複買い事件も多発。


★尾翼シリーズ★
THE TAILはエクセルとペイントブラシにより描画。たまにInkscape。簡単に描けるもののデザインの変遷や背景調査が難しい。ライフワークになったりして。エアライン毎に既述、判明次第追記して行く事とする。ブログじゃないなこりゃ。

【文中の略号について】
OG:Old Generation。Herpa旧世代金型。
NG:New Generation。OGの対義語。2000年以降の新金型
LCC:Low Cost Carrier。格安航空会社
FSA:Full Service Airline。格安航空会社ではない普通の会社
TBL:To Buy List。買わなきゃリスト。常に携行が必要。
MBL:Must Buy List。絶対買わなきゃリスト。
CCL:Complete Collection List。1/500モデルのほぼ全リスト。

以下ブランド略号
AC:AeroClassic/Aero500
AF:Alliance500
BB:BigBird500
HG:Hogan
HW:Herpa Wings
IF:Inflight500
NM:Netmodel
SF:Sky500
SJ:StarJets

機材略号
特にルールは決めていないが大体以下の要領
B777-300 → B773
B777-300ER → B773(特に分けて既述していない)
A330-200 → A332

【新製品の欲しいリストについて】
★:「値段次第で即買い」の幻のモデル
■:持ってるモデル、あるいは買ったモデル。
◎:発売されたら「即買い」
○:財布と相談しながらも基本的には「買い」
△:コレクション対象だが見送り
×:コレクション対象外

【その他特記事項】
・記事中の年表について
 ┌← 継承
 ┌+ 複数社合併による設立
 20XX 設立または改名
 └→ 20xx 吸収消滅
 = 20xx 統合、合併
 |← 買収
 |→ 売却
 |+ 子会社設立
 × 20xx 倒産、整理
・記事中の年代について
機材導入時期については発注・導入・運行の3時期が結構あいまいで確認できないことも多い。特に1960年以前の古い機体や旧ソ連の機材などは資料すらないことが多い。基本的にデリバリーとは新造機材がメーカーからエアラインに納入された日。他エアラインからの購入・リースは導入と記載。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード